仮想通貨/ビットコインの勉強はどうする?おすすめのやり方・始め方を紹介!

2021年に大きな盛り上がりを見せ、今後も注目されていく仮想通貨(暗号資産)を多くの方が一度は耳にしたことがあると思います。

国内では、ビットコインをはじめとして、イーサリアムやリップルなどのアルトコインの通貨の名前などが有名です。

ただ、名前を聞いたことある程度で、実際に仮想通貨を購入したり、名前を聞いただけで仮想通貨は怪しいと思ったり、仮想通貨を実際に勉強している人は少ないのではないでしょうか。

今回は、仮想通貨を勉強しておくべき理由やおすすめの勉強法などを、初心者から上級者の方までわかりやすく解説していきます。

この記事の要点
  • 仮想通貨は少額で大きなリターンを得られるほか、今後も大きく成長する可能性がある
  • 仮想通貨についての基礎知識は、ウェブサイトや書籍で調べる
  • 仮想通貨の知識がついてきたら、YouTubeやTwitter、ニュースサイトを確認してさらに知識を深める
  • 初心者向けキーワード5つ、中級車向けキーワード4つ、上級者向けキーワード3つを確認
  • 実際に仮想通貨を取引する際は、初心者でも使いやすいコインチェックをチェック

仮想通貨の取引を実際に始める際は、国内で有名なコインチェックが使いやすいです。

\ アプリダウンロード数No.1 /

目次

仮想通貨を勉強しておくべき理由

仮想通貨を勉強しておくべき理由を3つ紹介します。

仮想通貨を勉強しておくべき理由
  • 今後も大きく成長する可能性がある
  • 新しいサービスが構築されている
  • 少額で投資でき大きなリターンが得られる

一つずつ確認していきましょう。

今後も大きく成長する可能性がある

暗号資産業界は、今後も大きく成長する可能性があります。

2017年に大きな盛り上がりを見せた後、「冬の時代」と呼ばれる市場参加者が極端に減少した時期もありました。

ただ、冬の時代も開発者などは常に開発を続けプロジェクトは成長していたため、2021年に再度大きな盛り上がりを見せました。

NFT(非代替性トークン)やメタバースなど新しい分野が仮想通貨を中心に構築されており、今後もこのような分野が成長していくでしょう。

また、新たな分野が生まれていく可能性もあります。

さらに、メタバースに注力するためにFacebookがメタに社名を変更、テスラやマイクロストラテジーなどの企業がビットコインを購入しています。

エルサルバドルがビットコインを法定通貨として採用し、国単位で仮想通貨を注目する動きが続いています。

国内でも仮想通貨に注目しており、今後も国内外で暗号資産市場が成長していくでしょう。

新しいサービスが構築されている

仮想通貨は、大きく値上がりするため、価格ばかりに注目されていますが、プロジェクト内容にも注目が集まっています。

自動マーケットメーカー(AMM)を利用した仲介業者が存在しない分散型取引所(DEX)、レンディングや予測市場などもスマートコントラクトによって構築されています。

また、NFTやメタバースなど、暗号資産業界以外からも注目されている分野が生まれました。

さらに、ブロックチェーンを基盤につくられたNFTゲームで、「遊びながら稼げるゲーム(Play to Earn)」も仮想通貨が使用されています。

上記に挙げた分野は、国内外の大企業も注目し始め、参入しようとしています。

今後も、暗号資産業界が先端となって新たな分野が生まれるかもしれません。

少額で投資でき大きなリターンが得られる

仮想通貨を勉強することで、少額で投資ができ大きなリターンを得ることができます。

最近では、将来ために資産形成を行う若者が増加しています。

ただ、国内の株式を購入する際は、100株単位じゃないと購入できないため、大金を用意する必要があります。

暗号資産は、数円から投資できるアルトコインも存在しており、ある程度のリスクがあることを理解できていれば大きなリターンを得ることが可能です。

特に、ビットコイン以外の時価総額上位のアルトコインは、価格がまだまだ上昇する可能性があります。

自分で入念に調査を行うことで、少額からでも短期的でも長期的でも大きなリターンを得ることができます。

\ アプリダウンロード数No.1 /

仮想通貨おすすめの勉強法

仮想通貨を勉強しておくべき理由が理解できたところで、おすすめの勉強法を紹介します。

仮想通貨おすすめの勉強法
  • 本や学習サイトで勉強する
  • YouTubeで学習する
  • Twitterで情報を取得する
  • 仮想通貨ニュースサイトを日々チェックする
  • 実際に仮想通貨を取引してみる

一つずつ確認していきましょう。

書籍や学習サイトで勉強する

基礎的な用語の意味や仮想通貨の知識を取得するにはウェブサイトで十分ですが、書籍や無料の学習サイトを活用すると、より深い知識を取得できるでしょう。

無料の学習サイトは、「PoL」や「BINANCE Academy」等が挙げられます。

膨大な量のコンテンツを無料で閲覧でき、日本語にも対応しているため、初心者から暗号資産投資の経験者まで多くの人が利用しています。

書籍は、仮想通貨の用語の意味をもっと詳しく知りたい人や仮想通貨の歴史など、深い知識を取得するために有効です。

仮想通貨が誕生してからある程度の年月が経過しているため、信頼できる書籍も増えてきています。

YouTubeで学習する

ある程度の知識がついてきたら、YouTubeの動画で勉強してみても面白いでしょう。

企業のYouTubeアカウントや有名投資家のYouTube配信など、仮想通貨に関連する情報を集めやすくなっています。

YouTubeだと無料で音声としても情報を取得できるため、通勤中や運動中、隙間時間でも有益な情報を収集できます。

ただ、YouTubeは作成者の私情などが入っているため、内容すべてを信じることはおすすめできません。

視聴回数を稼ぐためにサムネイルで人を釣ったり、信憑性のない情報を本当のように喋ったり、嘘の情報も多く散見されます。

騙されないようにするためにも基礎的な知識をしっかりと身に付けてから動画を視聴しましょう。

仮想通貨やブロックチェーン関連の専門的な話題を2016年から動画にしている「ビットコイナー反省会」、CoinPostと幻冬舎の「新しい経済」が運営する「#CONNECTV」などは信頼できるメディアです。

また、ビッコレTVもアニメーションを用いて仮想通貨やビットコインについて分かりやすく解説されておりますので、仮想通貨を勉強したいという方はぜひチェックしておきましょう。

Twitterで情報収集する

Twitterでも情報収集している暗号資産投資家は多いです。

Twitterでは、クジラの資金移動の動きやオンチェーンデータを自動的にツイートしているアカウントが存在しているため、これらのアカウントをチェックすると仮想通貨取引に役立つでしょう。

また、暗号資産業界の著名人や仮想通貨取引で有名な人などのアカウントはフォローしているだけで有益な情報を取得できます。

ただ、YouTubeと同様にツイートしている人の内容すべてを信じることはおすすめできません。

嘘の情報や信憑性のない情報、フォロワーを増やすためのツイートなどが多く散見されるアカウントも存在するため、ツイート内容が正しいのか自分で考えることも必要です。

仮想通貨ニュースサイトを日々チェックする

仮想通貨関連のニュースを配信しているサイトを日々チェックすることで知識も自然と身についていくでしょう。

暗号資産業界は、成長のスピードが他業界に比べて比較にならないほど早いため、日々ニュースをチェックしておくことが重要です。

わからない用語が出てきたらネットで検索することで基礎的な知識も身に付きます。

日本語のサイトでは、「CoinPost」、「coindeskJapan」、「cointelegraph」、「Zaifリサーチ」など多くのサイトで情報収集できます。

また、暗号資産業界は海外の動きが非常に注目されているため、「The Block」、「coindesk」など海外のサイトもチェックしてみましょう。

日本のサイトよりも速報性があるため、早めに情報を取得できるメリットがあります。

実際に仮想通貨を取引してみる

実際に仮想通貨取引を行うことも重要です。

仮想通貨の価格が大きく上昇するという理由で仮想通貨取引を始めた人も多いと思います。

ただ、大きく上昇しそうといった理由のみで仮想通貨を購入する人は少ないでしょう。

大きな利益を獲得できる一方で、元の資金がすべてなくなってしまうほど危ないコインも存在します。

損したくない人は、自分が購入したい仮想通貨を入念に調べるため、結果的に仮想通貨投資における知識を身に付けることができます。

詐欺まがいのプロジェクトも多いですが、実際にプロジェクトを調べることで、暗号資産業界により興味を持つ可能性もあります。

実際に勉強しながら仮想通貨取引を始めてみたい方は、取り扱い銘柄数が多いコインチェックで口座を開設してみましょう。

日本の暗号資産取引所は、厳正なる審査を通過した仮想通貨が上場しているため、初心者の方でも気軽に取引ができます。

\ アプリダウンロード数No.1 /

知っておくべき仮想通貨のキーワード

仮想通貨のおすすめの勉強法が理解できたところで、知っておくべき仮想通貨のキーワードを初心者から上級者に分けて紹介します。

それぞれ確認していきましょう。

初心者向け仮想通貨キーワード

まずは、初心者向けの仮想通貨キーワードを紹介します。

初心者向け仮想通貨キーワード
  • ビットコイン
  • クジラ
  • ウォレット
  • フォーク
  • レンディング

それぞれ確認していきましょう。

ビットコイン

ビットコインは、最初に生まれた最も有名な仮想通貨です。

サトシ・ナカモトと名乗る人物の論文が2008年に投稿され、2009年にビットコインのソフトウェアが初めて一般に公開されてマイニングが開始されました。

時価総額で世界最大の仮想通貨で、不換紙幣とは異なり、ブロックチェーンと呼ばれる分散型台帳システムを用いて、作成、配布、取引、保管されています。

銀行や政府によって発行されたり裏付けされたりしておらず、世界中のどこでもだれとでも高速に直接取引可能です。

また、送金手数料が安く、ビットコインの発行量の上限は2100万枚とあらかじめ決まっており、発行のタイミングも開示されています。

クジラ

クジラは、ビットコインを大量に保有する個人または法人のことを指します。

わずか3つのビットコインウォレットが流通する全ビットコインの3.07%を所有しています。

クジラは膨大で十分な量のビットコインを保有しているため、通貨の価格を操作する可能性があるため、暗号資産投資家に注目されています。

クジラは富が集中しているためビットコインにとって問題となりますが、特に口座に動かずに滞留して流動性を低下させており、その結果価格変動が大きくなる可能性もあります。

クジラが一度に大量のビットコインを移動させた場合は、ボラティリティはさらに上昇します。

ウォレット

暗号資産ウォレットとは、ユーザーが暗号資産を保管・回収するためのアプリです。

自分が購入した仮想通貨を自分でしっかりと管理するためにウォレットは存在しています。

ウォレットは、公開鍵と秘密鍵を使った暗号技術によって暗号資産を守っており、秘密鍵をなくしたり忘れたりすると、一生その仮想通貨は動かすことも使用することもできません。

暗号資産ウォレットには、ペーパーウォレット、ハードウェアウォレット、ソフトウェアウォレットなど、さまざまな種類があります。

それぞれセキュリティが異なるので、ウォレットで仮想通貨を保管する際は入念に調査を行いましょう。

フォーク

フォークとは、ブロックチェーンが分岐することを指します。

ブロックチェーンは、1本の長い鎖のようなイメージがありますが、稀にマイニングで複数のブロックが生成されてしまうことがあります。

1本でつながっていたものが2本に分岐してしまうのです。

フォークは、ハードフォークとソフトウォークの2種類に分けられます。

ハードフォークは、ブロックチェーンネットワークのプロトコルを根本的に変更することで、事実上以前のプロトコルに従うものと、新しいバージョンに従うものの2つのチェーンになることを指します。

前後で互換性を保つことが技術的に困難になるため、分岐したチェーンで新しく仮想通貨が存在することになります。

具体的な例では、ビットコインとビットコインキャッシュが挙げられます。

ソフトフォークでは、ルール変更前後のネットワークに互換性があるアップデートを行うため、ブロックチェーンが完全に分岐することはありません。

2021年に、ビットコインで「タップルート」と呼ばれるソフトフォークが実行されました。

レンディング

レンディングとは、第三者に仮想通貨を貸し出し、利息で利益を得る投資手段です。

自分が仮想通貨取引所で購入した仮想通貨をレンディング業者に貸し出すことで利益を出すことができます。

仮想通貨を頻繁に売買しない人や初心者の人が収益を増やすには簡単な手段になります。

ただ、しっかりと信頼できるレンディング業者を選定しないと、資金を持ち逃げされたり、価格変動による利益が大きく変動したり、リスクも存在します。

レンディングを考えている投資家は、貸出先を入念に調査することが必要となってきます。

極端に利率が高い業者などには注意が必要ですので、国内の安全なレンディング業者を選ぶようにしましょう。

中級者向け仮想通貨キーワード

次に、中級者向けの仮想通貨キーワードを紹介します。

中級者向けの仮想通貨キーワード
  • アービトラージ(裁定取引)
  • エアドロップ
  • DeFi(分散型金融)
  • バーン(Burn)

一つずつ確認していきましょう。

アービトラージ(裁定取引)

アービトラージ(裁定取引)は、各暗号資産取引所間の価格差を利用して利益を出す投資手法です。

具体的に、取引所Aで1BTC=400万円、取引所Bで1BTC=410万円だったとします。

この時、取引所Aでビットコインを購入して、取引所Bに送金して売却すると、10万円の利益が発生します。

これがアービトラージ(裁定取引)の簡単なやり方です。

実際には、取引所への送金手数料を考えて、利益が出るかを考えなくてはいけませんが、常に取引所間の価格差を確認することで収益の機会があります。

1つの通貨の価格が上下どちらかに変動するのを予測するよりも、比較的簡単に安定的に収益を獲得できます。

自動売買のBotを作成して、自動でアービトラージを実行している上級者の方も存在します。

エアドロップ

エアドロップとは、資金調達を行いたいプロジェクトが、マーケティングの一環としてトークンを無償でユーザーに配布することです。

エアドロップに参加する条件は、プロジェクトによって異なるため、事前に調査が必要になってきます。

エアドロップでトークンが配布されると、その後にトークンが取引所などに上場した際に価格がつくため、無償で得たトークンを売却することで利益を得られます。

無償で参加できることに加えて、大きな利益を獲得できるため、大きな注目が集まりました。

ただ、全てのプロジェクトのトークン価格が、上場後に上昇するとは限らないです。

また、無償でトークンを受け取っても上場後に下落することや、詐欺プロジェクトなどに関わってしまうなどのリスクが存在します。

エアドロップが行われるからといって全てのプロジェクトに参加するのではなく、プロジェクト事態の調査をしっかりと行いましょう。

DeFi(分散型金融)

DeFiとは、「Decentralized Finance」の略称で、中央管理者が存在しない金融アプリケーションの総称です。

主にイーサリアムを中心としたパブリックブロックチェーン上に展開されています。

DeFiを使用することで、利息の獲得、借入、貸付、保険の購入、デリバティブや資産の取引などを仲介者なしで行うことができます。

銀行や他の金融会社がサービスを利用するために請求する手数料をなくすことができ、銀行に預ける代わりに、自分で管理できるデジタルウォレットに資金を預けることができます。

また、インターネットに接続できる環境であれば、承認不要で誰でも利用でき、数秒から数分で送金が可能となっています。

中級者以上の方は、取引所で購入した仮想通貨を自分のウォレットに送金して、DeFi上で運用することで多くの収益機会を得ています。

今後も、DeFi上で様々な運用が行われていくでしょう。

バーン(Burn)

バーン(Burn)とは、運営者が保有している仮想通貨の一部を永久に使えないようにする行為です。

株式市場で注目される「自社株買い」に近い供給量を減らす仕組みとなっています。

発行枚数に限りがある仮想通貨をバーンすると、市場に流通する数量が減少するので希少性が上がります。

暗号資産の価格は需要と供給のバランスも重要視されるため、需要が変わらずに供給量や流通量が減少すると、暗号資産の価値上昇につながります。

つまり、仮想通貨を一定量バーンすることで1枚あたりの仮想通貨の価値が高まるため、暗号資産投資が注目する行為となっているのです。

上級者向け仮想通貨キーワード

最後に上級者向けの仮想通貨キーワードを紹介します。

上級者向け仮想通貨キーワード
  • レイヤー2
  • ライトニングネットワーク
  • オラクル

簡単に解説していきます。

レイヤー2

レイヤー2とは、既存のブロックチェーンシステムの上に構築される二次的なフレームワークやプロトコルを指します。

ビットコインやイーサリアムのようなレイヤー1チェーンまたはメインチェーンは、1秒間に数千件のトランザクションを処理することがまだできません。

このようなブロックチェーンのスケーラビリティ問題に対して、レイヤー2ソリューションを導入することで負荷を軽減しながらはるかに低い手数料で新しい取引をより速く処理できます。

レイヤー1とレイヤー2の間にコネクション(チャネル、ブリッジなど)が開かれ、一定期間ごとにレイヤー2の取引の概要がレイヤー1に追加され、永久に記録されます。

ただ、レイヤー2でトランザクションがどのように検証されるかという点に注目が集まっています。

レイヤー2ソリューションは常に考案されており、暗号資産の世界では主要なトピックとなっています。

ライトニングネットワーク

ライトニングネットワークは、ビットコインに適用されるレイヤー2ソリューションです。

ビットコインのブロックチェーンが抱えるスケーラビリティ(拡張性)や処理速度などの課題を解決するために開発されました。

ブロックチェーンの外(オフチェーン)で取引を行うことで、ビットコインの送金速度の向上や少額決済を高速に実行できるようにしています。

マイクロペイメントチャンネルを使用してブロックチェーンの機能を拡張し、ビットコインの取引を可能な限り速く、安くするために設計されています。

ライトニングネットワークによって、ビットコインを用いた少額決済が今後普及していく可能性が大いに考えられています。

オラクル

オラクルとは、スマートコントラクトに外部情報を提供するサードパーティーのサービスで、ブロックチェーンと外部データとの橋渡しをする役割を担っています。

オラクルによって、天気、事件、不動産価格、為替、選挙結果などの情報・データをブロックチェーンに持ってくることができます。

例えば、ある2人がアメリカ大統領選の勝者を賭けるとします。

1人は共和党の候補者が勝つと信じ、もう一方の人は民主党が勝つと信じており、賭けの条件に合意してスマートコントラクトに資金を固定します。

選挙が終わると、オラクルは信頼できるAPIに問い合わせ、どの候補者が当選したかを調べ、その情報をスマートコントラクトに伝えます。

スマートコントラクトは、選挙の結果に基づいて勝者にすべての資金を放出することになります。

このように、オラクルはスマートコントラクトが動作する範囲を広げています。

ただ、オラクルという第3者を信用しないといけないことに注意が必要です。

少額から仮想通貨投資を実践してみる

最後に、ビットコインの購入方法をご説明いたします。

仮想通貨は少額から購入できますが、国内暗号資産取引所の口座を開設する必要があります。

おすすめの国内取引所は、注文最低金額が500円でビットコインを安く購入できるコインチェックで、コインチェックの口座開設から実際に購入するまでの流れをご紹介します。

ビットコインの購入方法
  1. 1.コインチェックの口座開設
  2. 2.日本円を入金
  3. 3.ビットコインを購入

順を追って説明します。

1.コインチェックの口座開設

まずは、国内取引所で取り扱い銘柄数が多いコインチェックで口座を開設します。

初心者でもとてもわかりやすい仕様になっており、NFTマーケットプレイスを展開したり、IEOを実施したり、多種多様な取引を実装している注目度が高い取引所です。

同社のテレビCMには俳優の松田翔太さんが出演しており、キャッチーで斬新なCMにも注目が集まっています。

コインチェックの公式サイトを開いて、右上の会員登録ページから口座開設を行っていきましょう。

2.日本円を入金

口座開設を実施し、本人確認及び二段階認証の設定が完了したら日本円を入金します。

左メニューの「日本円の入金」に遷移すると、自分専用の振込先口座番号が表示されます。

振込先口座番号はユーザーによって異なりますので、入金の際は銀行振り込みでしっかりと確認して日本円を入金しましょう。

振込人名義を入力する際は、7桁のユーザーIDを記載するため、こちらも忘れないように注意が必要です。

3.ビットコインを購入

日本円の入金を確認したら、左メニューの「ホーム」に移動しましょう。

ここで、今回購入するビットコインの現物取引を行います。

レート(買いたい価格)、注文量、概算を確認して買いで注文すると、ビットコインの購入が完了します。

購入後のビットコインは、別のウォレットや口座に送金して長期で保有したり、値上がりを待って売却したり、様々な運用方法を駆使して取引を行ってみましょう。

是非、コインチェックで口座開設して、少額からビットコインを購入してみてください。

\ アプリダウンロード数No.1 /

仮想通貨の勉強まとめ

今回は2021年に大きな盛り上がりを見せて以降、引き続き注目されている「仮想通貨」について紹介しました。

この記事の要点
  • 仮想通貨は少額で大きなリターンを得られるほか、今後も大きく成長する可能性がある
  • 仮想通貨についての基礎知識は、ウェブサイトや書籍で調べる
  • 仮想通貨の知識がついてきたら、YouTubeやTwitter、ニュースサイトを確認してさらに知識を深める
  • 初心者向けキーワード5つ、中級車向けキーワード4つ、上級者向けキーワード3つを確認
  • 実際に仮想通貨を取引する際は、初心者でも使いやすいコインチェックをチェック

直近で大きな盛り上がりを見せているDeFi、メタバースやNFTなどの最先端の分野には、国内外の企業や著名人が注目しています。

暗号資産業界全体が成長していくと、ビットコインやイーサリアムなどの主要通貨の価値は上がっていく可能性もあります。

今後も成長を続けていく仮想通貨が気になる方は、Coincheck(コインチェック)で口座開設を行って、是非仮想通貨を購入してみてください。

\ アプリダウンロード数No.1 /

目次
閉じる