【2021年】ビットコインキャッシュ(BCC,BCH)の今後の見通し・価格予想や将来性を徹底解説

ビットコインキャッシュは、ビットコインのハードフォーク(通貨分裂)によって生まれた仮想通貨です。

ビットコインのハードフォークで生まれた通貨は他にもいくつかありますが、その中でもビットコインキャッシュは知名度や需要が高く、日本でも多くの取引所が取り扱っている人気の通貨の一つとなっています。

今回はそんなビットコインキャッシュの2021年ここまでの価格推移や、今後の価格予想などを解説していきます

この記事の要点
  • ビットコインキャッシュはビットコインのハードフォークによって生まれた仮想通貨
  • ビットコインよりも処理速度や手数料が優れている
  • 5月中旬から大きく暴落していたものの、7月中旬から再び上昇トレンドに
  • 長期的にも価格が上がるという予測がなされている
  • ビットコインキャッシュに投資するなら、少額から始められるCoincheckがおすすめ

ビットコインキャッシュに投資するなら、少額から購入ができ、自動積立などのサービスも充実しているCoincheckがおすすめです。

スマホアプリなどから気軽に取引できますので、まだ口座をお持ちでない方はこの機会にぜひ口座開設しておきましょう

\ アプリダウンロード数No.1 /

公式LINE

なお、MediaArgoの公式LINEでは仮想通貨の最新情報を無料配信中。

ビットコインキャッシュの限定情報もこちらで配信していますので、是非今のうちに登録してみてください。

\ 12/31まで!200円のBTCゲット/

目次

【2021年12月】ビットコインキャッシュの現在の価格動向

引用:TradingView

こちらは、2021年12月までの最新BCH/USDのチャートになります。

5月中旬から7月まで下降トレンドが見受けられましたが、8月に入って価格高騰の兆しを見せ始めました。

10月は大幅な上昇はなく、価格が安定している印象です。

  • ビットコインキャッシュに投資している人の口コミを見ていきましょう

ビットコインキャッシュ10万円分買った

Twitter

利確しました。儲かりました。

#bch #ビットコインキャッシュ

Twitter

ビットコインキャッシュとイーサとリップルを5:1:1の割合で暴落ちょい後くらいから持ち続けてるけど、なかなか良い感じ

Twitter

8月の上昇でビットコインキャッシュを保有し続けていた人はかなり利益をあげられたようです。

BCHに投資してみようと考えた方はコインチェックがおすすめです

約500円から仮想通貨取引を開始できるので、まだビットコインキャッシュに投資したことがないという方でも低リスクで取引を始めることができます。

\ アプリダウンロード数No.1 /

ビットコインキャッシュ(BCH,BCC)の特徴

仮想通貨名ビットコインキャッシュ
シンボルBCHまたはBCC
現在の価格(2021年12月時点)¥65,163.28
時価総額(2021年12月時点)¥1,232,202,322,744
時価総額ランキング(2021年12月時点)22位
取引できる主な取引所Coincheck
DMM Bitcoin
GMOコイン

ビットコインキャッシュは、2017年8月にビットコインのハードフォーク(通貨分裂)によって生まれた仮想通貨です。

ハードフォークはブロックチェーンの仕様変更の一つであり、飲食器具のフォークの先端が分かれているように仮想通貨およびブロックチェーンが分岐して新しい仮想通貨が誕生します。

なお、ビットコインキャッシュには次のような特徴があります。

特徴①:ビットコインのハードフォークによって誕生した

ハードフォークとは

2009年に誕生したビットコインは、長らくスケーラビリティ問題(利用者過多による処理遅延や手数料高騰)に悩まされてきました。

その問題を解決するには「既存ソフトウェアの改良」と「ブロックサイズの拡張」の2つの方法があったのですが、それぞれの方法を進めようとする派閥ができて対立してしまったことで、ハードフォークがおこなわれました。

なおビットコインのハードフォークはその後何度もおこっており、現在ビットコインキャッシュ以外にも、

  • ビットコインゴールド
  • ビットコインダイヤモンド
  • ビットコインシルバー
  • ビットコインプライベート

などが存在しています。

さらにビットコインキャッシュでもハードフォークが発生しており、「ビットコインSV」がつくられています。

これだけ多くの通貨がビットコインから生まれているのですが、ビットコインを除けば最初のハードフォークで生まれたビットコインキャッシュが最も知名度、時価総額ランキングともに高くなっています。

通貨名シンボル時価総額ランキング(2021.7時点)
ビットコインキャッシュBCH12位
ビットコインゴールドBTG91位
ビットコインダイヤモンドBCD135位
ビットコインシルバーBTCS不明
ビットコインプライベートBTCP1111位
ビットコインSVBSV42位

特徴②:ビットコインよりも処理速度や手数料が優れている

ビットコインキャッシュは、スケーラビリティ問題の解決策として「ブロックサイズの拡張」をすることに賛同した派閥がハードフォークによって生み出した通貨です。

ビットコインの処理速度は遅い

ビットコインはブロック1つあたり1MBしか容量がなかったのですが、ビットコインキャッシュは8MBまで拡張されました。

また2018年5月のアップデートではそこからさらに32MBまで拡張されて、ビットコインよりも取引などの処理が速く、手数料も安くなっています。

ただ、これはあくまでビットコインと比較した場合の話であって、あらゆる通貨と比較すると特段速い部類に入るわけではありません。

例えばリップルなど、初めから速い国際送金を実現することを目的につくられた通貨には及びません。

リップルについては、リップルの見通しの記事をご参考ください。

特徴③:スマートコントラクトを実装している

スマートコントラクトは、様々な取引や契約を第三者の仲介なしに自動で実行できる仕組みのことで、仲介を必要としないことによって取引にかかる時間や手数料を削減することができます。

スマートコントラクト

ビットコインキャッシュでは、2018年5月のハードフォークにおいてスマートコントラクトが実装されました。

なお、スマートコントラクトはイーサリアムのものが最も有名で、すでに金融業界だけでなく不動産業界など様々な場面で実用化が進められています。

そういった実績がすでにあることから、ビットコインキャッシュのスマートコントラクトにも期待が寄せられています。

このように、ビットコインキャッシュは非常に将来性の見込まれている仮想通貨だといえます

ビットコインキャッシュを取引したいとお考えの方は、早い段階でコインチェックで口座開設しておくことをおすすめします

\ アプリダウンロード数No.1 /

ビットコインキャッシュのこれまでの価格推移

続いてビットコインキャッシュの今後の見通しを考察する前に、ひとまず2021年9月現在までの、ビットコインキャッシュの価格推移をチェックしておきましょう。

下の画像は、2021年1月から9月までのBCH/USDチャートです。

BCH/USDチャート
引用:TradingView

ご覧の通り、年始から5月上旬までは堅調に推移していました。

しかし、

  • アメリカにおいてテーパリング(新型コロナに対抗しておこなっていた金融緩和の縮小)の気配が観測される
  • 米電気自動車メーカー・テスラのCEOイーロンマスク氏が、仮想通貨に対して否定的なツイートを発信
  • 中国が仮想通貨に対する規制強化を発表

こういったネガティブな出来事が立て続けに起こったことで、ビットコインキャッシュに限らず多くの仮想通貨が5月中頃から暴落してしまいました。

数か月かけてコツコツと伸びていたにも関わらず、暴落によって7月は2021年1月始値(340ドル)とほぼ変わらない水準となりました。

しかし、8月になると仮想通貨市場全体の上昇トレンドに乗じて、ビットコインキャッシュも700ドルに到達するなど上昇基調にあります。

2021年9月現在はあまり大きな値動きはありませんが、今後も上昇トレンドを維持すると考えるのであれば、今が買い時と捉えることが可能でしょう。

ビットコインキャッシュを取引するなら、コインチェックが最もおすすめ。

コインチェックでは、最短5分で申し込みが可能で、最短10秒でスマホから簡単に購入可能です

定番の取引所ですので、是非口座開設してみてください。

\ アプリダウンロード数No.1 /

ビットコインキャッシュの今後の見通し

現在は下降トレンドの最中にあるビットコインキャッシュですが、より長期的な先行きを占う場合、次のような要素が重要になってきます。

ビットコインキャッシュの今後を占う重要ポイント
  • 通貨として普及するかどうか
  • 仮想通貨以外の金融市場に広まるかどうか
  • DeFiの開発が進むかどうか

通貨として普及するかどうか

ビットコインは「価値の保存」を重視しており、しばしば金と比較されて「デジタルゴールド」と呼ばれます。

一方で、ビットコインキャッシュは「通貨としての利便性」に重きを置いています。

例えば中国では、日本での「LINE」のような多機能メッセンジャーアプリ「WeChat」にビットコインキャッシュの送金機能が追加されるなど、着実にビットコインキャッシュの経済圏拡大が進められています。

ただ日本の状況を見でも分かる通り、ビットコインキャッシュを含め仮想通貨の「通貨としての普及」は、法定通貨による電子決済の普及と比べるとまだまだ十分ではありません。

しかし今後、通貨として広く使用されるようになった暁には、ビットコインキャッシュにおいても価値の向上と安定につながっていくでしょう。

いつビットコインキャッシュの価格上昇が始まっても対応できるように、コインチェックで口座をお持ちでない方はこの機会に口座開設しておきましょう。

\ アプリダウンロード数No.1 /

仮想通貨以外の金融市場に広まるかどうか

グレースケール

アメリカでは大手仮想通貨ファンドのグレースケール社からビットコインキャッシュの投資信託が販売されており、OTC市場でもビットコインキャッシュの取引ができるようになっています。

このように今後、世界各国で取引所以外でもビットコインキャッシュが広く取引されるようになれば、新規ユーザーを取り込み価格の上昇につながっていくでしょう。

新規ユーザーが増えるに伴ってビットコインキャッシュの価格は上がっていくことが予想されますので、比較的に低価格とも見受けられる今のうちにBCHを購入しておくのも一つの投資戦略です。

\ アプリダウンロード数No.1 /

DeFiの開発が進むかどうか

DeFi とは

ビットコインキャッシュは、2018年のハードフォークでスマートコントラクトが実装されました。

また2020年には、DeFi(分散型金融)関連製品を開発するスタートアップ「ジェネラル・プロトコル」が約1億円の資金調達をおこなっています。

現在DeFiの分野ではイーサリアムが最も幅を利かせていますが、その中でビットコインキャッシュが今後どのようにDeFiを開発していくのか要注目です。

公式LINE

MediaArgoの公式LINEでは仮想通貨の最新情報を無料配信しています。

ビットコインキャッシュの限定情報もこちらで配信していますので、是非今のうちに登録してみてください。

\ 12/31まで!200円のBTCゲット/

【2021年】ビットコインキャッシュの今後の価格予想

続いてビットコインキャッシュの具体的な価格予想を見てみましょう。

2021年9月は以下のように予想されています。

なお、ビットコインキャッシュの2021年9月現在までの主な価格動向は次のとおりです。

項目価格
2021年1月始値340ドル
2021年最高値1,670ドル
2021年下降トレンド中の最安値382ドル
2021年9月現在の価格666ドル

ビットコインキャッシュは年始時点の海外メディアの予想を大きく上回り、一時1,500ドルも突破していましたがその後急落。

しかし、8月からは再び価格が上昇し、9月時点では2021年末までにさらに価格があがると予想されています。

もしビットコインキャッシュを購入するのであれば、コインチェックへの口座開設がおすすめです。

\ アプリダウンロード数No.1 /

【2022年以降】ビットコインキャッシュの今後の価格予想

海外の仮想通貨専門メディア「Captain Altcoin」では、「多くの仮想通貨がある中、2025年までビットコインキャッシュが生き残った場合」という前提の上で、その場合は利用者が増加して価格は2020年までの最高値の10倍~100倍、つまり43,000ドルを超える可能性もあると予想しています。

Captain Altcoinのいう100倍という数字は突拍子もないものに見えるかもしれませんが、仮想通貨は基本的に価格変動が大きく実際に100倍以上暴騰するものも多々あるため、決してあり得ないことではありません。

いずれにしても現在の価格よりも高騰していくというポジティブな予想になっています。

あくまで予想なのでこれが現実のものになるとは言い切れませんが、リスクをコントロールしつつ安く買える今からビットコインキャッシュに投資してみるのも面白いのではないでしょうか。

ビットコインキャッシュはコインチェックで購入できますので、まだ口座をお持ちでない方は是非開設してみてください。

ビットコインキャッシュ投資におすすめの取引所

最後にビットコインキャッシュに投資できるおすすめの取引所を3社ご紹介します。

ビットコインキャッシュ投資におすすめの取引所3社

おすすめ仮想通貨取引所の記事と併せてご参考ください。

Coincheck(コインチェック)

コインチェック
現物取引(銘柄数)販売所形式:○(16銘柄)
取引所形式:○(5銘柄)
レバレッジ取引(銘柄数)×
最小発注数量
(ビットコインの場合)
販売所形式:500円以上
取引所形式:0.005BTC以上、かつ500円以上
取引手数料
(ビットコインの場合)
販売所形式:0円(スプレッドあり)
取引所形式:0円
取引ツールパソコン・ネットブラウザ:○
スマホアプリ:
その他のサービスCoincheckつみたて
貸仮想通貨
大口OTC取引
CoincheckNFT(β版)
Coincheckでんき/ガス
公式サイトCoincheck公式サイト
関連記事Coincheckの評判
Coincheckのおすすめポイント

少額からビットコインキャッシュを買える

Coincheckではビットコインキャッシュ含め取扱銘柄17種類に対して、500円から投資できます。

少額から始められるので、投資資金が少ない方や初心者でも安心して仮想通貨投資にチャレンジできます。

ビットコインキャッシュの自動積立ができる

「Coincheckつみたて」なら、ビットコインキャッシュに対して月々1万円からの自動積立が可能です。

自動積立は、コツコツ買い続けると購入価格が平準化されていきます。

そのため下降トレンド中から積立を始めてさらに価格が下がってしまった場合、一時的には含み損を抱えることになったとしても、価格が将来持ち直してきたときに利益を得られます。

コインチェックの取引ツールは初心者の方でも非常に扱いやすい、という定評があります。

さらに、最低500円から取引を開始できるので、資金力にとぼしい初心者の方でも気軽に始めることができます。

また、仮想通貨取引所の手数料に関する記事もご覧ください。

自動積立など、お得なサービスが豊富ですので、まだ口座をお持ちでない方はぜひ口座開設しておきましょう

\ アプリダウンロード数No.1 /

DMM Bitcoin

dmmbitcoin
現物取引(銘柄数)販売所形式:○(7銘柄)
取引所形式:×
レバレッジ取引(銘柄数)○(19銘柄)
最小発注数量
(ビットコインの場合)
販売所形式:0.0001BTC
レバレッジ取引:0.01BTC
 取引手数料
(ビットコインの場合)
 販売所形式:無料(スプレッドあり)
レバレッジ取引:無料(スプレッド、レバレッジ手数料あり)
※BitMatch注文を除く
取引ツールパソコン・ネットブラウザ:○
スマホアプリ:○
その他のサービスBitMatch注文
公式サイトDMM Bitcoin公式サイト
関連記事DMM Bitcoinの評判
DMM Bitcoinのおすすめポイント

レバレッジ取引ができる

DMMBitcoinは、現物取引よりもレバレッジ取引に力を入れている取引所です。

DMMBitcoinならビットコインキャッシュを含め、国内最多の19銘柄でレバレッジ取引が可能です。

よりハイリスクハイリターンな投資をおこない、短期間で大きな利益を得たい方にはDMMBitcoinをおすすめします。

下落相場でも利益を狙える

レバレッジ取引は現物取引とは違い、投資資金(証拠金)を担保に売りから仕掛けて「高く売って安く買い戻す」ことによって利益を得ることもできます。

そのためDMMBitcoinなら、現在のビットコインキャッシュの下落相場の中でも利益を狙うことが可能です。

ビットコインキャッシュをレバレッジ取引したい、とお考えの方は口座開設しておいて間違いはないでしょう。

更に現在、DMM Bitcoinでは新規口座開設により、2000円のキャッシュバックを受けられるキャンペーンが実施中です

この機会を逃さないように、お早めに口座開設しておきましょう

\ もれなく2000円プレゼント中! /

GMOコイン

gmoコイン
DSC_0204
現物取引(銘柄数)販売所形式:○(14銘柄)
取引所形式:○(6銘柄)
レバレッジ取引(銘柄数)販売所形式:○(10銘柄)
取引所形式:○(5銘柄)
最小発注数量
(ビットコインの場合)
現物取引(販売所形式):0.00005 BTC
現物取引(取引所形式):0.0001BTC
レバレッジ取引(販売所形式):0.01BTC
レバレッジ取引(取引所形式):0.01BTC
 取引手数料
(ビットコインの場合)
現物取引(販売所形式):無料(スプレッドあり)
現物取引(取引所形式):Maker -0.01%、Taker 0.05%
レバレッジ取引(販売所形式):無料(スプレッド、レバレッジ手数料あり)
レバレッジ取引(取引所形式):無料(レバレッジ手数料あり)
取引ツールパソコン・ネットブラウザ:○
スマホアプリ:○
その他のサービス貸暗号資産
つみたて暗号資産
ステーキングサービス
公式サイト GMOコイン公式サイト
関連記事GMOコインの評判
GMOコインのおすすめポイント

取引所形式の取引で取引コストを抑えられる

仮想通貨取引所の取引形式には、販売所形式(仮想通貨取引所とユーザーが取引)と取引所形式(ユーザー同士で取引)の2種類がありますが、それらに対応している通貨の種類は各取引所で異なります。

GMOコインの場合はビットコインキャッシュを用いて、

  • 販売所形式の現物取引
  • 販売所形式のレバレッジ取引
  • 取引所形式の現物取引
  • 取引所形式のレバレッジ取引

これらすべてが可能になっており、自身の投資スタイルに合ったものを選ぶことができます。

特に取引所形式の場合は、販売所形式の場合よりも取引コストを抑えられるのでおすすめです。

ビットコインキャッシュの自動積立ができる

GMOコインでもCoincheckのように、ビットコインキャッシュを用いた自動積立が可能です。

またGMOコインの場合は500円から積立可能で、さらに毎日積立と毎月積立の2つのプランから積立プランを選べます。

リーズナブルな金額から始められて、自身のお財布事情に合わせて細かく積立の戦略を立てることもできるので非常に便利です。

GMOコインでは販売所・取引所にて、レバレッジ取引・現物取引の両方をすることができます。

さらに、自動積立など便利な機能が備わっていて、ビットコインキャッシュには最適な証券会社であると言えます。

すでに別の取引所で口座をお持ちの方も、ビットコインキャッシュを取引するためにGMOコインで口座開設しておくことをおすすめします。

\ 顧客満足度No.1! /

ビットコインキャッシュまとめ

今回は人気の仮想通貨の一つビットコインキャッシュの、今後の見通しなどを解説しました。

この記事のまとめ
  • ビットコインキャッシュはビットコインのハードフォークによって生まれた仮想通貨
  • ビットコインよりも処理速度や手数料が優れている
  • 5月中旬から大きく暴落していたものの、7月中旬から再び上昇トレンドに
  • 長期的にも価格が上がるという予測がなされている
  • ビットコインキャッシュに投資するなら、少額から始められるCoincheckがおすすめ

ビットコインキャッシュに限らず、仮想通貨市場全体が2021年9月現在は強気ムードで価格は上昇傾向にあります。

また将来性を評価し、長期的にも成長する予想するならば、現在は安く買えるチャンスとも言えるので、しっかりリスクコントロールをしながらであれば今からビットコインキャッシュに投資してみるのも戦略として面白いでしょう。

初心者の方には少額投資や自動積立ができるCoincheckがおすすめです。

ビットコインキャッシュへの投資に興味を持った方は、ぜひCoincheckで口座をつくってみてください。

\ アプリダウンロード数No.1 /

公式LINE

MediaArgoの公式LINEでは仮想通貨の最新情報を無料配信しています。

ビットコインキャッシュの限定情報もこちらで配信していますので、是非今のうちに登録してみてください。

\ 12/31まで!200円のBTCゲット/

目次
閉じる