【一覧】イーサリアムキラーとは?注目の仮想通貨銘柄を徹底比較!

2021年はNFTやメタバース関連の銘柄が伸長した年でした。

NFT関連銘柄でいえば、ザ・サンドボックス(SAND)は1年間でおよそ1万6,000%も価格を上昇させています。

このようなNFTの躍進に欠かせなかったのがイーサリアム(ETH)です。

イーサリアムはオープンソース型のブロックチェーン技術で、独自の分散型アプリケーションが次々と開発されています。

2021年は活躍する場面が目立ったイーサリアムでしたが、いくつか懸念点があったことも事実です。

例えば、ガス代が高騰していたり、スケーラビリティ問題が発生していたりと、すぐに解決できる問題ではありませんでした。

そこで、以上のようなイーサリアムの欠点を補うべく誕生したのがイーサリアムキラーです。

この記事ではそんなイーサリアムキラーについて以下のポイントを中心に紹介します。

この記事のポイント
  • イーサリアムキラーとは、イーサリアムの欠点を補ったイーサリアムブロックチェーンのライバルであること
  • 代表的な銘柄としてソラーナ(SOL)やポルカドット(DOT)、ポリゴン(MATIC)などがあること
  • イーサリアム市場を奪う動きが活性化すれば、イーサリアムに取って代わる可能性もあること
  • イーサリアムキラーの銘柄でポルカドットは、国内取引所のCoincheckを経由して海外取引所で購入できること

イーサリアムキラーの関連銘柄は将来性の高い仮想通貨です。

高度な技術にもとづいたイーサリアムキラーのブロックチェーン技術は、Web3.0の考えやNFT市場の発展には欠かせません。

それほど評価されていない今のうちに投資しておくのも一つの手段です。

そんなイーサリアムキラー関連銘柄に投資するためは、国内取引所を経由するのも1つの手段です。

そこで、おすすめしたい国内取引所がCoincheckです。

Coincheck500円から投資できる手軽さが特徴的で、国内ダウンロード数No.1の実績も持っています。

スマホでの申し込みであれば最短1日で取引できるようになりますので、この機会にぜひ登録してみてください。

\ アプリダウンロード数No.1 /

LineBanner_btc

Media Argo公式LINEでは、投資家のみなさまにとって有益な情報を随時配信していきます。

まだ友だち追加がお済みでない方は、この機会にぜひ無料で登録しておきましょう。

\ 7/31まで!200円のBTCゲット/

目次

イーサリアムキラーとは?

イーサリアムキラーを一言で表せば、イーサリアムに取って代わる可能性があるブロックチェーン技術を持った仮想通貨のことです。

これまでの仮想通貨市場は、ビットコインに次ぐ時価総額を持ったイーサリアムが活躍する場面が顕著でした。

イーサリアム
引用元:https://ethereum.org/en/

イーサリアムが活躍した要因としてあげられるのが、「スマートコントラクト」の存在です。

スマートコントラクトとは?
  • ブロックチェーン上で契約を自動でおこなうこと
  • 第三者を仲介しないため、取引の公正さや透明性が保証される
  • 契約内容を簡単に変更できないため、修正が効かないというデメリットも存在する
スマートコントラクトとは

スマートコントラクトを採用したことで、分散型ネットワークを築けるようになったイーサリアムは、分散型プラットフォームの開発に用いられるようになりました

イーサリアムを基盤としたプラットフォームとして有名どころとなると、以下のようなプラットフォームがあげられます。

イーサリアム基盤のプラットフォーム
  • Uniswap
  • 1inch
  • Open sea
  • Rarible
  • Axie Infinity

分散型取引所での活躍も目覚ましいですが、やはりNFTプラットフォームでの活躍が近年では目立っています

このように多くの分野で利用されているイーサリアムですが、利用される場面が増えることである問題が発生するようになりました。

それがスケーラビリティ問題です。

スケーラビリティ問題

スケーラビリティ問題とは、上記のように利用される場面が増えたことで、結果的に取引処理が追いつかなくなってしまうことです。

さらに、スケーラビリティ問題が発生することで、イーサリアムの使用料「ガス代」も高騰しています。

スケーラビリティに対応できるバージョン「イーサリアム2.0」に移行するプロジェクトも開発中ですが、すぐさま開発できるものではありません。

そこで、注目されはじめたのがイーサリアムキラーの存在でした。

イーサリアムキラーのブロックチェーンは、イーサリアムが抱えていた問題点をクリアしています。

結果的にここ数年でイーサリアムのガス代やスケーラビリティ問題に嫌気をさしたユーザーが、イーサリアムキラーへと移行するようになりました。

イーサリアムキラーの銘柄は複数存在し、今後イーサリアムのポジションを奪う可能性もあります。

イーサリアムキラーを取引するには、国内取引所を経由する必要があるので、国内最大手仮想通貨取引所のCoincheckで口座を開設してみてはいかがでしょうか。

\ アプリダウンロード数No.1 /

イーサリアムキラーの銘柄

イーサリアムキラーの銘柄は数多く存在します。ここではイーサリアムキラーのなかでも、将来性の高い3つの銘柄を紹介します。

イーサリアムキラーの銘柄
  • ソラーナ(SOL)
  • ポルカドット(DOT)
  • ポリゴン(MATIC)

ソラーナ(SOL)

Solana
引用元:https://solana.com/ja
仮想通貨名Solana
ティッカーシンボルSOL
価格(2022年1月時点)10,569円
時価総額(2022年1月時点)3,327,614,425,487円
時価総額ランキング(2022年1月時点)8位
購入可能な取引所・Binance
・FTX
・KuCoin
など
公式サイト公式サイトはこちら
関連記事Solanaの特徴

ソラーナは高い処理速度を備えているスケーラブルなブロックチェーンです。

ソラーナというブロックチェーン技術内で利用される仮想通貨のことを「SOL」といいます。

ソラーナチェーン最大の特徴は、やはりブロックチェーンの処理速度でしょう。

ソラーナではプルーフオブヒストリーというアルゴリズムを採用することで、1秒間で5万ものトランザクションを処理できるようになります。

イーサリアムのトランザクションが1秒間で13程度しか処理できないことと比べると、いかにソラーナのトランザクション処理能力が高性能だかうかがえるでしょう。

高い処理能力にくわえて手数料も安いことが特徴的であるため、今後イーサリアムを代替する銘柄として活躍する場面が増えることを期待している投資家も多いです。

そんな特徴があるソラーナはすでにNFTやDeFiの分野で利用されていて、ソラーナを利用して作成されたNFTはおよそ570万点にものぼります。

Solana
引用元:https://solana.com/ja/developers/nfts

今後もスケーラビリティの高いブロックチェーン技術は注目されることが予想されますので、イーサリアムとのライバル関係は続いていくでしょう。

ポルカドット(DOT)

Polkadot
引用元:https://polkadot.network/ja/
仮想通貨名Polkadot
ティッカーシンボルDOT
価格(2022年1月時点)2,111円
時価総額(2022年1月時点)2,085,392,337,412円
時価総額ランキング(2022年1月時点)11位
購入可能な取引所・bitFlyer
・GMOコイン
・Binance
など
公式サイト公式サイトはこちら
関連記事Polkadotの見通し

ポルカドットは高い相互運用性やトランザクション処理能力を持ったブロックチェーンです。

ポルカドット内で利用される仮想通貨のことをDOTといいます。

今後ブロックチェーン技術が発展していくためには、ポルカドットのようなブロックチェーン同士のインターオペラビリティ(互換性)が高いプロジェクトが必要です。

インターオペラビリティとは

ビットコインをはじめとした従来のブロックチェーン技術は、独自のアルゴリズムを採用していて互換性がまったくないものでした。

その影響でブロックチェーンをまたいだ取引をおこなうとなると、いくつかの分散取引所を経由して取引しなければいけません。

投資家にかなりの手間をかけることになります。

そこで、ポルカドットは異なるブロックチェーンをつなげるために以下のブロックチェーン技術を採用しました。

ブロックチェーンをつなげるための技術特徴
Parachains(パラチェーン)相互接続を可能にし、独自性を持たせるチェーンのこと
Bridges(ブリッジ)パラチェーンとリレーチェーンをつなげる役割
Reley chain(リレーチェーン)・他のチェーンとパラチェーンとの接続を可能にする橋渡し役
・ビットコインやイーサリアムとの接続も可能
Polkadot
引用元:https://polkadot.network/ja/technology/

このようなブロックチェーンテクノロジーを採用しているポルカドットは、真のインターオペラビリティ(互換性)を提供しているといえるでしょう。

今後ブロックチェーン技術が発展していくためには、それぞれのブロックチェーンをつなぐポルカドットのような存在が大切とされています。

ポリゴン(MATIC)

polygon
引用元:https://polygon.technology/
仮想通貨名Polygon
ティッカーシンボルMATIC
価格(2022年1月時点)176円
時価総額(2022年1月時点)1,329,619,847,663円
時価総額ランキング(2022年1月時点)14位
購入可能な取引所・Binance
・FTX
・KuCoin
など
公式サイト公式サイトはこちら
関連記事Polygonの将来性

ポリゴンはイーサリアムのセカンドレイヤーソリューションとして誕生したブロックチェーンです。

セカンドレイヤーソリューションとは?

イーサリアムやビットコインなどが抱える課題を解決するために用いられる技術

ポリゴンのプラットフォーム内で利用される仮想通貨のことをMATICと呼びます。

ポリゴンの最大の特徴はPoSのアルゴリズムを採用していることです。

PoS(プルーフ・オブ・ステーク)とは?
  • PoW(プルーフ・オブ・ワーク)の代替アルゴリズムにあたるもの
  • コインを持っている割合によってステーク報酬が決まる
POS とは

PoSを採用することでステーキングが可能になりますので、ステーキング目当てに保有しているユーザーも少なくありません。

さらに、PoSはビットコインなどで採用しているアルゴリズムPoW(プルーフ・オブ・ワーク)よりも電力消費が少ないことが特徴でもあります。

そのため、コストパフォーマンスが高く、取引手数料がやすいことも特徴としてあげられるでしょう。

実際にポリゴンを利用した分散型アプリケーションとして、「Open Sea」があげられます。

イーサリアム版のOpen Seaではガス代の高騰がネックでしたが、ポリゴン版のOpne Seaではガス代がほとんどかかりません

すでに多くの分散型アプリケーションでポリゴンの技術を採用していることから、今後もイーサリアムキラーとして活躍していくことが予想されます。

イーサリアムキラー銘柄の取引を検討されている方は、交換元の通貨を手に入れるために、無料で口座開設できるCoincheckのような国内取引所で口座を開設して、準備を進めましょう。

\ アプリダウンロード数No.1 /

イーサリアムキラーの今後の見通し

イーサリアムキラーは今後どのような展開が予想されるのでしょうか?

ここではイーサリアムキラの持つ特徴を踏まえながら、将来性について紹介します。

イーサリアムキラーの今後の見通しとは?
  • 複数のイーサリアムキラーでシェアが分散することも
  • イーサリアム2.0の存在
  • イーサリアムとの共存も考えられる

複数のイーサリアムキラーでシェアが分散することも

イーサリアムキラーは独自の特徴を持った銘柄が複数存在します。

それぞれ特徴や性質は異なるものの、大きなカテゴリーでいえば「イーサリアムキラー」というくくりになるでしょう。

そのため、今後イーサリアムキラーのプロジェクトが立ち上がるたびに、市場シェアが分散することになります。

結果的に価値が分散してしまい、1つの銘柄の価格が上昇しにくくなることも考えられます。

イーサリアム2.0の存在

イーサリアムは現在、「イーサリアム2.0」のアップデートを進行しています。

イーサリアム2.0とは、従来のイーサリアムのアルゴリズムである「PoW」から「PoS」へアップデートすることです。

POS とは

PoSへアップデートすることで、従来の電力消費を99.95%も削減することが予想されています。

さらに、シャーディングと呼ばれる技術を実装することでスケーラビリティ問題も解決可能です。

もし、イーサリアム2.0が予定通りの性能で実装されれば、イーサリアムキラーの価値が下がる可能性も考えられます。

イーサリアムとの共存も考えられる

イーサリアム2.0が実装されるからといって、イーサリアムのみが市場を独占していれば分散型金融の特徴が薄れてしまいます。

そのため、イーサリアムだけでなくイーサリアムキラーを含めたブロックチェーン技術で、分散型金融を支えることが真の非中央集権的な世界と呼べるでしょう。

ブロックチェーン本来の目的を果たすためにも、イーサリアムとイーサリアムキラーの共存がカギを握ります。

イーサリアムキラー銘柄の取引を考えている方は、今後の見通しを参考にしてみて下さい。

実際に取引をするためには、交換元の通貨を手に入れる必要があるので、初心者でも扱いやすいCoincheckのような国内取引所で口座を開設しておきましょう。

\ アプリダウンロード数No.1 /

Polkadotの買い方

ポルカドットは国内取引所のbitFlyerにて取り扱いがあります。

そのため、ここではbitFlyerにてポルカドットを購入する方法を紹介します。

ポルカドットの買い方とは?
  1. bitFlyerの口座を開設
  2. 入金してポルカドットを購入

bitFlyerの口座を開設

まずはbitFlyerの口座を開設しましょう。

公式ホームページの真ん中か右上に表示されている「新規登録」をクリックしてください。

ビットフライヤー
出典:https://bitflyer.com/ja-jp/

新規登録をクリックすると、以下のようなページに移行します。

新規アカウント作成
出典:https://bitflyer.com/ja-jp/account-create

bitFlyerの会員登録はメールアドレスさえあれば設定できます。

普段から利用しているメールアドレスを登録して、bitFlyerからのメールを待ってください。

しばらくすると、キーワードが記載されているメールが届きますので、メールに記載されているキーワードを入力します。

キーワードの入力
出典:https://bitflyer.com/ja-jp/confirm

キーワード入力後は同意事項が表示されますので、問題がなければ同意してください。

同意事項の確認を終えると、二段階認証の設定に移ります。

二段階認証の設定
出典:https://bitflyer.com/ja-jp/signup

アプリの利用か携帯電話でショートメッセージを受け取れば設定できます。

ただし、会員登録が終わっても本人認証を済ませなければ取引はおこなえません

本人確認登録では以下の書類が利用可能です。

bitFlyerで利用可能な本人確認書類
  • 運転免許証
  • 個人番号カード(マイナンバーカード)
  • 在留カード

個人情報などの基本情報を記載のうえ、以上の書類のうち1点をアップロードしてください。

本人確認書類をアップロードしたたのちに、ハガキが届けば問題なく取引ができます

入金してポルカドットを購入

本人確認まで完了すれば、次に日本円を入金してポルカドットを購入してください。

この際にメニューにある「ホーム」から販売所を利用するようにしましょう。

販売所
出典:https://bitflyer.com/ja-jp/ex/buysell/btc

メニューから「販売所」をクリックすると、以上のような画面に移行します。

上部の「DOT/JPY」をクリックすると、ポルカドットの購入画面に移行しますので、ポルカドットを購入してください。

日本円の入金が済んでいれば、ポルカドットの購入が可能です。

手順が理解できた方は、biyFlyerで口座を開設してみてはいかがでしょうか。

イーサリアムキラーのよくある質問

ここではイーサリアムキラーに関してよくある質問と回答を紹介します。

イーサリアムキラーのよくある質問
  • イーサリアムキラーでおすすめの銘柄は?
  • ソラーナやポルカドット、ポリゴンを購入するのにおすすめの取引所は?
  • イーサリアムの覇権は今後続く?

イーサリアムキラーでおすすめの銘柄は?

イーサリアムキラーでおすすめの銘柄は以下の銘柄です。

イーサリアムキラーのおすすめ銘柄
  • ソラーナ
  • ポルカドット
  • ポリゴン
  • アバランチ
  • カルダノ

いずれの銘柄も2022年1月時点での時価総額ランキングで、トップ20に入っている銘柄ですので将来性が期待できます。

イーサリアムキラーの銘柄はいくらから購入できますか?

イーサリアムキラーに関わらず、仮想通貨であればだいたい500円から購入できます。

扱っている取引所によっても異なりますので、各取引所の最低小入金額を確認したうえで利用するようにしてください。

イーサリアムの覇権は今後続く?

イーサリアムキラーの存在は目立ちますが、イーサリアムの優位性がまだまだ高いことは事実です。

例えば、DeFi市場の預かり資産残高を掲載している「DefiPulse」によると、以下のようなデータが確認できます。


出典:https://defipulse.com/

DeFi市場の預かり資産残高でトップ10にランクされているブロックチェーンは、ほとんどがイーサリアムを利用したものです。

以上のことを踏まえても、しばらくはイーサリアムの優位性が高い状態が続くことが予想されます。

イーサリアムキラーのまとめ

ここまでイーサリアムキラーの情報について紹介しました。

この記事のまとめ
  • イーサリアムキラーとは、イーサリアムのスケーラビリティやガス代高騰の問題を補ったイーサリアムブロックチェーンのライバルであること
  • 代表的なイーサリアムキラーとして、ソラーナ(SOL)やポルカドット(DOT)、ポリゴン(MATIC)などがあること
  • 今後イーサリアムキラーが複数登場することで、価値が分散して価格が上昇しにくくなる可能性もあること
  • イーサリアムキラーの銘柄に投資するためには、Coincheckなどの国内取引所を経由してから海外取引所で投資する必要があること

イーサリアムキラー関連銘柄は時価総額ランキングでも上位に位置していますので、多くの投資家が注目していることは間違いありません

本格的な導入が進む前に投資しておくというのも考えられます。

イーサリアムキラー関連銘柄に投資するためには海外取引所を利用するのが一般的です。

海外取引所を利用するには、国内取引所で購入した仮想通貨を送金する必要があります。

そこで、国内取引所の利用にはCoincheckがおすすめです。

Coincheckダウンロード数No.1の実績を誇りますので、仮想通貨初心者でも安心して利用できます

この機会に仮想通貨投資を始めるのであれば、Coincheckの口座を開設しておきましょう

\ アプリダウンロード数No.1 /

LineBanner_btc

Media Argo公式LINEでは、投資家のみなさまにとって有益な情報を随時配信していきます。

まだ友だち追加がお済みでない方は、この機会にぜひ無料で登録しておきましょう。

\ 7/31まで!200円のBTCゲット/

目次
閉じる