原油/石油(WTI・OIL)CFDとは?おすすめの証券会社・取引所を徹底解説

株式やFXなどの投資だけでなく、商品(コモディティ)への興味があり、原油へ投資を行ってみたい方も多いのではないでしょうか?

原油取引を行う際には、先物・原油関連のETF、CFDの3つの取引方法がありますが、初心者の場合にはCFD取引がおすすめといえます。

しかし、CFD取引の特徴や原油の価格変動の仕組みについてわからないという人も多いでしょう。

今回は、原油CFDの特徴やメリット・デメリット、取引におすすめな証券口座について解説していきます。

今回の記事からわかること
  • 原油CFDとは、原油先物に投資するCFD取引(為替差金決済)
  • CFD取引は手数料が無料で、保有期限がない
  • レバレッジをかけて少額取引できる点や下落相場でもリターンを得られることがメリット
  • 商品(コモディティ)分野の中ではボラティリティが大きく、ややリスクが高い
  • 原油CFDに投資をしたい方は、IG証券がおすすめ
IG証券

原油CFDの取引を始めようと思っている方は、IG証券がおすすめです。

IG証券の原油CFDでは、2種類の先物のCFD取引が可能であり、スプレッドも2.8とお得な取引が可能です。

世界3大取引所の一つであるロンドン証券取引所に上場しているかつ世界No.1のCFD取引実績がありますので、これからCFD取引を始めようと考えている方はIG証券に口座を開設しましょう。

\ 5万円もらえるキャンペーン中! /

原油

Media Argo公式LINEでは原油CFDを始めとした最新の金融情報についてお届けしています。

まだ登録がお済みでない方はこの機会に登録しましょう。

\ 7/31まで!200円のBTCゲット/

目次

原油CFDとは?

原油CFDとは、原油という商品に投資を行うCFD取引です。

CFDとは

そもそもCFD取引とは、差金決済取引という、実際の現物のやり取りをせずに、建玉(ポジション)を保有・決済することで、保有時と決済時の差額のみをやり取りする方法です。

原油の特徴

原油CFDで投資対象となる「原油」というものについて、あまり理解していない人も多いのではないでしょうか。

そもそも原油とは、油田から採掘したままの状態で、精製されていない石油のことを指します

つまり、原油とは、ガソリンや灯油、軽油などのエネルギーの元となる石油の原料のことで、貴重な資源として日々取引されています。

ニュースなどで、「原油価格が上がり、ガソリン代が高騰している」と言われているのは、ガソリンの原材料となるのが原油だからです。

したがって、原油価格の高騰は、原油CFDだけでなく、日常の物価にも影響を与えます。

原油CFDの銘柄

そもそも原油は、採れた国や産地、あるいは油田によって、様々な種類があり、それぞれ取れた産地で価格が異なります。

主に投資で取引される原油にはWTI原油をはじめとして次のようなものが挙げられます。

原油の種類特徴
WTI(West Texas Intermediate)原油・米国のテキサス州沿岸部の油田で産出される原油
・WTI原油先物は原油価格の代表的な指標のひとつに数えられており、ニューヨーク・マーカンタイル取引所(NYMEX)で取引されている
北海ブレント原油・イギリス・ノルウェーなどにまたがる北海油田、英国領海北部のブレント油田で産出される原油のこと
・ICE(インターコンチネンタル取引所)欧州先物市場にブレント原油の先物が上場している
ドバイ原油・アラブ首長国連邦(UAE)の首長国のひとつであるドバイで産出される原油
・中東産原油の価格指標となるとともに、アジア向けの中東産原油の価格指標となっている

上記のようなどの産地の原油を取引するかによって価格変動の要因が変わる可能性が高いです。

例えば、米国のテキサス州の油田が災害などの被害に遭ってしまった場合には、WTI原油の価格が高騰する要因となります。

原油先物との違い

原油を取引できる投資には、原油CFDだけでなく、原油先物というものがありますが2つの違いについては以下の通りです。

取引の種類特徴
原油先物・決められた期日に、あらかじめ設定した価格で取引を行う
・あらかじめ設定した価格と期日の差額が損益となる
・期日前に決済することも可能
・取引所による板取引
原油CFD・Contract For Difference(差金決済取引)という取引の際に取引金額全体のやり取りをせずに、注文時の金額と決済時の差額のみをやり取りする方法
・店頭のレートによる注文
・レバレッジをかけて取引できる
・決済の期日がない
・取引手数料が無料(スプレッドは別途発生)
・オーバーナイト金利がかかる場合もある
・小口取引が可能

先物取引もCFD取引も、将来の価格が上がるか下がるかを予想して取引を行う方法という点では違いがありませんが、注文方法や投資金額、手数料などの面で違いがあります

投資の経験が浅い方は、少額から取引を始められるCFDを利用する方がおすすめ。

CFD取引をこれからしようと考えている方はIG証券がおすすめです。

世界に23万人の利用者とCFD取引世界No.1の実績を持っており、スプレッドも業界最狭水準となっていますのでまだ口座をお持ちでない方はこの機会にIG証券に口座を開設しましょう。

\ 5万円もらえるキャンペーン中! /

原油CFDの特徴

原油CFDには、次の3つの特徴が挙げられます。

原油CFDの特徴
  • 世界情勢に影響を受ける
  • 季節によって価格が変動する
  • 長期的な保有ができる

それぞれの特徴について、詳しく確認していきましょう。

世界情勢・金利政策などに影響を受ける

原油の価格は需要と供給のバランスによるものが大きいですが、需給に影響を与えている要因としては、各国の動向や金利政策、地域的なリスクなどが挙げられます。

原油価格の変動要因
  • 生産国による「減産政策」により原油の生産量が減る→価格上昇要因
  • 災害テロなどので油田の生産が困難になる→価格上昇要因
  • 生産コストの削減や設備の導入により原油調達の効率が上がる→価格下落要因
  • 景気悪化による原油の需要減→価格下落要因
  • 円安による原油価格の高騰

上記のように原油の価格を決定する要因は、様々のものが挙げられるため、世界全体のニュースや原産国の状況など幅広く情報を集める必要があるでしょう

また、原油は外国で生産され現地通貨や対象取引所の通貨建てで取引されるため、円安が発生するだけでも価格が上昇する点に注意が必要です。

季節によって価格が変動する

原油の需要と供給のバランスは、季節性の要因も大きく、季節によって価格が大きく変動するのが特徴です。

例えば、ガソリンスタンドで提示されているガソリン価格や灯油価格も、季節によって大幅に価格が上がっているのを見たことがある人も多いと思います。

特に、夏場のドライブシーズンや、冬場の暖房機器の使用により、ガソリン、灯油の需要が一時的に大きくなり、価格が上昇する可能性が高いです。

また、原油市場では、度々原産国の寒波が懸念されています

原産国で寒波が発生すると、原油の生産が一時的にストップしてしまうため、原油を発掘できず、大幅な供給源となってしまいます。

そのため、寒波が発生すると原油の価格は大幅に引き上げられてしまい、数ヶ月後にガソリン代や灯油代が高くなる可能性が高いです。

したがって、WTIの指標となっているアメリカのテキサス州の寒波がニュースとなることが多く、原油の投資を行うのであれば必ず注目する必要があるでしょう。

長期的な保有ができる

原油に投資を行う場合には先物取引が一般的ですが、先物は長期投資に向いていないというデメリットがあります。

先物取引が長期投資に向いていない理由
  • 「値洗い」が行われるため、翌日に持ち越してしまうと証拠金が動く
    ※値洗いとは、もともとの値段を時価で洗い直すことで、1日の終値で決済したとみなして証拠金の生産をすること
  • 限月があり、決められた期日になると強制的に決済されてしまう

一方で、CFD取引は、決済するまで資金の清算が行われない(値洗いがない)ため、途中で証拠金が不足するリスクが低くなります。

ただし、原油ETFのCFD取引を行う場合には、値洗いが行われる証券会社もありますので取引ルールを確認しておきましょう。

また、原油CFDには、先物取引のような「限月」がないため、相場が急変して一時的に塩漬けとなってしまっても保有し続けることができます。

先物取引の場合は、値洗いの問題や限月のリスクがあるため、基本的には短期トレードを行い期日以前に決済を行うことが一般的です。

CFD取引をこれから行うことを検討されている方にはIG証券がおすすめです。

CFD取引で世界No.1の実績を持っており、業界最低水準のスプレッドで取引をすることが可能です。

各種スマートフォン・タブレットにも対応しており簡単に取引ができるのでまだ口座をお持ちでない方はIG証券公式サイトより口座を開設しましょう

\ 5万円もらえるキャンペーン中! /

原油CFDのメリット

原油CFDでは、次のようなメリットが挙げられます。

原油CFDのメリット
  • 取引手数料が無料
  • レバレッジをかけて少額から取引できる
  • 下落相場でもリターンを狙える

それぞれのメリットについて、詳しく確認していきましょう。

取引手数料が無料

原油CFD取引では、原油先物取引のような取引手数料がかからないというメリットがあります。

原油先物取引で発生する手数料は高く、1度の取引に数千円の手数料が発生する可能性があるため、コストを抑えられるCFD取引がおすすめです。

ただし、原油CFDの場合には、買値と売値に差額のあるスプレッドが発生するため、実質的なコストは0ではありません。

スプレッドは取引手数料に比べて抑えられる場合が多いため、先物取引よりもCFD取引の方がコストを抑えることが可能です。

しかし、CFD取引には、オーバーナイト金利がかかり、翌日にポジションを持ち越すたびに、少額の手数料が発生します。

短期間で保有する分には大きなデメリットはありませんが、保有期限がないことでポジションを保有したままにするとコスト高となる点に注意が必要です。

レバレッジをかけて少額から取引できる

CFD取引では、レバレッジをかけて自己資金以上の取引を行うことができます。

例えば、IG証券では、最大20倍のレバレッジで取引を行うことができるため、投資資金が少ない方でも取引を始めやすいです。

したがって、必要な最低証拠金は約4,000円程度と、投資資金があまりない人にもおすすめです。

原油先物の場合には、最大10倍程度のレバレッジがかけられますが、最低取引単位がCFDよりも格段に大きいため、レバレッジを最大までかけても数十万円が必要になります

したがって、原油に投資を行いたい場合に投資資金があまりないという方は、CFD取引を行うのが良いでしょう。

下落相場でもリターンを得られる

下落時にも収益が狙える

CFD取引では、「買い」「売り」のどちらのポジションから取引を始めることができます。

したがって「売り」から始めた場合には、価格が下落することで利益となり、下落相場であっても稼ぐことができます

原油の価格は、短期間でも変動が激しいため、上昇と下落を繰り返すことも多く、「買い」「売り」のどちらも組み合わせることで、安定して利益を得ることができるでしょう。

\ 5万円もらえるキャンペーン中! /

原油CFDのデメリット

一方で、原油CFDには、次のようなデメリットが挙げられます。

原油CFDのデメリット
  • 商品(コモディティ)CFDの中でも価格変動が激しい
  • ロスカットの危険性がある

それぞれのデメリットについて、詳しく解説していきます。

商品(コモディティ)CFDの中でも価格変動が激しい

プラチナなどの商品(コモディティ)は、比較的値動きが少なく、為替相場や株式市場が荒れ相場であっても価格が安定しやすいことが特徴です。

しかし、原油はコモディティの中でも値動きが安定しないため、ボラティリティが激しい点に注意が必要です。

前述の通り、原油の価格は気候変動や景気の状況、各国の政策など様々な要因で影響を受けることとなります。

したがって、原油CFDに投資を行う際には、ハイリスクハイリターンとなる点に注意が必要です。

なお、「CFD取引のおすすめ銘柄・証券会社ランキング」の記事も確認しておくことがおすすめです。

ロスカットの危険性がある

損切りとは

CFD取引を行うことで、レバレッジをかけて少ない資金で運用できることは大きなメリットですが、ロスカットには注意が必要です。

ロスカットとは、保有しているポジションが一定の水準以上に損失を被った場合、損失の拡大を防ぐため、ポジションを強制的に決済する機能のことを言います。

各証券会社の相場として、証拠金維持率が50%〜100%を下回った際に、ロスカットが行われます

比較的ボラティリティの高い原油CFDは、高いレバレッジで運用しすぎると、あっという間に証拠金維持率が一定以下になるリスクが高いです

したがって、ロスカットにならないように、レバレッジに気をつけることや適度に損切りを行う必要があります。

原油をCFD取引できる証券会社

原油をCFD取引できる証券会社には、次の4つがあります。

原油をCFD取引できる証券会社
  • IG証券
  • LINE証券
  • GMOクリック証券
  • SBI証券

それぞれの証券会社の特徴やメリットについて、詳しく確認していきましょう。

IG証券

IG証券
IG証券チャート
取扱商品FX、CFD、ノックアウトオプション、バイナリーオプション
CFD取引手数料スプレッド(買値と売値の差額)
レバレッジ原油CFD:最大20倍
株式CFD:4〜5倍
株価指数CFD:最大10倍
FX:最大25倍
公式サイトIG証券公式サイト
関連記事IG証券の評判
IG証券のおすすめポイント
  • WTI先物と北海原油先物の2種類の先物のCFD取引ができる
  • スプレッドが2.8と狭い
  • CFDのデモ取引が可能

原油CFDの取引を行う場合には、IG証券がおすすめです。

IG証券では、WTI先物・北海原油先物の2種類のCFD取引が可能でどちらのスプレッドも2.8と業界の中でも狭いです

また、CFD取引だけでなく、ノックアウトオプション、バイナリーオプションなどの幅広い取引方法に対応しており、世界中のあらゆる銘柄に投資したい方にもおすすめできます。

原油関連の株式にもCFD取引ができるため、指数だけでなく個別の銘柄に投資したい方は、IG証券で口座開設しましょう。

\ 5万円もらえるキャンペーン中! /

LINE証券

LINE証券 チャート
取引手数料
(国内株・現物取引)
55円~1,070円
単元未満株○(いちかぶ)
その他の主なサービスLINEポイント
LINE Pay対応
公式サイトLINE証券公式サイト
関連記事LINE証券の評判
LINE証券のおすすめポイント
  • 0.1株から投資できる
  • 投資可能な商品が多い

LINE証券 のCFDでは、米国株から国内株・株価指数やコモディティなど、さまざまな商品に投資することができます。

また、CFD投資はほぼ24時間いつでも取引することが可能なので、日中は忙しいという方でも難なく投資することができます。

GMOクリック証券

GMOクリック証券CFD
取り扱い銘柄株式CFD
株式指数CFD
商品先物CFD
バラエティCFD
スプレッド3.0
レバレッジ株式CFD:最大5倍
株価指数CFD:最大10倍
商品CFD:最大20倍
バラエティCFD:最大5倍
公式サイトGMOクリック証券の公式サイト
関連記事GMOクリック証券の評判
GMOクリック証券のおすすめポイント
  • WTI先物のCFD取引ができる
  • CFDの取引ツールが豊富

GMOクリック証券では、CFD取引のツールが豊富で、チャート分析をしっかりと行いたい方や、スピード注文で素早く注文したい方におすすめです。

PCツールの「はっちゅう君CFD」では、1クリック注文に対応、「プラチナチャート」では全38種類のテクニカル指標に対応と幅広い分析ができます。

スプレッドが3.0と広く、WTI先物しか取引はできませんが、ツールを重視したい方はGMOクリック証券がオススメです。

SBI証券

SBI証券-公式ページ画像
SBI証券 チャート
取扱商品国内株、投資信託、外国株、先物・オプション、FX、債券 など
原油CFDの手数料1枚につき330円
最低証拠金約8,000円
公式サイトSBI証券公式サイト
関連記事SBI証券の評判
SBI証券のおすすめポイント
  • 原油ETFを原資産とする「WTI原油価格連動型上場投信(ETF)」のCFD取引ができる
  • 8,000円程度から取引が可能

SBI証券では、2021年9月13日から原油ETFのCFD取引を開始しました。

原油ETFを原資産とする「WTI原油価格連動型上場投信(ETF)というETFにおよそ8,000円程度の証拠金で取引を行うことができます。

ただし、原油ETFのCFD取引では、決済期日が決まっているという点に注意が必要です。

\ 国内株式個人取引シェアNo.1 /

なお、証券口座は複数開設した方がお得ですので是非「証券口座を複数口座もつメリット」の記事も確認しておきましょう。

原油CFDのやり方

原油のCFD取引を行いたい方は、証券会社の口座開設を行い実際に取引してみましょう。

ここでは、IG証券を例に口座開設の手順や取引方法を解説します。

口座開設手続きを行う

まずは、IG証券の口座開設を行います。

IG証券 口座開設

ホームページの各所に配置されている「口座開設」という緑のボタンがあるので、クリックすることで、口座開設手続きができます。

口座開設

上記のような画像が表示されたら、項目にしたがって、入力しましょう。

申し込みの手順
  • 申し込み情報、本人情報の入力
  • 各種規約の同意
  • 本人確認書類の提出

申し込み手続きが終わると、審査が行われます。

審査には、数日程度かかる場合がありますので注意が必要です。

銘柄を選択し、取引を行う

まずは、マイページから、商品CFDを選択し、取引画面に移ります。

銘柄の選択

取引を行いたい銘柄を選択します。

商品の選択

WTI商品先物・北海先物のどちらか取引を行いたい方を選択します。

IG証券 注文

注文内容を入力することで、取引が行われます。

これで、全ての手続きが完了するため、簡単に取引を行うことができます

取引手順がわかった方は、下のボタンから実際に取引を始めてみましょう。

\ 5万円もらえるキャンペーン中! /

原油CFDに関するよくある質問

原油CFDに興味がある方でも、本当に利益を得られるのか不安に感じている方や原油CFDの仕組みがわからないという方も多いでしょう。

ここからは、原油CFDに関するよくある質問について解説していきます。

原油CFDは長期保有におすすめ?

原油CFDは先物取引で派生する限月がないことから、長期保有に向いている商品といえます

また、取引手数料がかからないため、短期的な取引を行いたい方にもおすすめです。

しかし、ポジションを翌日にまたぐことで、手数料が発生するため、根拠なく長期間保有することはデメリットとなるでしょう

原油CFDの取引時間は?

WTI原油の取引時間は日本時間月〜金曜日の午前8:00〜翌午前7:00まで取引可能です。

したがって、平日は仕事で忙しいという方でも、帰宅後に取引を行うことができます。

また、IG証券で取引できる北海先物については月-木が午前10:01~翌午前7:55、金曜日は午前10:01~翌午前7:00までとなるため注意が必要です。

原油CFDにおすすめのトレード手法は?

原油CFDは比較的ボラティリティーの大きなコモディティであるため、短期的な取引でも利益幅が大きいのが特徴です。

したがって、デイトレードやスイングトレードなどの短期的なトレード手法が向いているといえるでしょう。

もちろん、長期投資がおすすめできないわけではありませんが、原油先物取引は期限の長いものほど価格が高くなり、期限が短いものほど価格が安くなるコンタンゴという性質を持っているため、初心者には注意が必要です。

\ 5万円もらえるキャンペーン中! /

原油CFDのまとめ

今回は、原油CFDのメリットやおすすめの証券会社について解説しました。

今回の記事のまとめ
  • 原油CFDとは、原油先物に投資するCFD取引(為替差金決済)
  • CFD取引は手数料が無料で、保有期限がない
  • レバレッジをかけて少額取引できる点や下落相場でもリターンを得られることがメリット
  • 商品(コモディティ)分野の中ではボラティリティが大きく、ややリスクが高い
  • 原油CFDに投資をしたい方は、IG証券がおすすめ

原油CFDは、価格変動が激しいですが、上昇や下落の要因を分析することで稼ぎやすくなります。

CFD取引は先物取引に比べて必要証拠金が少ないため、資金が少ない方や投資初心者の方でも始めやすいことが特徴です。

IG証券では、2種類の原油先物CFDに投資できるため、この機会に口座開設してみましょう。

\ 5万円もらえるキャンペーン中! /

原油

Media Argo公式LINEでは原油CFDを始めとした最新の金融情報についてお届けしています。

まだ登録がお済みでない方はこの機会に登録しましょう。

\ 7/31まで!200円のBTCゲット/

目次
閉じる