【12月最新】ステラルーメン(XLM)とは?今後の見通し・予想価格を徹底解説

ステラルーメン(XLM)はリップル(XRP)の開発者のひとりJed McCaleb氏らによって開発された仮想通貨です。

2014年の7月に公開されました。

人気の高い仮想通貨リップル(XRP)の開発者が関わっているということもあり、ステラルーメン(XLM)は公開直後から注目を集め、現在も活発に取引されています。

今回はステラルーメン(XLM)の概要や今後の見通しなどを解説します。

この記事からわかること

・ステラルーメン(XLM)のはリップルの開発者が関わって開発された
・非営利団体のステラ財団の中央集権体制のため信頼性が高い
・ウクライナ政府との提携が発表され、2021年5月には0.7ドルを超えた

・今後も各政府とのパートナーシップを締結することを目標にしている
・2021年9月は0.3ドルを記録するなど上昇傾向にあった
・ステラルーメン(XLM)の取引にはCoincheckが最もおすすめ

ステラルーメン(XLM)を取引するなら少額から取引できるCoincheckがおすすめです。

仮想通貨投資家の多くが利用している取引所で取引ツールやサービスも充実していますので、ぜひCoincheck公式サイトから口座を開設しておきましょう。

\ アプリダウンロード数No.1 /

公式LINE

なお、MediaArgoの公式LINEでは仮想通貨の最新情報を無料配信中。

ステラルーメン(XLM)に関する情報もこちらで配信していますので、是非今のうちに登録してみてください。

\ 12/31まで!200円のBTCゲット/

目次

【2021年12月】ステラルーメン(XLM)の現在の価格動向

最新チャート
引用:TradingView

7月中旬以降は価格が徐々に上がりはじめ、8月に入ると6月中旬以降は到達できていなかった0.3ドルを記録しました。

そして8月半ばに入り、ついに日本円で40円を突破しました。

2021年9月、ステラルーメンはその上昇を止めずに40円を突破しました

10月に入った当初は落ち着いた価格帯を彷徨っていましたが、10月中旬に入ってから突如上昇トレンドに入りました。

ビットコインをはじめとして仮想通貨全体が盛り上がっている印象を受けます。

11月現在も、激しい値動きを見せているため、魅力的な投資商品だと考えるトレーダーも多いようです。

  • ステラルーメン(XLM)に投資している人の口コミ

ステラルーメン40円突破おめ!

Twitter

持っていたイーサリアム、イーサリアムクラシック全てステラルーメンに換えました。理由は衝動に駆られたからです。

Twitter

仮想通貨のロケットが 発射するぞおおおおおお

もう戻ってこないぞおおおお

Twitter

ステラルーメンを以前から保有していた人は歓喜の嵐のようです。

仮想通貨市場が盛り上がり始めているものの、まだ最高値になっていない今が買い時と言える可能性もありますので、この機会に人気取引所のCoincheckに口座を開設していきましょう。

\ アプリダウンロード数No.1 /

ステラルーメン(XLM)とは?

ステラルーメン
通貨名ステラルーメン
シンボルXLM
価格(2021年12時点)¥39.11
時価総額(2021年12月時点)¥952,033,871,844.43
時価総額ランキング(2021年12月時点)24位
購入できる主な取引所Coincheck
DMM Bitcoin
GMOコイン

ステラルーメン(XLM)は2014年にリップルの開発者などにより誕生した仮想通貨です。

個人間の決済や送金の効率化を目指しています。

そのため処理スピードが速く送金手数料が安いなど特徴があり、人気の高い仮想通貨です。

なお、どの会社で口座開設するかお迷いの方は、Coincheckがおすすめです

独自の取引ツールには「非常に使いやすい」という定評があり、初心者の方には特におすすめです。

また、最短5分で申し込み完了しますので、この機会に口座開設しておくことをおすすめします。

\ アプリダウンロード数No.1 /

ステラルーメン(XLM)の特徴

ここではステラルーメン(XLM)の特徴を解説していきます。

ステラルーメン(XLM)の特徴

ステラ開発財団による中央集権体制
・ 決済スピードが早く送金手数料が安い
・2つの通貨の橋渡しとなるブリッジ通貨である
・ 独自のコンセンサスアルゴリズムSCPが採用されておりマイニングなどの仕組みは無い

それぞれ詳しく説明していきます。

ステラ開発財団による中央集権体制

ステラルーメン(XLM)はビットコインなどの仮想通貨と異なり、ステラ開発財団が中央管理者として管理・運営全てを行っています。

中央集権体制により運用されており、プロジェクトはステラ開発財団が権限を持ちスムーズな意思決定を行うことが可能です。

ステラ開発財団による中央集権体制

ステラ開発財団は非営利団体であるため、利益を得るための活動は禁止されていることから信頼性が高いと言えます。

一方で、全ての権限をステラ開発財団が持っているため、財団に何か問題が発生した場合など、リスクとなる可能性があると言えるでしょう。

決済スピードが早く送金手数料が安い

決済スピードが早く送金にかかる手数料が安い点がステラルーメン(XLM)の特徴です。

代表的な仮想通貨であるビットコインの決済スピードは10分程度ですが、ステラルーメン(XLM)の決済スピードは約2秒~5秒しかかかりません。

また送金手数料も0.00001XLMと安いため決済手段として優れていると言えます。

他の仮想通貨取引所に安く送金するためにステラルーメンを使うのも良いでしょう。

\ アプリダウンロード数No.1 /

2つの通貨の橋渡しとなるブリッジ通貨である

ステラルーメン(XLM)は2つの通貨の橋渡しとなるブリッジ通貨としての機能を持った通貨です。

例えば円をドルに換えて送金する場合、通常であれば為替手数料が発生し送金には時間を要します。

ですが、円をステラルーメン(XLM)に換金してステラルーメン(XLM)をドルに換金して送金することで、手数料は安く、送金時間は早くなります。

ステラルーメン(XLM)という手間を入れることで、従来の換金・送金方法に比べて安い・早いというメリットがあるのです。

ブリッジ通貨

独自のコンセンサスアルゴリズムSCPを採用

ステラはSCP(ステラコンセンサスプロトコル)というコンセンサスアルゴリズムを採用しています。

リップルでは80%以上の合意がなければ決済が承認されませんが、ステラでは80%以上の合意が無い場合でも取引が承認される仕組みとなっている点が特徴です。

コンセンサスアルゴリズム

そのため処理速度の低下や送金遅延が起こるリスクが低くなっています。

また、ビットコインのマイニングにあたるような仕組みはありません。

このような特徴のあるステラルーメンに興味がある方は、ぜひ人気取引所のCoincheckに口座を開設して、投資を始めてみてください。

\ アプリダウンロード数No.1 /

ステラルーメン(XLM)のこれまでの価格推移

ステラルーメン チャート 過去1年
引用:TradingView

ステラルーメン(XLM)の1年間チャートです。

冒頭に説明したように、2021年10月現在は0.3ドルに到達するなど上昇傾向にあるステラルーメン。

過去1年間を見てみると、今年に入り5月半ばまで上昇し、一時は0.7ドルを上回る場面もありましたが、その後急落し8月に入るまでは0.2ドル台で推移していました。

ここでは、5月半ばまでの上昇要因とその後の下落要因について見ていきましょう。

ステラルーメン(XLM)の価格動向

・5月まではウクライナ政府との提携発表などにより急上昇
・5月以降は仮想通貨全体が冷え込んだ影響で下落

2つの期間に分けて説明していきます。

2021年5月までの上昇要因

昨年後半は0.1ドル台で推移していたステラルーメン(XLM)は今年に入り上昇をはじめ5月には0.7ドルを超えました。

半年足らずで3倍以上の上昇となっています。

この上昇のきっかけとなったのがウクライナ政府とステラ開発財団との提携です。

政府という大きな相手との提携発表により今後のステラルーメン(XLM)の利用が拡大するという期待感から価格が上昇します。

また、その後発表されたロードマップでも各国政府とパートナーシップを結ぶことが目標として掲げられた上に、仮想通貨ブームもあり価格は5月半ばに0.7ドルを超えました

2021年5月以降の下落要因

5月以降ステラルーメン(XLM)の価格は下落し、現在は0.2ドル台で推移しています。

この下落はステラルーメン(XLM)固有の問題というよりは仮想通貨全体の問題です。

中国政府が仮想通貨に対する規制を発表したことや、アメリカの自動車メーカーとして有名なステラがビットコインでの決済を停止したことなどにより仮想通貨全体が下落しました。

その後はテスラ社のイーロン・マスクが7月下旬に、仮想通貨に対してポジティブな発言をしたことなどをきっかけに、価格が上がり始めています。

ステラルーメンに投資をしたい方は、ぜひ取引所に口座を開設して、実際に価格動向を確認してみましょう。

\ アプリダウンロード数No.1 /

公式LINE

なお、MediaArgoの公式LINEでは仮想通貨の最新情報を無料配信中。

ステラルーメン(XLM)に関する情報もこちらで配信していますので、是非今のうちに登録してみてください。

\ 12/31まで!200円のBTCゲット/

【2021年10月】ステラルーメン(XLM)の今後の見通し・将来性

ステラルーメン(XLM)の今後の見通しや将来性は多くの方が気になるところでしょう。

ここではステラルーメン(XLM)の今後に影響するであろうポイントを紹介していきます。

ステラルーメン(XLM)の今後のポイント

・大企業との提携が進んでいる
・貧困地域での利用拡大

1つずつ見ていきます。

大企業との提携が進んでいる

企業との連携

ステラはIBMなどの大企業とパートナーシップを結んでいます。

IBMは2019年の3月にステラブロックチェーンを採用したと発表しました。

この決済ネットワークはまだ限定的なものですが、今後ステラのブロックチェーンが多くの企業で利用されるようになれば当然ステラルーメン(XLM)の価値も高まっていくでしょう。

\ アプリダウンロード数No.1 /

東南アジア、アフリカ、イスラム圏への拡大

ステラルーメン

もともとステラルーメン(XLM)は個人向けの取引や決済の効率化を目指して開発されたものです。

その背景には金融サービスが発達していない新興国の人々のためにという目的もあります。

東南アジアやアフリカ、イスラム圏では銀行口座を持っていない人が多く、仮想通貨による社会貢献を目的として、新興国をターゲットにしています。

既に実用化が進んでいる地域もあり、他の仮想通貨が注力していない東南アジアやアフリカ、イスラム圏での利用が拡大されるかどうかはステラルーメン(XLM)の今後に大きく影響するでしょう。

ステラルーメンに投資をしたい方は、いつでも投資を始められるように口座を開設し、動向や価格推移に注目していきましょう。

\ アプリダウンロード数No.1 /

ステラルーメン(XLM)の今後の価格予想

ステラルーメン(XLM)の価格は今年前半だけでも大きく変動しています。

仮想通貨全体の変動幅が大きくなっているため価格を予想することは難しいですが、長期的には上昇していく予想が多いです。

2021年のここまでのステラルーメン(XLM)の価格動向を簡潔にまとめると、次の表の通りになります。

現在までの価格動向を参考に、ステラルーメン(XLM)の今後の価格を予想していきます。

観測ポイント価格
2021年始値0.13ドル
2021年最高値0.73ドル
2021年最安値0.12ドル
2021年現在の価格0.29ドル

2021年末のステラルーメン(XLM)の価格予想

2021年時点でアメリカの仮想通貨相場予測サイト2社では、次のような予想を立てていました。

2社ともに、現在の価格からは回復する予測を立てていますね。

2021年5月に起こった仮想通貨市場の暴落により、ステラルーメン(XLM)の価格は1か月で3分の1程度にまで落ち込みました。

今回の暴落は、テスラ社のCEOであるイーロン・マスク氏の発言が原因ではないかと言われていますが、このような相場の急変動は仮想通貨市場にはよくあることです。

仮想通貨市場は暴落と高騰を繰り返しながら徐々に拡大を続けているため、価格が落ち込んでいる今は投資のチャンスかもしれません。

2022年以降のステラルーメン(XLM)の価格予想

  • Coin Price Forecast:0.95ドル
  • Crypto Coin Society:5.21ドル

2022年以降のステラルーメン(XLM)の価格予想にはばらつきがありますが、ともに成長する予測を立てています。

既に述べたように、ステラルーメン(XLM)は大企業でもそのネットワークが利用されており、今後も安定してシェアを拡大していくとのことです。

また、ステラルーメン(XLM)は銀行口座を介さずに金融サービスをおこなうことを目的に開発されています。

アフリカを中心とするイスラム圏に住んでいる人々は、貧困を理由に銀行口座を持っていない方が多く、今後ステラルーメン(XLM)を決済手段として利用する余地は充分にあるでしょう。

人口の多いイスラム圏で利用者が拡大した場合、ステラルーメン(XLM)の価格は急騰する可能性があり、Crypto Coin Societyでは最大で8ドルを記録すると予想しています。

逆に、大企業との提携やイスラム圏でのシェア拡大がスムーズに進まなかった場合、ステラルーメン(XLM)の価格は下落すると予想されているため、長期に渡る投資をおこなう際は売買のタイミングを慎重に判断してください。

LineBanner_btc

なお、MediaArgoの公式LINEでは仮想通貨の最新情報を無料配信中。

ステラルーメン(XLM)に関する情報もこちらで配信していますので、是非今のうちに登録してみてください。

\ 12/31まで!200円のBTCゲット/

ステラルーメン(XLM)を購入できるおすすめ取引所

ステラルーメン(XLM)を売買する際には基本的に仮想通貨取引所を通じて行うことになります。

ここではステラルーメン(XLM)が購入できるおすすめの仮想通貨取引所を紹介します。

Coincheck(コインチェック)

コインチェック
現物取引(銘柄数)17銘柄
最小発注数量 (ステラルーメン(XLM)の場合)販売所形式:500円以上
取引所形式:取扱無し
取引手数料 (ステラルーメン(XLM)の場合)販売所形式:0円(スプレッドあり)
取引所形式:取扱無し
その他のサービスCoincheckつみたて
貸仮想通貨
大口OTC取引
CoincheckNFT(β版)
Coincheckでんき/ガス
公式サイトコインチェック公式サイト
関連記事コインチェックの評判

Coincheckは国内大手の仮想通貨取引所です。

東証一部上場企業のマネックスグループが運営しており、安心して利用できます。

取引ツールが評価され、アプリは国内仮想通貨アプリの中でダウンロード数No.1を誇ります。

取扱銘柄数の多さやサービスの豊富さから多くの投資家に利用されている取引所ですので、まずはCoincheckを開設することをおすすめします。

\ アプリダウンロード数No.1 /

DMM Bitcoin

dmmbitcoin
現物取引(銘柄数)7銘柄
レバレッジ取引(銘柄数)19銘柄
最小発注数量 (ステラルーメン(XLM)の場合)販売所形式:10XLM
取引所形式:取扱無し
取引手数料 (ステラルーメン(XLM)の場合)販売所形式:無料(スプレッドあり)
取引所形式:取扱無し
レバレッジ取引:無料(スプレッド、レバレッジ手数料あり)
※BitMatch注文を除く
その他のサービスBitMatch注文
公式サイトDMM Bitcoin公式サイト
関連記事DMM Bitcoinの評判

DMM Bitcoinは2016年に設立された取引所です。

取引所形式の取引は利用できず、販売助形式の取引のみができる仮想通貨取引所となります。

ただし、BitMatch注文を利用すれば仮想通貨を売買したい顧客同士で、オークション方式のハイブリッド注文方法により取引することが可能です。

\ もれなく2000円プレゼント中! /

ビットフライヤー

ビットフライヤー
提供サービスbitFlyer
現物取引(銘柄数)販売所形式:○(13銘柄)
取引所形式:○(7銘柄)
レバレッジ取引(銘柄数)
○(ビットコインのみ)
最小発注数量
(ステラルーメンの場合)
販売所形式:0.0000001XLM
取引ツールパソコン・ネットブラウザ:○
スマホアプリ:○
その他取扱いサービスステーキングリワードサービス
ビットコインをもらう!
ビットコインをつかう
Tポイントとビットコインの交換サービス
公式サイトbitFlyer公式サイト

bitFlyerは仮想通貨取引に慣れている上級者の方にオススメの取引所です。

bitFlyerLightning」では最大4倍のレバレッジ取引が行えるため、大きなリターンを得たい方にとって効率的な取引ができます。

また、口座開設キャンペーンや新通貨の取り扱い開始時に開催されるキャンペーンなどがあり、お得に取引を始めることができるのも魅力です。

GMOコイン

gmoコイン
現物取引(銘柄数)14銘柄
最小発注数量(ステラルーメン(XLM)の場合)販売所形式:5XLM
取引所形式:1XLM
取引手数料(ステラルーメン(XLM)の場合)現物取引(販売所形式):無料(スプレッドあり)
現物取引(取引所形式):
Maker:-0.01%
Taker:0.05%
その他のサービス貸暗号資産
つみたて暗号資産
ステーキングサービス
公式サイトGMOコイン公式サイト
関連記事GMOコインの評判

GMOコインは入出金手数料が無料となっている仮想通貨取引所です。

運営は東証一部上場企業のGMOグループが行っており、セキュリティ面は安心できます。

一つのアカウントで様々なスタイルの取引をできますので、ぜひ口座開設を検討してみましょう。

\ 顧客満足度No.1! /

仮想通貨取引所の手数料の記事も、あわせてご覧ください。

GMOコインでは、2021年8月よりステラーメンを取引所での取り扱いが始まりました

新規上昇時には価格高騰する機会がよく見受けられるので、ぜひこの機会を逃さないようにしましょう。

まだ口座をお持ちでない方は、ステラルーメンの動向を確認しつつ口座開設しておくことがおすすめです。

\ 顧客満足度No.1! /

ステラルーメン(XLM)に関するQ&A

ここまでステラルーメン(XLM)の特徴や価格の推移、将来性などを説明していきました。

ステラルーメン(XLM)について興味がわいたことで取引方法など気になる部分も出てきたかと思います。

ここではステラルーメン(XLM)に関するよくあるQ&Aをいくつか紹介します。

ステラルーメン(XLM)が売買できる取引所は?

ステラルーメン(XLM)はCoincheckDMM BitcoinGMOコインなどで取引可能です。

そのなかでも国内仮想通貨取引アプリダウンロード数No.1のCoincheckがおすすめです。

多くの方が利用する人気の取引所ですのでこの機会に口座を開設しておきましょう。

\ アプリダウンロード数No.1 /

ステラルーメン(XLM)は何円から取引できる?

取引所によって異なりますが、数百円から取引できる仮想通貨取引所が多いです。

例えば Coincheck では500円から購入することができます。

\ アプリダウンロード数No.1 /

ステラルーメン(XLM)は価格はどれくらい?

過去のステラルーメン(XLM)の価格推移は、2014年の誕生後数年は1年未満~数円で推移していました。

その後2017年後半から2018年にかけて急上昇し一時は100円を超えます。

2019年に入ってからは10円~20円台で推移し、既に述べたように2020年後半から今年にかけて上昇し5月には80円を超えましたが、そこから落ちてしばらくは20円台で推移していしまた。

10月現在は30円強を推移しています。

最高値に比べれば半分ほどですが、今はまさに上昇トレンドですのでステラルーメンを買い時と考えるトレーダーは多いようです。

買い時を見極めつつ、ぜひコインチェックで口座開設しておきましょう。

\ アプリダウンロード数No.1 /

ステラルーメン(XLM)の見通しや予想まとめ

ステラルーメン(XLM)は取引スピードの早さや手数料の安さから注目を集めている仮想通貨です。

投資対象としても人気が出てきており、今年の5月には年初の価格に比べて3倍以上の値をつけました。

最後に今後も注目されるであろうステラルーメン(XLM)の特徴や今後の見通しをまとめてみます。

ステラルーメン(XLM)のまとめ

・ステラルーメン(XLM)は取引スピードが早く、送金手数料が安い
・ステラ開発財団により管理されている仮想通貨であり独自のコンセンサスアルゴリズムを採用している
・2つの通貨の橋渡しをするブリッジ通貨である
・大企業や政府にも利用されている
・今後利用が拡大すれば価格の上昇が期待できる

ステラルーメン(XLM)は今後に利用拡大が期待できる仮想通貨です。

なお、2021年9月現在は価格が上昇しており、今後も好調を維持すると考えるならば、買い時だと捉えることができます。

投資対象として魅力のある仮想通貨ですので、興味のある方はこの機会にCoincheck公式サイトから口座を開設して、投資を始めてみてはいかがでしょうか。

\ アプリダウンロード数No.1 /

公式LINE

なお、MediaArgoの公式LINEでは仮想通貨の最新情報を無料配信中。

ステラルーメン(XLM)に関する情報もこちらで配信していますので、是非今のうちに登録してみてください。

\ 12/31まで!200円のBTCゲット/

目次
閉じる