【辛口】bitFlyer(ビットフライヤー)の評判・口コミは?メリット・デメリットを徹底検証

bitFlyer(ビットフライヤー)が国内でのビットコインの取引高が最も多い仮想通貨取引所です。

※ Bitcoin 日本語情報サイト調べ。国内暗号資産交換業者における 2020年1月-12月の月間出来高(差金決済/先物取引を含む)

2014年から運営されており、大手企業の多くが株主となっているほか、セキュリティも強固です。

この記事のポイント
  • 2014年から運営をしているため、国内で抜群の知名度がある
  • 13種類の仮想通貨を取引できる
  • ビットコインの取引高国内No.1!(※ Bitcoin 日本語情報サイト調べ。国内暗号資産交換業者における 2020年1月-12月の月間出来高(差金決済/先物取引を含む))
  • さまざまな手数料が無料
  • 電話でのカスタマーサポートあり

bitFlyer(ビットフライヤー)はアルトコインの取り扱いも多いため、ビットコインだけでなく、アルトコインの取引をしたいという方にもおすすめです。

レバレッジをかけた取引などさまざまな取引ができる点も魅力。

今回はbitFlyer(ビットフライヤー)の特徴や口コミ、評判を徹底解説します。

この機会にbitFlyer公式サイトから口座を開設しておきましょう。

目次

bitFlyer(ビットフライヤー)の特徴

ビットフライヤー
取引所名bitFlyer(ビットフライヤー)
手数料販売所:無料
取引所:0.01%〜0.15%
取り扱い銘柄13種類
最低取引額(BTC)販売所:0.00000001BTC
取引所:0.001BTC
レバレッジ取引最大2倍
公式サイトbitFlyer公式サイト

初心者の方から本格的に取引をしたい方にまで人気のbitFlyer(ビットフライヤー)には以下のような特徴があります。

bitFlyerの特徴

国内大手の老舗仮想通貨取引所
・ビットコイン取引高国内No.1
(※ Bitcoin 日本語情報サイト調べ。国内暗号資産交換業者における 2020年1月-12月の月間出来高(差金決済/先物取引を含む))

それでは1つずつ見ていきます。

国内大手の老舗仮想通貨取引所

bitFlyer(ビットフライヤー)は2014年1年に設立された日本でも老舗の仮想通貨取引所です。

国内にある他の取引所と比べて長い歴史があり、取引所を運営するためのノウハウをしっかり持ち合わせているため、知名度は国内でもトップクラスとなっています。

また、bitFlyer(ビットフライヤー)はSMBCベンチャーキャピタル、リクルート、第一生命などの大手企業から出資を受けており、高い資本力や安定性が人気です。

ビットコイン取引高国内No.1

流動性が低い

仮想通貨取引所は流動性が高ければ高いほど利益が出しやすいです。

2014年以降、国内での仮想通貨取引所が続々創業されていく中で、bitFlyerはビットコイン取引高国内No.1を維持しつづけています。

※ Bitcoin 日本語情報サイト調べ。国内暗号資産交換業者における 2020年1月-12月の月間出来高(差金決済/先物取引を含む)

ビットコインは仮想通貨市場において基軸通貨となっており、そのビットコインの取引高がNo.1のbitFlyer(ビットフライヤー)はアルトコインの購入を検討している方にもおすすめの取引所です。

bitFlyerは人気取引所であるCoincheckを抑えてビットコインの取引高が日本一となっています。

一方で、Coincheckは取り扱う仮想通貨銘柄数の多さが魅力ですので、是非一緒に口座を開設しておきましょう。

bitFlyer(ビットフライヤー)のメリット

bitFlyerは安全性の高さと使いやすさが人気ですが、その他にもメリットがあります。

bitFlyerのメリット

・仮想通貨のレバレッジ取引ができる
・使いやすいデザインで取引ができる
・bitFlyer Lightningで快適に仮想通貨FXが可能
・カスタマーサポートが充実している

詳しく説明していきます。

仮想通貨のレバレッジ取引ができる

レバレッジ取引

bitFlyerでは「bitFlyer Lightning」でレバレッジ取引をすることができます。

レバレッジは最大2倍までかけることができるため、例えば10万円の資金で40万円までの取引が可能です。

レバレッジ取引では証拠金の維持率が一定の割合を下回るとロスカットや追証が行われます。

追証とロスカットについて
  • 追証:証拠金維持率が100%を切ると適用となる
  • ロスカット:証拠金維持率が50%切ると適用になる

順番としては追証が先で、そのままポジションを維持しているとロスカットとなります。

ただし、追証のタイミングでも急激に価格が下落するなどするとロスカットとなることがあります。

追証とは

使いやすいデザインで取引ができる

ビットフライヤー 簡単操作

bitFlyer(ビットフライヤー)は取引画面が非常にシンプルで使いやすいデザインとなっているため、初心者でも安心して利用することができます。

取引画面は取引所によって表示が異なりますし、複数の機能がついていると取引画面が複雑で難しくなってしまいます。

しかし、bitFlyerの取引画面は非常にシンプルで見やすくなっているため、操作がしやすいです。

また、パソコンだけでなく、スマホでも取引が可能なため、いつでもどこでも取引が行えます。

bitFlyer Lightningで快適に仮想通貨FXが可能

bitFlyer(ビットフライヤー)ではbitFlyer Lightningで、仮想通貨FXが可能です。

bitFlyer Lightningでは証拠金取引(仮想通貨FX)と先物取引(Lightning Futures)が可能で、どちらも証拠金を預けてレバレッジをかけて取引を行うことができます。

FXは先物取引と違い、期限がないため、いつでも取引が可能なのがメリットです。

また、証拠金は日本円だけでなくビットコインも利用できるため、購入したビットコインをそのままFX取引に利用することができます。

仮想通貨FXをしたい方は、是非bitFlyerを使って取引してみてください。

カスタマーサポートが充実している

bitFlyer(ビットフライヤー)ではお問い合わせフォームだけでなく、お問い合わせごとに電話でのカスタマーサポートを受けることが可能です。

それぞれの窓口は以下になります。

問い合わせ窓口
  • お取引やサービスに関する問い合わせ:03−6434−5864
  • 不正ログインなどの不正利用に関する問い合わせ:03−6434−7957
  • bitFlyerのサービスへの苦情や相談に関する問い合わせ:03−6434−7624
  • 問い合わせフォーム:https://bitflyer.com/ja-jp/faq

※電話窓口は平日9時半〜17時半(通話料有料、日本語のみ)
※問い合わせフォームのサポート時間は9時〜19時

ビットフライヤー

このようにメリットの多い仮想通貨取引所のbitFlyer

bitFlyerCoincheckが対応していないレバレッジ取引に対応しているのが魅力的です。

この機会に国内仮想通貨アプリダウンロード数No.1を誇るCoincheckと併せて口座を開設しておきましょう。

bitFlyer(ビットフライヤー)のデメリット

次にbitFlyerのデメリットを解説します。

主なデメリットはツールが高性能なため、スペックの低いPCだと動作が重いことです。

bitFlyer(ビットフライヤー)は高性能のツールを提供しているため、スペックの低いパソコンだと動作が重く利用しづらくなる可能性があります。

また、アクセスや注文が集中したり、チャット分析ツールなどたくさんのツールを表示してしまうと動作が重くなり、なかなか注文の画面に行かないなどのトラブルがあります。

そのため、ある程度スペックの良いパソコンを利用したほうが良いでしょう。

1つの取引所にしか口座を持っていないと、サーバーダウンした時などに取引ができなくなってしまうので、複数の取引所に口座開設することをおすすめします。

人気取引所のCoincheckは取扱銘柄数が多く、取引ツールも使いやすいので、bitFlyerと併せて口座を開設しておきましょう。

\ 最短5分で申込完了! /

bitFlyer(ビットフライヤー)の評判と口コミ一覧

bitFlyer(ビットフライヤー)の評判や口コミをまとめてみました。

リアルな声がわかるのでビットフライヤーがどんな取引所なのかがわかりやすいでしょう。

良い評判・口コミ

ビットフライヤーのキャンペーンでもらえるBAT入ってた

Twitter

bitFlyer(ビットフライヤー)ではさまざまなキャンペーンを開催しており、中には上記のように仮想通貨がもらえるキャンペーンも行っています。

この他にもお買い物をすればビットコインをもらえるなど仮想通貨を効率的に増やすことができるものもあるのです。

お得に仮想通貨を増やせる方法が多いのは大きなメリットだと言えます。

やっぱりビットフライヤーのスキャが一番安定するな。 稼ぎがデカいのはバイナンスだけど。 秒スキャ勢にとっては0.04%の手数料は案外デカいんだよな。 今のビットフライヤーは過去最高にいい感じな環境。

Twitter

スキャルピングとは数秒から数分程度の非常に短い時間で、何度も取引を繰り返し行い利益を得るという方法です。

bitFlyerはスキャルピングは手数料が無料もしくは非常に安く、スキャルピングがしやすいと言われています。

仮想通貨でスキャルピングがしてみたいという方におすすめです。

悪い評判・口コミ

ビットフライヤー出金が 手続き中のまま1時間。 手が回らないのか? 今回に限らず入出金の遅れは何とかしてもらいたいね。

Twitter

bitFlyer(ビットフライヤー)では入出金でたびたび遅れが発生しているようです。

仮想通貨は金銭に関わるトラブルは保証がないこともあるため、このような遅れがあると実際に入出金が反映されるまで心配です。

また、入金の場合、取引をするために入金をしているため、入金が遅れることで取引のタイミングを逃してしまうということもあるため、ユーザーにとっては死活問題と言えるでしょう。

売り手や買い手に規制がない分自由に取引できますが、反面、サーバー側に問題があるのか若干取引が重たいです。恐らく利用者が多いのでとろいのだと思います。

36歳男性

bitFlyerは人気のある取引所のため、注文が集中したりすると重くなったり、サーバーがダウンしてしまうことがあります。

繋がらなかったり、ホームページが重くなって操作がしづらくなると、取引がうまくできなくなるため、繋がらないというトラブルができるだけなくなるようにシステム構築が必要でしょう。

おすすめ仮想通貨取引所の記事でも解説している通り、bitFlyerではなくコインチェックを使って取引するのもおすすめです。

クイック入金機能もあり、取引画面も使いやすく不自由なく取引できると評判の取引所となっています。

\ アプリダウンロード数No.1 /

公式LINE

なお、Media Argo公式ラインでは仮想通貨に関する情報を無料で配信中です。

この機会にぜひ無料登録をしてみてください。

\ 5/31まで!200円のBTCゲット/

bitFlyer(ビットフライヤー)の手数料

bitFlyer(ビットフライヤー)ではさまざまな手数料がかかってきます。

そこで、ここではbitFlyerでかかる手数料をまとめました。

取引手数料

取引手数料は仮想通貨の売買に手数料がかかります。取引手数料は以下のようになります。

ビットコイン取引手数料ビットコイン簡単取引所:約定数量 × 0.01 ~ 0.15%(単位: BTC)
Lightning現物(BTC/JPY):約定数量 × 0.01 ~ 0.15%(単位: BTC)
ビットコイン販売所:無料
アルトコインLightning現物(ETH/JPY):約定数量 × 0.01 ~ 0.15%(単位: BTC)
Lightning現物(ETH/BTC):約定数量 × 0.01 ~ 0.15%(単位: BTC)
Lightning現物(BCH/BTC):約定数量 × 0.01 ~ 0.15%(単位: BTC)
アルトコイン販売所:各銘柄手数料無料

取引所は手数料が提示されており、販売所は手数料が無料となっているため、一見販売所で購入したほうがお得に感じるかもしれません。

しかし、販売所の金額は0.1%から6.0%のスプレッドが含んだ金額となっているため、実際には取引所で売買をしたほうがお得になっています。

また、急激な価格変動が起きたときなど上記のスプレッドを超える価格が提示することがあるため注意が必要です。

その他の手数料

仮想通貨 手数料

bitFlyerでは取引手数料だけでなく入金や出金、送金手数料などがかかります。

特に入金(クイック出金&コンビニ入金)や出金の際にかかる手数料が高くなっているため、入金の際は銀行振込にしたり、出金はまとめた額を出金するなどしたほうが良いでしょう。

クイック入金を住信SBIネット銀行からすると手数料が無料になるのでおすすめです。

また、送金は送金する銘柄によって手数料や最低送金可能額が異なるため、送金先が取り扱っているコインで手数料が安いものを送金のコインとして選ぶのがおすすめです。

bitFlyer(ビットフライヤー)で提供されるサービス

bitFlyer(ビットフライヤー)ではさまざまなサービスが提供されています。

取引所や販売所はもちろんのこと、ビットコインがもらえたり、寄付ができるなどのサービスを行っています。

仮想通貨 取引所 販売所

取引所

bitFlyerの取引所はビットコインが指値注文ができる簡単取引所と、レバレッジをかけられるプロ向け取引所(bitFyler Lightning)の2種類が利用可能です。

まずは簡単取引所で取引を始めて、慣れてきたらbitFlyer Lightningで取引するのがおすすめです。

販売所

運営が決めた金額で売買ができるのが販売所です。ビットコインはもちろんアルトコインの取引も販売所で行えます。

なお、現在販売所で購入可能な銘柄は以下になります。

BTC・XRP・ETH・XTZ・XLM・XEM・ETC・BCH・LTC・BAT・MONA・LSK・DOT

ビットコインをもらう

ビットコインをもらう

「ビットコインをもらう」はアカウトを作成し、「ビットコインをもらう」から通販サイトや旅行予約サイトなどの各種サービスの会員登録をしたり、利用することで、ビットコインがもらえます。

もらったビットコインは貯めたり売ったり、日本円に変えて現金として出金が可能です。

利用できるサービスは楽天やドミノピザ、じゃらんなど有名サイトがたくさんあるため非常に貯めやすくなっているためおすすめです。

また、ビットコインを無料でもらいたい方は、ビッコレというポイントサイトを使うのもおすすめです。

条件を達成することで、無料でビットコインを手に入れることができます。

無料ですので、是非この機会に登録しておきましょう。

\ 無料で100円分のBTCがもらえる /

ステーキングリワードサービス

仮想通貨 ステーキング

ステーキングリワードサービスはbitFlyer(ビットフライヤー)でLiskを持っている人がステーキングサービスに参加することで得られた報酬を分け合うサービスです。

ステーキングリワードの付与対象になるのは以下のような条件があります。

以下の条件を満たしているお客様が対象となります。

1、対象期間* に bitFlyer のアカウントで 1 日あたり平均 10LSK 以上保有しているお客様

2、付与時点で本人確認が完了しているお客様

3、付与時点で以下のいずれにも該当しないこと

・アカウントを解約済みのお客様

・証拠金口座にマイナス残高があるお客様

・アカウントが凍結されているお客様

・アカウントの機能が当社判断により制限されており当該アカウントを通常通りご利用できないお客様

* 対象期間は当社任意の期間

https://bitflyer.com/ja-jp/staking-rewards

付与予定日は毎週火曜日となっており、ステーキングで効率よくLSKを増やすことができるためおすすめです。

ビットコイン寄付

ビットコイン寄付はbitFlyerと日本赤十字社が行っているもので、寄付用ビットコインアドレスへビットコインを送金することでできる寄付です。

ビットコインを使って手軽に寄付ができるため、一度利用してみるといいでしょう。

このようにbitFlyerでは特徴的なオリジナルサービスが提供されていますので、利用してみたい方はぜひ口座開設を検討してみてください。

また、Coincheckもサービスが豊富で、電気やガス料金の支払いでビットコインが使えたりもらえたりするサービスや、アンケートに答えてビットコインなどがもらえるサービスなどを提供しています。

まだ口座をお持ちでない方はこの機会にCoincheck公式サイトから口座を開設してみましょう。

コインチェック

\ アプリダウンロード数No.1 /

bitFlyer(ビットフライヤー)の取引ツール(bitFlyer Lightning)

bitFLyer Lightning

bitFlyer(ビットフライヤー)ではbitFlyer Lightningという取引ツールが人気です。

bitFlyer LightningはbitFlyerの取引ツールで、ビットコインの取引の多くは「bitFlyer Lightning」で行われています。

bitFlyer Lightningではビットコインの現物取引や先物取引、FX、アルトコインの現物取引などができます。

bitFlyer LightningはbitFlyer(ビットフライヤー)のアカウントと証拠金さえ用意しておけば利用することができます。

メニューは主に以下のようになっています。

  • トレード
  • チャットルーム
  • ニュース
  • 経済指標カレンダー
  • 損益履歴
  • お取引レポート
  • 入出金
  • ランキング
  • API
  • 設定
  • 参考価格
  • bitFlyerに戻る

チャットルームで情報交換したり、ニュースで仮想通貨の情報を得ながらトレードしたり、損益の履歴を確認して持っている仮想通貨の管理などが可能となっています。

bitFlyer(ビットフライヤー)のセキュリティ

bitFlyer(ビットフライヤー)はセキュリティや顧客の資産保護を最優先課題としており、マネーロンダリングや犯罪収益移転防止を徹底しています。

万全なフィッシング攻撃への対策

フィッシング攻撃とは、ユーザーのIDやPass、クレジットカードの番号などを盗み取ることです。

このフィッシング攻撃への対策として、DigiCertのSSLサーバー証明書を採用し、サイト内でのなりすましを防止しています。

SSL

マルチシグやコールドウォレットを採用

bitFlyer(ビットフライヤー)ではマルチシグを採用し、セキュリティの高いビットコインウォレットとなっています。マルチシグとはビットコインの送金する際に複数の署名がないと送金できない仕組みです。

また、bitFlyer(ビットフライヤー)内にある資産はコールドウォレットというオフラインで管理するウォレットで管理しているため、ハッキングなどのリスクがありません。

コールドウォレット

ウイルスチェック

bitFlyer(ビットフライヤー)はウイルスチェックを毎日実施しています。

外部からハッキングなどに遭わないように、数千回も攻撃をすることでセキュリティに脆弱性が無いか定期的にチェックをし、よりセキュリティ万全にして安心して取引ができるように運営をしています。

このように資産保護にも力を入れていますので、セキュリティー面を重視したい方にもおすすめできる取引所です。

bitFlyer(ビットフライヤー)がおすすめな人

bitFlyer(ビットフライヤー)はより効率的に取引をしたいという方や、プロの方に特におすすめと言えます。

レバレッジをかけて取引をすることができたり、高性能なbitFlyer Lightningという取引所形式用のツールがあったりするなど、本格的な投資に挑戦することが可能です。

しかしながら、bitFlyer(ビットフライヤー)の専用ページから通販サイトや旅行サイトを利用することでビットコインがもらえるなど、初心者の方にとっても嬉しいポイントはありますので、ぜひ初心者の方でも口座を開設してみましょう

コインチェック

また、初心者の方におすすめの仮想通貨取引所はCoincheckです。

取扱い銘柄数が多く、また取引ツールもシンプルで分かりやすいため多くの方が利用しています。

王道の仮想通貨取引所ですので、この機会にCoincheck公式サイトから口座を開設しておくと良いでしょう。

\ アプリダウンロード数No.1 /

bitFlyer(ビットフライヤー)の評判や口コミまとめ

この記事のまとめ
  • bitFlyerは国内でのビットコインの取引量No.1で人気の取引所
  • セキュリティが強固で安心して取引ができる
  • レバレッジをかけて効率的に取引ができる
  • 通販サイトや旅行サイトを利用してビットコインがもらえるサービスあり
  • アルトコインの取り扱いも多いため様々なコインを保有できる

bitFlyer(ビットフライヤー)は特にレバレッジをかけて取引をしたいなど、本格的な投資にチャレンジをしたいという方におすすめな取引所です。

投資に慣れてきている人はこの機会にbitFlyer公式サイトから口座を開設しておきましょう。

その一方で初心者の方でしたらまずはCoincheckに口座を開設して、投資をはじめてみるのがおすすめです。

国内仮想通貨アプリダウンロード数がNo.1から分かるように、スマホアプリが利用しやすく大変良い評価を得ています。

是非この機会にCoincheck公式サイトから口座を開設しましょう。

\ アプリダウンロード数No.1 /

なお、コインチェックとビットフライヤーの比較記事も確認しておくことがおすすめです。

公式LINE

なお、Media Argo公式ラインでは仮想通貨に関する情報を無料で配信中です。

この機会にぜひ友だち登録をしてみてください。

\ 5/31まで!200円のBTCゲット/

目次
閉じる