仮想通貨The Graph(GRT)とは?特徴や将来性/今後の見通しを徹底解説

The Graphは、ブロックチェーン上のデータを検索するシステムのプラットフォームです。

検索に特化していることから、ブロックチェーン業界のGoogleとも言われています。

The Graphが発行するGRTの価格は、ローンチから3ヶ月で10倍以上に上昇しており、プロジェクトへの注目度の高さが伺えます。

今回はThe Graph(GRT)について、特徴や価格動向、今後の見通し、注意点まで詳しく解説しますので、取引する際の参考にしてください。

この記事でわかること
  • The Graphはサブグラフ(検索システム)を提供するプラットフォーム
  • The GraphはDEXやDeFi、NFT、ブロックチェーンゲームなど、Web3.0関連のさまざまなプロジェクトにサービスを提供している
  • The Graphはイーサリアム以外のブロックチェーンにも対応
  • The Graphは企業や政府から支援を受けている
  • GRTは海外取引所で購入可能
  • 国内の取引所はDMM Bitcoinがおすすめ

GRTは国内取引所での扱いがなく、購入するためには海外取引所を利用する必要があります。

海外取引所にペア通貨を送金するための取引所は、取引手数料が無料で、取扱通貨が豊富なDMM Bitcoinがおすすめです。

無料で口座開設できて、維持費もかからないので、この機会にDMM Bitcoinの口座を開設してGRTの取引に挑戦しましょう。

\ もれなく2000円プレゼント中! /

目次

The Graph(GRT)とは?

GRT
通貨名The Graph(グラフ)
シンボルGRT
価格(2022年2月現在)約53円
時価総額(2022年2月現在)約2,515億円
時価総額ランキング(2022年2月現在)54位
主な取引所Binance、Coinbase、Huobi Globalなど(国内の取り扱いなし)
公式サイトThe Graphの公式サイト

The Graph(グラフ)は、ブロックチェーン上のデータを検索する機能を提供するプラットフォームです。

Dappsの開発者は、The Graphを利用することで、アプリ内のデータ検索を簡略化し、処理速度の向上や情報の安全性を強化できます。

The Graphが発行している仮想通貨が「GRT」で、イーサリアムのブロックチェーンを利用したERC-20トークンです。

2020年12月にローンチされた比較的新しい通貨ですが、多くのプロジェクト注目を集めており、時価総額ランキングは54位と高い評価を得ています。

GRTの取引を検討されている方は、新規口座開設と同時に2,000円プレゼントキャンペーンを実施しているDMM Bitcoinで口座開設しておきましょう。

\ もれなく2000円プレゼント中! /

The Graph(GRT)の特徴

GRTの特徴は次の3点です。

  • 検索システムを提供
  • 複数のWeb3.0関連プロジェクト提携
  • 4つの役割でエコシステムを構築

それぞれ解説します。

検索システムを提供

GRTを発行するThe Graphは、サブグラフと呼ばれるブロックチェーンデータの検索機能を提供するプロジェクトです。

Dappsの開発者は、The Graphを利用することで、アプリにサブグラフ(検索機能)を導入可能です。

サブグラフを導入することで、アプリのユーザーは、簡単にアプリ内のブロックチェーンデータにアクセスができるため、利便性が向上します。

The Graphは検索機能を提供していることから、ブロックチェーン業界のGoogleとも呼ばれています。

The GraphとGoogleの大きな違いは、The Graphは分散型(非中央集権型)のプラットフォームである点です。

ブロックチェーンを使って機能を分散化することで、高いデータ処理速度やセキュリティの強化を実現しています。

The Graphは、検索ブラウザではないのでご注意ください。

複数のWeb3.0関連プロジェクトにサービス提供

The Graphは複数のWeb3.0関連プロジェクトにサービスを提供しています。

サービスを提供している有名プロジェクトには、以下のものがあります。

有名プロジェクト
  • Uniswap:DEX(分散型取引所)
  • AAVE:DeFi関連の金融サービス
  • Decentraland:ブロックチェーンゲーム

その他にも、Synthetix、Aragon、Gnosis、Balancer、Livepoor、DAOstackなどにサービスを提供しており、その数は増加中です。

ブロックチェーンを使ったシステムは、使えば使うほどデータ量が増えます。

The Graphは膨大なデータの中から、必要な情報をスピーディに検索できるので需要を高めています。

4つの役割でエコシステムを構築

The Graphは4つの役割によるエコシステムを構築しており、The Graphに貢献したい人は自分のスキルに応じてネットワークに参加できます。

4つの役割は次の通りです。

4つの役割
  • Developer:サブグラフの作成やdAppへのサブグラフの導入(開発者)
  • Indexer:インデックスの作成などを行なって報酬を得る(ノード)
  • Curator:サブグラフにトークン(GRT)をステーキングする
  • Delegator:トークン(GRT)をIndexerに委任して報酬の一部を得る

技術者であれば、DeveloperとしてThe Graphの開発に貢献できます。

知識がなければ、CuratorやDelegatorとしてネットワークに参加できるので、スキルに応じた貢献ができます。

これらの特徴を持つGRTですが、国内の取引所での取り扱いがありません。

GRTを購入するためには、国内の取引所から海外の取引所にペア通貨を送金して、取引する必要があります。

送金のための取引所は、取引手数料が無料のDMM Bitcoinがおすすめですので、この機会に口座開設しておきましょう。

\ もれなく2000円プレゼント中! /

The Graph(GRT)の価格動向

GRTの価格動向を、直近2ヶ月と長期間で解説します。

直近2ヶ月の価格動向

まず、2021年12月から2022年2月にかけての2ヶ月間の価格動向を見てみましょう。

直近2ヶ月の価格動向
引用:Tradingview

米ドルに対するGRTの価格チャートです。

GRTの価格は、2021年12月が0.75ドルほどで推移していましたが、2022年1月下旬には半分以下の0.35ドルまで値下がりしています。

GRTの価格低下の原因は、ビットコインの価格の影響を受けたためです。

GRTなどのアルトコインの価格は、基軸通貨であるビットコインの価格の影響を受けるように作られています。

直近の2ヶ月間、仮想通貨市場のポジティブな動きがなく、ロシアの仮想通貨規制の影響受けるどしたため、ビットコインの価格は大きく減少しました。

GRTは独自の目立った動きはなかったため、ビットコイン価格の影響を受けて値下がりしています。

長期間の価格動向

GRTがローンチされた2020年12月から2022年2月までの価格動向を見てみましょう。

引用:Tradingview

米ドルに対するGRTの価格チャートです。

次の3つに分けて、価格動向を解説します。

  • 2020年12月
  • 2021年2月〜2021年6月
  • 2021年6月〜2022年2月

2020年12月

GRTの価格は2020年12月のローンチ直後、高騰しました。

これは、リリースに合わせたトークンセールや、支持者からの期待の表れによるものです。

それまで、中央集権的に展開していたプラットフォームを、分散化させたことで大きな注目を集めました。

2021年2月〜2021年6月

2021年2月から価格が高騰し、最大で2.3ドルまで価格が上昇しました。

この理由は、The Graphがプロジェクトのアップデートなどを発表したタイミングと、DeFiNFTへの人気で仮想通貨市場全体の価値が上昇したタイミングが重なったためです。

GRTはERC-20トークンであるため、それまでイーサリアム基盤上のアプリケーションにサービスを提供していました。

しかし、2021年2月から4月にかけて、BitcoinやPolkadotNEARCosmosSolanaAvalancheBSCCeloなどのブロックチェーンへのサービス提供を発表します。

また、レイヤー2のブロックチェーンへの対応も開始しました。

3月にはメインネットへの移行が完了するなど、The Graphは短期間でさまざまな取り組みを実施したため注目を集めました。

さらに、仮想通貨市場ではNFTやDeFiへの注目が集まっており、多くの通貨が値上がりします。

GRTは自身のサービス展開と仮想通貨市場の伸びを受けて価格が高騰しました。

2021年6月〜2022年2月

2021年6月から2022年2月の期間は、11月に1.2ドルまで価格が上昇しましたが、その後は減少傾向にあります。

この期間は、仮想通貨市場の影響を受けた値動きをしています。

直近2ヶ月の価格動向で説明したように、GRTなどのアルトコインの価格はビットコインの価格の影響を受けるように作られています。

2021年6月以降のビットコインの価格は、中国の仮想通貨規制やイーロン・マスク氏の発言により価格が下がりました。

しかし、9月にはエルサルバドルがビットコインを法定通貨に採用、11月にはビットコインブロックチェーンのアップデートなどで、価格が上昇しました。

11月以降は、世界的に大きな動向がなく、値上がりの反動で価格が下がり続けている状況です。

直近のGRTの価格は減少傾向ですが、The Graphの歴史は浅く、これからも成長が期待できるプロジェクトです。

今後の値上がりに備えて、GRTを購入するチャンスとも言えますので、興味のある方は取引に挑戦しましょう。

GRTを購入する際に利用する仮想通貨取引所は、取り扱い通貨が豊富なDMM Bitcoinがおすすめです。

無料で口座開設できるので、この機会にDMM Bitcoinの口座を開設しておきましょう

\ もれなく2000円プレゼント中! /

The Graph(GRT)の今後の見通し

GRTの今後の見通しとして、次の3点が価格に影響すると考えられます。

GRTへの影響
  • ブロックチェーンネットワークへのサービス提供
  • 企業や政府からの支援
  • Web3.0のインフラ的存在

それぞれ解説します。

ブロックチェーンネットワークへのサービス提供

今後、新たなブロッックチェーンネットワークへのサービス提供を開始することで、GRTの価格上昇が期待できます。

GRTは、ローンチ後の数ヶ月の間に、BitcoinやPolkadot、NEAR、Cosmos、Solana、Avalanche、BSC、Celoなどのブロックチェーンへのサービス提供を開始し、価格が高騰しました。

また、Polygonなどのレイヤー2ソリューションへもサービスを提供しています。

その後も、複数のブロックチェーンへサービスを拡大していますが、今後、The Graphを利用するブロックチェーンがさらに増えると、GRTの価格にも影響する可能性があります。

企業や政府からの支援

The Graphはさまざまな企業や政府からのサポート受けており、今後のプロジェクト拡大に期待です

支援が多いということは、ユーザーや投資家も安心してThe Graphを利用できるため、GRTの取引量が増加します。

また、サービスの向上にも繋がるため、GRTの価格が上がる可能性があります。

Web3.0のインフラ的存在

The GraphのプロジェクトはWeb3.0のインフラ的存在であるため、価値がなくなる可能性が低いと言えます。

また、すでに多くのプロジェクトにサービス提供しおり、検索システムとしてのポジションを確立しています。

GRTの価値がなくなる可能性が低いため、ユーザーもGRTに投資しやすいです。

結果的にGRTの価格が上昇する可能性があります。

ただし、ライバルとなるプロジェクトが現れた場合は、GRTの価格に悪影響を及ぼす可能性があるため、市場の動向を注視する必要があります。

GRTの取引を検討されている方は、今後の見通しに注目しつつ、交換元の通貨を手に入れるために、DMM Bitcoinで口座を開設しておきましょう。

\ もれなく2000円プレゼント中! /

The Graph(GRT)の買い方

GRTの買い方を5ステップで解説します。

GRTの購入方法
  1. DMM Bitcoinの口座を開設する
  2. 日本円を入金する
  3. ビットコインを購入する
  4. 海外取引所にビットコインを送金する
  5. GRTを購入する

2022年2月現在、国内には GRTを取り扱っている取引所はなく、海外取引所で購入する必要があります。

海外の仮想通貨取引所は、法律の違いや、詐欺リスクの高さなど、国内取引所と異なる要素があるため、自己責任で慎重に利用してください。

今回は、国内取引所のDMM Bitcoinから、ビットコインを送金する方法を紹介します。

DMM Bitcoinは取り扱い銘柄が豊富で、ハイスペックなチャートを利用できるので、この機会に口座開設してみてはいかがでしょうか。

DMM Bitcoinの口座を開設する

まず、DMM Bitcoinの口座を開設します。

DMM Bitcoinの公式サイトにアクセスします。

右上の「口座開設」をクリックします。

メアド登録

メールアドレスを入力後、「確認して登録します」をクリックします。

メールアドレス宛に、「メールアドレス登録完了のお知らせ」が届くと、登録が完了です。

届いたメール内のURLをクリックして、パスワード設定に進みます。

指示に従ってパスワードの登録、規約の確認、個人情報の入力をしましょう。

申し込み

全て入力したら、「申し込む」をクリックします。

次に本人確認を行います。

今回は、手続きが簡単な「スマホでスピード本人確認」を紹介します。

以下の本人確認書類を登録できます。

本人確認書類
  • 運転免許証
  • 運転経歴証明書
  • パスポート
  • マイナンバーカード
  • 在留カード

どれか1つを準備して、登録に進みます。

書類提出

「スマホでスピード本人確認」をクリックします。

QRコードが表示されるので、スマホで読み込みます。

その後、流れに従って本人確認書類を撮影してください。

以上で口座開設が完了です。

日本円を入金する

次にビットコインを購入するために日本円を入金します。

入金方法は「銀行振込」と「クイック入金」に2種類です。

今回はスタンダードな振込入金の方法を紹介します。

入金

DMM Bitcoinのアカウントにログインし、画面左側の「日本円・暗号資産の入金」→「日本円入金(振込入金)」を選択します。

入金

振込先の口座が表示されるので、日本円を入金します。

振込手数料は自己負担なのでご注意ください。

ビットコインを購入する

次にビットコインを購入します。

取引開始

画面左側の「取引開始」を選択します。

現物注文

「メニュー」→「現物注文(購入・売却)」をクリックします。

ストリーミング

上記の画像を参考に「現物BTC/JPY」「ストリーミング」を選択します。

「ストリーミング」は指定した数量をその場で注文できます。

数量を入力し「Ask/買」をクリックすると、ビットコインを購入できます。

海外取引所にビットコインを送金する

購入したビットコインを海外取引所に送金します。

送金前に、海外取引所の口座を開設しておきましょう。

GRT取り扱っている取引所は、CoinbaseやBinanceがありますので、手順を調べて登録してください。

ただし、海外取引所は法規制が異なる場合があるため、利用は自己責任でお願いします。

送金方法はこちらです。

出金

画面左側の「日本円・暗号資産の出金」→「BTC出金」を選択します。

追加

赤枠の「追加」を選択します。

登録する

送金先のウォレットアドレスを入力し、認証コードを入力して、「登録する」をクリックします。

ウォレットアドレスを間違えて入力すると、ビットコインを失うため、入力する際はコピペ入力が必須です。

コードを発行

「出金額」を入力し、「コードを発行」をクリックします。

出金する

コードを入力し、「出金する」をクリックします。

送金先のウォレットに、ビットコインがあれば、送金完了です。

GRTを購入する

送金先の取引所で、GRTを購入します。

購入する際は、ペア通貨をGRT/BTCに設定して取引しましょう。

購入手順は取引所によって異なるため、リサーチしてから利用してください。

今回使用したDMM Bitcoinは、初心者から上級者まで使える取引チャートが特徴です。

無料で口座開設できるので、この機会にDMM Bitcoinの口座を開設して、GRTの取引に挑戦しましょう。

\ もれなく2000円プレゼント中! /

The Graph(GRT)の注意点

GRTの注意点は次の3つです。

GRTの注意点
  • 国内取引所での扱いがない
  • The Graphのサイトは英語
  • GRTの価格は仮想通貨市場の影響を受けやすい

それぞれ解説します。

国内取引所での扱いがない

GRTは国内取引所で取り扱いがありません

GRTを購入するためには、国内取引所から海外取引所へビットコインを送金して取引することで入手できます。

GRTを取り扱っている海外取引所は「Binance」「Coinbase」「Huobi Global」などがあります。

海外取引所は、国内取引所に比べて詐欺のリスクが高いので、利用は自己責任でお願いします。

GRTに興味がある方は、「 GRTの買い方」で購入方法を解説していますので、参考にしてください。

The Graphのサイトは英語

The Graphのサイトは英語で、日本語対応していません

GRTの特徴で、GRTを使ってエコシステムに参加できることをお伝えしましたが、英語が苦手な方には難しい挑戦です。

英語に不安がある方は、Google翻訳を使うなどの対策して、慎重に手続きを進めてください

GRTの価格は仮想通貨市場の影響を受けやすい

GRTの価格は仮想通貨市場の影響を受けやすいです。

GRTの価格動向で説明したように、GRTの値動きはビットコインと同じです。

The Graphのプロジェクトとは関係なく価格変動する場合があるので、注意しておきましょう。

GRTの取引を始める方は、上記の点に注意しつつ、DMM Bitcoinで口座を開設して準備を進めましょう。

\ もれなく2000円プレゼント中! /

The Graph(GRT)のまとめ

今回は、The Graph(GRT)について解説しました。

The GraphはWeb3.0のインフラ的存在であるため、今度に期待できるプロジェクトです。

興味がある方は、取引に挑戦してみてください。

この記事のまとめ
  • The Graphはサブグラフ(検索システム)を提供するプラットフォーム
  • The GraphはDEXやDeFi、NFT、ブロックチェーンゲームなど、Web3.0関連のさまざまなプロジェクトにサービスを提供している
  • The Graphはイーサリアム以外のブロックチェーンにも対応
  • The Graphは企業や政府から支援を受けている
  • GRTは海外取引所で購入可能
  • 国内の取引所はDMM Bitcoinがおすすめ

GRTは国内取引所での扱いがなく、購入するためには海外取引所を利用する必要があります。

海外取引所にペア通貨を送金するための取引所は、取引手数料が無料で、取扱通貨が豊富なDMM Bitcoinがおすすめです。

無料で口座開設できて、維持費もかからないので、この機会にDMM Bitcoinの口座を開設してGRTの取引に挑戦しましょう。

\ もれなく2000円プレゼント中! /

目次
閉じる