仮想通貨The Sandbox/SAND(ザ・サンドボックス)とは?LAND(土地)の買い方や始め方を解説!

Facebook社(現Meta社)が注力することを表明しているメタバース・NFT。

NFTではブロックチェーンを活用することで、デジタルアートに価値を生み出すことができます。

また、NFTはゲーム業界で多く利用されており、NFT化されたさまざまなゲームアイテムやキャラクターがマーケット上で取引されています。

今回はそんな人気NFTゲームのひとつである「The Sandbox」と、ゲーム内通貨のSANDをご紹介します。

この記事からわかること
  • The Sandboxとは、イーサリアムブロックチェーン技術を活用したNFTゲーム
  • ゲーム内で作成したNFT(キャラクターやアイテム)をNFTマーケットプレイスで販売して稼ぐことができる
  • The Sandbox内で流通している「SAND」トークンはNFT関連銘柄の一つ
  • The SandboxのプレイにはLANDを所有する必要があり、初期費用がかかる
  • NFTの売買は国内初のNFTマーケットプレイスであるCoincheck NFTが使いやすい

The Sandboxは仮想空間(メタバース)上で自由に行動して楽しむ「サンドボックスゲーム」です。

ゲーム内で利用できるNFT(キャラクター・アイテム・ゲームなど)を自作することができ、そのすべてをNFTマーケットプレイスで販売したり提供したりすることができます。

コインチェック

The SandboxのNFTの取引をしたい場合は、国内初のNFTマーケットプレイスCoincheck NFTの利用がおすすめです。

また、Coincheckは国内でも取扱銘柄が多く、SANDの取引もできるので、ぜひCoincheck公式サイトを訪れてみましょう。

\ アプリダウンロード数No.1 /

LineBanner_btc

Media Argo公式ラインではNFTゲームなど暗号資産に関する情報を配信しています。

この機会に友達登録をしてみてください。

\ 7/31まで!200円のBTCゲット/

目次

仮想通貨のNFTゲーム「The Sandbox」とは?

the sandbox top

The SandboxイーサリアムブロックチェーンをベースにしてつくられたNFTゲームです。

NFTゲームとはブロックチェーン技術を活用したゲームの総称で、ゲームデータをブロックチェーン上で管理することでさまざまな機能を実現しています。

例えば、ユーザーは自分が作成したアイテムやキャラクターを唯一無二の「NFT(非代替性トークン)」として価値付けることが可能となっており、それに目をつけた投資家によって多くのNFTがNFTマーケットプレイスで取引されています。

その中で米バスケットボールリーグ選手を扱ったトレーディングカードゲーム「NBA Top Shot」は、月間売上が250億円を記録し話題になりました。

The Sandboxも「NBA Top Shot」と同様に、ゲーム内で購入した土地や作成したアイテムをNFTマーケットプレイスに出品することができます。

またTheSandboxは、ソフトバンクグループが105億円も出資していることで注目を集めています。

The Sandbox内のNFTは、大手国内取引所Coincheck内の「Coincheck NFT」で売買することができるので、興味のある方はまずCoincheckの公式サイトをチェックしてみてください。

\ アプリダウンロード数No.1 /

SANDについては、ビッコレTVでも動画で詳しく解説されていますので、是非この記事とあわせてチェックしておきましょう。

The Sandboxのゲーム内容

The Sandboxは、「メタバース」と呼ばれる仮想空間内でキャラクターを操作して遊ぶゲームです。

定められたゴールや攻略順序がなくオープンワールドを自由に行動できることから、”砂場”に由来する「サンドボックスゲーム」のひとつとされています。

メジャーなゲームだと、「マインクラフト」もサンドボックスゲームに分類されます

さてThe Sandboxでは、具体的に以下の方法でゲームを楽しむことができます。

The Sandboxの遊び方

仮想空間で自由に行動する

the sandbox

The Sandboxでユーザーは、「メタバース」と呼ばれる仮想空間内に自身のキャラクターを投影し、その中で謎解きやアイテム収集をするなど自由に行動することができます。

その空間は広大で、ユーザーは自宅にいながらたくさんの景色を楽しめます。

キャラクターやアイテムの作成

the sandbox

ユーザーは無料ツールを使用して、ゲーム内で利用可能なNFT(キャラクターやアイテム)を作成することができます。

なおThe Sandboxのデザインは立方体を組み合わせた「ボクセルアート」と呼ばれるもので、デザインが苦手な方でも比較的簡単に自身の作品を作成することができる仕様となっています。

ゲーム作成

the sandbox

ユーザーは無料ツールを使用することで、キャラクターやアイテムだけでなく3Dゲームも自作することができます。

なおゲーム内で作成したNFT(キャラクターやアイテム)は、NFTマーケットプレイスで取引することができます。

さらに自作のゲームを有料で提供することも可能なので、一度チャレンジしてみても良いでしょう。

国内の仮想通貨取引所ではCoincheckが唯一NFTマーケットプレイスを所有しているので、興味のある方にはCoincheckの公式サイトを是非チェックしてみてください。

\ アプリダウンロード数No.1 /

仮想通貨SANDとは

ここでは、The Sandboxのプラットフォーム内で通貨として使用されている「SAND」というトークンについて紹介します。

2022年5月現在、Coincheckが唯一SAND(サンド)を取り扱っています。

Coincheckは他にも数多くのアルトコインを扱っているため、興味のある方はぜひコインチェックを覗いてみてください。

仮想通貨SANDの特徴

SAND
通貨名SAND
シンボルSAND
価格(2022年6月時点)¥107.86
時価総額(2022年6月時点)¥135,228,949,477
時価総額ランキング(2022年6月時点)44位
公式サイトThe Sandbox公式サイト

「SAND」とはThe Sandbox内で通貨として流通しているトークンで、イーサリアムブロックチェーン上で発行されるERC-20トークンの一つでもあります。

SANDはプラットフォーム内の仮想空間である「LAND」や自作のアイテムを取引したり、ゲーム等のイベントに参加したりする際に使用されます。

2022年5月に国内仮想通貨取引所のCoincheckに上場し、大きな注目を集めています。

仮想通貨SANDの現在の価格動向

続いて、SANDの現在の価格動向をチェックしておきましょう。

引用元:TradingView

こちらは2021年1月から2022年3月現在までの、SAND/USDチャートです。

SANDの価格は2021年に入って堅調に推移していましたが、特に2021年11月に大きく高騰しました。

その上昇率は2021始値から見ると、200倍を超えています。

NFT関連銘柄全般が急成長しており、SANDの価格上昇もそれが関連しているようですね。

なお2021年11月に大きく飛躍した後は、年を跨いで調整の下落が起きていましたが、2022年1月末から再び上昇の動きが見られるようになっています。

仮想通貨SANDの将来性

2021年に大きく高騰したSANDですが、ではその勢いは今後も続くのでしょうか。

SANDの将来性を占うポイントは以下のとおりです。

SANDの将来性を占うポイント
  • The Sandboxのユーザー数増加
  • SANDを取り扱う取引所の拡大
  • NFT市場の成長

仮想通貨の価値は取引量に応じて上昇し、取引量は知名度に比例して増加していきます。

今後知名度が上昇していくにつれて、SAND相場は大幅に上昇する可能性があります。

また、NFT関連銘柄はチャートを同じように変動させるため、チリーズテゾスなど他NFT関連銘柄のチャートと一緒に確認しておくと良いでしょう。

LineBanner_btc

Media Argo公式ラインでは仮想通貨に関する情報を配信しています。

この機会に友達登録をしてみてください。

\ 7/31まで!200円のBTCゲット/

The Sandboxでの稼ぎ方

The Sandboxは単にゲームとして楽しめるだけでなく、次の3つの方法でお金を稼ぐことができます。

The Sandboxで収益を得る方法
  • LANDを貸し出すことで不動産収入を得る
  • LAND内で利用できるNFT(キャラクターやアイテム)をNFTマーケットプレイスで販売する
  • LAND内でプレイできるゲームやジオラマを有料で提供する

1つずつ説明していきます。

LANDを貸し出すことで不動産収入を得る

The Sandboxでは、ゲームをプレイするうえで必要不可欠なLANDを貸し出し、不動産収入を得ることができます。

LANDはゲーム内やCoincheck NFTなどのNFTマーケットプレイスで購入することもできますが、その金額は日本円でおよそ14~21万円(2021年8月時点)とかなりの額となっています。

また、LANDは高額なだけでなく数量に上限があることから、ユーザー数の増加に伴ってその価格は上昇するとみられており、LANDの貸出しに対する需要も増えることが予想されています。

LAND内で利用できるキャラクターやアイテムをNFTマーケットプレイスで販売する

The Sandboxの無料ツールを利用して作成したキャラクターやアイテムは、ブロックチェーン技術によりNFT(非代替性トークン)として唯一無二の価値があります。

そして自身で作成したNFTは、ゲーム内やCoincheck NFTなどのNFTマーケットプレイスに出品して、収入を得ることも可能です。

ツールはだれでも利用できるので、ゲームを遊ぶためだけでなく、収入を得るためにNFT作成にチャレンジしてみてもよいでしょう。

\ アプリダウンロード数No.1 /

LAND内でプレイできるゲームやジオラマを有料で提供する

The Sandboxでは自作のゲームやジオラマを作成して、メタバース内で有料にて提供することができます。

キャラクターやアイテムのように販売してなくなるものではないので、良いゲームやジオラマを1つ作成するだけで継続して収入を得ることが可能となっています。

The Sandboxの始め方

The Sandboxを始める際に必要なものは仮想通貨を管理することができる「ウォレット」のみです。

利用可能なウォレットは「Metamask」と「Bitski」の2種類がありますが、ここでは日本語に対応している「Metamask」の利用をおすすめしています。

ウォレットの作成が完了したら、以下の手順でゲームを開始します。

The Sandboxの始め方
  1. ウォレットを使ってThe Sandboxのアカウント登録をおこなう
  2. ダウンロードページからエディターをダウンロード

とても簡単に始めることができますね。

なお、対応OSはWindows(7以降)・Mac(OSX Mavericks以降)・Linuxのいずれかとなっているので、プレイ前に確認しておきましょう。

またゲームを始める際は、Coincheckで口座を開設することでSANDの取引をすることができます。

CoincheckはThe SandboxのNFTを取引できるCoincheck NFT(β版)を利用できるほか、取扱銘柄や取引ツールで高い人気を誇る取引所ですので、この機会にCoincheck公式サイトを訪れてみましょう。

\ アプリダウンロード数No.1 /

NFTの売買ならCoincheck NFT(β版)

Coincheck NFT

Coincheck NFTは、国内初のNFTマーケットプレイスです。

2021年3月にベータ版のサービスが開始しており、ユーザーは仮想通貨を使ってNFTを取り引きすることができる仕組みになっています。

The Sandboxもサービスに連携しており、ゲーム内のLANDやアイテムが売買可能です。

またCoincheck NFTはThe Sandbox以外にも、以下のゲームのNFTを取り扱っています。

Coincheck NFTの取扱商品

Crypto Spells

Crypto Spells

Crypto Spells(クリプトスペルズ)は、Crypto Games株式会社が提供しているブロックチェーンを用いた国産トレーディングカードゲームです。

2019年にリリースされると、初日に600ETH(約2000万円)を売り上げて話題になりました。

Crypto Spellsはカードの発行や管理にブロックチェーン技術を利用しており、カードの資産化やオリジナルカードの作成が可能となっています。

Sorare

Sorare

Sorare(ソラレ)は、現実世界の戦績がゲームに反映されるユニークなブロックチェーンゲームです。

2021年8月からCoincheck NFTで取り扱いが始まりましたが、すでに140カ国で90,000人以上のアクティブプレイヤーが参加しており、世界中から注目が集まっています。

ユーザーは世界中のクラブチームから自由に選手を集めることで自分だけのオリジナルチームを作成し、ほかのユーザーと対戦。

シーズン終了時にランキング上位の方にはイーサリアムやレアカードなどの賞品がプレゼントされるため、ゲームを楽しむだけで収入を得ることも可能です。

Coincheck NFTはローンチからまだ日が浅いため、取り扱いアイテム今後も増えていくと予想されています。

興味のある方はCoincheckで口座を開設し、NFT市場でアイテムを取引してみましょう。

\ アプリダウンロード数No.1 /

The Sandboxを始める際の注意点

The Sandboxを始める際は、次の3点に注意が必要です。

The Sandboxを始める際の注意点3つ
  • ウォレットの秘密鍵を適切に管理する必要がある
  • 収益化に時間がかかる
  • 贋作が出品されているおそれがある

各注意点について説明していきます。

秘密鍵を適切に管理する必要がある

仮想通貨の「秘密鍵」とは仮想通貨の所有を証明する暗証番号のようなもので、仮想通貨を所有しているユーザのみが知っている情報となっています。

秘密鍵を失くしてしまった場合、自身の仮想通貨を使用することができなくなってしまうため注意が必要です。

また、この秘密鍵が万一流出してしまうと第三者によって所有している仮想通貨を無断使用されてしまう可能性があるため、ハッキングの恐れがあるインターネット上でなく、紙などに印刷してオフラインの状態で保管しておくことをおすすめしています。

収益化に時間がかかる

The Sandboxで収益を得る方法は次の3通りです。

The Sandboxで収益を得る方法
  • LANDを貸し出すことで不動産収入を得る
  • LAND内で利用できるキャラクターやアイテムをNFTマーケットプレイスで販売する
  • LAND内でプレイできるゲームやジオラマを有料で提供する

The Sandboxをプレイするには仮想空間上の土地代わりとなるLANDをNFTをマーケットプレイスから購入もしくはレンタルする必要があり、購入する場合は日本円でおよそ14~21万円程度の初期費用が発生します。(2021年8月時点)

いずれの方法にしても、初期費用を回収できるまでに数ヶ月単位で時間がかかるため、ゲームを始める際はそのことをあらかじめよく認識しておきましょう。

贋作が出品されているおそれがある

The Sandboxをプレイする際には、仮想空間上の土地となる「LAND」をCoincheck NFTやOpenSeaなどのNFTマーケットプレイスで購入する必要がありますが、その中で偽物の「LAND」が出品されている可能性もあります

2021年3月、公式Twitterでも以下の書き込みがありました。

偽物を掴まされることのないようにLANDを購入する際は、出品内容や取引先の情報をきちんと確認するようにしましょう。

また、NFTマーケットプレイスの運営者やThe Sandboxの公式サイトに問い合わせしてみても良いかもしれませんね。

The Sandboxに関するよくあるQ&A

最後に、The Sandboxについてよくある質問とそれに対する回答を5つご紹介します。

The Sandboxに関するQ&A5つ
  • The Sandboxは未成年でもプレイ可能か?
  • The Sandboxの初期費用は?
  • The Sandboxは日本語に対応しているか?
  • The Sandboxはスマホだけでも遊べるか?
  • The Sandboxでお金を稼いだ場合、税金はどうなるか?

ゲームをプレイする前にすべて目を通しておきましょう。

The Sandboxは未成年でもプレイ可能か

The Sandbox公式サイトによると、ゲームの対象年齢は18歳以上となっています。

ちなみに、LANDやアイテムを取り引きするために取引所に口座を開設しなければいけませんが、国内取引所は未成年の口座開設は原則許可されていません。

海外では18歳以上であれば口座開設が可能な取引所がありますが、おすすめできる方法ではないです。

The Sandboxの初期費用は?

The Sandboxをプレイするのに必要なのは、仮想空間上の土地となる「LAND」のみです。

LANDはOpenSeaやCoincheck NFTなどで購入することができ、その相場は2021年8月時点で0.4~0.6ETH(およそ14万~21万円)となっています。

OpenSeaについては、ビッコレTVの「OpenSeaの使い方を徹底解説」で分かりやすく説明されていますので、あわせてご覧ください。

出品者によっては相場より高く価格を設定している場合があるので、購入する際は価格をしっかり確認するようにしてください。

LANDの購入が難しい場合はレンタルすることもできます。

レンタル料はオーナによってさまざまですが、購入するよりも安い金額でゲームに参加することが可能となっています。

なお、購入に必要な仮想通貨はCoincheckにて購入することができます。

\ アプリダウンロード数No.1 /

The Sandboxは日本語に対応しているか?

The Sandboxは4ヶ国語に対応しており、日本語でゲームをプレイすることも可能となっています。

ただし、公式サイトの大部分は英語が用いられたままとなっており、安心してプレイするためには英語の知識がある程度必要です。

日本語のみでゲームを楽しみたい方は、公式のアップデートを待ちましょう。

The Sandboxはスマホだけでも遊べるか?

The Sandboxは、今のところパソコンのみでプレイが可能となっています。

スマートフォン版のリリースに関する情報はまだ発表がないため、少し時間がかかりそうですね。

なお、スマートフォンアプリにまったく同じ名称で「The Sandbox」が既にありますが、そちらは今回紹介したゲームとは別の物なので、間違えないよう注意してください。

The Sandboxでお金を稼いだ場合、税金はどうなるか?

ゲーム内のやり取りもすべて課税対象です。

具体的には、LANDやゲーム内アイテムをレンタルもしくは販売した際の収益に雑所得が発生します。

雑所得が合計で20万を超える場合は確定申告が必要となってくるため、The Sandbox以外の投資でも収益を獲得している方は特に注意が必要です。

なお、仮想通貨の税金に関する記事も確認しておくことをおすすめします。

The Sandboxのまとめ

今回は、NFTゲーム「The Sandbox」について紹介しました。

この記事のまとめ
  • The Sandboxとは、イーサリアムブロックチェーン技術を活用したNFTゲーム
  • ゲーム内で作成したNFT(キャラクターやアイテム)をNFTマーケットプレイスで販売して稼ぐことができる
  • The Sandbox内で流通している「SAND」トークンはNFT関連銘柄の一つ
  • The SandboxのプレイにはLANDを所有する必要があり、初期費用がかかる
  • NFTの売買は国内初のNFTマーケットプレイスであるCoincheck NFTがおすすめ

2021年以降NFT市場は非常に盛り上がっており、今後の市場拡大にも期待が持てそうです。

仮想通貨投資に興味のある方はNFT市場にもぜひ挑戦してみてください。

国内でNFTを売買したい方は、Coincheckなどの取引所にて必要となる暗号資産を入手する必要があるため、まずは公式サイトを訪れてみましょう。

\ アプリダウンロード数No.1 /

LineBanner_btc

Media Argo公式ラインではNFTゲームなど暗号資産に関する情報を配信しています。

この機会に友達登録をしてみてください。

\ 7/31まで!200円のBTCゲット/

目次
閉じる