仮想通貨リスク(LISK/LSK)とは?価格予想や今後の見通しや将来性を徹底解説

仮想通貨リスク(LSK/LISK)は、2016年に公開された仮想通貨で、現在ではCoincheckbitFlyerなどの国内取引所で購入することができます

しかしビットコインやイーサリアムなどと比べるとややマイナーな部類に入るので、LSK(リスク)がどのような通貨なのか分からず、今まで投資していなかったという人も多いと思います。

そこで今回はこれからLISKへ投資したい方に向けて、LSK(リスク)の特徴や価格の推移、今後の見通しについて解説します

この記事の要点
  • LSK(リスク)は分散型アプリケーション構築のためのプラットフォーム
  • プログラミング言語にJavaScriptが用いられているため、アプリを開発しやすい
  • DPoSというアルゴリズムによるフォージング機能が特徴である
  • 過去には仮想通貨バブルに乗じて、価格が高騰したことがある
  • 今後はアップデートの動向によって価格が影響を受けると予想されている
  • LSK(リスク)への投資を行うならCoincheckがオススメ!

LSK(リスク)への投資を考えている方は、Coincheckで口座開設するのがオススメです。

CoincheckではLSK(リスク)のステーキングを行うことができるため、通貨を保有するだけでLSK(リスク)を増やすことも可能です。

\ アプリダウンロード数No.1 /

公式LINE

なお、MediaArgoの公式LINEでは仮想通貨の最新情報を無料配信中です。

リスク(LSK)に関する情報もこちらで配信していますので、是非今のうちに登録してみてください。

\ 7/31まで!200円のBTCゲット/

目次

【2022年8月】 リスク(LSK) の最新アップデート情報

8月21日の日本時間17時に、 リスク(LSK) では大型アップデート「Lisk v3」が実施されました。

本アップデートでの重要な変更点は、以下の通りです。

アップデート「Lisk v3」の概要
  • アカウント(口座)の最低保有量(0.05 LSK)の導入
  • 動的手数料の導入
  • マルチ署名トランザクションの導入
  • トークンがロックされる仕組みの導入
  • 被委任者の不正行為を罰する仕組みの導入

v3のトランザクションの処理能力は、v2と比較して約5倍にも飛躍すると言われています。

なお、より詳細に知りたい場合はリスクの公式ページで今回のアップデートの内容が公開されているので、そちらをチェックしてみてください。

【2022年8月】リスク(LSK) の現在の価格動向

さて、こちらはLSK/USDの最新チャートになります。

チャートから分かる通り、リスクの価格は2022年5月に大きく下落した後、比較的穏やかに下落トレンドのまま推移しています。

もし今後も価格高騰に備えるなら、今の内にCoincheckで口座をつくっておくことをおすすめです。

\ アプリダウンロード数No.1 /

リスク(LSK)とは

仮想通貨名リスク
シンボルLSK
取引開始日2016年5月
発行上限発行枚数に上限なし
価格(2022年8月現在)¥160.61
時価総額(2022年8月現在)¥20,703,073,128
購入できる主な取引所Coincheck
bitFlyer
GMOコイン など
公式サイトLSK(リスク)公式サイト

リスク(Lisk)はそもそも、Max Kordek氏と Oliver Beddows氏が共同開発した分散型アプリケーションを構築するためのプラットフォームのことをいいます。

分散型アプリケーションとは?
Dapps とは

分散型アプリケーションとは、別名Decentralized Applications (略称: DApps)と呼ばれているもので、企業や銀行などの中央管理者がいなくても稼働するアプリケーションのことです

中央管理者が不在のため、アプリケーションを利用する参加者全員がデータを分散して管理を行うことができ、システムの不具合やサーバーダウンに強いという特徴があります。

また、中央管理者がいないことで、アプリケーションを利用する方全員が、仕様変更などの意思決定に関わることもできます。

また、分散型プラットフォーム内で使用されている仮想通貨も、同様に「リスク(LSK)」と呼びます。

MediaArgoの公式LINEでは仮想通貨の最新情報を無料配信中です。

リスクに関する情報もこちらで配信していますので、是非今のうちに登録してみてください。

\ 7/31まで!200円のBTCゲット/

リスク(LSK)の特徴

リスク(LSK)には、次の3つの特徴があります。

LSK(リスク)の特徴
  • プログラミング言語にJavaScriptを使用している
  • 複数のブロックチェーン(サイドチェーン)で構成されている
  • マイニングに代わって「フォージング」が採用されている

それぞれの特徴を詳しく確認していきましょう。

プログラミング言語にJavaScriptを使用している

LSK(リスク)の開発言語にはJavaScriptが用いられています

JavaScriptという言葉を聞いたことがある人も多いかと思いますが、世界的にも有名なプログラミング言語です。

WEBサイト上で用いられていることが多く、1990年代から生まれたプログラミング言語として広く知られています。

LSK(リスク)の開発にJavaScriptが用いられていることで、世界中のエンジニアにとって馴染みがあり、開発に関わりやすいというメリットがあります。

複数のブロックチェーン(サイドチェーン)で構成されている

LSK(リスク)では、メインのブロックチェーンとして使用するメインチェーンだけでなく、サイドチェーンと呼ばれる補助的なブロックチェーンが採用されています。

サイドチェーン

サイドチェーンは、メインのブロックチェーンに接続されている補助的な役割を持ったブロックチェーンのことで、次のような効果があります。

サイドチェーンの効果
  • ハッキング対策ができる
    アプリケーションの管理をサイドチェーン上で行うことができ、ハッキング被害を受けてもメインチェーンから切り離すことで、メインチェーンに被害が及ぶことを防ぐことができる
  • 取引処理時間の改善になる
    メインチェーンだけでなく取引承認時間の短いサイドチェーンを組み合わせることで、処理能力を改善できる。
    ちなみにLSK(リスク)の送金処理時間は最短10秒となっており、短時間での送金にも対応可能。
  • サービスを追加しやすい
    サイドチェーンはメインチェーンに接続するだけなので、メインチェーンの仕様変更やアップデートをすることなく新機能・サービスを追加することも可能。

このようにリスクはサイドチェーンを実装していることで、高い処理能力やセキュリティ性能、柔軟性を備えています。

 マイニングに代わって「フォージング」が採用されている

DPOS

ビットコインのブロック生成作業である「マイニング」に対して、LSK(リスク)では「フォージング」という技術が採用されています。

フォージングとは
  • DPoS(Delegated Proof of Stake )というコンセンサスアルゴリズムによる取引承認作業
  • DPoS(Delegated Proof of Stake )では、LSK(リスク)の保有量に応じて投票権が与えられる
  • 投票によって選ばれた承認者がブロックを承認する
  • ブロックを承認した人は、手数料の代わりにLSK(リスク)を受け取ることができる

BTC(ビットコイン)では取引処理能力に応じて通貨がもらえましたが、LSK(リスク)では通貨を持っているだけで通貨を増やすことができます。

自分がフォージングを行う必要はなく、投票によって選ばれた人がフォージングを行います。

また、投票者は間接的に報酬としてLSK(リスク)を受け取ることができるため、LSK(リスク)を保有しているだけでメリットがあります。

リスクの特徴に興味を持った方は、コインチェックで口座開設しておきましょう

これからの価格高騰が期待されている通貨ですので、比較的に低価格である今のうちに購入しておくのも一つの手と言えます。

\ アプリダウンロード数No.1 /

リスク(LSK)のこれまでの価格推移

LSK(リスク)の価格がどのように推移してきたかを知っておくと、今後の投資の判断材料になることがあります。

そこで、ここではLSK(リスク)の過去の価格推移について、2020年以前と2021年に分けて解説していきます。

2020年以前の価格推移

引用元:TradingView

大きく価格が上昇しているのは、2017年末頃〜2018年初期にかけてです。

2017年末頃からの価格急騰の要因として挙げられるのが「仮想通貨バブル」です。

仮想通貨バブルでは、2017年ごろからBTC(ビットコイン)など様々な銘柄の価格が大きく高騰し、LSK(リスク)においてもそのバブルの波に乗るように同時期に急騰しました

しかし、仮想通貨バブルは2018年1月から崩壊してしまい、同年1月16日には2017年の最高値から-40%になるまで価格が下落しました。

LSK(リスク)でも、バブル崩壊によって価格が大暴落するという結果になり、以降はバブル時につけた史上最高値を更新できていません。

また、2020年1月には国内取引所であるCoincheckがLSK(リスク)のステーキングサービスを開始し、一時騰落率は295%と好調な動きを見せましたが、勢いはすぐに止まってしまいました。

なおLSK(リスク)が低調で推移している要因の一つに、フォージング報酬の低下が挙げられます。

LSK(リスク)は過去4度のフォージング報酬の低減を行なっており、例えば2020年9月にはフォージング報酬が2LSK→1LSKに半減しました。

そもそもLSKは300万ブロックごとにフォージング報酬が減るという仕組みとなっているため、報酬が下がるのは致し方ないことですが、そのためにリスク保有によるメリットも見込みにくいのが現状です。

2021年の価格推移

引用:TradingView

2019年〜2020年にかけて低調な動きを見せていたLSK(リスク)も、2021年2月から5月にかけて大きく価格が高騰しました。

この価格上昇の主な要因としては、仮想通貨全体で投資熱が拡がったことが挙げられます

その証左として、BTC(ビットコイン)やイーサリアムなど他の多くの銘柄でも、2021年1月から価格が大きく高騰しました。

なおLSK(リスク)では、市場全体が活発化したことに加え、2021年2月にbitFlyerでステーキングサービスを開始するというニュースがあり、そのことも価格を上昇させる要因になったと見られています。

しかし2021年5月〜6月にかけて、中国でのBTC(ビットコイン)のマイニング規制などのニュースが影響し、仮想通貨全体の価格は急落しました

中国による仮想通貨の規制

LSKも他の仮想通貨と同様に、2021年5月以降に価格が急落しています。

その後は7月から9月にかけてやや復調するものの、勢いが続かずに再び下落トレンドとなり、低調なまま2021年を終えることとなりました。

なお2018年のバブル時の価格から考えれば、現状は割安だとも考えられます

リスクに今すぐ投資したいという方は、最短5分で申し込みの終了するコインチェックがおすすめです

\ アプリダウンロード数No.1 /

【2022年以降】リスク(LSK)の今後の見通し・予想

さて、低調が続くLSK(リスク)ですが、2022年以降は次のような要因から価格が上昇する可能性を秘めています。

LSK(リスク)の価格上昇につながり得る2つの要因
  • LSK(リスク)の今後のアップデートやサイドチェーンの実装
  • 仮想通貨全体に関わるポジティブなニュースの発信

それぞれの要因について詳しく見ていきましょう。

LSK(リスク)の今後のアップデートやサイドチェーンの実装

ブロックチェーンとは

LSK(リスク)はブロックチェーンとして完成されておらず、今後のアップデートやサイドチェーンの実装によって様々な機能が利用できるようになります。

今後のアップデートの発表内容によってはLSK(リスク)の注目度が高くなる要因といえるでしょう。

なお、2021年5月にはLSK(リスク)の開発を手がているLisk財団がブロックチェーン開発者向けの大型イベント「Lisk.js」では、今後のアップデートに向けて次のことが発表されています。

「Lisk.js」での発表概要
  • リスクの相互運用性ソリューションの紹介
  • Lisk SDKの解説
  • リサーチ&開発に関するQ&A
  • Liskブロックチェーンのロードマップの発表

これら以外にも、今後のアップデートの進捗発表や開発者からの発表内容によっては、LSK(リスク)の注目度が上がる要因となり、ひいては価格高騰につながることもあるでしょう。

仮想通貨全体に関わるポジティブなニュースの発信

2021年前半にはBTC(ビットコイン)をはじめとした仮想通貨全体で、バブルが起こっていました。

LSK(リスク)も他の仮想通貨と同様に、BTC(ビットコイン)のバブルに乗じて価格を上げて、バブル崩壊時には暴落した流れがあるため、今後も他の通貨と価格が連動する可能性が十分にあります。

リスクに投資したいという方は、アプリダウンロード数国内No1を誇るコインチェックがおすすめです。

非常に定番な取引所ですので、まだ口座をお持ちでない方は、ぜひ口座開設しておきましょう。

\ アプリダウンロード数No.1 /

リスク(LSK)の今後の価格予想

仮想通貨の価格予想をしているTRADING BEATS.comでは、LSK(リスク)の価格を次のように予想しています。

価格
2022年の価格予想3.46米ドル(-2.83%)
2023年の価格予想3.41米ドル(-4.44%)
2024年の価格予想2.91米ドル(-18.29%)

このようにLSK(リスク)では、ネガティブな価格予想が示されています。

なお、その理由としてはブロックチェーンが未完成であるという点が挙げられます。

サイドチェーンが未実装であることや今後数年以内に実装する見込みがないため、通貨としての期待度が高くなる見込みは薄いと予想されます

投資家達にとって嬉しいニュースもなく、価格の動きも緩やかになっている以上、現時点での投資はおすすめではないと言えるでしょう。

リスク(LSK)を購入するならCoincheck

LSK(リスク)の購入におすすめの取引所はCoincheckです。

コインチェック
提供サービスCoincheck
現物取引(銘柄数)販売所形式:○(16銘柄)
取引所形式:○(5銘柄)
レバレッジ取引(銘柄数)×
最小発注数量
(ビットコインの場合)
販売所形式:500円以上
取引所形式:0.005BTC以上、かつ500円以上
取引手数料
(ビットコインの場合)
販売所形式:0円(スプレッドあり)
取引所形式:0円
取引ツールパソコン・ネットブラウザ:○
スマホアプリ:○
その他取扱いサービス・Coincheckつみたて
・貸し仮想通貨
・大口OTC取引
・Coincheckでんき
・Coincheckガス
公式サイトCoincheck公式サイト
関連記事Coincheckの評判

Coincheckでは、LSK(リスク)のステーキングを行うことができるため、保有しているだけで、LSK(リスク)を増やすことができます。

また、LSK(リスク)だけでなく、他の通貨の取引も行うことができます。

Coincheckでは、国内最大級の17種類の通貨の取引を行うことができるため、LSK(リスク)以外の取引を行いたい人にもオススメです。

\ アプリダウンロード数No.1 /

その他のおすすめ仮想通貨取引所や、仮想通貨取引所の手数料の比較記事もご参照ください。

リスク(LSK)に投資する際の注意点

LSK(リスク)に投資する際には、次の2つの点に注意が必要です。

LSK(リスク)の注意点
  • ステーキング目的の場合には価格の下落に注意する
  • ステーキング報酬はいくらもらえるかは不明

2つの注意点について、詳しく確認していきましょう。

ステーキング目的の場合には価格の下落に注意する

LSK(リスク)はステーキングができるため、長期的に保有し続けることで、増やすことが可能です。

しかしリスクの保有中は今よりも価格が下がる可能性ももちろんあるため、場合によっては得られるステーキング報酬よりも損失額が大きくなってしまうことも考えられます。

ステーキング目的で投資する際は、こういった価格下落リスクもあるということを理解しておきましょう。

ステーキング報酬はいくらもらえるかは不明

仮想通貨 ステーキング

LSK(リスク)では投票により承認者を選出することとなりますが、投票によって選出されるのはわずか101人のみとなっています。

そのため投票相手がフォージング承認者として選出されなければ、ステーキング報酬は受け取ることができません。

また、投票先がフォージングの承認者に選出されても、いくらステーキング報酬がもらえるのか不確定で、リターンが安定しないことにも注意が必要です。

以上2つの注意点を紹介しましたが、正しく理解しておけば恐れることはないので、リスクの購入をお考えの方はぜひ積極的にチャレンジしてみましょう。

\ アプリダウンロード数No.1 /

リスク(LSK)のまとめ

今回は、LSK(リスク)について解説しました。

今回の記事のまとめ
  • LSK(リスク)は分散型アプリケーション構築のためのプラットフォーム
  • プログラミング言語にJavaScriptが用いられているため、アプリを開発しやすい
  • DPoSというアルゴリズムによるフォージング機能が特徴である
  • 過去には仮想通貨バブルに乗じて、価格が高騰したことがある
  • 今後はアップデートの動向によって価格が影響を受けると予想されている
  • LSK(リスク)への投資を行うならCoincheckがオススメ!

LSK(リスク)は時価総額は高くはありませんが、今後のアップデートの動向などから価格上昇が期待できる通貨です。

この記事を通して興味を持った方は、ぜひLSK(リスク)への投資をけんとうしてみてください。

また、LSK(リスク)の投資を行うならステーキングができるCoincheckがオススメです

CoincheckはLSK(リスク)だけでなく、17種類もの仮想通貨の取引を行える便利な取引所となっているので、この機会に口座開設をしてみてはいかがでしょうか。

\ アプリダウンロード数No.1 /

公式LINE

なお、MediaArgoの公式LINEでは仮想通貨の最新情報を無料配信中。

リスク(LSK)に関する情報もこちらで配信していますので、是非今のうちに登録してみてください。

\ 7/31まで!200円のBTCゲット/

目次
閉じる