DeFiとは?特徴・メリットと始め方・仮想通貨の稼ぎ方をわかりやすく解説【分散型金融】

仮想通貨は、通貨の売買以外にもさまざまな方法で投資をすることができます。

例えばデジタルアートを取引する「NFT市場」、仮想通貨を貸し出すことで利息を獲得する「レンディングサービス」などがあります。

今回は、仮想通貨を利用した金融サービスのひとつ「DeFi」について紹介します。

この記事からわかること
  • DeFiとは、ブロックチェーン上に構築された分散型の金融サービスを指す
  • 開発の容易さから、多くのDeFiプロジェクトがイーサリアムブロックチェーン上で開発されている
  • DeFiはレンディングや流動性マイニングなど多くの方法で投資をすることができる
  • DeFi市場は拡大傾向にあるが、イーサリアムの「ガス代」が今後の懸念材料
  • DeFiへ投資をする際は国内取引所での口座開設が必須

DeFiに投資をする際は、購入資金として仮想通貨が必要です。

仮想通貨を購入する場合は、金融庁認可の国内の仮想通貨取引所を使うことを推奨しています。

おすすめは取引ツールが使いやすいCoincheck。

まだ口座をお持ちでない方はこの機会にCoincheck公式サイトからぜひ口座開設してみてください。

\ アプリダウンロード数No.1 /

LineBanner_btc

なお、Media Argo公式ラインではDeFiなど仮想通貨に関する情報を配信しています。

この機会に友達登録をしてみてください。

\ 1/31まで!200円のBTCゲット/

目次

DeFiとは

DeFi とは

「DeFi(Decentralized Finance)」とは、日本語で「分散型金融」と訳されるブロックチェーン上に構築された金融系サービスです。

ブロックチェーン上では、ひとつの取引データをユーザー全員で管理する仕組みをとっていることから権力が集中することがなく、その点で銀行など今までの金融サービスの特徴であった「CeFi(Centralized Finance、中央集権型金融)」と異なります。

不正防止に適しているブロックチェーンの特徴を活かして分散型取引所(DEX)やWrapped Bitcoin(WBTC)など多くのDeFiアプリケーションが開発されていて、個人投資家が資金稼ぎをする場所としても期待されています。

現在、開発の容易さからほとんどのDeFiアプリケーションはイーサリアムブロックチェーンを利用して構築されており、DeFiの盛り上がりに応じてイーサリアム相場が高騰する場面も見られました。

イーサリアムブロックチェーンは取引時に手数料として発生するガス代の高騰が問題になっているので、今後この点が改善されるかどうかが大きなポイントとなってきます。

DeFiについてはビッコレTVでも詳しく解説されておりますので、ぜひ本記事とあわせてチェックしておきましょう。

DeFiのメリット・人気の理由

DeFiは2020年に入ってから急拡大を続けており、Uniswap」や「CAKE」などのDeFi関連銘柄は数年でその価格を10倍以上に高騰させています。

ここではDeFiに人気が集まる理由について、簡単にお伝えしていきます。

DeFiのメリット
  • 金融機関による仲介不要
  • 手数料が安い
  • 世界中で利用できる

金融機関による仲介不要

既存の金融サービスの場合、仲介として銀行などの金融機関が間に入らないと取引が成立しません。

それに対し、DeFiはブロックチェーンを活用することで取引相手と直接金銭のやり取りをすることができます。

取引時に仲介も不要なため、ユーザーは手数料や手続きの手間を大きく省くことが可能です。

手数料が安い

先述したとおり、DeFiには既存の金融機関のような仲介業者を必要としません。

そのため、仲介手数料を支払わずに済み、取引時のコストを今までより下げることができます。

ただし、手数料についてはDeFiのサービスによって異なるということと、取引時に既存の金融機関では支払う必要がなかったガス代が発生してしまうという点は留意しておいてください。

イーサリアムのガス代

世界中で利用できる

DeFiは、銀行などの金融機関を介さない金銭のやり取りが可能です。

そのため、銀行に行くことができない所得の低い方でもDeFiのサービスを利用することができます。

世界銀行の調査によると銀行口座を持っていない人は2018年時点で全世界に17億人いるそうで、これらの方々が全員DeFiを利用する可能性があると考えると、DeFiのサービスとしての規模の大きさは計り知れませんね。

現在、アフリカでの仮想通過の普及が世界中かた注目を集めています。

DeFiのアプリケーションと使い方

ここでは、実際に利用されている代表的なDeFiアプリケーションについて3つ紹介します。

興味が湧いた場合は、実際にアプリケーションを利用してみましょう。

WBTC(Wrapped Bitcoin)

WBTC

WBTCは、BitGoやKyber Networkによって開発された「BTCステーブルコイン」です。

ビットコインと価格が連動する点が大きな特徴ですが、ビットコインではなくイーサリアムのブロックチェーンを利用してトークンが開発されています。

イーサリアムブロックチェーンで開発されることの多いDeFi関連への投資目的で使用されており、WBTCとパートナー契約を結んでいる海外取引所でトークンを購入することができます。

Compound

Compound

Compoundは、イーサリアムブロックチェーン上で運用されている「分散型取引所(DEX)」のひとつ。

プラットフォーム上で仮想通貨を貸し借りすることができ、仲介を挟まないことから手数料が比較的低いです。

レンディングサービスを利用することで銀行で得られる利息より遥かに高い金利となっており、取引量に応じて独自のガバナンストークン「COMP」を報酬として獲得することもできます。

COMPは海外取引所で売却することもでき、一度の投資で2つの利益を得られる点が大きな強みです。

MakerDAO

MakerDAO

MakerDAOは、「DAO」を中心に運営されているDeFi関連プロジェクトです。

おもな取り組みとしては、仮想通貨担保型のステーブルコイン「DAI」の発行と管理

ドルなどの法定通貨を担保にしている多くのステーブルコインと違い仮想通貨を担保にしているため、価格を安定させることが難しくなっています。

DAIは、CompoundやAave等主要レンディングサービスで利用できるよう他サービスとの連携を積極的におこなっているため、トークンとしての魅力が非常に高いです。

MakerDAOの運営には独自のガバナンストークンである「MKR」が用いられており、保有量に応じてユーザーの意思決定への影響力は強くなります。

DAO

DeFiを利用したお金の稼ぎ方① 流動性マイニング

流動性マイニングとは、分散型取引所(DEX)にて仮想通貨を貸し出すことで流動性を提供し、報酬として利息分の仮想通貨やトークンを獲得するDeFiの投資方法です。

流動性はDeFiへの投資熱が高まれば高まるほど上昇していくので、今後も同様の投資方法は拡大していくと予想されています。

流動性マイニングの簡単な流れは以下のとおりです。

流動性マイニングのやり方
  1. 仮想通貨取引所で口座を開設し、取引に使用する仮想通貨を購入
  2. 仮想通貨のウォレットを作成
  3. 購入した仮想通貨をウォレットに入金
  4. 分散型取引所に同価値である2種類の通貨をプール

初期費用として必要なものは、仮想通貨を購入する費用と手続き時に発生するガス代です。

資金のプールには2種類の仮想通貨が必要なので、利用する分散型取引所で扱っている通貨をあらかじめ確認しておくとよいでしょう。

そして、流動性マイニングは必ず利益が出る投資方法ではありません。

変動損失や手続き時のガス代などリスクも伴う可能性があるので、事前学習をきちんとしておくことをおすすめします。

なお、仮想通貨を購入する取引所としてはCoincheckがおすすめです。

アプリのダウンロード数が国内仮想通貨取引ツールの中でNo.1であるなど、多くの投資家が利用する人気の取引所です。

まだ口座をお持ちでない方はこの機会にCoincheck公式サイトから申し込んでみましょう。

\ アプリダウンロード数No.1 /

DeFiを利用したお金の稼ぎ方② レンディング

レンディングとは、DeFiアプリケーション上で仮想通貨を貸し出すことで金利収入を得る投資方法です。

DeFiアプリケーションは既存の金融機関のように仲介が入らないため、貸し手と借り手双方がお得に契約を結ぶことができる点が大きな特徴です。

利用するプラットフォームによっては、取引所で売却できる独自のガバナンストークンを追加で獲得できるので、より大きなリターンを狙うことができます。

利用実績に応じて「COMP」というガバナンストークンを獲得できる「Compound」や、20種類以上のトークンで貸し借りをすることができる「Aave」がDeFiのレンディングサービスで使用されている代表的なプラットフォームとなります。

DeFiのレンディングサービスをおこなう際の流れは以下のとおりです。

レンディングサービスのやり方
  1. 仮想通貨取引所で口座を開設し、取引に使用する仮想通貨を購入
  2. 仮想通貨のウォレットを作成
  3. 購入した仮想通貨をウォレットに入金
  4. ウォレットと連携したプラットフォームに貸し出したい通貨を預け入れる

サービスに使用できる通貨はプラットフォームによって異なるため、事前にしっかり確認しておきましょう。

また、貸し出す際の利息もタイミングや通貨によって変動するので、なるべく金利の高い時期を狙って手続きをするようにしてください。

仮想通貨 レンディング

なお、いくつかの国内仮想通貨取引所でもレンディングサービスを利用することができます。

例えば、Coincheckであれば16銘柄が対応しており、年率は最大5%です。

詳しくはレンディングとはの記事で説明していますので、ぜひ参考にしてみてください。

\ アプリダウンロード数No.1 /

DeFiを利用したお金の稼ぎ方③ 関連銘柄への投資

通常の仮想通貨取引と同じように、DeFiサービスの関連銘柄を売買することで値上がり益を狙うやり方もDeFiの投資方法のひとつです。

主要なDeFi関連銘柄には「Uniswap」や「Balancer」などがありますが、ほとんどの関連銘柄は海外取引所のみでしか購入できません。

海外取引所を利用したDeFi関連銘柄への投資方法を簡単に説明します。

DeFi関連銘柄への投資を始める方法
  1. 国内取引所で口座を開設し、取引に使用する仮想通貨を購入
  2. 関連銘柄を取り扱っている海外取引所の口座を開設
  3. 口座開設した海外取引所に購入した仮想通貨を送金
  4. 送金した仮想通貨でDeFi関連銘柄を購入

国内取引所で口座開設をしているのは、海外取引所では日本円の取引に対応していないからです。

海外取引所は金融庁の認可が下りておらず、セキュリティ面でも不安が大きいため、当サイトでは海外取引所での仮想通貨の売買はおすすめしておりません。

コインチェック

アルトコインなど仮想通貨への投資に興味がある方は、取扱銘柄数が国内最大のCoincheckがおすすめ。

まだ口座をお持ちでない方はこの機会にCoincheck公式サイトから口座を開設しておきましょう。

\ アプリダウンロード数No.1 /

DeFiの今後の見通し・将来性

DeFiは、仮想通貨関連サービスの中でも比較的新しいサービスです。

ここでは、そんなDeFiの将来を占うポイントについて紹介します。

銀行口座を持たない地域での市場拡大

DeFiは銀行などの金融機関と異なり特定の管理者が存在しておらず、取引に必要なネットワーク環境と少しの手数料さえあればどんな方でも取引に参加することができます。

世界銀行の調査によると、銀行口座を持っていない人は2018年時点で全世界に17億人にのぼるそうです。

これは地球の総人口の20%を超えており、貧困層の多いアフリカ地域では今後もその人口は増え続けると予想されています。

銀行口座を所有している方の中でもDeFiはまだまだ浸透しきっていないので、市場拡大の余地は多く残されているといっても過言ではないでしょう。

ガス代の高騰

DeFiの市場が拡大していくにつれて生じる問題として「手数料」があります。

現在、ほとんどのDeFiアプリケーションはイーサリアムのブロックチェーンを利用して開発や運用が進められています。

イーサリアムは契約時に「ガス代」と呼ばれる手数料を発生させるのですが、このガス代が通信の混雑度に比例して増加してしまうのです。

つまり、DeFi市場が拡大していくにつれて、DeFiのメリットのひとつであった「手数料の安さ」が消失してしまうおそれがあるのです。

イーサリアムブロックチェーンはDeFi以外にもさまざまな分野で利用されているため、将来的なガス代の高騰は避けられないでしょう。

イーサリアムブロックチェーンのアップデート

イーサリアムは、2021年8月5日に「ロンドン」というアップデートを実行しました。

ロンドンアップデートでは5つのコードが変更されており、その中の「EIP1559」が『ガス代の高騰を抑制する効果があるのではないか』と話題になっています。

この点は有識者の間でも意見が割れているため特筆しませんが、今後もガス代を含む「スケーラビリティ問題」を解決するためにアップデートをおこなう可能性は充分考えられます。

スケーラビリティ問題

仮想通貨を購入するのにおすすめの国内取引所

DeFiに投資をする場合は、取引所に口座を開設をしてイーサリアムなどの仮想通貨を購入しましょう。

ここでは、おすすめの国内取引所としてCoincheck・DMM Bitcoin・GMOコインを紹介します。

キャンペーンを開催している取引所もあるので、ぜひタイミングをみて口座開設をしてください。

Coincheck(コインチェック)

コインチェック
現物取引(銘柄数)販売所形式:○(16銘柄)
取引所形式:○(5銘柄)
レバレッジ取引(銘柄数)×
最小発注数量
(ビットコインの場合)
販売所形式:500円以上
取引所形式:0.005BTC以上、かつ500円以上
取引手数料
(ビットコインの場合)
販売所形式:0円(スプレッドあり)
取引所形式:0円
取引ツールパソコン・ネットブラウザ:○
スマホアプリ:○
その他のサービスCoincheckつみたて
貸仮想通貨
大口OTC取引
CoincheckNFT(β版)
Coincheckでんき/ガス
公式サイトCoincheck公式サイト
関連記事Coincheckの評判

Coincheckは17種類もの通貨を取り扱いしており、価格が大きく変動している通貨を選んで売買をすることができます。

取引所形式での売買手数料が発生しない点も、他の取引所ではあまりない魅力的なポイントのひとつです。

NFT市場や貸仮想通貨など多くの関連サービスを展開しているので、仮想通貨を直接取引することが不安な方はこれらのサービスを始めてみるとよいでしょう。

\ アプリダウンロード数No.1 /

DMM Bitcoin(DMM ビットコイン)

dmmbitcoin
現物取引(銘柄数)販売所形式:○(7銘柄)
取引所形式:×
レバレッジ取引(銘柄数)○(19銘柄)
最小発注数量
(ビットコインの場合)
販売所形式:0.0001BTC
レバレッジ取引:0.01BTC
 取引手数料
(ビットコインの場合)
 販売所形式:無料(スプレッドあり)
レバレッジ取引:無料(スプレッド、レバレッジ手数料あり)
※BitMatch注文を除く
取引ツールパソコン・ネットブラウザ:○
スマホアプリ:○
その他のサービスBitMatch注文
公式サイトDMM Bitcoin公式サイト
関連記事DMM Bitcoinの評判

DMM Bitcoinでは取引所形式での売買はできませんが、19種類の仮想通貨をレバレッジをかけて取引することが可能です。

投資に利用できる資金が少ない方は、リスクを理解したうえでレバレッジを利用して大きい収益を狙うのも良いでしょう。

「BitMatch注文」という、仲値での売買が可能なDMM Bitcoin独自の注文方法も投資家の間で注目を集めています。

また、Coincheckではレバレッジ取引ができませんので、併せて口座を開設するのがおすすめです。

\ もれなく2000円プレゼント中! /

GMOコイン

gmoコイン
現物取引(銘柄数)販売所形式:○(14銘柄)
取引所形式:○(5銘柄)
レバレッジ取引(銘柄数)販売所形式:○(10銘柄)
取引所形式:○(5銘柄)
最小発注数量
(ビットコインの場合)
現物取引(販売所形式):0.00005 BTC
現物取引(取引所形式):0.0001BTC
レバレッジ取引(販売所形式):0.01BTC
レバレッジ取引(取引所形式):0.01BTC
 取引手数料
(ビットコインの場合)
現物取引(販売所形式):無料(スプレッドあり)
現物取引(取引所形式):Maker -0.01%、Taker 0.05%
レバレッジ取引(販売所形式):無料(スプレッド、レバレッジ手数料あり)
レバレッジ取引(取引所形式):無料(レバレッジ手数料あり)
取引ツールパソコン・ネットブラウザ:○
スマホアプリ:○
その他のサービス貸暗号資産
つみたて暗号資産
ステーキングサービス
公式サイト GMOコイン公式サイト
関連記事GMOコインの評判

GMOコインのおすすめポイントは「取引ツール」です。

特に、スマートフォン版の取引ツールは短時間でかんたんに手続きを完了できるため、スキマ時間で仮想通貨の売買をしたい方にピッタリです。

手数料や関連サービス、取り扱い通貨数なども他の取引所と遜色ないため、興味のある方は実際に口座開設をしてみることをおすすめします。

\ 顧客満足度No.1! /

DeFiに関するよくあるQ&A

最後に、DeFiについてよくある質問とそれに対する回答を3つご紹介します。

DiFiに関するQ&A4つ
  • DeFiへの投資は安全?
  • DeFiへ投資する際、初期費用はいくら必要?
  • 未成年でもDeFiに投資することはできる?
  • DeFiで獲得した利益には税金は発生するの?

DeFiへの投資を検討している方は、すべてに目を通しておきましょう。

DeFiへの投資は安全?

DeFiは急拡大している市場ですが、ひとつひとつのDeFiアプリケーションに焦点を絞ってみると価値はまちまちです。

イールドファーミングプロトコルのひとつであるYAM(ヤム)は、2020年にその時価総額を6000万ドルから0にしています。

下落にかかった時間は、なんとわずか35分です。

YAM相場の下落はプログラムに致命的な欠陥が見つかったことが原因ですが、すべてのDeFiアプリケーションがその価値を無くしてしまう可能性を内包しているということは理解しておいてください。

DeFiに投資する際は、事前にアプリケーションやプログラムについて入念に下調べをおこなうことをおすすめします。

DeFiへ投資する際、初期費用はいくら必要?

イーサリアムを始めとするDeFi関連銘柄に投資をする場合は、初期費用は通常の仮想通貨への投資と変わりません。

手数料などのコストを考慮したうえで売買を始めてください。

流動性マイニングやレンディングをおこなう場合は、手数料や利率の観点からまとまった金額を投資しない限り収益をあげることは難しいです。

現在だと、日本円で100万円程度あると比較的利益を獲得しやすくなります。

未成年でもDeFiに投資することはできる?

DeFiへの投資にはイーサリアムなどの仮想通貨が必要です。

そして、仮想通貨を獲得するにはCoincheckなどの仮想通貨取引所で口座開設をしなくてはいけませんが、国内取引所では未成年の口座開設を原則として認めていません。

BINANCEのような一部の海外取引所では18歳から口座開設が可能ですが、金融庁で認可を受けていないためリスクが大きく、当サイトではこのような海外取引所での仮想通貨のやり取りはおすすめしていません。

DeFiで獲得した利益には税金は発生するの?

DeFiのように投資で獲得した利益にはすべて「雑所得」となり、雑所得が20万円を超えた場合は所得税が発生するため確定申告が必要となります。

複数の投資をおこなっている場合は20万円という金額を意識しておくと良いでしょう。

DeFiのまとめ

今回は、DeFiについて紹介しました。

この記事のまとめ
  • DeFiとは、ブロックチェーン上に構築された金融サービスを指す
  • 開発の容易さから、多くのDeFiプロジェクトがイーサリアムブロックチェーン上で開発されている
  • DeFiはレンディングや流動性マイニングなど多くの方法で投資をすることができる
  • DeFi市場は拡大傾向にあるが、イーサリアムの「ガス代」が今後の懸念材料
  • DeFiへ投資をする際は国内取引所での口座開設が必須

DeFiは、今回紹介したサービス以外にも多くのプロジェクトが進行しています。

既存の金融サービスのデメリットを補完する機能が豊富に備えられているため、今後の市場拡大にも目が離せません。

興味のある方は、まずは国内の仮想通貨取引所で口座開設をしましょう。

多くの投資家が利用する人気の取引所Coincheckがおすすめですので、ぜひチェックしてみてください。

\ アプリダウンロード数No.1 /

LineBanner_btc

なお、Media Argo公式ラインではDeFiなど仮想通貨に関する情報を配信しています。

この機会に友達登録をしてみてください。

\ 1/31まで!200円のBTCゲット/

目次
閉じる