【NFTアーティスト】せきぐちあいみ・BeepleのNFT作品はどう?評判や買い方を徹底解説

NFTアーティストとは、NFT(非代替性トークン)を作成し出品するアーティストを指します。

NFTは、データ上で作成から出品まで完結可能で、NFTマーケットプレイスを利用すれば誰でも気軽に出品できます。

再販時に作成者に利益の一部を分配するような設定が可能であり、一度出品したNFTが自動で稼いでくれることもあります。

この記事からわかること
  • NFTとは複製不可能な唯一無二のデータである
  • NFTを作成する人をNFTアーティストと呼ぶ
  • Beeple氏は世界でも屈指の知名度を誇るNFTアーティスト
  • 国内のNFTアーティストでは、せきぐちあいみ氏が有名
  • NFTは多くの場合イーサリアムで取引される
  • イーサリアムの入手はコインチェックが使いやすい

NFTは多くの場合イーサリアムで売買され、イーサリアムは国内取引所で入手できます。

使いやすい国内取引所はコインチェックで、約500円からイーサリアムの購入が可能なうえに、購入の手順もシンプルで使いやすいサービスです。

NFTは昨今ますますの盛り上がりを見せており、今の内に購入しておけば、数年後には何十倍、何百倍もの価値を持つ可能性があります。

今の内にNFTを入手しておきたい方は、コインチェックを利用すればすぐにイーサリアムを入手できるので、NFTをスムーズに購入できます。

\ アプリダウンロード数No.1 /

LineBanner_btc

Media Argo公式LINEでは、NFTなど仮想通貨に関連する最新情報を随時配信していきます。

まだ友だち登録がおすみでない方は、ぜひこの機会に無料で登録しておきましょう。

\ 7/31まで!200円のBTCゲット/

目次

NFTアーティストとは?

NFTアーティストとは、NFTを作成し販売するアーティストのことです。

NFTとは「Non-Fungible Token」の略語であり、日本語では「非代替性トークン」です。

NFTはブロックチェーン技術により、完全なコピーを作り出すことが不可能であり、オリジナルであることがデータ上で証明されます。

そのため、各NFTは世界で1つしか存在しないことになり、それにより付加価値が生まれます。

例えばレオナルドダヴィンチが描いた「モナリザ」のオリジナルは大きな価値を持つのに対し、複製した物には大した価値が付かないように、NFTはデータ上でオリジナルの価値を作り上げられるのです。

このNFTを作成するのがNFTクリエイターであり、NFTの価値がますます高まる昨今では、NFTの作成を手掛けるNFTクリエイターの市場価値も高まりつつあります。

なお、NFTアートについての記事をまだご覧になっていない方は是非そちらを先に確認しておくことがおすすめです。

NFTアーティストのメリット

NFTアーティストのメリットは、データであるNFTの出品で稼げることです。

NFTが誕生するまでは、どんなに優れた作品を生み出してもコピーされてしまうリスクが付きまとっていました。

NFTなら性質上、オリジナルに価値が集中するため、価値あるデータを作り販売できるのです。

また、NFTは実体がないため、時間と共に劣化することもなければ、離れた国に暮らす人にもデータとしてスムーズに送れます。

NFTの売買を行うサイトをNFTマーケットプレイスといいますが、ここでは一度購入したNFTを再度出品し、より高額で売買されるケースがよく見受けられます。

設定次第では、再販時にもNFTを作成したNFTアーティストに利益の一部が分配されるため、転売されればされるほどNFTアーティストが儲かる仕組みになります。

今後NFTの市場が拡大し続ければ、作成したNFTがより高値で転売されていく可能性を見込めるので、何もせずとも転売により利益を狙えます。

\ アプリダウンロード数No.1 /

NFTアーティスト|Beeple

NFTアーティスト|Beeple氏について解説します。

NFTアーティスト|Beepleについて
  • NFTアーティスト|Beepleとは
  • Beepleの代表作品:「Everydays-The First 5000Days」
  • Beepleの代表作品:「HUMAN ONE」
  • Beepleの代表作品:「Ocean Front」

NFTアーティスト|Beepleとは

引用:https://pbs.twimg.com/profile_banners/34097500/1443092829/1080×360
アーティスト名Beeple
本名Mike Winkelmann
公式サイトBeeple公式サイト
公式TwitterBeeple公式Twitter

NFTアーティスト|Beepleとは、フリーランスで活躍するアーティストであり、本名は「Mike Winkelmann」という男性です。

NFTなどのデジタルアートの作成に注力しているBeeple氏ですが、元々はビデオアートをメインに活動しており、ミュージシャンのPV制作に取り組んでいました。

2007年5月からは「EVERY DAYS」というプロジェクトを開始し、毎日アートを作成し続けています。

NFTに注力するまでは、世界的に注目されるほどのアーティストではありませんでしたが、今ではNFTクリエイターの先駆者として世界中で認知されているアーティストとなりました。

Beepleの代表作品:「Everydays-The First 5000Days」

Beeple氏の一番有名なNFT作品は、「Everydays-The First 5000Days」です。

「Everydays-The First 5000Days」は約75億円で落札されたNFTであり、NFT市場最高額とされています。

このNFTは、Beeple氏が10年間以上継続したプロジェクトである「EVERY DAYS」の作品をまとめて1つのNFTとした作品です。

10数年間毎日作成し続けたアートの集合である「Everydays-The First 5000Days」はオークション形式で販売され、2週間の期間の間に価格を高騰させ続け、最終的には約75憶円までに高騰し落札されました。

Beepleの代表作品:「HUMAN ONE」

引用:https://pbs.twimg.com/media/FDDUR51XIAMQstW?format=jpg&name=medium

「HUMAN ONE」は、約32億円で販売されたNFTです。

これはNFT市場で2番目に高額で取引されたNFTであるため、NFTの最高販売額1位と2位がBeeple氏の作品となりました。

「HUMAN ONE」は、実物大の立体スクリーンに映し出される映像作品であり、宇宙服を着た人間がユニークな空間を歩き回る映像が流れます。

ちなみにBeeple氏のNFT作品の中で、実物をモデルにしたものは「HUMAN ONE」が初です。

Beepleの代表作品:「Ocean Front」

引用:https://pbs.twimg.com/media/D2ZP-iOX4AEbzRv?format=jpg&name=small

「Ocean Front」は約7億5千万円で落札されたBeeple氏の代表作です。

「Ocean Front」は、地球の環境問題に着目して作成された作品であり、売り上げは「Open Earth Foundation」という非営利組織に寄付されました。

仮想通貨業界は、マイニングなどの電力が環境破壊に加担しているとの批判を受けていることもあり、Beeple氏の寄付は注目されました。

NFTアーティスト|せきぐちあいみ

NFTアーティスト|せきぐちあいみ氏について解説します。

NFTアーティスト|せきぐちあいみについて
  • NFTアーティスト|せきぐちあいみとは
  • せきぐちあいみの代表作品:「Alternate dimension 幻想絢爛」
  • せきぐちあいみの代表作品:「Messenger of God 【Kitsune】」
  • せきぐちあいみの代表作品:「鏡花水月【水】」

NFTアーティスト|せきぐちあいみとは

引用:https://twitter.com/sekiguchiaimi?ref_src=twsrc%5Egoogle%7Ctwcamp%5Eserp%7Ctwgr%5Eauthor
アーティスト名せきぐちあいみ
本名関口愛美
公式サイトせきぐちあいみ公式サイト
公式Twitterせきぐちあいみ公式Twitter

せきぐちあいみ氏はVRアーティストであり、VR作品をNFTとして出品するNFTアーティストでもあります。

元々はアイドルとして歌手をメインに活動していましたが、2016年よりVRアーティストを主軸として活動を開始しており、その際に名前を「関口愛実」から「せきぐちあいみ」に変更しています。

また作品を出品するだけでなく、VRアートを制作するライブパフォーマンスを実施しており、パフォーマーとしても世界的に認知されています。

「Tile Brush」というGoogleが開発したVRペイントソフトを活用したアーティストの第一人者です。

せきぐちあいみの代表作品:「Alternate dimension 幻想絢爛」

引用:https://opensea.io/assets/ethereum/0x495f947276749ce646f68ac8c248420045cb7b5e/16492278848544592155694269768232182247127444326603911797357187341687019536385

「Alternate dimension 幻想絢爛」は、せきぐちあいみ氏の最も有名な代表作品です。

OpenSeaに出品した際には、約1,300万円で即日落札されました。

このNFT作品が落札されたのは2021年3月ごろであり、この出来事をきっかけにVRアートが今まで以上に注目されるようになりました。

せきぐちあいみの代表作品:「Messenger of God 【Kitsune】」

「Messenger of God 【Kitsune】」は、OpenSeaで公開されているせきぐちあいみ氏のNFT代表作品の1つです。

2021年11月現在40イーサリアムで公開されています。

また「Messenger of God」はシリーズ化されている作品であり、他に下記の作品がOpenSeaで扱われています。

「Messenger of God」シリーズ
  • Messenger of God 【Phoenix】
  • Messenger of God 【Dragon】
  • Messenger of God 【Snake】
  • Messenger of God 【Qilin】

「Messenger of God」の中でも、最も高額で取引されているNFTが、「Messenger of God 【Kitsune】」です。

このシリーズは、神秘的な動物をメインに作成したVRアートであり、日本の古来の城や風景を背景に、幻想的な空間を描かいた作品です。

せきぐちあいみの代表作品:「鏡花水月【水】」

引用:https://opensea.io/assets/0x337723b9526399a28c56a2e7c90fc33e3f56619f/4

「鏡花水月【水】」は2021年5月に開催されたVRイベント「VR LIVEPAINT NFT CHARITY AUCTION IN MINAMISOMA」の記念作品です。

OpenSeaで売買されており、2021年11月現在の価格は12イーサリアムです。

「鏡花水月」はシリーズ化された作品であり、他に下記NFTがあります。

「鏡花水月」シリーズ
  • 「鏡花水月【月】」
  • 「鏡花水月【花】」
  • 「鏡花水月【鏡】」

どれもイベントの記念作品ですが、その中でも最も高額で公開されているNFTが「鏡花水月【水】」です。

NFTアーティストの評判

NFTアーティストの評判をお伝えします。

NFTアーティストの評判
  • Beepleの評判
  • せきぐちあいみの評判

Beeple

Beeple氏について、彼の代表作「EVERYDAYS: THE FIRST 5000 DAYS」を約75億円で落札したMetakovan氏は、本作を10億ドル以上の価値があると発言しています。

また、現在最も価値があるNFTであるとも発信しており、それは「時間をかけた作品であるから」という理由です。

Beeple氏ほど長い時間をデジタルアートに費やし、NFTとして出品している人が他にいないため、唯一無二の評価を得ていると考えられます。

せきぐちあいみ

せきぐちあいみ氏は国内ではトップのNFTアーティストであり、VRアーティストとして評価されています。

また、アメリカ、ドイツ、フランス、ロシア、UAE、シンガポール、タイ、マレーシアなど世界各地でライブパフォーマンスを披露しており、国内だけでなく海外でも評価されているアーティストです。

NFTアーティストは、まだまだニッチな業界でありますが、自身のYouTubeチャンネルでは登録者6万人を突破しています。

NFTアーティスト以外に、タレント業にも取り組んでいるため、幅広い層にNFTの存在を知らせる発信力も兼ね備えています。

アーティストのNFTの購入方法

アーティストのNFTの購入方法をお伝えします。

NFTの購入は、OpenSeaが世界的にユーザーを集めています。

OpenSeaは初心者でも使いやすく、多くのNFTが出品されているNFTマーケットプレイスです。

また、OpenSeaでは主にイーサリアムが使用されます。

イーサリアムは国内取引所で入手可能であり、使いやすいのはコインチェックです。

コインチェックは、仮想通貨を約500円から購入可能で、初心者でも扱いやすい取引所です。

また、コインチェックはスマホ用アプリも便利であり、仮想通貨アプリの中でダウンロード数No.1です。

今回お伝えする手順でもアプリを使用するので、これを機にダウンロードしてはいかがでしょうか。

STEP
コインチェックの口座開設
STEP
コインチェックに日本円を入金
STEP
コインチェックでイーサリアムを購入
STEP
メタマスクを入手
STEP
イーサリアムをメタマスクへ送金
STEP
OpenSeaの登録
STEP
OpenSeaでNFTを購入する

コインチェックの口座開設

コインチェック

NFT購入に必要なイーサリアムをコインチェックで入手しましょう。

まずコインチェック公式サイトにアクセスし、「口座開設(無料)」をクリックしてください。

口座開設は会員登録を意味し、電話番号やメールアドレスなどの個人情報を入力していきます。

途中で身分証の写真を提出する必要があるので、運転免許証などを用意しておきましょう。

登録を完了すると本人確認に移ります。

本人確認はコインチェック側の確認をもって完了となりますので、それまでの間はしばらく待ちましょう。

基本的に、本人確認は数時間から1日ほどで完了します。

本人確認も完了したら、スマホ用のアプリをダウンロードし、ログインしておいてください。

コインチェックに日本円を入金

続いて、コインチェックに日本円を入金しましょう。

まずアプリを起動し、画面下のメニューの「ウォレット」を選択し、「日本円」⇒「入金」の順にタップしてください。

入金方法

左の画像のような画面に移ります。

この画面では「入金方法」を選択します。

コインチェックの「入金方法」は、「銀行入金」、「コンビニ入金」、「クイック入金」の3種類から選択できます。

それぞれの入金方法にメリットがありますが、おすすめは手数料が安い「銀行入金」です。

「銀行入金」の場合は、「GMOあおぞらネット銀行」、「住信SBIネット銀行」のどちらかを選択します。

その後に表示される口座に日本円を入金しましょう。

入金の際は、振込人名義を間違えないようにご注意ください。

コインチェックでイーサリアムを購入

続いて、コインチェックに入金した日本円でイーサリアムを購入しましょう。

アプリから「販売所」をタップしてください。

コインチェック

左の画像の画面に移ります。

一覧で表示されている仮想通貨から「イーサリアム」を選択してください。

続いて「購入」をタップし、「金額」の欄に購入したい分の日本円を入力し、「日本円でイーサリアムを購入」を選択しましょう。

ここまでの手順でイーサリアムの購入は完了です。

またイーサリアムは時間と共に価格を変動させる仮想通貨ですので、少しでもお得にNFTを入手したい場合は、イーサリアムの価格が低い時を狙って購入しましょう。

メタマスクを入手

続いて、メタマスクを入手します。

メタマスクとは、イーサリアム系の仮想通貨を保有するウォレットであり、仮想通貨をさまざまなサービスで利用するための財布の役割を担います。

メタマスクの入手方法ですが、GoogleChromeのブラウザに拡張機能として追加することになります。

まずGoogleChromeでメタマスク公式サイトにアクセスしましょう。

次に「Download now」をクリックし、「Install MetaMask for Chrome」をクリックするとchromeウェブストアに移るので、「Chromeに追加」を選べばメタマスクが拡張機能に追加されます。

また、メタマスクを利用するための初期設定を済ませましょう。

GoogleChromeの拡張機能より、メタマスクを起動してください。

メタマスク

「ウォレットの作成」を選択し、登録を開始してください。

登録を進めていくと「秘密のバックアップフレーズ」という項目が表示されますが、これはメタマスク内の仮想通貨の保有状況を復元する際など、重要な場面で必要になる情報です。

忘れないように管理し、誰にも教えないようにしてください。

イーサリアムをメタマスクへ送金

OpenSeaでイーサリアムを使用できる状態にするために、コインチェックで保有するイーサリアムをメタマスクに送金しましょう。

まず拡張機能からメタマスクを起動してください。

メタマスク

左の画像のように表示されるので、自分のアカウントにカーソルを合わせて、アドレスをコピーしてください。

このアドレス宛にコインチェックのイーサリアムを送金しましょう。

まずコインチェックのアプリを起動してください。

「送金と受け取り」⇒「BTC以外の送金はこちら」⇒「Ethereumを送る」の順番で選択してください。

続いて表示される「送金先リストの編集」より、コピーしておいたメタマスクのアドレスを入力して「追加」をタップしましょう。

メタマスクに送金したいイーサリアムの金額を入力し「送金する」を選択すれば、送金は完了です。

OpenSeaの登録

NFTマーケットプレイスのOpenSeaの登録をしましょう。

まず、OpenSea公式サイトにアクセスしてください。

OpenSea

「作成」を選択し、アカウント登録を開始します。

アカウント登録が完了すると、メタマスクが起動するので「Sign in」をクリックし、OpenSeaとメタマスクの連結を完了させましょう。

ここまでで登録は完了です。

OpenSeaでNFTを購入する

OpenSeaで購入したいNFTを探し、購入しましょう。

OpenSea公式サイトにアクセスし、「探索」をクリックしてください。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: スクリーンショット-340-1024x480.png

検索窓にNFT名や、NFTアーティスト名を入力して、目当てのNFTを探しましょう。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: スクリーンショット-341-1024x486.png

例えば、「関口愛実さん」の名前で検索し、アーティストを選択すると左の画像のようにNFTクリエイターのページに移ります。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: スクリーンショット-342-1024x490.png

画面をスクロールすると、NFTが一覧で表示されます。

気になるNFTがあったらクリックし、詳細を確認しましょう。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: スクリーンショット-343-1024x488.png

購入したいNFTを決めたら、「今買う」か「申し出をする」から購入手続きに移りましょう。

「今買う」なら表示されている金額で購入し、「申し出をする」なら出品者と交渉しながら購入価格を決定します。

また、OpenSeaとメタマスクの連結は完了しているので、購入手続きを進めるとメタマスクが起動し、そこで確認を済ませれば、購入は完了です。

手順がわかった方は、早速Coincheckの公式サイトを確認しておきましょう。

\ アプリダウンロード数No.1 /

なお、コインチェックについては別途「コインチェックを徹底解説」で詳しく解説しておりますので合わせて確認しておきましょう。

NFTアーティストのよくある質問

NFTアーティストのよくある質問とその回答をお伝えします。

NFTアーティストのよくある質問
  • NFTアーティストになるにはどうすればいいか
  • アーティストのNFTは購入する価値があるか
  • 制作したNFTを高額で販売するにはどうすればいいか

NFTアーティストになるにはどうすればいいか

NFTアーティストになるには、NFTを作成し出品する必要があります。

NFTは、既存のNFTマーケットプレイスで出品するのが基本ですが、未経験者はOpenSeaでの出品がおすすめです。

OpenSeaなら登録さえ済ませれば審査なしに誰でも出品ができますし、ユーザーが多いので購入を検討している人の目につきやすいです。

OpenSeaでは、オークション形式での出品が可能ですが、はじめの内は自分のNFTの市場価値を確認するためにも、価格を設定しての出品がおすすめです。

アーティストのNFTは購入する価値があるか

アーティストのNFTの購入は、基本的にはコレクション目的ですが、まだ市場が成熟しきっていない現状では投資としての価値が強いです。

NFTは購入した後は再販での利益を狙えるので、将来性の高いアーティストのNFTを保有しておけば、それは資産となり、市場価値が上昇した時に出品すれば大きなリターンを狙えます。

NFT市場が将来どうなるかは不明ですが市場拡大傾向は続いているので、一攫千金を狙ってのNFTの購入は投機的な価値があります。

制作したNFTを高額で販売するにはどうすればいいか

高額でNFTを販売するには、自身の発信力がカギを握ります。

もともと知名度の低いクリエイターのNFTが高額で取引されたケースは見受けられますが、基本的には発信力のあるアーティストのNFTが高額で売買される傾向にあります。

現状NFTを購入する人の多くは、将来的に価値が跳ね上がることを期待している場合が多く、投資としての側面が強いです。

そのため、NFTは誰が作ったかが重要であり、購入者は有名なクリエイターのNFTを欲しがります。

NFTを高額で販売したいなら、発信力を身に付け、自身が価値のあるクリエイターであるとアピールするのが有効な手段でしょう。

\ アプリダウンロード数No.1 /

NFTアーティストのまとめ

今回はNFTアーティストについてお伝えしました。

この記事の要点
  • NFTとは複製不可能な非代替性トークンである
  • NFTを作成する人をNFTアーティストと呼ぶ
  • Beeple氏は世界的に有名なNFTアーティスト
  • 国内ではせきぐちあいみ氏がNFTアーティストとして有名
  • 多くのNFTはイーサリアムで入手可能
  • イーサリアムを購入するならコインチェックが使いやすい

NFTアーティストは、ブロックチェーンにより誕生した、NFTを扱う次世代のアーティストです。

転売により利益を狙えるため、一度出品したNFTの価値を高まれば、それに比例した利益を受け取れます。

またNFTは多くの場合、イーサリアムで売買されています。

イーサリアムは国内取引所で入手可能であり、使いやすいのはコインチェックです。

コインチェックなら約500円からイーサリアムの購入が可能で、初心者でも使いやすいUIが魅力です。

NFTの購入に限らず、仮想通貨関連のあらゆるサービスの利用時にコインチェックを登録しておくと便利ですので、この機会にぜひ公式サイトをチェックしておきましょう。

\ アプリダウンロード数No.1 /

LineBanner_btc

Media Argo公式LINEでは、NFTなど仮想通貨に関連する最新情報を随時配信していきます。

まだ友だち登録がおすみでない方は、ぜひこの機会に無料で登録しておきましょう。

\ 7/31まで!200円のBTCゲット/

目次
閉じる