Hashmasks(ハッシュマスクス)とは?特徴・将来性と買い方を徹底解説

NFTのデジタルアートの中には、時に現実の美術品のように高値で取引されるものもあります。

今回紹介する「Hashmasks(ハッシュマスクス)」はまさにその一つで、初期販売された作品が420ETH(当時のレートで約6,900万円)で購入されたと報じられて話題になりました。

ここではそのHashmasksについて特徴や購入方法、将来性などを解説していきます。

この記事の要点
  • Hashmasksは2021年1月に発売された、全16,384枚のNFTのポートレート(肖像画)
  • 今後新たな作品が追加されたり、再販されたりすることはない
  • 再販などはされないが、活発に二次販売(個人間での取引)がおこなわれているので、今からでも購入可能
  • Hashmaskを保有すると、独自トークンのNCTを入手することができる
  • Hashmask購入のためのイーサリアムを用意するなら、人気取引所のCoincheckがおすすめ

今話題のNFTアートの一種であるHashmaskは二次販売で今からでも購入することができます。

購入にはイーサリアムが必要ですので、多くの投資家が利用する人気の仮想通貨取引所Coincheckに口座を開設しておきましょう。

\ アプリダウンロード数No.1 /

LineBanner_btc

なお、Media Argo公式LINEではNFTなど暗号資産に関する情報を配信しています。

無料ですので、ぜひ友達登録をしてみてください。

\ 5/31まで!200円のBTCゲット/

目次

Hashmasks(ハッシュマスクス)とは?

Hashmasks(ハッシュマスクス)

Hashmasksは、NFTのデジタルアートの一つです。

70名の匿名クリエイターによって作成された全16,384枚のデジタルポートレート(肖像画)であり、2021年1月28日に発売されました。

NFTとは?

NFT(非代替性トークン)とは、ブロックチェーン技術を用いてつくられた、複製や改ざんのできない唯一性を持つデジタルデータのことです。

NFTとは

またNFTは、デジタルの台帳上に所有や売買の履歴が記録されていくため、その所有者は自らの所有権を示すことができます。

なおNFTについて詳しくは「NFTとは」の記事をご参照ください。

また、個人投資家でありNFTコレクターでもあるダニー氏が、Hashmasksの一つ「光の輪のデーモン」を420ETH(約6,900万円)を購入したと報じられたことで話題を呼びました。

なお一次販売はすでに終了しており、新しい作品がつくられることも再販されることもありません。

そのため今からHashmasksを入手するには、OpenSeaなどのNFTマーケットプレイスを使って、保有者が出品したものを購入(二次販売)する必要があります。

なお、多くのNFTマーケットプレイスの決済は日本円には対応していません。

そのため、イーサリアムなどの仮想通貨を購入するために、国内仮想通貨取引所などに口座を開設する必要があります。

おすすめは取引ツールが使いやすく国内仮想通貨アプリでダウンロード数No.1のCoincheckがおすすめです。

まだ口座をお持ちでない方はこの機会にCoincheck公式サイトから口座を開設しておきましょう。

\ アプリダウンロード数No.1 /

Hashmasks(ハッシュマスクス)の特徴

NFTのデジタルアートであるHashmasksには、次のような特徴があります。

Hashmasksの主な特徴
  • 5つの特性を持ったデジタルアートである
  • Hashmaskを所有することでNCTトークンを得られる
  • 保有しているHashmaskの名前を変更できる

詳しく説明していきます。

5つの特性を持ったデジタルアートである

Hashmasksは16,384枚すべてが、次の5つの特性を持つポートレート(肖像画)となっています。

Hashmasksの5つの特性
  1. Mask(マスク)
  2. Character(キャラクター)
  3. Eye Color(目の色)
  4. Item(所有物)
  5. Skin Color(肌の色)
Hashmasks 5つの特性

これら5つの特性と背景の組み合わせによって、次のように似たような作品はあっても同じ作品は一つもありません。

hashmasks 作品例

また5つの特性はそれぞれいくつかの種類があり、種類ごとに数が異なります。

例えば特性の一つ「キャラクター」には次のような種類があり、Male(男性)よりもRobot(ロボット)やPuppet(人形)の方がはるかに希少性が高くなっています。

特性「キャラクター」の種類と数
  • Male(男性):8,659枚
  • Female(女性):5,480枚
  • Robot(ロボット):1,477枚
  • GoldenRobot(ゴールデンロボット):165枚
  • Puppet(人形):591枚
  • Mystical(神秘):12枚

また5つの特性の組み合わせによっては、さらに希少価値の高い作品も存在しています。

ちなみに420ETH(約6,900万円)で取引された「光の輪のデーモン」は、12枚しか存在しないキャラクター:Mystical(神秘)の内の1枚です。

Hashmaskを所有することでNCTを得られる

Hashmasksでは、NCT(Name Change Token)という独自トークンを発行しています。

また、Hashmaskの保有者は保有のインセンティブとして、1年で約3,660枚のNCTを無償で受け取ることができます。

受け取ったNCTは、UniswapSushiswapなどの分散型取引所や、海外取引所のHot bitでイーサリアムに換金することが可能です。

ちなみに2021年9月現在のNCTのレートが約5円なので、今のレートで単純計算すれば1年間Hashmaskを持ち続けるだけで2万円弱が入ってくることになります。

保有しているHashmaskの名前を変更できる

Hashmaskの名前変更
引用元:https://www.thehashmasks.com/nct

NCTはName Change Tokenの名の通り、一定数集めると自身が保有しているHashmaskの名前を変更することができます。

具体的には半年間NCT(1,830枚)を貯めて、それをバーン(焼却)することで名前を変えられる仕組みになっています。

なお、NCTは永遠に配布されるのではなく、10年後には新規発行がストップするようになっています。

そうすると名前の変更もできなくなるので、その段階でHashmasksという作品群が完成に至ったと見なされるようです。

LineBanner_btc

なお、Media Argo公式LINEではNFTなど暗号資産に関する情報を配信しています。

無料ですので、ぜひお気軽に友だち登録をしてみてください。

\ 5/31まで!200円のBTCゲット/

HashMasks(ハッシュマスクス)の購入方法

Hashmasksはすでに一次販売が完了していますが、NFTマーケットプレイスを通して二次販売されているものを購入することができます。

また購入の際は、流通量の多い最大手のNFTマーケットプレイス「OpenSea」の利用がおすすめです。

OpenSea

OpenSeaでHashmaskを購入する手順は以下の通りです。

OpenSeaでHashmaskを購入する方法:4STEP
  1. 国内取引所でイーサリアムを購入する
  2. イーサリアムをMetaMask(ウォレット)に送金する
  3. MetaMaskをOpenSeaに接続する
  4. OpenSeaで気に入ったHashmaskを購入する

順番に説明していきます。

STEP1:国内取引所でイーサリアムを購入する

OpenSeaではイーサリアム建てでNFTを取引できるので、まずは国内取引所で軍資金となるイーサリアムを購入しましょう。

なおその際は、取引アプリダウンロード数No.1の人気取引所「Coincheck」の利用がおすすめです。

コインチェック

Coincheckは20歳以上の方であれば、基本的にどなたでも口座を開設することができます。

また、開設手数料や口座維持費は発生しないので、ぜひ気軽に口座開設にトライしてみてください。

\ アプリダウンロード数No.1 /

STEP1:イーサリアムをMetaMask(ウォレット)に送金する

続いてOpenSeaに対応しているウォレットを用意して、そこにイーサリアムを送金しましょう。

OpenSeaは2021年9月現在、次の13種類のウォレットに対応しています。

OpenSeaに対応しているウォレット
  • MetaMask
  • Bitski
  • Fortmatic
  • Wallet Connect
  • Coinbase Wallet
  • Arkane
  • Dapper
  • Authereum
  • Torus
  • Portis
  • Kaikas
  • Opera Touch
  • Trust

これらのウォレットの内どれを利用しても構わないのですが、国内外の様々なイーサリアム系プラットフォームに対応している「MetaMask」の利用を特におすすめします。

MetaMaskはWebブラウザの拡張機能となっており、例えばGoogle Chromeを利用しているのであれば、chromeウェブストアから無料でダウンロードできます。

MetaMask

なお、細かい設定方法とイーサリアムの送金方法については、「MetaMaskとは?」で詳しく解説しているのでそちらをご参照ください。

STEP3:MetaMaskをOpenSeaに接続する

続いてOpenSeaにアクセスして、自身のMetaMaskを接続しましょう。

トップ画面右上のウォレットマークをクリックし、MetaMaskを選択すれば接続できます。

OpenSea MetaMask登録

またMetaMaskを接続できれば、それだけでNFTを購入可能な状態になります。

別途、会員登録などをおこなう必要はありません。

STEP4:OpenSeaで気に入ったHashmaskを購入する

最後に購入したいHashmaskを探して、気に入ったものがあればそれを購入しましょう。

トップページの検索窓に「Hashmasks」と入力すれば、OpenSeaで取り扱われているHashmasksをすべて閲覧することができます。

OpenSea Hashmask購入

また購入方法やHashmasksの特性など、様々なフィルターをかけて狙いを絞ることもできるので、ぜひ自身の希望にかなうHashmaskをじっくりと探してみてください。

OpenSea Hashmask購入

Hashmasks(ハッシュマスクス)の将来性

Hashmasksは次の2つの要因から、今後その価値が上がっていく可能性を秘めています。

Hashmaskの将来性に関わるポジティブな要因
  • すべての作品の一次販売が終了しており、新規発行や再販はない
  • コレクター同士で考察が進められている

一つずつ見ていきましょう。

すべての作品の一次販売が終了しており、新規発行や再販はない

Hashmaskは16,384枚すべての一次販売が終了しており、新しい作品が誕生したり過去の作品が再販されたりすることはありません。

OpenSeaなどのNFTマーケットプレイスで二次販売は活発におこなわれていますが、総数が決まっていて増えることもない以上、時を経るごとに市場に出回る数は減少していくでしょう。

NFTの2次売買

つまりは将来的に希少価値が上がり、取引価格が高騰していく可能性があります。

コレクター同士で考察が進められている

Hashmasksは、例えば背景にヒエログリフ(エジプト象形文字)が隠されていたりと、5つの特性や背景にそれぞれ意図や謎が込められています。

そのためそれらを解き明かそうと、ディスコードをはじめとした様々なコミュニティでHashmasksの分析が活発に進められています。

すべてのHashmaskは公式サイトのギャラリーで公開されており、全作品を用いて分析がなされているので、その分析内容によっては自身が保有するHashmaskの価値が思いがけず高騰することもあるかもしれません。

このようにNFTであるHashmasksは、デジタルな存在でありながら現実の美術品に近い扱がなされており、その将来性に魅力を感じる方はこの機会に1枚購入してみてはいかがでしょうか。

まずは国内仮想通貨取引所に口座を開設して、是非イーサリアムを購入しておきましょう。

\ アプリダウンロード数No.1 /

NCTの価格動向

最後に、Hashmasksの独自トークンであるNCTの価格動向をチェックしておきましょう。

下の画像は2020年8月から2021年9月現在までのNCT/USDチャートです。

NCT/USDチャート
引用:Trading View

NCTは、ローンチ直後と2021年3月~4月にかけて一時高騰しています。

しかし2021年5月以降は、なだらかな下落基調となっています。

ここで、NCTとビットコインの価格変動を見比べてみましょう。

NCTチャート ビットコインチャート
引用:Trading View

赤色のラインチャートがビットコインの価格推移であり、ビットコインもNCTと同じく5月以降は下落基調となっていましたが、7月末から持ち直しています。

また、ビットコイン以外にも主要銘柄は軒並み復調してきていますが、一方でNCTには投資資金が流れ込んできてはいません。

そもそもNCT(Name Change Token)はその名の通り、Hashmasksの名前を変更することを目的につくられたトークンです。

Hashmasksを持たない方にとっては持っていても意味を成さず、需要が限られているため、投資対象としてはあまり注目されていないのでしょう。

またNCTに投資しようにも、そもそも現状では上場先が限られていることも、価格が上がらない要因の一つだと考えられます。

仮想通貨のバーン

NCTは名前の変更の度に少しずつバーン(焼却)され、10年後には発行もされなくなるので、少しずつ希少性は上がっていきます。

しかしそれでも、実需が少ないため別の用途が生まれたりしない限りは、NCTの大きな高騰というのは今後もあまり望めない可能性が高いでしょう。

もしアルトコインなどの仮想通貨投資に興味がある方は、国内最多の17銘柄を取り扱うCoincheckがおすすめです

まだ口座をお持ちでない方はこの機会にCoincheckに口座を開設してみてください。

\ アプリダウンロード数No.1 /

Hashmasks(ハッシュマスクス)のまとめ

今回は、ユニークなNFTのデジタルアート「Hashmasks」をご紹介しました。

この記事のまとめ
  • Hashmasksは2021年1月に発売された、全16,384枚のNFTのポートレート(肖像画)
  • 今後新たな作品が追加されたり、再販されたりすることはない
  • 再販などはされないが、活発に二次販売(個人間での取引)がおこなわれているので、今からでも購入可能
  • Hashmaskを保有すると、独自トークンのNCTを入手することができる
  • Hashmask購入のためのイーサリアムを用意するなら、人気取引所のCoincheckがおすすめ

Hashmasksは2021年1月に販売されたNFTのデジタルアートで、OpenSeaなどのNFTマーケットプレイスで個人間での取引が活発になされています。

また、数が限られておりコミュニティによる分析も進められていることから、希少価値や美術的価値が今後高くなっていく可能性を秘めています。

さらに保有するだけで独自トークンのNCTが手に入るというメリットもあるので、この記事を通して興味を持った方はHashmaskを1枚購入してみてはいかがでしょうか。

コインチェック

またイーサリアム建てでHashmasksを購入するなら、人気取引所のCoincheckの利用がおすすめです。

Coincheckは無料で口座を開設できるので、ぜひそちらの利用も合わせて検討してみてください。

\ アプリダウンロード数No.1 /

LineBanner_btc

なお、Media Argo公式LINEではNFTなど暗号資産に関する情報を配信しています。

ぜひ友達登録をしてみてください。

\ 5/31まで!200円のBTCゲット/

目次
閉じる