フォビトークン(HT)とは?特徴や将来性・今後の価格予想を徹底解説

フォビトークン(Huobi Token/HT)は、取引高世界No.2の取引所「Huobi Global」が発行・運営している取引所トークンです。

日本ではHuobiグループが手がける国内取引所「Huobi Japan」で取り扱われています。

今回はそんなフォビトークンについて、特徴やこれまでの価格推移、今後の見通しなどを解説していきます。

この記事の要点
  • フォビトークンは仮想通貨取引所「Huobi Global」が発行した取引所トークン
  • フォビトークンを保有することで、Huobiグループの取引所で手数料の割引を受けられる
  • 2021年5月中頃から急落していたが、8月現在は復調している
  • 各メディアの予想では、長期的には大きく高騰するという見方が強い
  • 国内でフォビトークンを扱っているのは、Huobi Japanのみ

国内でフォビトークンを購入できるのはHuobi Japanのみとなっています。

まだ口座をお持ちでない方はこの機会にHuobi Japan公式サイトから口座を開設してみましょう。

LineBanner_btc

なお、Media Argo公式ラインではフォビトークンなどアルトコインに関する限定情報を配信中です。

まだ登録されていない方はこの機会に登録してみてください。

\ 10/31まで!100円のBTCゲット/

目次

【2021年8月】フォビトークン(HT)の現在の価格動向

まずはフォビトークンの、2021年8月最新の価格動向をチェックしておきましょう。

フォビトークン 2021年 チャート
引用:TradingView

フォビトークンは2021年序盤に大きく高騰しましたが、5月に一時急落しています。

しかし7月下旬には下落の勢いがおさまり、現在は再び上昇基調へと戻ってきています。

そのため8月現在は、上昇トレンドの押し目買いを狙っていく絶好のチャンスだと言えるでしょう。

今のチャンスを逃したくないという方は、ぜひこの機会にHuobi Japanで口座開設をしてみてください。

フォビトークン(HT)とは?

フォビトークン トップ
仮想通貨名フォビトークン
(正式名称:Huobi Global Ecology Integral)
ティッカーシンボルHT
現在の価格(2021年8月現在)15.4ドル
時価総額(2021年8月現在)24億7900万ドル
時価総額ランキング(2021年8月現在)58位
購入できる取引所Huobi Japan

フォビトークン(HT)は中国発の仮想通貨取引所であるHuobi Globalが発行している取引所トークンで、イーサリアムブロックチェーンを基盤にしてつくられています。

正式名称は「Huobi Global Ecology Integral」なのですが、フォビトークンの略称で親しまれています。

また、2021年8月現在の時価総額ランキングは58位で、比較的高い人気と需要を誇ります。

フォビトークン(HT)の特徴

取引所トークンであるフォビトークンには、次のような特徴があります。

フォビトークンの主な特徴
  • 保有量に応じて取引所の手数料が割引される
  • 取引所のガバナンストークンである
  • トークンバーン(焼却)で価値をコントロールしている

詳しく説明していきます。

保有量に応じて取引所の手数料が割引される

ユーザーにとって最も身近で有益なフォビトークンの特徴は、フォビトークンを保有することによって取引所における取引手数料を割引してもらえることです。

Huobi Japanであれば、フォビトークンの保有量と取引所での全通貨ペアにおける取引量に応じて、最大で92%まで割引を受けることができます。

取引所のガバナンストークンである

フォビトークンは取引所のHuobi Globalにおいて、ガバナンストークンの役割を果たしています。

ガバナンストークンとは、トークン所有者がそれを発行するプラットフォームの運営や将来に対して、投票などによる発言権を得るためのトークンのことです。

フォビトークンにはコミュニティがあり、そのコミュニティからHuobi Globalへトークンの運用についての意見が発出され、トークン所有者の投票によって方針が決められることがあります。

トークンバーン(焼却)で価値をコントロールしている

仮想通貨 バーン

トークンバーン(焼却)とは、運営元が発行したトークンの一部を消滅させることを指します。

焼却をおこなうとトークンの枚数が減少するため、通貨1枚あたりの希少価値が上がり、保有者への利益還元につながります。

フォビトークンは発行上限が5億枚となっており、すでに全てが発行済みで追加発行もありません。

また、2020年2月から毎月Huobi Globalの収益の約20%にあたるフォビトークンが買い戻され焼却されており、これまでの累計焼却枚数は約2億7770万枚で、すでに半数以上が焼却されています。

なお焼却プログラムの方針決定も、フォビトークンの保有者による投票によって決められています。

なお、フォビトークンはHuobi Japanで購入することが可能です。

フォビトークンに投資をしたい方はこの機会に口座を開設しておきましょう。

フォビトークン(HT)のこれまでの価格推移

続いて、フォビトークンのこれまでの価格推移を見ていきましょう。

2020年までの価格動向

まずは、フォビトークンが誕生した2018年から2020年までの価格動向を振り返っていきましょう。

下の画像は、Huobi Globalにおける2018年12月から2021年8月現在までのHT/USDチャートです。

フォビトークン 2020年まで チャート
引用:TradingView

フォビトークンは2018年1月に誕生したため、2017年末から2018年初頭にかけてのいわゆる「仮想通貨バブル」を経験していません。

またチャートが示す通り、2018年から2020年の間は特に大きな動きはなく、1.8ドル~5.5ドルの間で長らく推移していました。

2021年の価格動向

フォビトークン 2021年 チャート
引用:TradingView

次に、2021年に入ってからの値動きを見てみましょう。

仮想通貨市場は、2020年10月にIMF(国際通貨基金)が仮想通貨の普及を実質容認したことや、アメリカ大統領選でデジタル通貨容認派のバイデン氏が勝利したことなどから、2020年末から活況となっていました。

そんな中でフォビトークンも2021年に入り波をつくりながら高騰し、5月には一時は約40ドルまで高騰します。

しかし5月中旬に、次のような要因からフォビトークンのみならず大半の銘柄が急落することになります。

5月に急落を招いた主な要因
  • アメリカの電気自動車メーカーテスラ」のCEOイーロン・マスク氏が、仮想通貨に対するネガティブな意見を発信
  • 中国が仮想通貨に対する規制を強化することを発表

なお一時は大きく値を下げていましたが、イーロン・マスク氏が一転して仮想通貨に対する前向きな発言をおこなったことや、時価総額トップのビットコインが復調してきたことから、8月現在はフオビトークンも再び上昇基調となっています。

今後も価格上昇が続くと考えるのであれば、今は絶好の買い時です。

ぜひHuobi Japanで口座を開設して、フォビトークンを購入してみてください。

LineBanner_btc

なお、Media Argo公式ラインではフォビトークンなどアルトコインに関する限定情報を配信中です。

まだ登録されていない方はこの機会に登録してみてください。

\ 10/31まで!100円のBTCゲット/

フォビトークン(HT)の今後の予想・見通し

フォビトークンは取引所トークンの一種です。

そのため、最近話題のNFTやDeFiを開発したりできるような突出した性能を持っているわけではありません。

しかし次のような要因から、今後も手堅く推移していくものと見られています。

フォビトークンの今後に関わる主な要因
  • 取引所がなくならない限り、役割と需要を失わない
  • 利用用途が拡大している
  • 引き続きトークンバーン(焼却)がおこなわれる

一つずつ説明していきます。

取引所がなくならない限り、役割と需要を失わない

フォビトークンはHuobi Globalの取引所トークンであり、取引所ユーザーの多くがそのメリットを享受するためにフォビトークンを保有しています。

またHuobi Globalは2021年現在、バイナンスに次ぐ取引高を誇る業界最大手の一角です。

このようにフォビトークンは世界トップクラスの取引所での実需があり、その実需が近い将来損なわれるとは、現時点では考えにくいです。

むしろ取引所のユーザーが増えていくことで、需要が伸びていく可能性の方が高いでしょう。

利用用途が拡大している

フォビトークンは例えば、海外の旅行サイト「Travela.com」で決済手段として使用することができます。

まだ使用できるサイトやアプリケーションは少ないですが今後、より多くの場で決済手段として使用できるようになる見込みです。

また決済手段だけでなく、フォビトークンはNPOへの寄付手段や借入時の担保としても利用できるようになっています。

このように取引所内だけでなく、様々な場面でフォビトークンが普及していけば、自ずと価値の向上にもつながっていくでしょう。

引き続きトークンバーン(焼却)がおこなわれる

先ほど述べた通りフォビトークンは、トークンバーン(焼却)により希少価値の向上を図っており、それは今後も継続しておこなわれる見込みです。

また、焼却プランの変更がおこなわれる際は、コミュニティの投票が再びおこなわれるでしょう。

そういった投票なども、市場に注目されて価格に影響を及ぼす可能性があります。

以上の要因からフォビトークンは、大きく伸びる要因も今のところありませんが、今後も堅調に推移していく可能性は高いと言えるでしょう。

なお、アルトコインの購入に興味がある方は、Coincheckがおすすめです。

国内最大の17種類の仮想通貨を取り扱っており、取引ツールも高い評価を受けています。

この機会にCoincheck公式サイトから口座を開設してみると良いでしょう。

\ アプリダウンロード数No.1 /

フォビトークン(HT)の将来の価格予想

続いて、仮想通貨情報メディアなどが発出しているフォビトークンの価格予想を取りまとめました。

2021年末のフォビトークン(HT)の価格予想

まず2021年末の価格予想は、8月時点で次のようなものが示されています。

2021年末のフォビトークンの価格予想

【2021年始値:4.3ドル、2021年最高値:39.9ドル、2021年8月現在の価格:15.4ドル】

2021年末の価格予想については、多くのメディアが20ドル前後になるだろうという予想を立てています。

8月現在の価格が15.4ドルなので、堅調に伸びはするものの、大きく高騰するほどの材料も現時点では無いということでしょう。

2022年以降のフォビトークン(HT)の価格予想

より長期的な価格予想については、次のような数値が示されています。

2022年以降のフォビトークンの価格予想
  • Digital coin:45.52ドル【2025年の価格予想】
  • CryptoNewsZ:約50ドル【2025年の価格予想】
  • GOV CAPITAL:126.6058ドル【5年後(2026年8月)の価格予想】
  • Wallet Investor:66.405ドル【5年後(2026年8月)の価格予想】

長期予想になると数値のばらつきが大きくなりますが、いずれもこれまでの最高値(39.9ドル)を更新してくるだろうと見られています。

また、これらの予想から見れば、2021年現在は安く買える水準にあるとも言えます。

もちろん予想は将来を確約するわけではないので信用し過ぎるのもよくありませんが、リスクコントロールを適切におこないながら、これらの予想を元に長期目線で投資をおこなうのも戦略として面白いでしょう。

フォビトークン(HT)を購入できる取引所

最後にフォビトークンを購入できる取引所をご紹介します。

フォビトークンは2021年8月現在、Huobi Globalだけでなく約30社の取引所に上場しています。

しかし国内で上場しているのは、Huobiグループが日本で運営している「Huobi Japan(フォビジャパン)」のみです。

また、Huobi Globalでは日本人の口座開設を受け付けていないため、フォビトークンを購入するならトークン保有のメリットを享受できるHuobi Japanを利用することをおすすめします。

Huobi Japan(フォビジャパン)

huobi japan
現物取引(銘柄・通貨ペア数)販売所形式:○(6銘柄・15通貨ペア)
取引所形式:○(12銘柄・29通貨ペア
レバレッジ取引(銘柄・通貨ペア数)○(1銘柄・1通貨ペア)
最小発注数量(ビットコインの場合)販売所形式:0.001BTC
取引所形式:2円
レバレッジ取引:0.001BTC
取引手数料(ビットコインの場合)販売所形式:無料(スプレッドあり)
取引所形式:0.008~0.100%
レバレッジ取引:無料(スプレッドあり)
取引ツールパソコン・ネットブラウザ:○
スマホアプリ:○
公式サイトHuobi Japan公式サイト
関連記事Huobi Japanの評判
Huobi Japanの主な特徴

取引所の取扱銘柄・通貨ペアが豊富

仮想通貨の取引形式には、販売所(取引所とユーザーの間で取引)と取引所(ユーザー同士で取引、板取引とも言う)がありますが、Huobi Japanは特に取引所形式に力を入れています。

なお取引所形式には、販売所形式よりも取引手数料が安いというメリットがあります。

Huobi Japanの取引所形式では国内他社よりも多い12銘柄・29通貨ペアを取り扱っており、様々な通貨ペアで手数料を抑えながら取引したい方におすすめの取引所となっています。

フォビトークンの保有で、取引手数料の割引を受けられる

Huobi Japanでは、フォビトークンの保有量と取引所での全通貨ペアにおける取引量に応じて、取引所形式での手数料の割引を受けられるようになっています。

先ほど述べた通り、取引所形式はもともと販売所よりも手数料が割安なのですが、フォビトークンを保有することでさらにお得になります。

仮想通貨取引所の手数料の比較記事も、あわせてご覧ください。

セキュリティ性能が高い

Huobi Japanを手掛けるHuobiグループは、2019年に第三者機関であるICO Ratingから、セキュリティ性能が世界最高水準であるという評価を受けています。

もちろんHuobi Japanでもその高いセキュリティ技術が用いられているため、安心して利用することが可能です。

なおHuobi Japanのより具体的なメリット・デメリットなどについては、別途Huobi Japanの紹介記事で紹介しているので、より詳しく知りたい方はそちらをご覧ください。

取引所形式で購入できる銘柄数の多さやセキュリティ性能の高さがHuobi Japanを利用するメリットと言えるでしょう。

まだ口座をお持ちでない方はこの機会にHuobi Japan公式サイトから口座を開設しておきましょう。

コインチェック

なお、初心者の方であれば、販売所形式での購入が簡単なためおすすめです。

Coincheckは16種類の仮想通貨を販売所形式で購入することができます。

この機会にHuobi Japanと一緒に口座を開設してみるといいでしょう。

\ アプリダウンロード数No.1 /

その他のおすすめ仮想通貨取引所についての記事も、併せてご覧ください。

フオビトークン(HT)の見通しや予想まとめ

今回は、フォビトークンの特徴や今後の見通しなどについて解説しました。

この記事のまとめ
  • フォビトークンは仮想通貨取引所「Huobi Global」が発行した取引所トークン
  • フォビトークンを保有することで、Huobiグループの取引所で手数料の割引を受けられる
  • 2021年5月中頃から急落していたが、8月現在は復調している
  • 各メディアの予想では、長期的には大きく高騰するという見方が強い
  • 国内でフォビトークンを扱っているのは、Huobi Japanのみ

フォビトークンは取引所トークンの1種で、取引高世界No.2のHuobi Globalが発行しています。

フォビトークンにはNFTやDeFiなどを開発できるような優れた機能はありませんが、取引所ユーザーからの一定の実需が常にあるため、手堅い投資対象と言えるでしょう。

また長期的には、多くのメディアが高騰するだろうという予想を示しています。

これらのことからフォビトークンに投資してみたいと思った方は、ぜひHuobi Japanで口座をつくって投資にチャレンジしてみてください。

LineBanner_btc

なお、Media Argo公式ラインではフォビトークンなどアルトコインに関する限定情報を配信中です。

まだ登録されていない方はこの機会に登録してみてください。

\ 10/31まで!100円のBTCゲット/

目次
閉じる