NBA Top Shot(トップショット)とは?バスケ・スポーツNFTの始め方・稼ぎ方を解説

NBA Top ShotとはNBA(National Basketball Association)プレイヤーたちの名プレーをテーマにしたカードをコレクションするトレーディングカードゲームです。

flowという独自のブロックチェーン上で実施されるゲームであり、カードはNFTとして持ち主の資産になります。

カードは静止画ではなく、名プレーを録画した映像であり、これをmomentsと呼びます。

2020年にローンチされたばかりのゲームで、まだβ版ではあるものの、NFTを扱うゲームとしての地位を確立させています。

NBAが公認していることや、マイケル・ジョーダンといった伝説的プレイヤーが支援していることが後押しとなり、NBA Top Shotは発展を遂げてきました。

Googleメールアドレスがあると誰でもすぐにはじめられるので、気になった方はぜひチェックしてみてください。

この記事からわかること
  • NBA Top Shotは選手のプレーをカードにしたNFTのブロックチェーンゲーム
  • momentsは高額だと数千万円で取り引きされる
  • 画期的なUXで仮想通貨初心者でも遊べる
  • momentsの入手方法は、PackとMaeketplaceがある
  • momentsは資産であり、投資に向いている

NBA Top Shotでのmomentsの購入にはデビットカードやクレジットカードの使用が可能ですが、ビットコインやイーサリアムといった仮想通貨での決済にも対応しています。

日本で仮想通貨を入手するには国内取引所を利用するのが一般的ですが、その中でもコインチェックは特に人気です。

coincheck

コインチェックはビットコインを含め17種類の通貨を取り扱っておりこれは日本最大級の取扱通貨数です。

スマホ1つで即日の口座開設が可能で、初心者でも入金や送金といった操作を簡単にできます。

まだコインチェックの口座をお持ちでない方は、ぜひこの機会にコインチェック公式サイトを確認しておきましょう。

\ アプリダウンロード数No.1 /

LineBanner_btc

Media Argo公式ラインでは仮想通貨や金融に関する最新情報を逐次配信しています。

今登録すると200円分のBTCがもらえます。この機に公式ラインのフォローをお願いします。

\ 7/31まで!200円のBTCゲット/

目次

NBA Top Shotとは?

nba top shot
プラットフォーム名NBA Top Shot
決済通貨イーサリアム、ビットコイン、ビットコインキャッシュ、DAI、USD Coin
(デビットカード、クレジットカードでも購入可能)
ブロックチェーンflow
サービス開始2020年10月
運営元DapperLabs(ダッパーラボ)
日本語対応非対応
公式サイトNBA Top Shot公式サイト

NBA Top ShotはNFTであるmomentsというカードのコレクションを楽しむブロックチェーンゲームです。

決済はクレジットカードや、ビットコイン、イーサリアムなどの仮想通貨で実施されます。

仮想通貨で決済する際は専用の仮想通貨取引口座が必要です。

まだ専用の仮想通貨ウォレットをお持ちでない方は国内仮想通過取引アプリダウンロード数No.1コインチェックがおすすめです。

アプリで簡単にどこでもスムーズに仮想通貨の購入、送金を行えます。

まだ開設していない方はぜひこの機会に公式サイトを確認しておきましょう。

\ アプリダウンロード数No.1 /

moments

NBA Top Shotで扱われるmomentsは非代替性の特徴を持つNFTであるため、複製は不可能であり、その価値は担保されています。

NFTとは

momentsはデジタルカードではありますが、イラストや写真がデザインされているのではなく、NBAプレイヤーの名シーンを10秒から20秒ほど切り抜いた映像が表示されます。

扱われる映像で特に人気なものは豪快なダンクシュートですが、巧みなドリブルからのレイアップシュートや、鮮やかなスリーポイントシュート、知的なアシスト、スティール、ブロックなど多様です。

momentの希少性
  • Common
  • Rare
  • Legendary

momentsの価値は希少性が主に関係しています。

選手の人気度や、名プレーの知名度、シリアルナンバーの数字などで需要が変化し、価格がそれに対応します。

2021年9月現在、momentsとして扱われている選手は現役のNBAプレイヤーであり、過去のレジェンドプレイヤーたちの登場が期待されています。

momentsは資産として認知されおり、投資先として高い評価を得つつあります。

momentsはコインチェックやイーサリアムで取引されており、コインチェックではそれらの仮想通貨を簡単に売買できます。

\ アプリダウンロード数No.1 /

NFTトレカの高額取引

NBA Top Shotでの、NFTトレカの高額取引の事例を紹介します。

レブロン・ジェームス

現役NBA選手においてナンバーワンの呼び声高いレブロン・ジェームズ選手のmomentsは約2,270万円で取引されました。

封入されたパックはCosmicでシリアルナンバーが29のmomentsです。

レブロン・ジェームズ

ザイオン・ウィリアムソン

ザイオン・ウィリアムソン

ニューオーリンズ・ペリカンズのザイオン・ウィリアムソン選手のmomentsは約1,090万円で取引されました。

封入されたパックはHolo MMXXでシリアルナンバーが1のmomentsです。

ヤニス・アデトクンボ

ヤニスアデトクンボ

ミルウォーキー・バックスのヤニス・アデトクンボ選手のmomentsは約1,040万円で取引されました。

封入されたパックはCosmicでシリアルナンバーが1のmomentsです。

DapperLabs

NBA Top Shotの運営会社はDapperLabsという2018年に設立した会社です。

DapperLabsはNFTを扱うブロックチェーンゲームの先駆けであるCryptoKittiesを過去にローンチしています。

CryptoKittiesはデジタルの猫をコレクションするゲームでしたが、NBA Top Shotでは有名なNBAプレイヤーを扱っているため、多くのファンを集めることに成功しています。

Dapper Labs

NBA Top Shotが成功を収めている背景には、DapperLabsがCryptoKittiesを運営してきた経験や、そこで得た課題を活かした運営があると考えられます。

実際にCryptoKittiesはイーサリアムのブロックチェーンを使っていたのに対し、NBA Top Shotではflowという独自のブロックチェーンを扱っています。

イーサリアムのブロックチェーンではトランザクションの処理に時間がかかるスケーラビリティ問題があげられています。folwはこの問題を解決する性能を実現し、高速な処理速度を誇り、決済処理もスピーディーです。

ユーザーに優しいflowの存在がNBA Top Shotの発展を根元から支えているのです。

またflowは日本進出に前向きな姿勢を見せており、日本のブロックチェーンゲーム会社のdouble jump.tokyo株式会社との提携を発表しています。

2021年9月現在、NBA Top Shotは日本語に対応していませんが、近い将来日本語に対応し、日本人が扱いやすいサービスに進化すると予想できます。

NBA Top ShotでNFTを購入するためにはイーサリアムビットコインといった仮想通貨を用います。

これらの仮想通貨を取得するためには仮想通貨取引口座の開設が必要です。

まだ開設が済んでいない方は国内最大級の取扱通貨数、仮想通貨取引アプリダウンロード数No.1のCoincheckがおすすめです。

\ アプリダウンロード数No.1 /

NBA Top Shotの特徴

NBA Top Shotには、次のような特徴があります。

NBA Top Shotの主な特徴
  • 画期的なUXを実現している
  • 100万人以上のユーザー数
  • NBA公認のトレーディングカードである

画期的なUXの実現

NBA Top Shotの一番の特徴は画期的なUXでしょう。

UXはuser experienceの略称で、そのサービスを通じてユーザーが得られる経験がどのようであるかを意味する言葉です

NBA Top ShotのUXはユーザーに仮想通貨を意識させないことを第一に考えています。

NBA Top Shotは仮想通貨の最先端を担うサービスでありながら、その利用に際し仮想通貨の知識を前提としていません。

今日「仮想通貨」という言葉は広く認知されていますが、ブロックチェーンの仕組みまで理解している人はまだわずかです。

ブロックチェーンとは

ブロックチェーンを利用した革新的かつ便利なサービスが世間で浸透しない原因は、仮想通貨に精通している人の少なさにあります。

その点NBA Top Shotは利用する上で仮想通貨の予備知識を持っている必要性はほとんどありません。

なお、NBA Top ShotでのNFTの購入時に仮想通貨での決済は非常に便利ですので、コインチェックにまだ口座をお持ちでない方は是非この機会に公式サイトを確認しておきましょう。

\ アプリダウンロード数No.1 /

100万人以上のユーザー数

NBA Top Shotを運営するDapperLabsのCEOのロハム・ガレゴズロウ氏によると、2021年5月の時点でユーザー数は100万人を突破しています。

ローンチが2020年の10月であるため、わずか8カ月ほどで爆発的に市場を拡大したことがわかります。

また登録をしているユーザーが多いだけではなく、毎日15万人から25万人ほどのアクティブユーザーがいるとされ、取引が頻繁に行われています。

売上高は760億円を突破していますが、その売り上げの大半は再販だとガレゴズロウ氏は述べています。

再販時には5%が運営の収益になる仕組みであるため、ユーザー同士が取引をすればするほど運営は売上を拡大することになります。

売上を資金にさらなるサービスの向上を果たすと、新規ユーザーが増え、そして取引がさらに活性化するといったようなサイクルがまわっているのです。

NBA Top Shotの進撃を支えているのは先述のUXです。

利用の際仮想通貨に関する知識を持っていることを前提としていないことから、仮想通貨に馴染みのないピュアなNBAファンもNBA Top Shotのユーザーとして獲得できていることが成功の要因と考えられます。

NBA公認のトレーディングカードである

言うまでもなくアメリカではバスケットボールは人気のスポーツであり、野球、アメリカンフットボールと並んで3大スポーツとされています。

バスケットボールの最高峰リーグであるNBAは世界中に膨大の数のファンを抱えています。

NBA関連のサービスはそのファンの数の多さゆえに巨大市場を築く潜在性を持っています。

NBA Top ShotはNBA公認のサービスであり、名高いNBAプレイヤーの投資も受けています。

NBA Top Shotの認知が拡大しているアメリカではNBAでビッグプレーが起きたときには、「このプレーをNBA Top Shotに使おう」といった声が上がるほどだそうです。

またmomentsの売買時に発生する手数料の5%の一部はNBAの収益になるため、NBAともWIN-WINな関係を築いていると考えられます。

NBA Top Shotの始め方と遊び方

では、次にNBA Top Shotの始め方を解説します。

NBA Top Shotの登録方法

nba top shot hp

まずはNBA Top Shot公式サイトにアクセスし、画面右上の「SIGN UP」を押してください。

メールアドレスで登録する流れになりますが、Googleアカウントをお持ちの方は「Sign up with Google」を選択すると非常にスムーズで、電話番号だけ入力し30秒ほどで登録を完了させられます。

以降ログインしたいときは「LOG IN」をクリックしましょう。

すると電話番号宛に6桁の数字が送信されるので、ログイン画面で入力を済ませ、「Continue」をクリックすれば完了です。

momentsの入手

momensの入手方法は、「Pack」「Marketplace」の2つで、どちらもNBA Top Shot公式サイトから選択できます。

決済はクレジットカードや、ビットコイン、イーサリアムなどの仮想通貨で行えます。

仮想通貨はコインチェックで購入することができます。

\ アプリダウンロード数No.1 /

Packでの入手方法

NBA Top Shotのトップ画面上の「Pack」を選択します。

現在販売中のPackが一覧で表示されるので目的のものを購入してください。

通常Packはmoments3枚入りで9ドルで販売されます。

packs

「Pack」は売り切れることがあります。

人気Packを購入するには、オンライン上で列に並ぶ必要がありますが、多くのNBA Top Shotファンが殺到するため必ず買えるわけではなく、むしろ2021年9月現在は購入できないことの方が多いようです。

Packの販売は不定期に実施されているので、事前に販売予告を知っておく必要があります。

NBA Top Shotの公式サイトでも販売予告の情報は掲載されます。

逐一サイトをチェックするのが面倒な方はNBA Top Shot公式Twitterアカウントをフォローして、予告ツイートに注目することをオススメします。

Marketplaceでの入手方法

トップ画面の上の「Marketplace」をクリックしてください。

Marketplaceでは、チームや選手ごとにmomentsを探すことが可能で、目星が付いている場合は検索で手っ取り早く探し出せます。

ここでは日本人のNBAプレイヤーの八村塁選手のmomentsを検索します。

market place

八村塁選手のmomentsが一覧で表示され、各momentsごとの最低入札額があわせて記載されています。

八村塁

momentsを選択すると、そのプレーシーンを動画で確認できますので、気に入ったら「BUY MOMENTS」をクリックしましょう。

八村塁NFT

Challenge

Challengeとは限定のmomentsを取得するモードのことで、その条件は指定された複数のmomentsを事前に保有しておくことです。

トップ画面の上部メニューより「CHALLENGES」を選択します。

「ACTIVE」は現在選択できるchallengeと期日が秒単位で表示され、下の画面の場合は「WNBA Showcase Challenge 2」があるので、クリックしてみます。

WNBA

指定のmomentsを選択する画面に移りますが、この場合は1つもmomentsを持っていないため、画面下に「You have 0/8 Moments」と表示されています。

Challengeの期限が終了するまでに指定のmomentsを入手し、8つすべてを揃えることでChallengeは達成となり、限定のmomentsを入手できます。

WNBA showcase challenge2

NBA Top Shotでの稼ぎ方

NBA Top Shotで稼ぐ方法をご説明します。

momentsを売る

NBA Top Shotでは保有しているmomentsを売ることで稼ぐことができます。

毎回決まった金額で売るわけではなく、売りたいmomentsの需要がどのくらいあるかで稼げる金額は変動します。

売却方法ですが、NBA Top Shotのトップ画面のメニューから「COLLECTION」をクリックします。

保有しているmomentsの一覧が表示されるので、出品したいものを選びましょう。

danuel house jr

「PLACE FOR SALE」をクリックすると出品の詳細を入力する画面に切り替わります。

いくらで売りたいかを入力し、手続きを済ませましょう。

注意点として「Marketplace Fee」の手数料が5%発生することを留意しておきましょう。

出品が完了したら、momentsが売れるまで待つだけです。

momentsの価格高騰を狙う

2021年9月現在、NBA Top Shotのユーザー数は増え続け、市場は拡大を続けています。

2021年4月ごろから急激に成長しているNBA Top Shotですが、今後まだまだ人気を伸ばす見込みは十分にあります。

今のうちにmomentsを集めておけば、今後価格が高騰し大きな収入を得られる可能性も大いにあります。

これはNBA Top Shotが今以上に注目を集めた場合の仮定の話ですが、これは選手ごとの場合にも当てはまります。

現在の知名度は低いが数年後に大スターに飛躍する可能性を秘めている選手のNFTを今のうちに安い価格で手に入れておけば、とんでもない収益をあげられる可能性があります。

NBAに詳しい方は、未来のビッグスターを予想して投資するという楽しみ方をしてみてはいかがでしょうか。

NBA Top Shotでの取引には仮想通貨が便利ですので、まだ専用口座を持っていない方はコインチェック使いやすいです。

金融庁公認の仮想通貨取引所であり、その安全性の高さには定評がありますので、まだ口座をお持ちでない方はこれを機に登録しておきましょう。

\ アプリダウンロード数No.1 /

Packで一攫千金

高額なものになると何千万円で取り引きされるmomentsですが、Packで手に入れられる可能性もあります。

運がからむので、手堅く稼ぎたい方にとっては確実な方法ではありませんが、人気選手のNFTが当たったときのリターンはかなり大きいです。

また、たまたま手に入れたmomentsの価格が将来高騰する可能性もあるのでとりあえず保有しておくだけでも価値はあります。

momentsの入手を楽しみつつ、大金を稼げる可能性が付いて回るので、利益を上げることが第一目的ではないピュアなNBAファンや、NFTのコレクションに関心がある方にはPackの購入を検討してみましょう。

\ アプリダウンロード数No.1 /

NBA Top Shotの今後の見通し

NBA Top Shotの今後の見通しを3点にまとめて解説します。

NBA Top Shotの今後の見通し
  • NFTの市場拡大
  • momentsへの投資はまだまだ稼げる
  • 他ブロックチェーンに淘汰される

NFTの市場拡大

NFTは市場を拡大し続け、2021年に爆発的に伸長しました。

日本総研によるとNFTの市場規模は2018年で約4,100万ドル、2019年で約1億4,200万ドル、2020年には約3億3,800万ドル、そして2021年は上半期のみで約25憶ドルです。

数あるNFTゲームの中で、総取引額、取引者数、総取引件数のすべてで1位を獲得しているのがNBA Top Shotです。

1年も経たないうちにこれほどまでの地位を築いたNBA Top Shotはさらなる規模拡大が期待されています。

momentsへの投資はまだまだ稼げる

NBAのトレーディングカード化は何十年もの歴史があり、ユーザーはカードを集めることに抵抗が薄いと考えられています。

現物のトレーディングカードを売買するには直接対面するか、郵送が必要になりますが、世界中の人と現物を受け渡すのは困難ですし、時間も費用もかかります。

そこで登場したNBA Top Shotはそういった課題を解決する画期的なサービスだと考えられます。

NBA Top Shot自体の市場が拡大する見込みがあるのはもちろんですが、momentsへの需要が増えることでその価格が高騰することも予想されています。

NBAではドラフトやオールスターゲーム、個人賞など選手にスポットライトが当たるシチュエーションがいくつも存在します。

そこから未来のヒーローを予想し、投資としてmomentsを購入することで稼ぎを生み出すことができます。

そういったmomentsの価格予想の情報源として役に立つのが「CRYPTO SLAM!」という海外のサイトです。

NBAの動向とあわせてチェックすると良いでしょう。

他ブロックチェーンに淘汰される

日本総研によると、「Why Block Chain」という論点が残るとされています。

「Why Block Chain」は直訳のとおり、なぜブロックチェーンである必要があるのかという論点です。

ブロックチェーンのメリットの1つとして運営者が存在する中央集権型ではなくユーザーが相互を監視する分散型であることがあげられています。

しかしNBA Top Shotは独自のブロックチェーン「flow」で展開しており、DapperLabsという運営者が存在しています。

それによりスケーラビリティ問題を解決していますが、分散型であるメリットはやや薄れています。

完全に分散型のブロックチェーンがスケーラビリティ問題などを解決していったとき、それらのブロックチェーン上のゲームが人気を独占していく可能性も考えられます。

しかしそういったブロックチェーンに不安要素が残っているからこそNBA Top Shotは人気を博しているので、すぐに他のブロックチェーンゲームにその座を奪われることは考え難いようにも思われます。

NBA Top Shotのまとめ

今回はNBA Top Shotに関してお伝えいたしました。

この記事の要点
  • NBA Top Shotのmomentsは高額で取り引きされることも
  • 仮想通貨取引初心者でも使いやすいUXで100万人以上のユーザーを持つ
  • Googleメールアドレスですぐに始められる
  • momentsは投資の価値がある

NBA Top ShotはNFTを扱うゲームのなかでも屈指の人気を誇り、破竹の勢いで成長を遂げました。

Googleメールアドレスですぐにはじめられて、クレジットカードが使えることに加え、仮想通貨に詳しくない人でも扱いやすいUXが採用されているので初心者に大変オススメです。

ビットコインやイーサリアムにも対応しているので、仮想通貨を用いた資産運用に関心がある人は登録してみてはいかがでしょうか。

仮想通貨の購入はコインチェックが使いやすいです。

coincheck

アプリで登録から取引まで完結でき、即日での口座開設、仮想通貨の売買が可能です。

まだ仮想通貨用取引口座をお持ちでない方はぜひこれを機にコインチェックの公式サイトを確認しておきましょう。

\ アプリダウンロード数No.1 /

LineBanner_btc

Media Argo公式ラインでは仮想通貨や金融に関する最新情報を逐次配信しています。

今登録すると200円分のBTCがもらえますので、ぜひこの機に公式ラインのフォローをしてみてください。

\ 7/31まで!200円のBTCゲット/

目次
閉じる