Play to Earn(P2E)とは?仕組みやおすすめゲーム・仮想通貨や始め方を分かりやすく解説

ブロックチェーン上に作られたNFTゲーム(ブロックチェーン)が注目を集め、「Play to Earn」という言葉を耳にした方も多いのではないでしょうか。

「Play to Earn」とは、「遊んで稼ぐ」という概念で、NFTゲームをプレイしてお金を稼ぐことを意味します。

これまでのゲームは、娯楽として楽しむことがメインでしたが、ブロックチェーン技術により、ゲームと仮想通貨を組み合わせが可能となり、ゲームをプレイしてお金を稼ぐ仕組みが誕生しました。

今回は、Play to Earnについて、ゲームで稼ぐ仕組みやメリット、デメリット、おすすめのPlay to Earnゲームなどについて詳しく解説します。

この記事でわかること
  • Play to Earnはゲームをプレイしてお金を稼ぐこと
  • 稼ぐ方法は、ゲーム報酬、NFT販売、スカラーシップ制度などがある
  • Play to Earnは稼ぐまでの仕組みが複雑で参入障壁が高い
  • おすすめのPlay to Earnゲームは「Sorare」
  • Play to Earnで得た仮想通貨を換金するならCoincheckが使いやすい

Play to Earnで稼いだ仮想通貨を、日本円に換金するためには、仮想通貨取引所の利用が必須です。

仮想通貨取引所のCoincheckは、NFTマーケットプレイスの「Coincheck NFT(β版)」をリリースしており、SorareやThe SandboxなどのゲームのNFT販売にも対応しています。

無料で口座開設できるので、この機会にCoincheckの公式サイトを確認し、Play to Earnに挑戦しましょう

\ アプリダウンロード数No.1 /

LineBanner_btc

Media Argo公式LINEでは、投資家のみなさまにとって有益な情報を随時配信していきます。

まだ友だち追加がお済みでない方は、この機会にぜひ無料で登録しておきましょう。

\ 5/31まで!200円のBTCゲット/

目次

Play to Earn(P2E)とは?

Play to Earn(P2E)とは、「遊んで稼ぐ」という概念です。

Play to Earnを略して「P2E」と表記される場合もあります。

ブロックチェーン上に開発された「NFTゲーム(ブロックチェーンゲーム)」をプレイして、お金を稼ぐことを指します。

ゲームと言えば、ユーザーがゲーム機やソフトを購入し、ゲーム制作会社にお金を払ってプレイするのが一般的です。

eスポーツが始まり、大会等で上位に入賞することでお金を稼ぐ仕組みができてきましたが、ゲームで稼げるのは一握りの人です。

Play to Earnでは、ゲームとブロックチェーンや仮想通貨を組み合わせることで、対戦での勝利報酬だけでなく、クエスト報酬やアイテム販売など、これまでになかった稼ぎ方が可能になりました。

Play to Earnは、出てきたばかりの文化であるため、これから稼ぎ方も増えていくと予想されます。

Play to Earn(P2E)ゲームの仕組み

Play to Earn(P2E)ゲームは、ゲームと仮想通貨を組み合わせることで、プレイしながら仮想通貨を稼げます。

今回は大きく3つの稼ぐ仕組みを解説します。

Play to Earn(P2E)ゲームの仕組み
  • ゲームのシステムで稼ぐ
  • ゲームアイテムで稼ぐ
  • オーナーになって稼ぐ

ゲームのシステムで稼ぐ

1つ目の仕組みは、ゲームのシステムで稼ぐ方法です。

稼ぎ方として、以下があります。

システムで稼ぐ方法
  • 対戦で勝利する
  • 大会で上位入賞する
  • ランキングで上位に入る
  • クエストをクリアする
  • 土地の所有 

大会の上位入賞で稼ぐことは、eスポーツの登場で一般的になりつつありますが、Play to Earnゲームでは、大会で上位に入らずとも、対戦で勝利するだけでお金を得られます

さらに、一定期間の勝利数に応じたランキングで、上位に入賞して報酬を得ることも可能です。

また、Play to Earnゲームは対戦形式のゲームだけではなく、どうぶつの森のような個人で楽しむゲームも存在します。

このようなゲームの場合は、ゲーム側から提示された一定の条件(クエスト)をクリアすることで、報酬を得る仕組みになっています。

一部のPlay to Earnゲームでは、「土地」で稼ぐことが可能です。。

プレイヤーはゲーム内の土地を購入し、所有することで、他のプレイヤーが土地を訪れた(利用した)際に、入場料や使用料をとって稼げます

ゲームアイテムで稼ぐ

2つ目の仕組みは、ゲームアイテムで稼ぐ方法です。

Play to Earnゲーム内に登場する、キャラクターやアイテムはNFTになっているため、以下の稼ぎ方が可能です。

ゲームアイテムで稼ぐ方法
  • アイテムを売る
  • アイテムを自作して販売する
  • アイテムを貸し出す(レンタル

Play to Earnゲームでは、一部の人にだけアイテムが配布される、キャラクターが成長する、ランダムでレアアイテムが手に入るなど、キャラクターやアイテムに希少性が生まれます。

希少性の高いキャラクターやアイテムはNFTマーケットで高値で取引されるため、NFT販売で稼げます

また、一部のゲームでは、アイテムを自作することも可能です。

自作したアイテムをNFTマーケットで販売して稼ぐこともできます。

最近では、アイテムやキャラクターを貸し出して稼ぐ方法も登場しています。

Play to Earnゲームは、ゲームを始めるための初期投資が大きく、抵抗がある人が多いのが課題です。

そこで、既存ユーザーがアイテムやキャラクターを貸し出すことで、新規プレイヤーは無料でゲームをプレイできるようになりました。

さらに、貸したユーザーは、借りたユーザーがゲームで獲得した報酬を得る仕組みを構築しているため、貸すだけで稼げます

オーナーになって稼ぐ

3つ目の仕組みは、オーナーになって稼ぐ方法です。

Play to Earnゲーム業界で、「スカラーシップ」と呼ばれる制度が始まっています

スカラーシップ制度は、Play to Earnゲーム業界の「初期投資が数万〜数十万円かかるため、ゲームスキルはあるのに始められない」といった問題を解決するための制度です。

スカラーシップ制度は、オーナーとプレイヤーで構築されます。

オーナーは、プレイヤーを探して、ゲームを始めるための準備資金を与えます。

プレイヤーは、オーナからもらった資金でゲームを開始し、ゲームで獲得した報酬の一部をオーナーに支払う仕組みです。

オーナーの取り分の相場は、50%〜70%と言われています。

資金が多いオーナーは、複数人のプレイヤーと契約を結ぶことで、より大きく稼ぐことも可能です。

Play to Earnで稼いぐためには、仮想通貨取引所の利用が必須です。

仮想通貨取引所は、NFTマーケットプレイスも運営しているCoincheckがおすすめです。

無料で口座開設できるので、この機会にCoincheckの公式サイトのチェックから始めてPlay to Earnに挑戦しましょう

\ アプリダウンロード数No.1 /

Play to Earn(P2E)のメリット・デメリット

Play to Earn(P2E)のメリットとデメリットを紹介します。

Play to Earn(P2E)のメリット

Play to Earn(P2E)のメリットは次の3つです。

Play to Earn(P2E)のメリット
  • お金を稼げる
  • 希少性が生まれる
  • 仮想通貨の価値が上がる

お金を稼げる

Play to Earnは、その名の通り、お金を稼げます。

現在主流のゲームはプレイしてお金を稼ぐ機会が少ない状況です。

しかし、Play to Earnゲームは、日常的にゲームで稼ぐ環境が整っており、誰でも稼げます

希少性が生まれる

Play to Earnで取引されるアイテムはNFTになっており、NFTは唯一無二のデータであるため、希少性が生まれます。

発行数が少ないレアアイテムは希少性が高く、複製もできないため、NFTマーケットで高値で取引される場合が多いです。

また、オリジナルアイテムやキャラクターを制作できるゲームもあり、オリジナルアイテムも希少性が高く、人気が出れば高値で取引される可能性があります。

仮想通貨の価値が上がる

Play to Earnの報酬は、仮想通貨で支払われるため、仮想通貨自体の価値が上がり資産が増える可能性があります。

Play to Earnゲームでは、ゲームごとに独自のトークン(仮想通貨)が用意されています。

トークンは、ゲームのプレイヤーが増えるほど、流動性が上がるので価値が上るでしょう。

報酬としてもらったときよりも価格が上がった状態で日本円に換金すれば、報酬以上の資産を獲得できます。

一方で、価格が下がり、資産が減る場合もあるのでご注意ください。

Play to Earn(P2E)のデメリット

Play to Earn(P2E)のデメリットは次の2つです。

Play to Earn(P2E)のメリット
  • 参入障壁が高い
  • ゲームとプライヤーが少ない

参入障壁が高い

Play to Earnは参入障壁が高いと言えます。

その理由として、以下のことが考えられます。

  • Play to Earnゲームの仕組みが複雑
  • Play to Earnゲームを始めるために高額の初期費用(アイテム課金)が必要
  • 仮想通貨の知識が必要
  • NFTの知識が必要
  • 仮想通貨取引所、ウォレット、NFTマーケットプレイスなど複数のプラットフォームを利用する

これまでのゲームは、ゲームをプレイするだけでしたが、「お金を稼ぐ」が加わることで、これまで関わることがなかった、仮想通貨やNFTの知識が必要になります。

慣れると問題ありませんが、これから始める人にとっては、稼ぎ始めるまでの道のりが長く、参入障壁になっていると言えます。

ゲームとプライヤーが少ない

Play to Earnは対応しているゲームと、そのプレイヤーが少ないと言えます。

ゲーム数は徐々に増えているものの、しっかり稼げるようなハイクオリティのゲームや、知名度の高いゲームは少ない状況です。

また、タイトルによってはプレイヤー数が少なく、対戦相手が見つからず稼げない状況に陥ります。

NFTアイテムを販売しても売れなかったり、報酬で獲得したトークンの価値がなくなったりして、稼げない場合もあります。

P2Eのメリット・デメリットを理解し、P2Eで稼ぎたいと思った方は、NFTマーケットプレイスを運営しているCoincheckが使いやすいので、この機会に公式サイトをチェックしておきましょう。

\ アプリダウンロード数No.1 /

おすすめPlay to Earn(P2E)ゲーム

おすすめのPlay to Earn(P2E)ゲームを5つ紹介します。

おすすめのPlay to Earnゲーム
  • Sorare
  • Axie Infinity
  • The Sandbox
  • TownStar
  • Thetan Arena

Sorare

Sorare

Sorare(ソラレ)は、現実のサッカーの試合結果がゲームのスコアに反映される、カードゲームです。

プレイヤーは、世界中のサッカー選手のカードを集めてチームをつくり、チームのスコアを他のプレイヤーと競います。

スコアの高いプレイヤーは、報酬として仮想通貨のイーサリアムやレアカードを入手できます。

また、選手のカードはNFTになっているため、手に入れたカードをNFTマーケットプレイスで販売可能です。

国内取引所のCoincheckが提供するNFTサービスの「Coincheck NFT(β版)」でも、Sorareのカードを扱っています。

Coincheckは仮想通貨取引所としても使いやすいので、この機会に口座開設してみてはいかがでしょうか

Axie Infinity

Axie Infinity

Axie Infinity(アクシー・インフィニティ)は、Axie(アクシー)と呼ばれるモンスターを集めて戦うゲームです。

コンピュータを相手に戦う「アドベンチャー」と、対人戦の「アリーナ」の2つのモードがあります。

対戦を行うことで、ゲーム内トークンであるSLPを入手でき、仮想通貨取引所で換金可能です

また、Axieを戦わせるだけでなく、2体のAxieを使って新しいAxieを生み出す「ブリード」というシステムもあります。

AxieはNFTマーケットプレイスで販売できるため、自分が育てたAxieや、新たに生み出したAxieを販売して稼ぐこともできます。

TownStar

Town Star

TownStar(タウンスター)は、農場を製品工場を経営し、収穫物を売ってお金を稼ぐゲームです。

限られた土地と時間の中で、畑や農場、労働者の家などを建て、効率よく作物や石油をを作って売ることが目的です。

ノルマを達成することで、報酬としてゲーム内トークンのTown Coinを報酬として得られます。

ランキング機能があり、一定期間のゲーム報酬が高い人に対してボーナス報酬も入ります。

また、ゲーム内で使用するアイテムはNFTになっているため、NFTマーケットでの販売が可能です。

The Sandbox

The Sadbox

The Sandbox(ザ・サンドボックス)は、3Dのオープンワールドを自由に移動し、建物の建設やアイテム収集、謎解きなどができるゲームです。

The Sandbox内の土地はNFTとして販売されており、購入して使用できます。

また、ゲーム内の無料ツールを使って、キャラクターやアイテムを制作可能です。

The Sandboxで作ったNFTはボクセルアート呼ばれており、NFTマーケットプレイスで販売して、お金を稼げます

The SandboxのNFTは、国内の仮想通貨取引所のCoincheckが提供しているマーケットプレイスのCoincheck NFT(β版)で取引可能です。

Coincheckは仮想通貨取引所としても使いやすいので、この機会に口座開設してみてはいかがでしょうか

Thetan Arena

Thetan Arena

Thetan Arena(シータンアリーナ)アリーナは、スマホで遊べる、シューティングバトルゲームです。

対人戦をメインにしており、4種類のバトルモードが用意されています。

プレイヤーはバトルに勝利することで、ゲーム内トークンのgTHCを報酬として得られます

ゲームで使用するキャラクターがNFTになっており、キャラクターを販売したり、レンタルとして貸し出すことも可能です。

Thetan Arenaは無課金でも、課金者と同じようにプレイできますが、ゲームの勝利報酬がもらえないシステムになっているため、ゲームで稼ぐ場合はNFTを購入する必要があります。

ここまで、おすすめP2Eゲームを紹介しました。

興味のあるゲームがひとつでも見つかった方は、この機会にCoincheckの公式サイトをチェックしておきましょう。

\ アプリダウンロード数No.1 /

Play to Earn(P2E)ゲームの始め方

おすすめのPlay to Earn(P2E)ゲームで紹介したSorareを例に、始め方を解説します。

Sorareの始め方は次の通りです。

Sorareの始め方
  • アカウントを登録する
  • チームを登録する

アカウントを登録する

公式サイトにアクセスします。

Sorare_Play

画面下の「Play」または右上の「Sign Up」をクリックします。

Email, Nickname, Password

メールアドレス(Email)、ニックネーム(Nickname)、Password(パスワード)を入力して、「Submit」をクリックします。

以上でアカウント登録が完了です。

チームを登録する

次にチームを登録します。

アカウント登録後、選手のカードをプレゼントされるので、5枚選んでチーム登録します。

以上で準備完了です。

選手のカードはCoincheckが提供する、Coincheck NFT(β版)から購入できます。

より強いチームを作りたい方は、利用することこをおすすめします。

ここまで、手順を理解できた方は、無料で口座開設できるChoincheckの公式サイトのチェックから始めてみましょう。

\ アプリダウンロード数No.1 /

Play to Earn(P2E)ゲームの稼ぎ方

Sorareで稼ぐ方法は、大きく2種類あります。

Sorareの稼ぎ方
  • ゲーム報酬
  • NFT販売

ゲーム報酬

Sorareでは、ゲームの報酬で稼ぐことができます。

報酬を得る方法はいくつかありますが、おすすめは「グローバルオールスターDiv40」に参加して稼ぐ方法です。

グローバルオールスターDiv40に参加して一定のスコアを達成すると、賞金としてイーサリアム(ETH)をもらえます。

具体的には、合計スコアが205以上で15ドル分、250以上で30ドル分のイーサリアム報酬が得られる設定です。

他にもゲームモードが用意されいるので、自分に合った方法で、Play to Earnに挑戦しましょう

NFT販売

Sorareで使う選手カードはNFTになっているため、NFTマーケットプレイスで販売して、稼ぐことができます

具体的には、価値が上がる見込みのある選手カードを事前に入手しておいて、価格が高騰したときに販売します。

カードの価格は、現実の試合で活躍すると上がる設定になっているため、NFT販売で稼ぐためには、リアルのサッカーの試合をチェックしておと良いでしょう。

価格が上がりやすいカードの特徴として以下のことがあります。

  • スタメンに定着している
  • ゴールを決めている
  • アシストしている
  • 失点が少ない
  • ファウルが少ない

Sorareのカードは、仮想通貨取引所のCoincheckが提供する、Coincheck NFT(β版)で取引できます。

無料で利用できるので、Sorareと一緒に、Coincheckの公式サイトから、Coincheck NFTを利用してみてください。

\ アプリダウンロード数No.1 /

Play to Earn(P2E)ゲームのよくある質問

Play to Earn(P2E)ゲームのよくある質問に回答します。

無課金でもお金を稼げますか?

基本的には、無課金では稼げません

大半のPlay to Earnゲームは、有料のNFTアイテムを保有していないと稼げない仕組みになっています。

NFTアイテムを入手するためには、課金が必須ですので、無課金で稼ぐのは難しいと言えます。

少額であれば、無課金でも稼げるゲームもありますが、NFTを購入するには足りないレベルの報酬です。

本格的に稼ぐ場合は、NFTの購入を後で回収できる初期投資と考えて、NFTを購入してゲームすることをおすすめします。

無料でプレイできる環境を用意しているゲームも多いので、まずは無料で試して、おもしろいと感じたり、将来の人気を感じたりしたら、課金するのも良いでしょう。

未成年でも始められますか?

Play to Earnゲームは未成年でもプレイ可能です

しかし、稼ぐことは難しいと言えます。

その理由は、仮想通貨取引所の口座開設に年齢制限があるためです。

Play to Earnゲームの報酬は仮想通貨であるため、仮想通貨取引所の利用が必須です。

多くの仮想通貨取引所は、口座開設の条件として「20歳以上である」「18歳以上である」「未成年の場合、親権者の同意が必要」などを設けています。

よって、未成年はPlay to Earnゲームをプレイできますが、稼げないと言えます。

Play to Earnゲームで得た利益に税金はかかりますか?

Play to Earnゲームで利益が出た場合、税金がかかります

Play to Earnで稼ぐ方法は複数ありますが、大きく「ゲーム報酬」と「NFT報酬」の2種類です。

NFTの売買による利益については、雑所得に含まれます。

ゲーム報酬については、明確なルールが決まっていない状況です。

不安な方は税理士に相談することをおすすめします。

Play to Earnゲームを始めてみたい方は、これらの質問を参考にして、Coincheckの公式サイトを訪れてみましょう。

\ アプリダウンロード数No.1 /

Play to Earn(P2E)ゲームのまとめ

今回は、Play to Earnについて解説しました。

この記事のまとめ
  • Play to Earnはゲームをプレイしてお金を稼ぐこと
  • 稼ぐ方法は、ゲーム報酬、NFT販売、スカラーシップ制度などがある
  • Play to Earnは稼ぐまでの仕組みが複雑で参入障壁が高い
  • おすすめのPlay to Earnゲームは「Sorare」
  • Play to Earnで得た仮想通貨を換金するならCoincheckが使いやすい

Play to Earnで稼いだ仮想通貨を、日本円に換金するためには、仮想通貨取引所の利用が必要です。

仮想通貨取引所のCoincheckは、NFTマーケットプレイスの「Coincheck NFT(β版)」をリリースしており、SorareやThe SandboxなどのゲームのNFT販売にも対応しています。

無料で口座開設できるので、この機会にCoincheckの公式サイトを確認し、Play to Earnに挑戦しましょう

\ アプリダウンロード数No.1 /

LineBanner_btc

Media Argo公式LINEでは、投資家のみなさまにとって有益な情報を随時配信していきます。

まだ友だち追加がお済みでない方は、この機会にぜひ無料で登録しておきましょう。

\ 5/31まで!200円のBTCゲット/

目次
閉じる