仮想通貨Avalanche(アバランチ)/AVAXとは?特徴と今後の予想・将来性を徹底解説

Avalancheは2020年9月にローンチされた処理速度に優れるブロックチェーンです。

Avalancheで使われるAVAXが、2021年8月ごろより急激な高騰を見せたことで注目を集めました。

価格高騰には明確な根拠があり、スケーラビリティ問題を解決する決済処理性能や、インターオペラビリティに対する解答であるイーサリアムとの互換性、需要と供給のバランスをシステムで操作するバーンの仕組みがあげられます。

2021年9月現在、AVAXを扱う国内取引所はまだないため日本人にとっては比較的馴染みの薄いAvalancheですが、その潜在能力から考えると、今後のアルトコインを牽引するブロックチェーンにもなりえます。

この記事からわかること
  • ブロックチェーン名はAvalanche、通貨名はAVAX
  • AvalancheはDefiに特化したパブリックチェーン
  • 完全な分散型を実現
  • スケーラビリティ問題とインターオペラビリティ問題を解決
  • バーンにより通貨の価値を確保
  • 今後は高騰の可能性も十分
  • AVAXを購入するには国内取引所でビットコインやイーサリアムの仮想通貨の入手が必要
  • 仮想通貨の購入は、使い勝手に優れたコインチェックがおすすめ

AVAXを購入するにはまずビットコインやイーサリアムを国内取引所で準備する必要があります。

国内取引所の中でもおすすめはコインチェックです。

国内トップクラスである17銘柄を取引することができ、人気の取引ツールは初心者の方でも直感的に使うことができます。

無料ですので、是非この機会に口座開設しておきましょう。

\ アプリダウンロード数No.1 /

LineBanner_btc

なお、Media Argo公式LINEではDeFiなど仮想通貨に関する情報を配信中です。

ぜひこの機会に、無料で友達登録してみてください。

\ 7/31まで!200円のBTCゲット/

目次

Avalanche(アバランチ)とは?

アバランチ
ブロックチェーンAvalanche
通貨名AVAX
価格(2021年9月時点)70.1ドル
時価総額(2021年9月時点)133憶ドル
時価総額ランキング12位
公式サイトAvalanche公式サイト
公式TwitterAvalanche公式Twitter

Avalancheはイーサリアムキラーの一角を担う高性能ブロックチェーンです。

ローンチからわずか1年ほどしか経過していませんが、時価総額ランキング12位で存在感を示しています。

特に2021年8月末からの高騰は目覚ましく、今後が期待される仮想通貨です。

2021年9月現在、国内取引所ではまだ扱われていないので、一度コインチェックなどの国内取引所で日本円をビットコインやイーサリアムに換えてから海外取引所で購入するのが入手方法になります。

AVAX

AVAX

2021年9月時点では1AVAXは70.1ドルであり、1年前のローンチ後しばらくは5ドル付近を推移していたので、約14倍まで高騰したことになり、時価総額ランキングでは12位まで上りつめています。

Avalancheのブロックチェーンが優秀で高い将来性を秘めているので、ネイティブトークンであるAVAXが更なる高騰を見せる可能性も十分にありえるでしょう

また後述するバーンという仕組みにより、AVAXは使われれば使われるほど価値を高める性質を持ちます。

注意点として国内取引所には上場していないので、海外取引所で入手する必要がありますが、海外取引所の利用は自己責任でお願いいたします。

投資目的の方にとって要チェックの銘柄と評価できます。

Defi特化のパブリックチェーン

AvalancheはDefiに特化するブロックチェーンとして開発、ローンチされました。

実際AvalancheのエコプロジェクトにはすでにたくさんのDefiのサービスが展開されており、プラットフォームとしての価値を示しています。

Defiとは日本語で分散型金融を意味し、仮想通貨の非中央集権的な仕組みを活用し、ブロックチェーン上で銀行のような役割を果たします。

DeFi とは

日本の銀行は優秀な企業に運営されていることが多いため日本人には想像しずらいですが、国によっては銀行を信用しきれない場合もあるのでDefiの価値が評価されています。

日本でもイーサリアム基盤のDefiは人気を博していますが、Avalancheは性能面でより優れているとされ、Defiの今後を担うパブリックチェーンと評価する人も多いです。

今後の将来性として、スマートコントラクトを採用していることや、Dappsのプラットフォームとしての基盤を固めていることが潜在能力を証明します。

処理能力が高いので、もし今後扱う決済が増えたとしても処理時間や手数料の面の問題を抱えることはないと予想されます。

純粋な分散型のブロックチェーン

そもそも仮想通貨が世界中で評価される根拠は、ブロックチェーンによる分散型でした。

しかしブロックチェーンが抱える問題を解決するために、分散性の要素を薄めるケースがよく見られ、言葉では分散型と表現するものの実際は中央集権的要素を含んでいることがあります。

分散型取引所に関しては、「DEXとは?」の記事をご参照ください。

そうなるとブロックチェーンの管理者や運営会社による影響を受けることが懸念されますが、Avalancheなら純粋なブロックチェーンを実現できます。

Avalanche独自のブロックチェーンを用いることで、分散型を徹底できるうえに、従来のブロックチェーンが抱える問題も解決しているので、多くの投資家や仮想通貨関係のビジネスマンの注目を集めています。

ブロックチェーンの起源は通貨としてのビットコインでしたが、Defiなど他のサービスにブロックチェーンを応用する流れが強まるなかで、いつしか本来の特徴である分散性は薄まり、ブロックチェーンが社会に革命的な影響を与えない事態が続きました。

その点ではAvalancheはブロックチェーンの本来の姿を取り戻しているとも考えられ、仮想通貨が世の中で知られた時に想像された未来の実現を果たす役割を担っています。

仮想通貨の将来性を感じた方は、是非コインチェックで口座開設しておきましょう。

最短5分で申し込みが完了しますので、今すぐ取引を開始したいという人には特におすすめです。

\ アプリダウンロード数No.1 /

Avalanche(アバランチ)の特徴

Avalancheのブロックチェーンが優れていて、従来のブロックチェーンと一線を画す理由を3つの特徴と交えてご解説いたします。

高い決済処理速度

従来のビットコインなどのブロックチェーンは世界中で浸透したあまりに、処理速度に時間がかかるデメリットを抱えており、解決に向け注力しているもののいまだ問題は解決してなく、これをスケーラビリティ問題と言います。

スケーラビリティ問題

実際スケーラビリティ問題により、イーサリアム上の手続き時に発生するガス代は高騰しており、あらゆる活動においてガス代のデメリットが付きまとい更なるイーサリアムの浸透を妨げています。

トランザクション処理数で比較するとビットコインが7件/秒、イーサリアムが14件/秒であるのに対し、Avalanchは4,500件/秒であり、圧倒的に処理能力に優れていることが数字で読み取れます。

ビットコインイーサリアムAvalanche
トランザクション処理数7件/秒14件/秒4,500件/秒

このAvalancheのトランザクション処理数はVisaに匹敵するともされており、クレジット決済が広く使用されていることから考えると、ユーザーが満足するだけの十分な処理スピードであると評価できます。

Avalancheがこれほどの決済処理能力を要している理由の1つに、システムに3つのチェーンを採用していることがあります。

Xチェーン、Cチェーン、Pチェーンの3つのチェーンそれぞれに役割を分担することでシステムの渋滞を防ぎます。

ブロックチェーンのシステムの主な要素である取り引き、契約、ネットワークをそれぞれのチェーンが担っているのです。

さらにブロックチェーンで管理するデータ量自体も少量になる工夫が加えられています。

3つのチェーンの活用と、ブロックのデータ量の調整の2点により優秀な決済処理を実現しているのです。

イーサリアムとの互換性

Avalancheはイーサリアムとの互換性を持つブロックチェーンです。

現在アルトコインの中ではイーサリアムが不動の首位を確立させていますが、その座を奪取しようと多くの仮想通貨が誕生しています。

それらの仮想通貨の多くはイーサリアムが抱えるスケーラビリティ問題を解決することで、差別化を図っています。

Avalancheもスケーラビリティ問題に注力している点では共通していますが、イーサリアムとの互換性を持つことで大きなアドバンテージを築いています。

イーサリアムを基盤としたDappsが広く浸透している現状の中で、多くの仮想通貨は独自のブロックチェーンでのみ独立して動く仕様になっており、他のブロックチェーンと互換していない問題を抱え、これをインターオペラビリティ問題といいます。

インターオペラビリティとは

Avalancheならば現状広く活用されているイーサリアムとの互換性を持つため、インターオペラビリティ問題を解決できるのです。

このようにインターオペラビリティ問題をクリアしていて、先述の通りスケーラビリティ問題も解決しているためAvalancheは注目されています。

流通量をシステム的に減少

Avalancheはバーンという仕組みによりシステム的に市場での流通量を減少させます。

仮想通貨のバーン

バーンとは日本語の焼却を意味し、Avalancheが使われれば使われるほど、通貨を意図的に減少させることで価値を上げる仕組みです。

物の価値は需要と供給というシンプルなバランスで決定され仮想通貨も例外ではありません。

バーンはこの普遍的なバランスの仕組みを意図的にシステムにより操作するので、不正が行われないというメリットを持ちます。

バーンにより市場に出回るAVAXの量が減少するため供給は減少し、社会的な評価を集めることで需要を上げているので、両面で価格高騰を狙えるのです。

ビットコインやイーサリアムなどの仮想通貨がマイニングに制限を設けることで価値を確保しているように、Avalancheはバーンで価値を保ちます。

このバーンが定期的に行われることで、AVAXの価格の高騰が見込めるので、投資目的の人にとっても注目すべきポイントでしょう。

なお、Media Argo公式LINEではDeFiなど仮想通貨に関する情報を配信中です。

ぜひこの機会に、無料で友達登録してみてください。

\ 7/31まで!200円のBTCゲット/

AVAXの価格動向

AVAX チャート
引用:TradingView

AvalancheのAVAXは時価総額12位の仮想通貨です。

ローンチ直後の2020年10月ごろから4ドル付近で推移していましたが、海外取引所への上場をきっかけに2021年の2月には急激な高騰を見せ、一時的に50ドルを突破しました。

その後は6月ごろまでは25ドルから30ドルあたりで推移しましたが、6月には15ドル付近まで下落しています。

これはAvalanche自体の評価というよりもビットコインをはじめとした仮想通貨市場全体の下落による影響を受けたものと考えられます。

そして2021年9月現在2度目の急激な高騰を見せ、今まさに70ドルを突破しローンチ以降最高額を記録しており、これはAvalancheがDefi関連で新たなインセンティブの仕組みを発表したことが影響していると考えらえます。

今後の動向に目が離せない銘柄でしょう。

仮想通貨に興味を持った方は、まずはコインチェックで口座開設しておきましょう。

非常に王道の取引所ですので、まだ口座をお持ちでない方は早めの口座開設をおすすめします。

\ アプリダウンロード数No.1 /

Avalanche(アバランチ)の今後の見通し

ここまでAvalancheについてお伝えし、興味を持っていただいた方に向けてAvalanche、AVAXの今後の見通しについて3点ご説明いたします。

アバランチの見通し
  • 高騰を継続
  • 快進撃に終止符
  • イーサリアム越えの可能性も

高騰を継続

2021年8月末より高騰を続けているAvalancheですが、仮想通貨の傾向としてはこの後下落するパターンが多いです。

しかし、ことAvalancheに関してはスケーラビリティ問題とインターオペラビリティ問題の2点を解決しているので、今後も高騰する可能性を秘めています。

アルトコインに投資を考えている方は「アルトコイン投資におすすめの取引所」もご覧ください。

快進撃に終止符

今までの他の仮想通貨の傾向から考えるに、Avalancheの高騰はひとまず終了する可能性が高いと考えられます。

イーサリムキラーと称される仮想通貨がいくつか登場してきましたが、イーサリムは依然首位をキープしており、2番手とは時価総額で5倍近い差をつけています。

2021年9月現在は時価総額で12位ですが、ここから順位をいくつ上げられるかが直近の注目ポイントでしょう。

時価総額で11位のDogecoinは時価総額で倍近く離れているので、直近に大きな壁がそびえ立っている状況です。

イーサリアム越えの可能性も

イーサリアムとの互換性を秘めているため、すでにイーサリアムブロックチェーンで動いているDappsに対応できますし、通貨としてイーサリアムを使用できます。

このままイーサリアムがスケーラビリティ問題を解決しなければ、取って代わられるAvalancheがイーサリアムの市場を手に入れるかもしれません。

そうなると現状投資としての側面の評価に集中しているDefiが本来の金融サービスの面で社会的に認められるようになり、パソコンを媒体としてインターネットが世の中を変化させたように、Avalancheがブロックチェーンを浸透させる役割を果たしていくとも考えらえます。

イーサリアム越えを果たした場合に、同じく他に伸びているアルトコインとの競争になりますが、Avalancheはイーサリアムとの互換性を持つため、すでにイーサリアム向けに開発を進めている企業はAvalancheを対象に活動する可能性が高いでしょう。

Avalanche(アバランチ)を購入する方法

2021年9月現在、Avalancheは国内取引所に上場していません。

Avalancheを購入するには、まずビットコインやイーサリアムといった仮想通貨を国内取引所で準備する必要があります。

国内取引所を利用する場合は、コインチェックならすぐに登録可能で使い勝手にも優れています。

STEP
コインチェックの口座開設
STEP
コインチェックに日本円を入金
STEP
コインチェックでビットコインかイーサリアムの仮想通貨を購入
STEP
仮想通貨を海外取引所へ送金し、Avalancheを購入

仮想通貨を取引したことがない方は、「仮想通貨の購入方法」の記事が参考になるかと思います。

コインチェックの口座開設

コインチェック
運営コインチェック株式会社
設立2012年8月28日
取引手数料0円
取り扱い通貨数17通貨
レバレッジ取引なし
関連サービス仮想通貨販売所
Coincheckつみたて
Coincheck NFT(β番)
大口OTC取引
貸仮想通貨
公式サイトCoincheck公式サイト
関連記事Coincheckの評判
おすすめの仮想通貨取引所ランキング

まず国内取引所の口座開設ですがコインチェックがオススメです。

500円からはじめられるので、仮想通貨の勝手を知りたい初心者の方はこれを機に登録しましょう。

コインチェック公式サイトより口座開設する流れになります。

身分証を用意し、「会員登録」をクリックし登録を進めてください。

次の手順で必要になる日本円の入金や仮想通貨の送金にはスマートフォン用アプリ版が特に便利なので、あわせてダウンロードしましょう。

コインチェックに日本円を入金

コインチェックのアプリを起動し、下のメニューから「入出金」を選択してください。

3種の入金方法の中から選ぶことになりますが、おすすめは最も手数料が安い「銀行口座から入金」です。

口座に入金する際は振込人名義を間違えないように注意してください。

\ アプリダウンロード数No.1 /

コインチェックでビットコインかイーサリアムの仮想通貨を購入

次にコインチェックに入金した日本円でビットコインかイーサリアムの仮想通貨を購入します。

下のメニューから「販売所」をタップしてください。

購入したい仮想通貨の銘柄を選べるので、ビットコインかイーサリアムを選択し、「購入」から買いたい額を入力してください。

\ アプリダウンロード数No.1 /

なお、取引の際に発生する手数料に関しては「仮想通貨取引所の手数料比較」の記事で詳しく解説していますので、合わせて確認しておくことがおすすめです。

仮想通貨を海外取引所へ送金し、Avalancheを購入

まず開設済みの海外取引所のアドレスをコピーしてください。

次にコインチェックで送金する方法ですが、「送金と受け取り」を選びます。

ビットコインの場合はそのまま手続きに進み、イーサリアムの場合は「BTC以外の送金はこちら」からイーサリアムを選びましょう。

送金先にコピーしておいたアドレスを入力し、送金を完了させてください。

手数料が発生するので確認してから送金しましょう。

また海外取引所のご利用についてですが、国内取引所とは違い何かのトラブルの際に国が責任を負うことはありません。

自己責任で利用をご検討ください。

\ アプリダウンロード数No.1 /

海外取引所への送金

関連記事【危険】海外仮想通貨取引所をおすすめしない理由を徹底解説

Avalanche(アバランチ)のまとめ

今回はAvalancheについてお伝えしました。

この記事の要点
  • Avalancheは決済処理に優れ、イーサリムとの互換性を持つ優秀なブロックチェーン
  • Defi系サービスに特化したプラットフォームを実現
  • 通貨のAVAXはローンチ後1年間で約14倍に高騰し、2021年9月現在が最も高騰している
  • バーンにより通貨の価値を保つ
  • AVAXを入手するには、国内取引所でビットコインかイーサリアムの準備が必要
  • おすすめの国内取引所はコインチェックで、初心者でも安心のUIを実現している

Avalancheは高い決済処理能力と、イーサリアムとの互換性により、スケーラビリティ問題とインターオペラビリティ問題を解決した次世代ブロックチェーンです。

ローンチ後わずか1年間でAVAXの価値を14倍ほどまで高騰させ、2021年9月現在では再注目のアルトコインの1つでしょう。

高騰には十分な根拠があり、Defi系のプラットフォームとして更なる評価を集めていく可能性を秘めます。

使われれば使われるほど、バーンによりAVAXの需要は増加し価値を高めるシステムを採用しているので、仮想通貨取り引きに関心を持つ方には要チェックの銘柄です。

2021年9月現在、AVAXは国内取引所に上場していないため、入手するには一度国内取引所でビットコインやイーサリアムを購入してから海外取引所でAVAXに交換する必要があります。

そこでおすすめの国内取引所はコインチェックです。

コインチェックならば基本的に即日口座開設が可能で、日本円の入金、仮想通貨の購入、購入した仮想通貨の送金をスムーズに実施でき、初心者にも使いやすいUIを実現しています。

\ アプリダウンロード数No.1 /

LineBanner_btc

なお、Media Argo公式LINEではDeFiなど仮想通貨に関する情報を配信中です。

ぜひこの機会に、無料で友達登録してみてください。

\ 7/31まで!200円のBTCゲット/

目次
閉じる