【2021年最新】アルトコインのおすすめ銘柄ランキング9選!

2009年に最初の仮想通貨であるビットコインが誕生してから、イーサリアム、リップルをはじめ多くのアルトコインが開発され、現在その数は2,500銘柄を超えていると言われています。

そのためアルトコインに投資しようにも、どれに投資すればいいか苦慮している方もおられるのではないでしょうか。

そこで今回はその中で、2021年最新のおすすめアルトコインを紹介していきます。

また、アルトコインを購入するためのおすすめ取引所もあわせて紹介しますので、これからアルトコインに投資してみたいと考えている方はぜひ最後までご覧いただき、参考にしてみてください。

この記事の要点
  • アルトコインは、ビットコインを除くすべての仮想通貨の総称
  • アルトコインはビットコインよりも価格の変動が大きく、ハイリスク・ハイリターンな投資ができる
  • アルトコインに投資するなら、取扱銘柄数が国内で最も多いコインチェックがおすすめ

コインチェックは取引量の多さから、アルトコインに投資するのであれば口座を持っていて損はありません

また、約500円から購入可能なので資金力に乏しい方でも気軽に参入できます

最短五分で申し込み可能最短10秒で購入可能ですので、まだ口座をお持ちでない方はぜひこの機会に口座開設しておきましょう。

\ アプリダウンロード数No.1 /

公式LINE

なお、MediaArgoの公式LINEでは仮想通貨に関する情報を随時配信中。

LINE限定のお得な情報も配信していますので、是非無料登録してみてください。

\ 10/31まで!100円のBTCゲット/

目次

アルトコインとは?仕組みや特徴を解説

ここでは、「アルトコインとは何か」や「アルトコインの特徴」について書いていきます。

アルトコインとは

アルトコイン とは

アルトコインとは、ビットコインを除いたすべての仮想通貨のことを指します。

また明確な線引きがあるわけではありませんが、アルトコインの中でも時価総額が低く、流動性に乏しいものを「草コイン」と呼ぶこともあります。

ビットコイン、アルトコイン、草コインの関係性は下の画像の通りです。

草コイン

さて、最初に誕生して最もメジャーである仮想通貨ビットコインと比べると、アルトコインには次のような特徴があります。

アルトコインの特徴
  • ビットコインと相関関係にある通貨が多い
  • ビットコインよりも価格の変動が大きなものが多い
  • 「草コイン」と呼ばれる銘柄には、価格の変動が乏しいものが多い

このように、アルトコインの値動きにはビットコインが深く関わっています。

アルトコインの値動きの特徴

まず日本円やドルなど法定通貨は、特定の国家によって発行・管理がおこなわれ、価値が保証されます。

そのため、その法定通貨を発行している国の政治経済の影響を受け、法定通貨同士にも決まった相関関係が見られないことが多いです。

一方で仮想通貨はすべて、特定の国に依存しているわけではありません。

そのため仮想通貨全体に影響する要素に対して、ビットコインもアルトコインも似通った反応を見せることが多いです。

下のチャートは、ビットコイン(青色)・イーサリアム(オレンジ色)・リップル(黄色)の、2021年初めから10月現在までのチャートを重ね合わせて同時に表示したものです。

アルトコイン 比較
引用元:Tradingview

ご覧の通り小さな波の形状はそれぞれ異なりますが、年始から上昇トレンドを形成し、4~5月頃から下降トレンドに転換するという大きな流れはいずれも共通しています。

また、10月月初からは共通して高騰傾向が継続しています。

もちろんアルトコイン一つ一つに価格変動をもたらす要素があるので、ミクロな視点で見ると異なった値動きをしていますが、マクロな視点で見るとこのチャートが示すように、ビットコインと相関関係にあるアルトコインが多くあります。

アルトコインにはCoincheckで投資できるので、まだ口座をお持ちでない方はぜひ口座開設しておきましょう。

アルトコイン投資を始めるメリット

アルトコイン投資を始めるメリットは次の3つです。

アルトコイン投資のメリット3つ
  • ビットコインよりも値動きが激しいため、大きな利益を狙える
  • 仮想通貨投資において分散投資をすることができる
  • ビットコインにはない特徴を持っている通貨も多い

ビットコインよりも値動きが激しいため、大きな利益が狙える

次の表は、先ほど紹介したアルトコイン9銘柄とビットコインの、

  • 2021年始値
  • 2021年10月時点の最高値
  • 2021年始値から最高値までの上昇率

をまとめたものです。

銘柄2021年始値2021年最高値
(10月時点)
始値から最高値の上昇率
ビットコイン28,963ドル  65,087ドル+124% 
イーサリアム 737.8ドル  4,646ドル+529%
エンジンコイン0.130ドル  4.033ドル+3,002% 
ポルカドット 9.272ドル  50.74ドル +447%
リップル 0.220ドル  1.983ドル +801%
ビットコインキャッシュ 342.6ドル  1,670ドル +387%
IOST 0.0057ドル  0.0928ドル +1,528%
オーエムジー 2.480ドル  18.12ドル+631% 
ベーシックアテンショントークン 0.1999ドル  1.697ドル +749%
ステラルーメン0.1324ドル0.765ドル +478%
ネム0.2223ドル0.8652ドル +289%
イーサリアムクラシック5.7043ドル176.16ドル +2,988%
エイダコイン0.1753ドル3.10ドル +2,668%
シンボル0.38ドル0.7715ドル +103%

今回紹介したアルトコインは、軒並みビットコインよりも上昇率が高いことがお分かりいただけると思います。

中にはエンジンコインのように半年もかからずに30倍にまで膨れ上がったものもあります。

ほとんどのアルトコインが4月あたりで最高値を記録しているのに対し、オーエムジーは10月月初に高騰し18.12ドルまで上昇しています。

アルトコインはいずれも、ビットコインよりも時価総額が劣ります。

流動性が低い

つまり保有者の数も劣り、流動性も低いということです。

元々の時価総額・保有者が少ない所に、注目が高まって一気に資金が流入してくると、価格もそれに反応して急上昇します。

そのためタイミングよく波に乗れると、ビットコインに投資するよりも大きな利益を得られるでしょう。

好機を逃さないためにはお早めの口座開設をおすすめいたします。

\ アプリダウンロード数No.1 /

仮想通貨投資において分散投資をすることができる

アルトコインを用いると、ビットコイン含め複数の仮想通貨に分散投資することができます。

なお、仮想通貨への分散投資は、株など他の金融商品における分散投資とは大きく意味合いが異なります。

例えば株への分散投資は、リターンの低下を承知しつつもリスクを下げるためにおこないます。

分散投資することによって、仮に投資した会社の内1社が倒産したとしても、その影響を小さく抑え込むことができます。

その代わり、優秀な会社1社に投資できた場合よりもリターンは低下してしまいます。

一方で仮想通貨の分散投資は、リスクも上がるのを承知しつつもリターンを上げるためにおこないます。

なぜなら、現状最も流動性が高くローリスク・ローリターンなのはビットコインであり、アルトコインを混ぜた方がよりハイリスク・ハイリターンになるためです。

実際にビットワイズ・アセット・マネジメントが運用している世界最大の仮想通貨ファンド「Bitwise 10 Crypto Index Fund」での分散比率は、運用資産の約80%をビットコイン、15%をイーサリアム、残りのたった5%を他のアルトコインに振り分けるという形をとっています。

つまり、約95%はより安全な通貨に投資して、5%分だけリスクを取りながら高いリターンを狙うという状態です。

アルトコインはハイリスク・ハイリターンな投資対象なので、皆さんも購入の際はリスクを取り過ぎないように注意しましょう。

ビットコインにはない特徴を持っている通貨も多い

アルトコインはすべて、ビットコインよりも後に誕生しています。

そのため、ビットコインの欠点を補う性能を備えていたり、ビットコインとはまったく別の目的でつくられていたりします。

ビットコインにない性能・特徴の一例
  • 送金速度・処理速度が速い
  • スケーラビリティ問題がおこらない
  • NFTを作成できる など
スケーラビリティ問題

それらの性能・特徴に着目し、将来性を見越して投資してみるというのもよいでしょう。

将来性が高いアルトコインおすすめランキング

続いて将来性が高く、投資対象として優良なアルトコインを9銘柄ご紹介していきます。

おすすめアルトコイン9つ
  1. イーサリアム
  2. エンジンコイン
  3. ポルカドット
  4. リップル
  5. ビットコインキャッシュ
  6. IOST
  7. オーエムジー
  8. ベーシックアテンショントークン
  9. パレットトークン

イーサリアム(ETH)

イーサリーアム
通貨名イーサまたはイーサリアム
ティッカーシンボル ETH
現在の価格(2021年10月時点)405,437.63円
時価総額(2021年10月時点)47兆8598億8396万円
時価総額ランキング(2021年10月時点)2位
購入可能な主な取引所Coincheck
bitFlyer
GMOコイン
公式サイトイーサリアム公式サイト
関連記事イーサリアムの見通し

イーサリアム(ETH)の特徴

イーサリアムは2021年10月現在、時価総額ランキングでビットコインに次ぐ2位につけているアルトコインです。

様々なDapps(分散型アプリ)が開発されているため、「ブロックチェーン開発の王様」と呼ばれることもあり、人気・実績ともに優れた通貨の一つです。

  • 時価総額が高い=保有者が多く流動性がある
  • 通貨やブロックチェーンが社会に実益をもたらしている

こういったことから、アルトコインの中では投資しやすい銘柄だと言えるでしょう

イーサリアム(ETH)の価格動向・見通し

引用元:Tradingview

上のチャートから分かるように、イーサリアムは今まさに価格を上昇させています。

仮に過去の最高値まで上昇するとしたら、投資額が50%上昇します。

2021年8月5日のロンドンアップデートによって、イーサリアムはさらなる価格上昇が見込まれています。

好機を逃さないためにも、コインチェックで口座開設して投資の準備を整えておきましょう

\ アプリダウンロード数No.1 /

エンジンコイン(ENJ)

エンジンコイン
通貨名エンジンコイン
ティッカーシンボルENJ
現在の価格(2021年10月時点) 184.12円
時価総額(2021年10月時点)1536億3014万円
時価総額ランキング(2021年10月時点)80位
購入可能な主な取引所Coincheck
公式サイトエンジンコイン公式サイト
関連記事エンジンコインの見通し

エンジンコイン(ENJ)の特徴

エンジンコインはユーザー数が2000万人を超えていると言われる人気のアルトコインで、マイクロソフトやサムスンなどの大企業と提携しています。

またエンジンコインは、「NFT」を作成できるプラットフォームとして昨年末以降、多くの投資家から注目を集めています。

NFTとは?

NFT(非代替性トークン)とは、デジタルデータに対して、偽造不可な鑑定書・所有証明書などを付けて唯一無二なデジタル資産とする技術のことです。

現在はデジタルアートやゲームアイテムなどから、徐々に活用されるようになってきています。

NFTは少しずつ実社会で使われ始めているものの、まだまだその使い道を模索している状況なので、エンジンコイン含めその将来に高い期待を寄せられています。

エンジンコイン(ENJ)の価格動向・見通し

引用元:Tradingview

こちらは、エンジンコインの直近1か月のチャートになります。

チャートから分かるように、現在ENJは上昇トレンドとなっています。

エンジンコインはNFTが作成可能であることから、ゲーム業界などから今とても注目を集めています。

これからの価格高騰を想定すると、今は比較的に価格が安いと言えるので、エンジンコインに投資してみることもおすすめです。

\ アプリダウンロード数No.1 /

ポルカドット(DOT)

ポルカドット
通貨名ポルカドット
ティッカーシンボルDOT
現在の価格(2021年10月時点)4,032.36円
時価総額(2021年10月時点)3兆9812憶3144万円
時価総額ランキング(2021年10月時点)8位
購入可能な主な取引所GMOコイン,
bitFlyer
公式サイトポルカドット公式サイト
関連記事ポルカドットとは

ポルカドット(DOT)の特徴

ポルカドットはWeb3.0という世界の実現を目指すブロックチェーンプラットフォーム、およびそこで扱われるアルトコインです。

Web3.0は、現在のような中央集権型のWeb世界ではなく、分散型(非中央集権型)の新たなweb世界のことです。

現在はそれがどういったものなのか、まだ普段の生活の中で実感を得られないので理解するのが難しいという方が多いと思います。

しかしポルカドットは2020年8月に新規公開された比較的新しいアルトコインにもかかわらず、すでに時価総額ランキング8位とトップ10内に位置しており、その期待の高さがうかがえます。

ポルカドット(DOT)の価格動向・見通し

引用元:Tradingview

上のチャートから分かるように、ポルカドットは下落トレンドから一転して、2021年7月半ばから価格上昇を続けています

例えば今投資して、過去の最高値まで復帰するとしたら、投資額は2倍に上がることが見込めます。

非常に注目されているコインですので、ポートフォリオの一部に組み込んでみるのも良いでしょう。

リップル(XRP)

リップル
通貨名リップル
ティッカーシンボルXRP
現在の価格(2021年10月時点)131.61円
時価総額(2021年10月時点)6兆1599憶7764万円
時価総額ランキング(2021年10月時点)6位
購入可能な主な取引所Coincheck
bitFlyer
GMOコイン
公式サイトリップル公式サイト
関連記事リップルの今後

リップル(XRP)の特徴

リップルはビットコインやイーサリアムよりも、送金速度・処理速度が圧倒的に速く、取引コストも安いという特徴を持つアルトコインです。

ただ、性能面は優れているのですが、2020年12月にアメリカ証券取引委員会から証券法違反の疑いで提訴されてしまいました。

訴訟の内容は、2013年から2020年までの間、リップル側がアメリカの有価証券登録を実施せずにリップルを販売し続けていたというものです。

訴訟というのはマイナスの要素のはずですが、現在も時価総額ランキング7位と高い地位をキープしており、人気のあるアルトコインであることは間違いありません。

リップル(XRP)の価格動向・見通し

引用元:Tradingview

リップルもポルカドットと同様に、過去の大暴騰からの下降トレンド、そして7月なかばからの上昇という動きを見しています

価格変動も激しく、収益の狙える仮想通貨とも言えます。

日本でも非常に注目されており、期待の高いアルトコインと言えるでしょう。

\ アプリダウンロード数No.1 /

ビットコインキャッシュ(BCH)

ビットコインキャッシュ
通貨名ビットコインキャッシュ
ティッカーシンボル BCH
現在の価格(2021年10月時点)68,746.37円
時価総額(2021年10月時点)1兆2975憶1682万円
時価総額ランキング(2021年10月時点)18位
購入可能な主な取引所Coincheck
bitFlyer
GMOコイン 
公式サイトビットコインキャッシュ公式サイト
関連記事ビットコインキャッシュの今後

ビットコインキャッシュ(BCH)の特徴

ビットコインキャッシュは、2017年8月にビットコインから派生してできたアルトコインです。

2017年当時ビットコインに需要が集中し、スケーラビリティ問題が発生していたため、それを解決できる新たな通貨として誕生しました。

ビットコインはブロックサイズが1MBである一方で、ビットコインキャッシュは32MBもあり、より早く取引などを処理できるようになっています。

ビットコインに近い性質を持ちながらより優れた部分も持ち合わせている、いわば上位互換のような存在でもあります。

現在は時価総額ランキング12位ですが、将来ビットコインとビットコインキャッシュ両者の位置付けがどう変化していくのか要注目です。

ビットコインキャッシュ(BCH)の価格動向・見通し

引用元:Tradingview

多くの仮想通貨が上昇トレンドの中、BCHは比較的に安定した動きを見せています。

BCHのような、ビットコインとの価格の相関関係が小さいコインも保有しておいた方が、リスクの分散につながります。

これからBCHに投資したいという方は、コインチェックで口座開設しておきましょう。

\ アプリダウンロード数No.1 /

アイオーエスティー(IOST)

LOST
通貨名IOST(アイオーエスティー)
ティッカーシンボルIOST
現在の価格(2021年10月時点)6.18円
時価総額(2021年10月時点) 1億1178万円
時価総額ランキング(2021年10月時点)98位
購入可能な主な取引所Coincheck
公式サイトIOST公式サイト
関連記事IOSTの今後

アイオーエスティー(IOST) の特徴

IOSTは2018年に生まれたアルトコインで、ビットコインやイーサリアムよりもさらに実用的なオンラインサービスの構築を目指しています。

IOSTは、Javasprictを用いてサービス開発が可能になっているのが大きな特徴の一つです。

多くのブロックチェーンプラットフォームは独自のプログラミング言語を用いていますが、IOSTではすでに世界中で利用されているプログラミング言語「JavaSprict」を用いることで、多くのプログラマーが開発に参入しやすくなっています。

様々なサービスの開発が現在進行形で進められており、その将来に期待が持てるアルトコインの1つだと言えるでしょう。

今年に入ってからの値上がり幅も大きく、投機目的でハイリスク・ハイリターンを求める方にはうってつけのコインではないでしょうか。

アイオーエスティー(IOST)

引用元:Tradingview

こちらがIOSTのチャートになります。

4月から6月にかけて価格が下降していきましたが、9月には高騰を見せ、その後少し下落するも比較的安定した動きを見せています

価格変動が大きくリスクもありますが、その分ハイリターンも狙えますので、仮想通貨投資を楽しみたいという方にはうってつけの通貨となっています。

\ アプリダウンロード数No.1 /

オーエムジー(OMG)

オーエムジー
通貨名オーエムジー
ティッカーシンボルOMG
現在の価格(2021年10月時点)1,652.47円
時価総額(2021年10月時点)2億3169万円
時価総額ランキング(2021年10月時点)60位
購入可能な主な取引所Coincheck
GMOコイン
公式サイトOMG Network公式サイト

オーエムジー(OMG) の特徴

オーエムジーは、イーサリアムを基盤としてつくられたプラットフォーム「OMGNetwork」上で使われるアルトコインです。

オーエムジーはイーサリアムのスケーラビリティ問題を解決することを主な目的として開発され、イーサリアムよりも早い処理速度と安い取引コストを実現しています。

またOMGNetworkは、2020年にステーブルコインUSDT(テザー)を扱うTetherと統合しています。

ステーブルコイン

統合以降もOMGNetworkはさらに効率のよい資産移動の実現を目指しており、今後の動きにも注目が寄せられています。

オーエムジー(OMG)の価格動向・見通し

引用元:Tradingview

OMGは6月から9月の間は安定した動きを見せていました。

10月に差し掛かると急激な高騰を見せており、今後の動向が気になります。

国内取引所でもCoincheckに続いて、GMOコインでも取り扱いが始まり、非常に注目度が高くなっている通貨です。

\ アプリダウンロード数No.1 /

ベーシックアテンショントークン(BAT)

ベーシックアテンショントークン
通貨名ベーシックアテンショントークン
ティッカーシンボルBAT
現在の価格(2021年10月時点)82.55円
時価総額(2021年10月時点)1億2312万円
時価総額ランキング(2021年10月時点)94位
購入可能な主な取引所Coincheck
bitFlyer
GMOコイン
公式サイトベーシックアテンショントークン公式サイト
関連記事BATとは

ベーシックアテンショントークン(BAT)の特徴

ベーシックアテンションは、「Brave」というウェブブラウザ上で使用されるアルトコインです。

「Brave」は第三者からの広告をブロックする機能を持つウェブブラウザで、広告を勝手に表示させないことで利用者のプライバシー保護、通信量の削減や高速化を実現しています。

またBraveでは「ユーザー」「広告主」「クリエイター」の新しい関係性を構築しており、そのつながりの中でベーシックアテンショントークンがやりとりされます。

まだまだマイナーなブラウザですが、日本でもTVCMが放映されて徐々に知名度が上がっており、将来的にはBraveのようなスタイルのブラウザがスタンダードになる時が来るかもしれません。

ベーシックアテンショントークン(BAT)の価格動向・見通し

引用元:Tradingview

上のチャートはBATの過去6か月間の価格動向です。

7月半ばより、急激な上昇を見せましたが、9月以降は緩やかに下落、10月には再度少しずつ高騰しています。

braveの普及とともにBATの価格も上昇することが見込まれている仮想通貨ですので、これからの動向に期待が集まっています。

なお、BATに投資するならコインチェックがおすすめです

取引ツールは非常に使いやすいという定評があるので、初心者でも簡単にアルトコインへ投資することできます

\ アプリダウンロード数No.1 /

パレットトークン(PLT)

パレットトークン
通貨名パレットトークン
ティッカーシンボルPLT
現在の価格(2021年10月時点)52.07円
購入可能な主な取引所Coincheck
公式サイトパレットトークン公式サイト

パレットトークン(PLT)の特徴

パレットトークンとはNFTのプラットフォーム「Pallet」で手数料の支払いとして利用される暗号資産のことを指します。

パレットはアニメやマンガ、音楽といったデジタルコンテンツの発行から流通までを担う次世代のブロックチェーンネットワークとして注目されています

パレットでは、エンターテイメント領域に特化したブロックチェーンを利用することで手数料の安定化を実現させようとしています。

PLTは今後に期待が高まる暗号資産と言えます。

パレットトークン(PLT)の価格動向・見通し

引用元:Tradingview

これは2021年7月29日にCoincheckに上場してからのパレットトークンの値動きです。

1枚あたり4.05円でしたが、50円~90円の間で激しく変動し、現在は50円あたりを推移しています。

注目度の高い仮想通貨で、今後も価格が上昇していく可能性がありますので、動向をチェックしておくと良いでしょう。

なお、国内取引所でパレットトークンを購入できるのはCoincheckのみとなっております。

この機会にCoincheck公式サイトから口座を開設して、パレットトークンへの投資を始めてみましょう。

\ アプリダウンロード数No.1 /

ステラルーメン(XLM)

通貨名ステラルーメン
ティッカーシンボルXLM
現在の価格(2021年10月時点)39.68円
時価総額(2021年10月時点)9469憶8279万
時価総額ランキング(2021年10月時点)22位
購入可能な主な取引所Coincheck
DMM Bitcoin
GMOコイン
公式サイトステラルーメン公式サイト
関連記事XLMとは

ステラルーメン(XLM)の特徴

ステラルーメンは、リップル開発者であるJed McCaleb氏が関わっていることもあり、ローンチ直後から注目を集めた仮想通貨です。

中央集権体制で管理されているため決算スピードが早く、手数料が安いのが特徴でしょう。

管理をするのはステラ開発財団という組織ですが、こちらは非営利で活動しているため、利益を得るための活動を一切しません。

そのためステラルーメンの保有者が管理者から搾取される可能性は極端に低いとも考えられます。

ステラルーメン(XLM)の価格動向・見通し

引用元:Tradingview

こちらは直近6カ月のXLMの値動きです。

2021年の5月末から急激に下落をしてからは、8月まで高騰することなく推移していました。

以降は9月にかけて若干の高騰を見せ、月末にかけては緩やかな下落をしましたが、再度少しだけ価格を上昇させています。

XLMはCoincheckに上場している仮想通貨です。

Coincheckは口座開設から仮想通貨購入までスムーズに行えるので、気になった方はぜひチェックしてみてください。

\ アプリダウンロード数No.1 /

ネム(XEM/NEM)

通貨名ネム
ティッカーシンボルXEM/NEM
現在の価格(2021年10月時点)20.32円
時価総額(2021年10月時点)1828憶4884万円
時価総額ランキング(2021年10月時点)69位
購入可能な主な取引所Coincheck
bitFlyer
GMOコイン

DMMBitcoin
公式サイトネム公式サイト
関連記事ネム(XEM/NEM)とは

ネム(XEM/NEM)の特徴

ネムはプラットフォームを示す用語であり、発行される仮想通貨の名前がXEMです。

ブロックチェーンのコンセンサスアルゴリズムでは、PoI(Proof of Importance)を採用しており、これはネムの取引量や取引数といった貢献度を基準に評価する仕組みです。

また、ネムのブロックチェーンで独自のトークンを簡単に発行できることが特徴でしょう。

処理速度も優れており、ブロックを作成するスピードはビットコインの約10倍です。

ネム(XEM/NEM)の価格動向・見通し

引用元:Tradingview

こちらはXEMの直近6カ月のチャートです。

7月月初までは急速に下落し続けていたXEMですが、以降は緩やかな高騰傾向を見せています。

10月直前までは再度下落の動きをしていましたが、すぐに回復を見せているので、今後の動きが楽しみな仮想通貨です。

7月以降は大きな変動がないので、比較的ローリスクローリターンなアルトコインでしょう。

\ アプリダウンロード数No.1 /

イーサリアムクラシック(ETC)

通貨名イーサリアムクラシック
ティッカーシンボルETC
現在の価格(2021年10月時点)6,139.83円
時価総額(2021年10月時点)7994憶1496万
時価総額ランキング(2021年10月時点)28位
購入可能な主な取引所Coincheck
bitFlyer
DMM Bitcoin
公式サイトイーサリアムクラシック公式サイト
関連記事ETCとは

イーサリアムクラシック(ETC)の特徴

イーサリアムクラシックは、名前のとおりイーサリアムと関連性のある仮想通貨であり、2016年にイーサリアムからの分岐という形で誕生しました。

基本的な機能はイーサリアムと類似していますが、イーサリアムクラシックはIoT分野に特化しているという点で違いがあります。

IoTとはInternet of Thingsの略語で、あらゆるモノをインターネットに接続することでより利便性を高める技術を意味します。

アルトコインの中では時価総額で上位に位置しているものの、イーサリアムと比較すると規模は小さいです。

イーサリアムクラシック(ETC)の価格動向・見通し

引用元:Tradingview

上の画像はイーサリアムクラシックの直近6カ月の値動きです。

5月に急激な高騰を見せたかと思うと、すぐに下落の動きとなり、以降は若干の変動を見せているものの、大きな動きは見られません。

IoTと深く関連している仮想通貨なので、もしイーサリアムクラシックを保有する場合はIoT関連のニュースのチェックをおすすめします。

直近では安定して推移しているものの、5月には急激な高騰を見せていたため、目が離せない仮想通貨でしょう。

\ アプリダウンロード数No.1 /

エイダコイン(ADA)

通貨名エイダコイン
ティッカーシンボルADA
現在の価格(2021年10月時点)247.93円
時価総額(2021年10月時点)7兆9332憶4517万円
時価総額ランキング(2021年10月時点)3位
購入可能な主な取引所BITPOINT
公式サイトエイダコイン公式サイト
関連記事ADAとは

エイダコイン(ADA)の特徴

エイダコインの一番の特徴は時価総額の高さであり、ビットコイン、イーサリアムに続く3位に位置します。

ブロックチェーンで動くカルダノというオンラインカジノの取引で活用されます。

従来のオンラインカジノでは、運営方法が不透明だったためユーザーは不信感を持っていましたが、ブロックチェーン上ならば不正が起きにくいため、エイダコインは広く浸透しました。

またエイダコインは、コンセンサスアルゴリズムにPoS(Proof of Stake)を採用しているため、ステーキングに対応しています。

エイダコイン(ADA)の価格動向・見通し

引用元:Tradingview

こちらはADAの直近の6カ月のチャートです。

他の多くのアルトコインとは異なり、8月以降に急速に高騰をしました。

以降は下落傾向にありますが、まだまだ高い値をキープしているので、今後さらなる下落を続けるのか、もしくは再度高騰を見せるのか注目の仮想通貨です。

オンラインカジノに深く関わる仮想通貨なので、関係しているニュースをチェックすべきでしょう。

\ 1000円相当のADAもらえる! /

シンボル(XYM)

通貨名シンボル
ティッカーシンボルXYM
現在の価格(2021年10月時点)34.62円
時価総額(2021年10月時点)1907憶9105万円
時価総額ランキング(2021年10月時点)206位
購入可能な主な取引所ビットバンク
GMOコイン
公式サイトシンボル公式サイト
関連記事シンボル(XYM)の将来性は?

シンボル(XYM)の特徴

シンボルはネムのアップデートにより誕生した仮想通貨です。

屈指の処理速度を誇り、1秒あたり4,000件の処理を実現しています。

コンセンサスアルゴリズムでは、ネムがPoIを採用しているのに対し、シンボルはPoS+です。

どちらも仮想通貨の保有量や取引回数などの貢献度を重要視する点は共通していますが、PoS+では自分以外のユーザーからいかに投票権を委託されているかを評価します。

シンボル(XYM)の価格動向・見通し

引用元:Tradingview

こちらはシンボルの直近6カ月の値動きです。

10月からの急激な高騰が一番の特徴でしょう。

7月から10月までは、それほど大きな変動を見せていなかった分、直近の変動が目立ちます。

今後も激しい動きをする可能性が十分に考えられるので、アルトコインならではのハイリスクハイリターンな取引を行えるでしょう。

直近では、1日単位での変動に注目したい仮想通貨です。

\ 顧客満足度No.1! /

公式LINE

なお、MediaArgoの公式LINEでは様々な仮想通貨に関する情報を配信中。

各種アルトコインの情報も配信していますので、是非登録してみてください。

\ 10/31まで!100円のBTCゲット/

アルトコインを購入できるおすすめ取引所

最後に、アルトコインを購入できるおすすめの国内取引所を3つご紹介します。

なお今回紹介した9つのアルトコインは、この3社のいずれかで取り扱っているので、気になったアルトコインがあれば口座をつくって取引をしてみてください。

なお、他の仮想通貨取引所については、おすすめ仮想通貨取引所の記事を合わせてご参考ください。

Coincheck(コインチェック)

コインチェック
名称Coincheck
現物取引(銘柄数)販売所形式:○(16銘柄)
取引所形式:○(5銘柄)
レバレッジ取引×
最小発注数量 (ビットコインの場合)販売所形式:500円以上
取引所形式:0.005BTC以上、かつ500円以上
取引手数料 (ビットコインの場合)販売所形式:0円(スプレッドあり)
取引所形式:0円
その他のサービスCoincheckつみたて
貸仮想通貨
大口OTC取引
CoincheckNFT(β版)
Coincheckでんき/ガス
公式サイトCoincheck公式サイト
関連記事Coincheckの評判
Coincheckのおすすめポイント3つ
  • アルトコインの種類が豊富

コインチェックはアルトコインの取扱銘柄が16種類と、国内の取引所では最多です。

イーサリアム・リップルなどのメジャーな銘柄から、将来性の高い銘柄まで揃っているので、アルトコインに投資するならとりあえず口座を持っておいて損はありません。

  • 「Coincheckつみたて」でアルトコインの自動積立ができる

Coincheckではビットコインやアルトコインに対して、「Coincheckつみたて」で自動積立ができます。

月々1万円から利用できるので、投資資金の少ない方にもおすすめです。

  • 「貸仮想通貨」で、保有している銘柄を有効利用できる

ほとんどの仮想通貨は、株の配当金のようなインカムゲインを得られません。

でも、保有している通貨をただ遊ばせておくのはもったいないですよね。

その点Coincheckでは、「貸仮想通貨(持っている通貨をCoincheckに貸し出して、貸借料を得るサービス)」を利用できるので、無駄なく利益を得ることが可能です。

最短5分での登録、また最短5秒での購入が可能な取引所となっています。

アルトコインの取引種類が国内で最多であるという点からも、初めて挑戦される方にはとてもおすすめです。

まだ口座をお持ちでない方はぜひこの機会に口座開設しておきましょう。

\ アプリダウンロード数No.1 /

DMM Bitcoin

DMM Bitcoin
現物取引(銘柄数)販売所形式:○(6銘柄)
取引所形式:×
レバレッジ取引(銘柄数)○(19銘柄)
最小発注数量
(ビットコインの場合)
販売所形式:0.0001BTC
レバレッジ取引:0.01BTC
 取引手数料
(ビットコインの場合)
 販売所形式:無料(スプレッドあり)
レバレッジ取引:無料(スプレッド、レバレッジ手数料あり)
※BitMatch注文を除く
取引ツールパソコン・ネットブラウザ:○
スマホアプリ:○
その他のサービスBitMatch注文
公式サイトDMM Bitcoin公式サイト
関連記事DMM Bitcoinの評判
DMM Bitcoinのおすすめポイント3つ
  • 取引ツールが高性能

DMM Bitcoinを運営するDMMグループは、仮想通貨取引所を始める以前からFX会社(DMMFX)も手掛けています。

そのため取引ツールは、DMMFXで培われたノウハウが詰め込まれた高性能かつ使いやすいものとなっています。

  • 売りからでも取引できる

DMM Bitcoinは現物取引よりもレバレッジ取引に力を入れている取引所で、リップルの場合は現物取引・レバレッジ取引の両方が可能になっています。

レバレッジ取引では本当に仮想通貨を購入しているのではなく、​買い値と売り値の差額のみを決済します。

そのため、売りから仕掛けて「高く売って安く買い戻す」といった取引が可能です。

つまり現在のアルトコインの下落トレンドにおいても、売りから仕掛けて利益を狙うことができます。

DMMBitcoinでは、アルトコインでレバレッジ取引をすることが可能です。

アルトコインで短期トレードをしたい方は、DMMBitcoinを使うと良いでしょう。

\ もれなく2000円プレゼント中! /

bitFlyer(ビットフライヤー)

ビットフライヤー
名称 bitFlyer(ビットフライヤー)
現物取引(銘柄数)販売所形式:○(13銘柄)
取引所形式:○(7銘柄)
レバレッジ取引(銘柄数)○(ビットコインのみ)
最小発注数量 (ビットコインの場合)販売所形式:0.00000001BTC
取引所形式:0.001BTC レバレッジ取引:0.01BTC
取引手数料 (ビットコインの場合)販売所形式:無料(スプレッドあり)
取引所形式:約定数量×0.01~0.15%
レバレッジ取引:無料(スワップ手数料あり)
その他のサービスステーキングリワードサービス
ビットコインをもらう!
ビットコインをつかう  
Tポイントとビットコインの交換サービス
公式サイトbitFlyer公式サイト
関連記事bitFlyerの評判
コインチェックとビットフライヤーの比較
bitFlyerのおすすめポイント3つ
  • アルトコインの取扱銘柄が多い

bitFlyerでは、ビットコイン含め12の銘柄に投資することができます。

先ほど紹介したコインチェックには劣りますが、それでも国内では比較的アルトコインの扱いが多い部類に入ります。

  • 少額から取引を始められる

bitFlyerは販売所形式で取引するなら、例えばイーサリアムであれば 0.00000001 ETHと、非常に少額からアルトコインへの投資にチャレンジできます。

そのため、投資経験が浅い方や資金量の少ない方におすすめです。

  • 仮想通貨リスク(LISK)を持っているだけで、報酬を得られる

bitFlyerでは、仮想通貨リスク(LISK)の「ステーキングリワードサービス」をおこなっています。

ステーキングリワードサービスとは、対象となっている仮想通貨を保有しブロックチェーンのネットワークに参加することで、対価として報酬が貰える仕組みのことです。

ビットフライヤ―の場合、仮想通貨リスク(LISK)を一定数持っているだけで、同じくリスク(LISK)をステーキング報酬として定期的に受け取ることができます。

2021年10月現在、ステーキングリワードサービスは一時停止しているので、ご注意ください。

分析ツールが使いやすい、という定評のある取引所となっています

少額から取引が可能な点も未経験の方にとっては魅力的です。

コインチェックには劣りますが、こちらも扱っているアルトコインの種類は国内トップクラスです。

コインチェックにない通貨を取引したい方は、bitFlyerからアルトコイン取引を始めることをおすすめします。

GMOコイン

gmoコイン
名称 GMOコイン
現物取引(銘柄数)販売所形式:○(14銘柄)
取引所形式:○(5銘柄)
レバレッジ取引(銘柄数)販売所形式:○(10銘柄)
取引所形式:○(5銘柄)
最小発注数量
(ビットコインの場合)
現物取引(販売所形式):0.00005 BTC
現物取引(取引所形式):0.0001BTC
レバレッジ取引(販売所形式):0.01BTC
レバレッジ取引(取引所形式):0.01BTC
取引手数料
(ビットコインの場合)
現物取引(販売所形式):無料(スプレッドあり)
現物取引(取引所形式):Maker -0.01%、Taker 0.05%
レバレッジ取引(販売所形式):無料(スプレッド、レバレッジ手数料あり)
レバレッジ取引(取引所形式):無料(レバレッジ手数料あり)
その他のサービス貸暗号資産
つみたて暗号資産
ステーキングサービス
公式サイトGMOコイン公式サイト
関連記事GMOコインの評判
GMOコインのおすすめポイント3つ
  • アルトコインのレバレッジ取引ができる

GMOコインでは、アルトコインにレバレッジをかけて、よりハイリスク・ハイリターンな投資をおこなうことができます。

また対象銘柄はやや少なめですが、取引所形式でのレバレッジ取引もできるので、取引コストをできるだけ安く抑えることも可能です。

  • アルトコインの積立投資ができる

GMOコインでは現物取引で購入できる13銘柄すべてにおいて、自動積立ができるようになっています。

そのため、仕事が忙しくて普段自分で買い付けることが難しい方でも、気軽にアルトコインへの投資にチャレンジすることができます。

  • 仮想通貨テゾス(XTZ)のステーキングができる

GMOコインでは、アルトコインの1つ「テゾス(XTZ)」を一定数保有するだけで、ステーキング報酬を得ることができます。

また報酬年率は3~6%で、銀行の預金金利などとは比べ物にならないほど高い利率となっています。

リスクが伴うことも忘れてはいけませんが、GMOコインではレバレッジをかけてハイリターンを求めることができる点が魅力的。

大きく利益を求めたい方に特におすすめできます。

また、各種手数料が無料となっており、費用が低く抑えられることもトレーダーにはありがたいポイントです。

\ 顧客満足度No.1! /

また、仮想通貨取引所の手数料についての記事も確認しておくことがおすすめです。

アルトコイン投資の注意点

一方でアルトコイン投資には、次のようなデメリットもあります。

アルトコイン投資のデメリット3つ
  • ビットコインよりも値動きが激しいため、リスクも大きい
  • 時価総額が低いため値動きの小さい通貨もある
  • スキャムコインと言われる詐欺通貨も存在する

ビットコインよりも値動きが激しいため、リスクも大きい

値動きが激しいというのはもろ刃の剣です。

先ほど示したようにアルトコインはビットコインよりも高い利益を望むことができますが、損失リスクも大きくなります。

例えば、2021年5月下旬に中国が仮想通貨に対する複数の規制をおこなうと通告して以降、ビットコインを含め多くの仮想通貨の価格が下落していますが、その下落幅はビットコインよりもアルトコインの方が大きくなっています。

今回ご紹介した9つのアルトコインとビットコインの、

  • 6月末時点での2021年最高値
  • 急落し始めてからの安値
  • 最高値から安値への下落率

を次のようにまとめました。

銘柄2021年最高値
(6月末時点)
急落以降の安値最高値からの下落率
ビットコイン65,087ドル28,848ドル-55.6%
イーサリアム4,646ドル1,651ドル-64.5%
エンジンコイン4.033ドル0.728ドル-81.9%
ポルカドット50.74ドル13.59ドル-73.2%
リップル1.983ドル0.479ドル-75.8%
ビットコインキャッシュ1,670ドル382.2ドル-77.1%
IOST0.0928ドル0.0140ドル-84.9%
オーエムジー15.93ドル2.869ドル-82.0%
ベーシックアテンショントークン1.697ドル0.4172ドル-75.4%

ご覧の通り、時価総額が高く流動性の高いビットコインは何とか半値程度の下落で踏みとどまっていますが、アルトコインはそれよりさらに暴落しています。

このようにアルトコインはハイリスク・ハイリターンな投資対象なので、購入の際はしっかりリスク管理の方法を検討しておく必要があります。

なお、ビットコインの詳細については、ビットコインの見通しの記事をご参考ください。

時価総額が低いため値動きの小さい通貨もある

アルトコインは2,500種類以上もの銘柄があると言われており、「トークン」を含めるとその実態を把握しきれないほどです。

そういった状態なので中には時価総額が非常に低く、流動性もほとんどなく値動きも小さい通貨が多くあります。

そういった超マイナー通貨に投資しておくと普段はほとんど価値の変動がなくても、あるとき注目を集めて一気に資金が入ってくると、投資資金が数百倍になったりします。

ただ、それはもはや投資ではなくギャンブルに近いです。

逆に急落に巻き込まれると、大損をするリスクもあります。

そのためアルトコインへ投資する際は、今回ご紹介した9つの通貨のようにビットコインには劣るものの、一定の時価総額・流動性を持つものを狙って投資した方がより安全でしょう。

スキャムコインと言われる詐欺通貨も存在する

スキャムは英語で「Scam」と書き、直訳すると「詐欺」になります。

スキャムコインとは文字通り詐欺を目的としたコインで、通貨としての機能・実体を伴わないものに対してウソの広告で投資を促し、お金だけ持ち逃げしていくというものです。

特に2017年頃はICO(新規発行されるコインの資金調達)で、多くのスキャムコインが生まれました。

スキャムコインに限りませんが投資詐欺は、初心者など情報弱者を狙っておこなわれます。

そのため適切な金融リテラシーを持ち、怪しい通貨にはそもそも近づかないようにしておけば、まず巻き込まれることはありません。

なお今回紹介した9つのアルトコインはもちろんスキャムなどではないのですが、購入を検討する際にはより詳しい情報を自分で納得できるまで調べるクセをつけておくといいでしょう。

スキャムコインを購入しないようにするためにも、初心者の方は特に、まずは国内取引所で扱っている通貨に投資するようにしましょう

アルトコインおすすめランキングの選定基準

当ページの作成にあたり、客観的な統計調査に基づいた結果をご提供するためにアンケートを実施いたしました。

実施したアンケート調査の概要

実施時期

2021年6月

調査の概要

アルトコインに関するアンケート

調査対象

アルトコインの取引をする国内の男女

有効回答数

46件

実施したアンケート調査の結果

アルトコインおすすめランキングまとめ

今回は、2021年最新のおすすめアルトコインを紹介しました。

この記事のまとめ
  • アルトコインではハイリスク・ハイリターンな投資ができる
  • アルトコインに投資するなら、しっかりリスクコントロールの戦略を立ててから臨もう
  • 時価総額が低すぎるアルトコインはギャンブルに近い面もある
  • アルトコインに投資するなら、取扱銘柄が国内で最も多いコインチェックがおすすめ

アルトコインはビットコインよりも値動きが大きく、より大きなリターンを狙える魅力ある投資対象です。

ただ、大きなリターンを狙えるということは同時に損失リスクも大きくなるということであり、投資する際は事前にリスクコントロールをしっかり立ててからチャレンジすることをおすすめします。

またアルトコインに投資するなら、国内取引所の中で最も取扱銘柄が多いコインチェックがおすすめ

気になるアルトコインがある方は、ぜひこの機会にコインチェックで口座をつくってみてください

公式LINE

なお、MediaArgoの公式LINEでは仮想通貨に関する情報を随時配信中。

LINE限定のお得な情報も配信していますので、是非無料登録してみてください。

\ 10/31まで!100円のBTCゲット/

目次
閉じる