仮想通貨の板取引とは?おすすめ取引所や板の見方/やり方を徹底解説!

近年人気が高まっている仮想通貨ですが、仮想通貨の板取引についてよく分からない方も多いと思います。

今回は、仮想通貨の板取引の特徴やメリット・デメリットについて詳しく解説します。

また合わせて、仮想通貨の板取引をする方法も手順に沿って解説するのでぜひ参考にしてみてください。

この記事から分かること
  • 仮想通貨の板取引とは、「他の投資家が注文した価格が表示された板(ボード)を見て、自分の注文する価格を決める取引方法のことで取引所で行われる」
  • 取引所と販売所の違いは、取引所形式では他の投資家を相手に仮想通貨の取引をする一方で、販売所形式では取引相手が暗号資産取引所の運営者
  • 仮想通貨の板取引のメリットは、「スプレッドがかからないため取引コストを抑えられる」「板情報により相場が把握できる」「希望価格で取引できる」
  • 仮想通貨の板取引のデメリットは、「初心者にはやや難しく感じやすい」「板が薄いと取引が成立しにくい場合がある」
  • 仮想通貨の板取引におすすめの取引所はDMM BitcoinbitFlyerビットポイントGMOコインの4つ
  • 仮想通貨の板取引の取引所の選ぶポイントは、「流動性が高い」「手数料が安い」「取扱コインが豊富」
  • DMM Bitcoinでは業界唯一の販売所形式と取引所形式のハイブリッド型のBitmach注文が可能
  • DMM Bitcoinの口座開設は約5分ほどで申し込みができ、取引を開始するまでの時間は最短1時間
dmmbitcoin

DMM Bitcoinは、DMMグループが運営する人気の高い仮想通貨取引所です。

業界唯一の販売所形式と取引所形式のハイブリッド型のBitmach注文が可能です。

入金や出金時の手数料が無料であるため、取引コストを押さえて取引をすることが可能です。

今なら新規口座開設にて2000円をプレゼントキャンペーン実施中であるため、ぜひDMM Bitcoinで仮想通貨取引を始めてみましょう。

\ もれなく2000円プレゼント中! /

目次

仮想通貨の板取引とは?取引所と販売所の違いも解説

まず、仮想通貨の板取引とはなにか説明します。

合わせて、取引所形式と販売所形式の違いについても解説するので、ぜひポイントを押さえてください。

仮想通貨の板取引とは?取引所と販売所の違い
  • 仮想通貨の板取引とは、「他の投資家が注文した価格が表示された板(ボード)を見て、自分の注文する価格を決める取引方法のことで取引所で行われる」
  • 取引所と販売所の違いは、取引所形式では他の投資家を相手に仮想通貨の取引をする一方で、販売所形式では取引相手が暗号資産取引所の運営者
  • 販売所形式では、仮想通貨の価格をリアルタイムで確認して、買いたい金額分の金額を入力するだけで購入・売却

1つずつ詳しく紹介します。

仮想通貨の板取引とは

仮想通貨の板取引とは、

他の投資家が注文した価格が表示された板(ボード)を見て、自分の注文する価格を決める取引方法のこと

これは、取引所で行われるため「取引所形式」とも呼ばれます。

下の画像はGMOコインの板取引を行う板(ボード)です。

板は「他の投資家の注文状況」を示しており、真ん中に「価格」、左に「売数量」右に「買数量」が表示されています。

注文状況を見て、指値注文(購入または売却する価格を指定して注文)や成り行き注文(現在表示されている価格で注文)をします。

指値注文の場合は、マーケット価格が指定した価格に到達すると約定されます。

板取引では他の投資家を相手に仮想通貨の取引をすることになります。

板取引
GMOコイン

取引所と販売所の違い

仮想通貨取引をする場合には、前述した板取引が可能な取引所形式の他に「販売所形式」があります。

取引所形式と販売所形式の違いは、取引所形式では他の投資家を相手に仮想通貨の取引をする一方で、販売所形式では取引相手は暗号資産取引所の運営者となります。

仮想通貨 取引所 販売所

販売所形式では、仮想通貨の価格をリアルタイムで確認して、買いたい金額分の金額を入力するだけで購入、売却すること可能です。(成り行き注文)

販売所形式の注文画面では、現在の価格が表示されますが、「売却価格」と「購入価格」の2種類が表示されます。

この価格の差はスプレッドと呼ばれ、仮想通貨取引所が調整して収益を得ています。

取引の際に発生するためスプレッドが大きいほど取引コストがかかるということになります。

板取引

仮想通貨の板取引のメリット

仮想通貨の板取引のメリットについてご紹介します。

主に3つのメリットについて詳しく解説するので、ぜひ参考にしてみてください。

仮想通貨の板取引のメリット
  • スプレッドがかからないため取引コストを抑えられる
  • 板情報により相場が把握できる
  • 希望価格で取引できる

それでは、3つのメリットについて1つずつ詳しく紹介します。

スプレッドがかからないため取引コストを抑えられる

仮想通貨の板取引のメリットの1つ目は、スプレッドがないため取引コストを抑えられることが挙げられます。

一見すると、取引所形式では取引手数料が発生するため、販売所形式の方がお得なような気がします。

しかし、販売所形式では売却価格と購入価格の差であるスプレッドが取引の度に発生します。

そのため、取引の度にスプレッドが発生してしまい、コストがかかってしまいます。

仮想通貨のスプレッド

販売所形式で取引を頻繁にするとコストがかさむためコストを抑えたい方にとってメリットでしょう。

板情報により相場が把握できる

仮想通貨の板取引のメリットの2つ目は、板情報により相場が把握できることです。

板情報では、他の投資家の注文状況が表示されるためどの価格に注文が多いか、少ないかなど把握することが可能です。

チャートからは読み取れない情報を参照して、相場を把握できるため自分の注文価格の判断材料となります。

希望価格で取引できる

仮想通貨の板取引のメリットの3つ目は、希望価格で取引できることです。

板取引では指し値注文、つまり購入または売却する価格を指定して注文することが可能であるため、自分の希望の価格で取引が可能です。

注文後はマーケット価格が注文価格に到達して約定されるまで待っていればいいため、仕事で忙しい方でも取引が可能です。

DMM Bitcoinは、板取引は行っていないものの、販売所形式と取引所形式をハイブリッドしたBitMatch注文ができるので、興味のある方は、公式サイトを確認しておきましょう。

\ もれなく2000円プレゼント中! /

仮想通貨の板取引のデメリット

仮想通貨の板取引のデメリットについてご紹介します。

主に2つのデメリットについて詳しく解説するので、ぜひ参考にしてみてください。

仮想通貨の板取引のデメリット
  • 初心者にはやや難しく感じやすい
  • 板が薄いと取引が成立しにくい場合がある

それでは、2つのデメリットについて1つずつ詳しく紹介します。

初心者にはやや難しく感じやすい

仮想通貨の板取引のデメリットの1つ目は、初心者にはやや難しく感じやすいことです。

販売所形式では、買いたい金額分の金額を入力するだけで簡単に購入、売却ができるためシンプルで初心者でも迷わずに利用しやすいです。

一方で、取引所形式では他の投資家の動きを見て判断してどの価格で注文をするか決めます。

初心者にとっては難しく感じやすいですが、板情報の見方を理解してポイントを抑えることができれば簡単に取引ができるようになるでしょう。

板が薄いと取引が成立しにくい場合がある

仮想通貨の板取引のデメリットの2つ目は、板が薄いと取引が成立しにくいことです。

板が薄いというのは、注文数が少ないことを意味し取引が活発に行われていない(流動性が低い)ということになります。

流動性が低い

注文数が少ないと、他の投資家の注文状況が分からないため自分の注文の判断になりにくくなります。

また、注文を出してもその価格に到達しない可能性もあるため、取引が成立しにくくなります。

しかし、販売所形式と比べて取引所形式は自由度の高い取引が可能であり、スプレッドがかからないため自由度の高い取引がしたい人や取引の際に発生するコストを抑えたい人には取引所形式がおすすめです。

\ もれなく2000円プレゼント中! /

仮想通貨の板取引におすすめの取引所

次に、仮想通貨の板取引におすすめの取引所について4つご紹介します。

DMM BitcoinbitFlyerビットポイントGMOコインについてご紹介するので、ぜひ仮想通貨取引所を選ぶ際に参考にしてみてください。

仮想通貨の板取引におすすめの取引所

1つずつ詳しく紹介していきます。

DMM Bitcoin

dmmbitcoin
仮想通貨取引所DMM Bitcoin
取扱通貨数21通貨
取引所手数料- ※Bitmach注文では銘柄によって手数料が異なる
販売所手数料無料
レバレッジ取引2倍
入金手数料無料
出金手数料無料
公式サイトDMM Bitcoin公式サイト
関連記事DMM Bitcoinの評判

DMM Bitcoinは、DMMグループが運営する人気の高い仮想通貨取引所です。

DMM Bitcoinでは豊富な21種類の通貨を取り扱っており、最大2倍のレバレッジをかけて仮想通貨投資をすることが可能です。

DMM Bitcoinでは業界唯一の販売所形式と取引所形式のハイブリッド型のBitmach注文が可能です。

ミッド(仲値)価格で取引が成立する注文方法であり、スプレッドがかからないことがメリットです。

また、入金や出金時の手数料が無料であるため、取引コストを押さえて取引をすることが可能です。

取引ツールは、パソコンブラウザの他にシンプルな操作性のスマホアプリがあるため、外出先でも簡単に仮想通貨取引をすることが可能です。

今なら新規口座開設にて2000円をプレゼントキャンペーン実施中であるため、ぜひDMM Bitcoinで仮想通貨取引を始めてみましょう。

\ もれなく2000円プレゼント中! /

ビットフライヤー(bitFlyer)

bitFlyer
仮想通貨取引所bit flyer(ビットフライヤー)
取扱通貨数販売所形式:15銘柄
取引所形式:6銘柄
取引所手数料0.01~0.15%
販売所手数料無料
レバレッジ取引2倍
入金手数料0円~330円
出金手数料220円~770円
公式サイトbitFlyer公式サイト
関連記事bitFlyerの評判

bitFlyer(ビットフライヤー)は、ビットコインの取引量が国内取引所の中で6年連続No.1の仮想通貨取引所です。

板取引では、BTCETHBCHなどの6銘柄の仮想通貨で取引をすることが可能です。

bitFlyerを経由してネットショッピングなどを利用することで、ビットコインがもらえたり、貯まったTポイントをビットコインに変えられたりと、お得なサービスも実施していることも魅力です。

また、ハッキング対策も十分に行っておりセキュリティが高いため、安心して仮想通貨取引をすることができます。

ビットポイント(BITPoint) 

ビットポイント
仮想通貨取引所ビットポイント
取扱通貨数販売所形式:11種類 
取引所形式:7種類
取引所手数料無料
販売所手数料無料
レバレッジ取引×
入金手数料無料
出金手数料無料
公式サイトビットポイント公式サイト
関連記事ビットポイントの評判

ビットポイントは、2021年に暗号資産取扱数No.1を獲得した仮想通貨取引所です。

板取引では、BTC、ETH、XRPなど7種類の銘柄に取引手数料無料で取引することが可能です。

最低注文量は0.0001BTC(約500円※時価によって変動)であるため、小額から取引を始められます。

また、入金手数料や仮想通貨の送受金手数料が無料であるためコストを押さえて取引できることも投資家に人気の理由です。

取引ツールは、高性能チャートツールである「TradingView」と連携しているため、本格的なチャート分析をすることが可能です。

\ ディープコインがもらえる! /

GMOコイン

gmoコイン
仮想通貨取引所GMOコイン
取扱通貨数販売所形式:14銘柄 
取引所形式:5銘柄
取引所手数料Maker(指値注文) -0.01%, Taker (成行注文)0.05%
販売所手数料無料
レバレッジ取引2倍
入金手数料無料
出金手数料無料
公式サイトGMOコイン公式サイト
関連記事GMOコインの評判

GMOコインは、オリコン顧客満足度No.1で初心者から上級者まで幅広く人気がある仮想通貨取引所です。

板取引では、BTC、ETH、XRPなど5種類の銘柄に取引手数料無料で取引することが可能です。

GMOコインの「つみたて暗号資産」で最低500円から自動積立をすることが可能であるため初心者でも手間がかからず簡単です。

また、高機能取引ツールが用意されており、投資家自身の投資スタイルに合わせてモードを切り替えることが可能なため、それぞれに合ったものを選ぶことが可能です。

\ 顧客満足度No.1! /

仮想通貨の板取引の取引所の選び方

続いて、仮想通貨の板取引の取引所の選び方について解説します。

ぜひ、ポイントを押さえてください。

仮想通貨の板取引の取引所の選び方
  • 流動性が高い
  • 手数料が安い
  • 取扱コインが豊富

1つずつ詳しく解説していきます。

流動性が高い

仮想通貨の板取引の取引所の選び方の1つ目は、流動性が高い取引所を選ぶことです。

前述したように、流動性が低い(取引が活発に行われていない)ことは板が薄いということを意味します。

板が薄いと自分の注文した価格に到達せずに、取引が成立しないことになりやすいです。

流動性が高い取引所を選ぶことで自分の希望した価格で注文を約定しやすくなるため、取引所を選ぶ際の重要なポイントです。

手数料が安い

仮想通貨の板取引の取引所の選び方の2つ目は、手数料が安いことです。

手数料は仮想通貨取引所によって異なります。

板取引ではスプレッドはかからないものの、取引所手数料というものがかかります。

また、取引所への入金や出金にも手数料がかかる場合があるため事前に確認しておくことをおすすめします。

仮想通貨 手数料

取扱コインが豊富

仮想通貨の板取引の取引所の選び方の3つ目は、取扱コインが豊富であることです。

取扱コインの種類が豊富であれば、それだけ選択肢が広がります。

1つのコインで多くの量を取引すると予想と外れた場合に大きな損失を受けてしまう場合があります。

複数のコインで取引することでリスクを分散することができます。

板取引における利益を上げるためにも、取扱コインが豊富な仮想通貨取引所を選びましょう。

DMM BitcoinBitMatch注文では11種類のスプレッドがかからないことが魅力です。

また、入金と出金手数料も無料であるため手数料を押さえて仮想通貨の板取引をすることが可能です。

ぜひこの機会に、DMM Bitcoinで仮想通貨の板取引を始めてみましょう。

\ もれなく2000円プレゼント中! /

仮想通貨取引のやり方

仮想通貨取引のやり方について詳しく説明していきます。

ここでは、DMM BitcoinのBitMatch注文方法をご紹介しますのでぜひ参考にしてください。

DMM BitcoinのBitMatch注文方法は以下の3ステップです。

仮想通貨の板取引のやり方
  1. 口座を開設する
  2. 口座への入金
  3. BitMatch注文をする

手順に沿って、説明していきます。

口座を開設する

まず、DMM Bitcoinの口座を開設する必要があります。

ウェブサイトから「口座開設(無料)はこちら」ボタンをクリックします。

dmmbitcoin

メールアドレスを登録した後、送られてきたメールのリンク先をクリックします。

そして、氏名、住所などの基本情報を入力後、本人確認書類を提出していきます。

本人確認方法は『スマホでスピード本人確認』、『本人確認書類アップロード』の2種類から選択できます。

『スマホでスピード本人確認』はスマホのカメラで撮影して書類を提出する方法で、郵送物の受け取りが不要であるため最短1時間以内に取引を開始することが可能です。

『本人確認書類アップロード』では、郵送物に記載されている認証コードを入力して本人確認手続きが完了するため、時間がかかります。

本人確認書類を提出後に審査を通過すると口座開設が完了します。

口座への入金

続いて、口座への入金をしていきます。

日本円または暗号資産(仮想通貨)の入金が可能です。

日本円の入金方法は「クイック入金」と「振込入金」の2つの方法があります。

「クイック入金」はマイページから簡単に1000社以上の金融機関からリアルタイムで入金できる方法です。

すぐに取引を始められるメリットがあります。

「振込入金」は、ご自身がお持ちの金融機関より振り込みをすることで入金ができる方法です。

暗号資産の入金方法は、表示された入金アドレスに暗号資産(仮想通貨)を送付することで入金が完了します。

続いて、取引を行う前にウォレット口座からトレード口座に資産を振り替える必要があります。

自動振替設定を有効にしている場合は、トレード口座へ自動で反映されるため便利です。

自分で行う場合は、マイページのメニュー「口座振替」を選択し、振替金額など入力します。

BitMatch注文をする

入金が完了すれば、取引を始めていきましょう。

まず、購入または売却したい仮想通貨の銘柄を選択します。

続いて、BitMatchがオフになっているのでクリックしてオンにします。

BitMatch ON

Bid、AskがMidに切り替わり、スプレッド表示が無くなってミッド(仲値)価格が表示されます。

ミッド価格を表示

有効期限以内に対当する注文があった場合は注文が成立しますが、有効期限を越えれば、通常のスプレッドで成行にて注文が成立する流れとなります。

注文成立

以上のように、DMM BitcoinでのBitMatch注文は簡単な3つのステップで始めることが可能です。

DMM Bitcoinの口座開設は約5分ほどで申し込みができ、取引を開始するまでの時間は最短1時間です。

初心者でも簡単に始められますので、ぜひこの機会にチャレンジしてみてください。

\ もれなく2000円プレゼント中! /

仮想通貨の板取引の注意点

続いて、仮想通貨の板取引の注意点についてご紹介します。

ポイントを押さえて、取引の参考にしてください。

仮想通貨の板取引の注意点
  • 板情報から売り注文と買い注文のバランスを確認する
  • 板情報からの予測は100%当たるわけではない
  • 板取引の取引手数料は注文方法によって異なる場合がある

1つずつ詳しく解説していきます。

板情報から売り注文と買い注文のバランスを確認する

前述したように、板情報からは他の投資家の売り注文と買い注文量が確認できます。

売り注文と買い注文のバランスを確認することで、自分の注文価格の判断につながります。

例えば、売り注文が多くて買い注文が少ない状況は売り気配と言われ、通貨の価格が下がる可能性があります。

反対に買い注文が多くて売り注文が少ない状況は買い気配と言われ、通貨の価格が上がる可能性があると予測することができます。

バランスを確認
GMOコイン

板情報からの予測は100%当たるわけではない

板取引では、板情報からの予測が100%当たるわけではないため注意が必要です。

買い注文が売り注文より多くて買い気配がある場合でも、逆の値動きを見せる「ダマシ」となる可能性もあります。

板情報の情報だけから判断するのではなく、チャートなどの情報も合わせて自分の注文価格を決めるようにすることをおすすめします。

板取引の取引手数料は注文方法によって異なる場合がある

板取引の取引手数料は注文方法によっても異なる場合があるため注意が必要です。

取引所によっては、taker(成行注文)とmaker(指値注文)によって異なる場合があります。

takerの方が高めに設定されている場合が多いため、事前に確認しておきましょう。

頻繁に取引をして、手数料がかさんでしまうと利益を上げてもマイナスになってしまう可能性もあるため注意しましょう。

DMM Bitcoinでは、販売所形式と取引所形式のハイブリッド型のBitMatch注文が可能なので、興味のある方は公式サイトを確認しておきましょう。

\ もれなく2000円プレゼント中! /

仮想通貨の板取引のまとめ

いかがでしたでしょうか。

こちらが今回の仮想通貨の板取引の記事のまとめです。

仮想通貨の板取引のまとめ
  • 仮想通貨の板取引とは、「他の投資家が注文した価格が表示された板(ボード)を見て、自分の注文する価格を決める取引方法のことで取引所で行われる」
  • 取引所と販売所の違いは、取引所形式では他の投資家を相手に仮想通貨の取引をする一方で、販売所形式では取引相手が暗号資産取引所の運営者
  • 仮想通貨の板取引のメリットは、「スプレッドがかからないため取引コストを抑えられる」「板情報により相場が把握できる」「希望価格で取引できる」
  • 仮想通貨の板取引のデメリットは、「初心者にはやや難しく感じやすい」「板が薄いと取引が成立しにくい場合がある」
  • 仮想通貨の板取引におすすめの取引所はDMM BitcoinbitFlyerビットポイントGMOコインの4つ
  • 仮想通貨の板取引の取引所の選ぶポイントは、「流動性が高い」「手数料が安い」「取扱コインが豊富」
  • DMM Bitcoinでは業界唯一の販売所形式と取引所形式のハイブリッド型のBitmach注文が可能
  • DMM Bitcoinの口座開設は約5分ほどで申し込みができ、取引を開始するまでの時間は最短1時間

板取引は、他の投資家が注文した価格が表示された板(ボード)を見て、自分の注文する価格を決める取引方法のことです。

注文状況を自分の注文の参考にすることが可能であり、また、販売所形式と異なりスプレッドがかからないため低コストで取引が可能です。

初心者でも板情報の読み方が分かれば簡単に取引ができるため、ぜひこの機会に板取引を始めてみましょう。

DMM Bitcoinは、DMMグループが運営する人気の高い仮想通貨取引所です。

業界唯一の販売所形式と取引所形式のハイブリッド型のBitmach注文が可能です。

スプレッドがかからず、入金や出金時の手数料が無料であるため、取引コストを押さえて取引をすることが可能です。

今なら新規口座開設にて2000円をプレゼントキャンペーン実施中であるため、ぜひDMM Bitcoinで仮想通貨取引を始めてみましょう。

\ もれなく2000円プレゼント中! /

目次
閉じる