ビットコイン/仮想通貨チャートのおすすめ分析ツールが使える取引所や重要指標を解説!

2021年にビットコインが過去最高値を更新したこともあり、仮想通貨投資に始めた方も多いのではないでしょうか。

仮想通貨投資をする際に必ず必要なものが、チャート分析ツールです。

チャート分析ツールを使ってより正確に価格変動を予想できれば、利益を得られる確率が上がるでしょう。

しかし、分析ツールは取引所によって異なり、「どの分析ツールがいいんだろう?」と迷います。

今回は仮想通貨取引で使えるチャート分析ツールについて解説します。

この記事でわかること
  • チャート分析ツールは取引所によって異なるので投資を始める前に確認する
  • チャート分析で重要な指標は「ローソク足」「支持線・抵抗線」「インジゲーター」の3つ
  • ツール選びのポイントは「見やすさ」「機能性」「使いやすさ」の3つ
  • おすすめの取引所は扱っている通貨の種類が豊富で、チャートも使いやすいCoincheck
  • CoincheckのTrade Viewの使い方を解説

Coincheckは扱っている仮想通貨の銘柄が豊富で、チャート分析ツールのTrade Viewはシンプルで使いやすい使用なので、仮想通貨投資をする人におすすめです。

また500円から取引できるので、仮想通貨を始めたばかりの人も使いやすいです。

この機会にCoincheckの口座開設するのをお勧めします。

\ アプリダウンロード数No.1 /

LineBanner_btc

Media Argo公式LINEでは、投資家のみなさまにとって有益な情報を随時配信していきます。

まだ友だち追加がお済みでない方は、この機会にぜひ無料で登録しておきましょう。

\ 5/31まで!200円のBTCゲット/

目次

仮想通貨取引で使えるツール

仮想通貨投資のための取引を行う上で必須のチャート分析ツールは、取引所によって異なり、特徴もさまざまです。

今回はおすすめのチャート分析ツールを4つ紹介します。

おすすめのチャート分析ツール
  • Trade view
  • DMM Bitcoin オリジナル分析ツール
  • bitFlyer Lightning
  • Trading View

チャート分析ツールの使いやすさで取引所を選ぶのも有効な手段と言えます。

TradeView

TradeViewはCoincheckで使われているチャート分析ツールです。

「成行注文」と「指値・逆指値注文」に対応しており、チャート画面を見ながら注文できるので、値動きを確認しながら取引できます。

仮想通貨に限らず、株式やFX、先物などのさまざまな金融商品に対応しています。

TradeViewの特徴は次の通りです。

Trade Viewの特徴
  • 多様なテクニカル分析が可能
  • インジゲーターが豊富
  • 描画ツールが豊富
  • チャートのカスタマイズ性が高い

このように様々な金融商品に使われているので、これ一つが使えると投資全体に対して強くなることができます。

Coincheckで口座開設して、TradeViewを使い、成長しながら投資してみてください。

\ アプリダウンロード数No.1 /

DMM Bitcoin オリジナル分析ツール

DMM Bitcoinは独自のチャート分析ツールを提供しています。

DMM Bitcoinの分析ツールはDMM FXで得たノウハウをもとに制作されているため、カスタマイズ性に優れた使いやすい仕様になっています。

DMM Bitcoinの分析ツールの特徴は次の通りです。

DMM Bitcoinオリジナル分析ツールの特徴
  • 多様なテクニカル分析が可能
  • インジゲーターが豊富
  • チャートのカスタマイズ性が高い
  • スマホアプリの機能が充実

仮想通貨を細かく分析したい人はDMM Bitcoinがあっているので、そのような方はぜひ利用を始めてみてください。

\ もれなく2000円プレゼント中! /

bitFlyer Lightning

bitFlyer LightningはbitFlyerで使われているチャート分析ツールです。

「成行注文」「指値・逆指値注文」「ストップ注文」だけでなく、「IFD」「OCO」「IFDOCO」などさまざまな注文方法に対応しているます。

また、3つのチャートモードの中から自分のレベルにあったものを選んで利用できます。

bitFlyer Lightningの特徴は次の通りです。

bitFlyer Lightningの特徴
  • 多様なテクニカル分析が可能
  • インジゲーターが豊富
  • 3つのチャートモードを選択可能

ビットコインを分析ツールを用いて取引したい方はぜひbitFlyer Lightningを用いて取引してみてください。

TradingView

TradingViewBITPOINTを始めとするさまざま取引所り使われてチャート分析ツールです。

仮想通貨に限らず、株式やFX、ETFなどさまざまな金融商品に使用できるためん、世界的に幅広く利用されています。

チャートからの直接注文ができないので注意しましょう。

TradingViewの特徴は次の通りです。

TradingViewの特徴
  • 多様なテクニカル分析が可能
  • インジゲーターが豊富
  • チャートのカスタマイズ性が高い
  • 描画ツールが豊富
  • スマホアプリの機能が充実

かなり視認性の良いチャートですので、視覚からの感覚を大切にする方はぜひ利用してみてください。

仮想通貨取引の重要指標

仮想通貨のチャート分析では、取引のタイミングを見極めるために分析を行う必要があります。

チャート分析するときに抑えておきたい重要指標を紹介します。

仮想通貨取引の重要指標
  • ローソク足
  • 支持線・抵抗線
  • インジゲーター

ローソク足

ローソク足は、1日、1週間などの一定時間内の値動きを表す指標です。

一本のローソク足で始値、終値、高音、安値を表しています

さらに、ローソク足は陽線と陰線に分けられます。

陽線は始値よりも終値が高い、陰線は始値よりも終値が低い状態です。

4本の足と陽線、陰線を組み合わせることでタイミングを図ることができます。

支持線・抵抗線

支持線と抵抗線は、過去の値動きから売買のタイミングを図るための指標です。

支持線は過去の価格の下値を結んだ線です。

値下がりを見極める指標で、この線を参考にして買いが増える傾向があります。

抵抗線は過去の価格の上値を結んだ線です。

値上がりを見極める指標で、この線を参考にしてポジションを保有していた人が売りに転じる傾向があります。

支持線と抵抗線は比較的わかりやすい指標なので、投資初心者におすすめの分析方法です。

インジゲーター

インジケーターとはチャート分析をサポートしてくれるツールです。

インジケーターを活用することでより正確なチャート分析が可能になります。

インジケーターは「トレンド系」と「オシレーター系」の2種類があります。

それぞれ解説します。

トレンド系インジケーター

トレンド系のインジケーターは相場の流れを予測して方向性を確認するために使われます

中長期的な予想を立てるのに向いています。

トレンド系のインジケーターを紹介します。

SMA(単純移動平均)

SMAは、期間中の価格の合計を日数で割った値をグラフにしたものです。

例えば、30日分であれば、30日の合計金額を30で割り、その値を1日ずつずらしてグラフにします。

グラフが右上がりであれば価格上昇のトレンドになり、反対に右下がりになれば下落のトレンドです。

EMA(指数移動平均)

EMAはSMAよりも短期間のトレンド掴むための指標です。

過去のEMAと当日の終値の2倍を平均して表します。

そのためSMAよりも直近の値動きがわかりやすいです。

長期的EMAと短期的EMAがあり、長期的EMAが大きい場合は上昇のトレンドがあり、短期的EMAが大きい場合は下落のトレンドです。

また異なる期間のEMAが交わるゴールデンクロスやデッドクロスも取引の指標になります。

ボリジャーバンド

ボリジャーバンドは移動平均線と、その上下2本ずつの標準偏差の、合計5本の線で表される指標です。

移動平均線から上側(高値側)の標準偏差に近づくと売り、下側(安値側)の標準偏差に近づくと買いといった判断ができます。

オシレーター系インジケーター

オシレーター系のインジケーターは売られすぎや買われすぎといった、売買の強弱を判断するために使われます

短期的な売買の判断に向いています。

オシレーター系のインジケーターを紹介します。

MACD

MACDはEMAが発展版のような指標で、より高精度の分析が可能です。

MACDの計算方法は短期EMAから長期EMAを引いた値です。

ゴールデンクロスは買い、デッドクロスは売りのサインになります。

RSI(相対力指数)

RSIは一定期間の価格の上げ幅を活用して「買われすぎ」と「売られすぎ」を判断する指標です。

一般的には70%以上で買われすぎ、30%以下で売られすぎと言われています。

RSIは一本の線で表示されるため、売買をするタイミングを設定しやすく初心者におすすめの分析法です。

ストキャスティクス

ストキャスティクスは一定期間の高値と安値を活用して「買われすぎ」と「売られすぎ」を判断する指標です。

現在の価格が高値と安値に比べてどの位置にあるかで算出されます。

%Kと%Dと呼ばれる2種類の線が描画され、20%以下で%Kが%Dを上回ると買い、80%以上で%Kが%Dを下回ると売りのサインと言われています。


Media Argo公式LINEでは、投資家のみなさまにとって有益な情報を随時配信していきます。

まだ友だち追加がお済みでない方は、この機会にぜひ無料で登録しておきましょう。

\ 5/31まで!200円のBTCゲット/

ツールでの仮想通貨取引所の選び方

チャート分析ツールで仮想通貨取引所を選ぶ際のポイントを3つ紹介します。

チャート分析ツール選びのポイント
  • チャートの見やすさ
  • 機能の充実さ
  • 使いやすさ

ツールにばかり意識して、「取引したい仮想通貨を扱っていなかった」なんてことにならにように、事前に扱いっている銘柄を確認しておいてください。

チャートの見やすさ

1つ目のポイントはチャートの見やすさです。

チャートが見にくいと値動きを見間違えたり、ストレスを感じたりして取引の判断を間違えることもあります。

無駄な損失を出さないためにも、見やすさは重視しましょう。

具体的には、チャート、板、注文画面がどこにあるか明確で、1画面で確認できるツールがおすすめです。

また線の見やすさ、色使いなども判断基準になります。。

ただし、見やすさには個人の好みや慣れもあるので、複数の分析ツールを一定期間使ってから判断すると良いでしょう。

機能の充実さ

チャートの表示だけでなく、インジケーターや描画ツールなど機能も選ぶポイントとなります。

最初は機能が多すぎて戸惑うかもしれませんが、チャート分析に慣れてより高度な分析をしたい場合、機能が不足していると正確な分析ができません。

特にインジゲーターはチャート分析のメインとなる機能なので、取引ツールを選ぶときにどんなインジゲーターを使えるのか確認しておいてください。

取引のチャンスを逃さないためにも機能性は重視しましょう。

使いやすさ

チャート分析ツールにはチャートを確認する以外にもさまざまな機能があります。

それらの使いやすさもツールを選ぶ際のポイントになります

具体的には以下ような機能があると使いやすさが増します。

  • チャート画面からの注文
  • チャートを並行して表示
  • インジケーターの出しやすさ
  • 直感的にラインを引ける
  • スマホアプリに対応している
  • スマホアプリが使いやすい
  • 複数の情報を同時に表示できる

売買のタイミングを逃さないためにも、チャート画面から注文できた方が良いでしょう。

仮想通貨において重要な取引コストについては、「仮想通貨取引所の手数料比較」の記事をご参照ください。

おすすめ仮想通貨取引所

おすすめの仮想通貨取引所はCoincheckDMM BitcoinbitFlyerBITPOINTの4つです。

これらの取引所は、この記事の冒頭で紹介した4つの取引ツールを採用しています。

それぞれの特徴を知って、口座開設の参考にしてください。

Coincheck(コインチェック)

コインチェック
現物取引(銘柄数)販売所形式:◯(16銘柄)
取引所形式:◯(5銘柄)
レバレッジ取引(銘柄数)×
最小発注数量(ビットコインの場合)販売所形式:500円以上
取引所形式:0.005BTC以上かつ500円以上
取引手数料(ビットコインの場合)販売所形式:無料(スプレッドあり)
取引所形式:無料
チャート分析ツールTradeView
取引ツールパソコン・ネットブラウザ:◯
スマホアプリ:◯
その他のサービスCoincheckつみたて
貸仮想通貨
大口取引OTC
Coincheck NFT(β版)
Coincheckでんき/ガス
公式サイトCoincheck公式サイト
関連記事Coincheckの評判

Coincheckはチャート分析ツールにTradeViewを使えます。

シンプルなデザインで初心者にもわかりやすく作られています。

また、扱っている銘柄が17種類と豊富で、500円から仮想通貨を取引できるので、仮想通貨を始めたばかりで取引に抵抗がある人にもおすすめです。

まだ口座を持っていない方はぜひこの機会に口座開設してみてください。

\ アプリダウンロード数No.1 /

DMM Bitcoin(DMM ビットコイン)

dmmbitcoin
現物取引(銘柄数)販売所形式:◯(12銘柄)
取引所形式:×
レバレッジ取引(銘柄数)◯(19名柄)
最小発注数量(ビットコインの場合)販売所形式:0.0001BTC
レバレッジ取引:0.01BTC
取引手数料(ビットコインの場合)販売所形式:無料(スプレッドあり)
レバレッジ取引:無料(スプレッド、レバレッジ手数料あり)
※BitMatch注文を除く
チャート分析ツールオリジナル分析ツール
取引ツールパソコン・ネットブラウザ:◯
スマホアプリ:◯
その他のサービスBitMatch注文
公式サイトDMM Bitcoinの公式サイト
関連サイトDMM Bitcoinの評判

DMM Bitcoinではオリジナルのチャート分析ツールを使います。

DMM FXの技術やノウハウを流用して作られており、高性能で使いやすくなっています。

また、レバレッジ取引の銘柄が19種類と豊富なので、レバレッジ取引をしたい人にもおすすめです。

このような人はこの機会に口座開設してみてください。

\ もれなく2000円プレゼント中! /

bitFlyer(ビットフライヤー)

ビットフライヤー
現物取引(銘柄数)販売所形式:◯(13銘柄)
取引所形式:◯(7銘柄)
レバレッジ取引(銘柄数)◯(ビットコインのみ)
最小発注数量(ビットコインの場合)販売所形式:0.00000001BTC
取引所形式:0.001BTC
レバレッジ取引:0.001BTC
取引手数料(ビットコインの場合)販売所形式:無料(スプレッドあり)
取引所形式:約定数量×0.01〜0.15%
チャート分析ツールbitFlyer Lightning
取引ツールパソコン・ネットブラウザ:◯
スマホアプリ:◯
その他のサービスステーキングワードサービス
ビットコインをもらう!
ビットコインをつかう
Tポイントをビットコインの交換サービス
公式サイトbitFlyer公式サイト
関連記事bitFlyerの評判

bitFlyerではチャート分析ツールにbitFlyer Lightningを使います

3つのチャートモードがあり、初心者から上級者まで対応しています。

また、ビットコインの取引量が国内の取引所でNo.1なので取引が成立しやすいです。

ビットコインをメインで取引したい方はぜひ利用してみてください。

BITPOINT(ビットポイント)

bitpoint
現物取引(銘柄数)販売所形式:◯(7銘柄)
取引所形式:◯(7銘柄)
レバレッジ取引(銘柄数)◯(ビットコインのみ)
最小発注数量ビットコインの場合)販売所形式:買注文500円以上、売注文0.00000001BTC
取引所形式:0.0001BTC
レバレッジ取引:0.0001BTC
取引手数料(ビットコインの場合)販売所形式:無料(スプレッドあり)
取引所形式:無料
レバレッジ取引:無料(建玉管理料あり)
チャート分析ツールTradingView
取引ツールパソコン・ネットブラウザ:◯
スマホアプリ:◯
その他のサービス貸して増やす(仮想通貨貸サービス)
公式サイトBITPOINT公式サイト
関連記事BITPOINTの評判

BITPOINTではチャート分析ツールにTradingViewを使います

Trading Viewは世界的に利用されている高性能な分析ツールです。

また、日本円の入金手数料、仮想通貨の送金手数料が無料なので低コストで投資に挑戦できます。

\ ディープコインがもらえる! /

また、仮想通貨取引所については下記の記事で詳しく解説しているので気になるかたはぜひ参考にしてみてください。

仮想通貨の取引ツールの使い方

仮想通貨の取引ツールの使い方として、今回はCoincheckのTradeViewの主な使い方を4つ紹介します。

Trade Viewの使い方
  • 基本機能
  • インジケーター
  • 描画ツール
  • チャートレイアウトの保存
仮想通貨ツール

TradeViewはCoincheckにログインし、画面左側の「トレードビュー」を選択すると、表示されます。

基本機能

次の5つの基本機能の使い方を解説します。

  1. 通貨ペアの表示
  2. 時間足の変更
  3. チャートタイプの変更
  4. スケールの設定方法
  5. タイムゾーンの変更

通貨ペアの表示

仮想通貨ツール

通貨ペアは取引で売買する通貨の組み合わせです。

上記の画面ではビットコイン(BTC)と日本円(JPY)の取引価格になっています。

左上の「Coincheck BTC/JPY」の部分にマウスの矢印を合わせると変更できます。

時間足の変更

仮想通貨ツール

時間足は表示するチャートの横軸の設定です。

上記画像の赤枠の部分で、1分、5分、15分、1時間、4時間、1日の6種類の時間に変更できます。

チャートタイプの変更

仮想通貨ツール

赤枠の部分をクリックすると、以下のチャートタイプから表示したいグラフを選べます。

  • バー
  • ローソク足
  • 中空ローソク足
  • 平均足
  • ライン
  • エリア
  • ベースライン

スケールの設定方法

仮想通貨ツール

チャートの拡大、縮小の方法です。

上記画像の「+」「ー」部分をクリックすると倍率を調整できます。

また日付が表示されいている場所でクリックして左右に動かして調整することもできます。

タイムゾーンの変更

仮想通貨ツール

赤枠の部分をクリックするとタイムゾーンを変更できます。

インジケーター

移動平均線やボリジャーバンドなどのインジケーターを表示する方法を解説します。

仮想通貨ツール

チャート上で右クリックし、表示されたメニュー内の「インジケーターを挿入」を選択します。

仮想通貨ツール

検索バーに使用したい指標を入力するか、リストから指標を選択すると、インジケーターを表示できます。

また、インジケーターは複数表示も可能です。

描画ツール

描写ツールを使うことで、トレンドラインや水平線、フィボナッチやエリオット波動など、直線から曲線までさまざまなライン表示が可能です。

今回はトレンドラインの引き方を解説します。

仮想通貨ツール

描画ツールの上から2つ目のアイコンに矢印を合わせ、「トレンドライン」を選択します。

仮想通貨ツール

チャート上でマウスをドラッグするとラインを表示できます。

仮想通貨ツール

アイコンを選択すると設定を変更できます。

仮想通貨ツール

ラインを削除する場合は、ラインを選択した状態で、ゴミ箱のアイコンをクリックするか、deleteキーを押すと削除されます。

チャートレイアウトの保存

インジケーターや描画ツールを使って編集したチャートは、チャートレイアウトとして保存できます。

仮想通貨ツール

チャート右上の「保存」をクリックし、ファイル名を入力して、保存をクリックすると保存の完了です。

ぜひCoincheckで口座開設した際は上記の機能を使ってみてください。

\ アプリダウンロード数No.1 /

仮想通貨の取引ツールのまとめ

今回は仮想通貨投資で使う、チャート分析ツールについて解説しました。

この記事でわかること
  • チャート分析ツールは取引所によって異なるので投資を始める前に確認する
  • チャート分析で重要な指標は「ローソク足」「支持線・抵抗線」「インジゲーター」の3つ
  • ツール選びのポイントは「見やすさ」「機能性」「使いやすさ」の3つ
  • おすすめの取引所は扱っている通貨の種類が豊富で、チャートも使いやすいCoincheck
  • CoincheckのTradeViewの使い方を解説

Coincheckは扱っている仮想通貨の銘柄が豊富で、チャート分析ツールのTradeViewはシンプルで使いやすい使用なので、仮想通貨投資をする人におすすめです。

また500円から取引できるので、仮想通貨を始めたばかりの人も使いやすいです。

この機会にCoincheckの口座を開設してみてください。

\ アプリダウンロード数No.1 /

LineBanner_btc

Media Argo公式LINEでは、投資家のみなさまにとって有益な情報を随時配信していきます。

まだ友だち追加がお済みでない方は、この機会にぜひ無料で登録しておきましょう。

\ 5/31まで!200円のBTCゲット/

目次
閉じる