DLT(分散型台帳技術)とは?特徴やブロックチェーンとの違いを解説!

ビットコインを筆頭にイーサリアムリップルなど、暗号資産(仮想通貨)の大きな値上がりばかりを見て価格に注目する暗号資産投資家が多いのではないでしょうか。

しかし、2017年から現在まで、ビットコインを支えてきたブロックチェーンなどの技術的な側面にも注目が集まっています。

ビットコインは、2021年11月に「タップルート」と呼ばれるソフトフォークを実施しています。

ビットコインなどの仮想通貨がどのような技術で成り立っているか、調べようとしてみても難しい説明ばかりで調査するのをやめた方もいらっしゃるかと思います。

ただ、ビットコインなどのもとになる技術を、少しでも知っておくことで仮想通貨を見る目が変わっていくと思います。

今回は、今後普及が期待される仮想通貨のもとになる技術、分散型台帳技術(DLT)について、初心者の方にわかりやすく解説していきます。

この記事の要点
  • 分散型台帳技術「DLT」は、「Distributed Ledger Technology」の略称
  • DLTは、ユーザーやシステムが資産に関する取引を分散化して記録するためのデジタルシステムで、任意の時点で複数の場所に情報を保存する
  • ブロックチェーンは、DLTが活用されている
  • DLTは、データの変更や改ざんができず、サイバー攻撃に強い
  • DLTは、ビットコインなどの仮想通貨のほかに、電子投票やスマホにも活用されている
  • 今後もDLTを活用した仮想通貨やサービスが実際に普及していく
  • まだ暗号資産取引所の口座開設を行っていない方は、初心者でも使いやすいDMM Bitcoinをチェック

DLTが活用された仮想通貨の取引を実際に始める際は、国内で有名なDMM Bitcoinが使いやすいです。

今なら、口座開設すると即時2000円プレゼント、さらに抽選で200名に5000円が当たるキャンペーンを開催中なので、この機会にDMM Bitcoin公式サイトを確認しておきましょう。

\ もれなく2000円プレゼント中! /

目次

分散型台帳(DLT)とは?

分散型台帳技術「DLT」は、「Distributed Ledger Technology」の略称です。

DLTは、ユーザーやシステムが資産に関する取引を分散化して保存及び記録するためのシステムで、複数のノードに情報を保存していきます。

情報が一か所に集中する従来のデータベースとは異なり、複数人が複数のノードにまたがって管理する分散型データベースです。

分散型台帳とは

中央集権的な台帳を活用している銀行では、銀行側が日々の取引を台帳に記録して保存、銀行を利用する人は銀行が記録した取引を信用しています。

一方、ユーザー全員で分散化して管理、監視していく技術が「分散型台帳技術(DLT)」です。

仮想通貨の基幹技術として有名なブロックチェーンは分散型台帳技術(DLT)の一種で、分散型台帳技術はブロックチェーン以外でも活用されています。

より技術的な観点では、DLTは様々な参加者によって管理される分散型データベースに過ぎず、ブロックチェーンは特定の機能を備えたDLTとなっています。

さらに、ブロックチェーンは、取引をハッシュ関数などの技術を使用して記録しています。

ブロックチェーン技術によって急速に成長を遂げている仮想通貨を購入したい方は、取引銘柄が豊富なDMM Bitcoinで口座を開設してみましょう。

\ もれなく2000円プレゼント中! /

分散型台帳(DLT)の特徴

分散型台帳技術(DLT)について簡単に理解できたところで、特徴を3つ解説します。

分散型台帳(DLT)の特徴
  • データの変更や改ざんができない
  • サイバー犯罪の影響を受けにくい
  • 分散型であること

それぞれ確認してきましょう。

データの変更や改ざんができない

分散型台帳技術(DLT)では、データの変更や改ざんができません。

分散型台帳は、暗号技術を利用して、不変で安全なストレージが構築されており、一度保存されたデータは変更や改ざんができないようになっています。

データの変更や改ざんができないため、透明性がしっかりと担保されています。

取引履歴をすべて記録できる以外に、追記のみ可能です。

これは、機能性のためにデータを変更することができる従来のデータベースとは全く異なる点です。

機能性のためにデータを変更すると、様々な要因でデータが変更されたり、不正操作されたりする可能性があります。

データの変更や改ざんができず、台帳に登録されたデータの可視性・透明性が向上されている点は、分散型台帳技術の特徴になります。

サイバー犯罪の影響を受けにくい

分散型台帳技術(DLT)は、サイバー犯罪の影響を受けにくいです。

分散型台帳は、多くの組織が異なる場所にデータを保持しています。

通常は、データが中央システム上にあり、中央システムは離れた場所にあるそれぞれのノードにデータを定期的に更新しています。

このため、中央のデータベースはサイバー犯罪に弱く、中央の機関が離れた場所にあるそれぞれのノードを更新しなければならないため、遅延が発生しやすいです。

分散型台帳は、ネットワーク上に保存されたすべてのノードが同時に攻撃されないと攻撃が成功しないため、その性質上、サイバー犯罪の影響を受けにくくなっています。

さらに、記録の同時共有と更新により、プロセス全体がより速くより効果的で、安価になります。

分散型であること

一般的に、データは中央集権的なシステムの管理下にあり、システムによって別の場所にあるいくつかのノードのデータは更新され続けています。

したがって、脆弱性がゆえに、サイバー犯罪に狙われてしまうと大きな影響を受けてしまいます。

さらに、全ノードを更新する際に、中央管理システムが離れていることによって、遅れが生じやすいことも難点です。

対して、分散型台帳は、ネットワーク上に保存されたすべてのノードが同時に攻撃されないと影響を受けないので、サイバー犯罪の影響を受けにくくなっています。

記録の共有と更新が円滑になることで、より効果的で安価なシステムが構築されます。

今後の普及が期待される仮想通貨への投資に興味がある方は、初心者でもDMM Bitcoinで詳細を確認しましょう。

\ もれなく2000円プレゼント中! /

分散型台帳(DLT)の仕組み

分散型台帳技術(DLT)は文字通り、分散型のデータベース(台帳)を実現する技術です。

DLTは、ユーザーやシステムが資産に関する取引を分散化して保存及び記録するためのシステムで、複数のノードに情報を保存していきます。

従来のデータベースとは異なり、情報が一転に集まる中央集権的な場所を持たず、複数の参加者が、複数のノードにまたがって管理する分散型データベースです。

電子署名などの技術を用いることで、改ざんができない構造が構築され、透明性やサイバー攻撃などに強い体制を維持しています。

実際には、金融や貿易など、多くの企業で研究開発が行われており、データをしっかり管理して保存することが可能です。

そのほか、分散型台帳は、事前に決められたルールに従ってデータ更新を行います。

複数のノードの投票システムによってデータ内容が確定する場合や、少数のノードのみでデータ更新を行う場合もあります。

つまり、分散型台帳は、ネットワークの参加者によって更新、データ保存などの管理が行われています。

分散型台帳(DLT)の例

分散型台帳技術(DLT)の仕組みを理解したところで、実際に活用されている事例を3つ紹介していきます。

分散型台帳(DLT)の例
  • ビットコイン
  • 電子投票
  • スマートフォン

一つずつ確認していきましょう。

ビットコイン

一つ目の代表的な分散型台帳技術の活用例は「ビットコイン」です。

ビットコインには、DLTの一種であるブロックチェーンが使用されています。

ビットコインは、「パブリックブロックチェーン」と呼ばれるブロックチェーンで展開されており、インターネット上で誰でも参加できるオープンなP2Pネットワークとして機能します。

従来のシステムとは異なり、運営主体が存在せず分散化されています。

ビットコインはインターネットで誰でもアクセスできるため、数え切れないほどのサイバー攻撃を受けてきました。

ただ、ビットコインのP2Pネットワークが外部からのサイバー攻撃により深刻なダメージを受けたことは、いまだにありません。

つまり、ビットコインは2009年から現在まで無停止でダメージなく動いています。

分散型台帳技術(DLT)は、ビットコインだけでなく、イーサリアムなどの主要アルトコインまで、多くの仮想通貨で使われています。

電子投票

分散型台帳技術(DLT)は、電子投票にも活用される期待が高まっています。

これまでの投票は、投票会場へ実際に向かい、投票用紙に名前や住所を記入して投票箱などに入れる流れでした。

利便性が悪い、ネットに強い若者の投票率が伸びない、不正や手続きミスが起こる可能性がある、作業効率が悪く人件費がかかる、などの様々な問題点が挙げられてきました。

また、オンライン投票を行う議論では、集計結果の透明性や改ざんなどの懸念点が指摘されてきました。

このような問題点や懸念点を、改ざん不可能や投票内容などが全て確認でき、リアルタイムで情報獲得が可能となる分散型台帳技術の活用に注目が集まっています。

電子投票が実現するか今後の動きに注目です。

スマートフォン

ブロックチェーン技術を利用したスマホが誕生しています。

先駆けとして知られるのはイスラエルに拠点を置くスイスの企業シリンラボの「フィニー(FINNEY)」です。

ブロックチェーンスマホは、カメラやメールなど一般的なスマホが持つ機能のほかに、仮想通貨取引や保管など高いセキュリティレベルのスマホです。

OSはAndroidなどや、独自のOSを搭載したもの、両方を搭載したハイブリッド版があります。

Pundi XのBOBは、Androidと同社独自のOSを搭載しており、Androidモードとブロックチェーンモードを切り替えて使えます。

また、ブロックチェーンのノードとして機能するほか、フルノードとして機能します。

台湾のスマートフォンメーカーHTCが発売している「Exodus 1」も、ビットコインブロックチェーンのフルノードとして稼働できます。

今後も、ブロックチェーンなどの分散型台帳技術が活用されたスマートフォンが、スケールアップして発売されていく可能性があります。

盛り上がりを見せる仮想通貨業界に踏み込んでみたい方は、DMM Bitcoin公式サイトで詳細を確認しましょう。

\ もれなく2000円プレゼント中! /

分散型台帳(DLT)への投資方法

分散型台帳技術(DLT)の例を挙げたところで、実際にビットコインの購入方法をご説明いたします。

まず、仮想通貨を購入するためには、国内暗号資産取引所の口座を開設する必要があります。

使いやすい国内の暗号資産取引所は、BitMatch注文やレバレッジ取引などが魅力的なDMM Bitcoinです。

分散型台帳(DLT)への投資方法
  1. DMM Bitcoinの口座開設
  2. 日本円を入金
  3. ビットコイン購入

それでは、実際にDMM Bitcoinの口座開設から購入するまでの流れを画像とともにご紹介します。

1.DMM Bitcoinの口座開設

まずは、DMM Bitcoin公式サイトにアクセスし、右上の口座開設をクリックします。

DMMBitcoin

次に、メーアドレスを入力し、「確認して登録します」を押します。

届いたメールアドレスから、パスワードの登録、規約の確認、個人情報の入力を手順に従って行います。

すべて入力し終えたら、「申し込む」を押して申し込みをクリックします。

次に、本人確認を行います。

「スマホでスピード本人確認」、「本人確認書類アップロード」のいずれかで本人確認を行うことができます。

最短5分で本人確認を済ませることができる「スマホでスピード本人確認」を紹介します。

本人確認書類は以下の通りです。

本人確認書類
  • 運転免許証
  • 運転経歴証明書
  • パスポート
  • マイナンバーカード
  • 在留カード

必要書類を用意し、「スマホでスピード本人確認」をクリックします。

表示されたQRコードを読み込み、手順に沿って書類を提出しましょう。

以上で、口座開設は完了です。

2.日本円を入金

ビットコイン購入のために、日本円を入金しましょう。

「振込入金」と「クイック入金」のいずれかで、入金できます。

今回は「振込入金」で入金する方法を紹介します。

まずは、アカウントにログインし、「日本円・暗号資産の入金」→「日本円入金(振込入金)」を選択します。

振込先が表示されたら、日本円を入金します。

振込手数料は自己負担なので、注意してください。

3.ビットコインを購入

円の入金が完了したら、いよいよビットコインの購入になります。

まずは、画面左上の「取引開始」をクリックします。

続けて「メニュー」→「現物注文(購入・売却)」を選択します。

「現物取引 BTC/JPY」→「ストリーミング」を選択し、指定した数量を注文します。

最後に「Ask/買」をクリックすると、ビットコインを購入できます。

口座開設からビットコインの購入までの手順を詳しく解説しました。

手順が分かった方は、DMM Bitcoin公式サイトで準備を進めましょう。

\ もれなく2000円プレゼント中! /

分散型台帳(DLT)のよくある質問

分散型台帳(DLT)のよくある質問
  • 分散型台帳技術とは?
  • ブロックチェーンとの違いは?
  • 今後どのように活用されていく?

一つずつ確認していきましょう。

分散型台帳技術とは?

分散型台帳技術「DLT」は、「Distributed Ledger Technology」の略称です。

従来のデータベースとは異なり、情報を格納する中央集権的な場所を持たず、複数の参加者が、複数のノードにまたがって管理する分散型データベースのことです。

DLTは、ユーザーやシステムが資産に関する取引を記録するためのデジタルシステムで、任意の時点で複数の場所に情報を保存します。

仮想通貨の基幹技術として有名な「ブロックチェーン」は、分散型台帳技術(DLT)の一種で、「DAG」や「TEMPO」と呼ばれている分散型台帳技術も存在しています。

ブロックチェーンとの違いは?

ブロックチェーンは、分散型台帳技術という大きなカテゴリの中に属していると考えられています。

ブロックチェーンでは、ネットワーク上のトランザクションをブロックでまとめて処理し、ハッシュ関数などによって各ブロックがリンクしており、一本の鎖のような構造になっています。

ブロックを決定する際は、各ノードが台帳を計算あるいは他のノードとの通信によって自律的に構築していきます。

一方、分散型台帳技術は、必ずしもブロックでデータを更新する訳ではなく、分散型台帳を実現する方法はいくつかのバリエーションがあります。

また、ネットワークへの参加が許可型である場合が多く、仮想通貨のようなトークンを開発する必要がありません。

ただ、ブロックチェーンも分散型台帳技術も、中央集権的なノードがなく、改ざん耐性も備えています。

従来のデータベースとは異なり、データの書き込みと読み込みしかできず、透明性があるため、分散化してデータを保存していることには変わりません。

結果的に、ブロックチェーンに、分散型台帳技術が活用されていると考えておきましょう。

今後どのように活用されていく?

分散型台帳技術は、ブロックチェーンにも活用されています。

ブロックチェーンはビットコインなどの仮想通貨の重要な技術となっているため、今後も新しい仮想通貨が生まれる際は分散型台帳技術が活用されていくでしょう。

また、仮想通貨だけでなく、電子投票やスマートフォン、企業のデータ管理の分散化など、日々の生活に必要な技術として導入されていく可能性が高いです。

実際に電子投票などが導入された際は、分散型台帳技術がもとに作られているか確認してみましょう。

今後も、分散型台帳技術を活用した仮想通貨が注目されていきますが、まだ暗号資産取引所を開設していない方は、是非この際に開設しておきましょう。

取り扱い銘柄が多く、シンプルなデザインで見やすい仕様となっているDMM Bitcoinが初心者の方には使いやすいです。

\ もれなく2000円プレゼント中! /

分散型台帳(DLT)のまとめ

今回は、今後普及が期待される仮想通貨のもとになる技術、分散型台帳技術(DLT)について、初心者の方にわかりやすく解説していきます。

この記事の要点
  • 分散型台帳技術「DLT」は、「Distributed Ledger Technology」の略称
  • DLTは、ユーザーやシステムが資産に関する取引を分散化して記録するためのデジタルシステムで、任意の時点で複数の場所に情報を保存する
  • ブロックチェーンは、DLTが活用されている
  • DLTは、データの変更や改ざんができず、サイバー攻撃に強い
  • DLTは、ビットコインなどの仮想通貨のほかに、電子投票やスマホにも活用されている
  • 今後もDLTを活用した仮想通貨やサービスが実際に普及していく
  • まだ暗号資産取引所の口座開設を行っていない方は、初心者でも使いやすいDMM Bitcoinをチェック

直近で大きな盛り上がりを見せているDeFiメタバースNFTなどには、DLTが活用された仮想通貨の発展や普及が不可欠です。

暗号資産業界全体が成長していきますが、成長に伴って基幹となる技術の成長にも注目が集まります。

同記事を読んで、暗号資産の技術的な側面に興味を持つと、今後仮想通貨が普及していく際にさらに面白く感じるかもしれません。

今後普及が期待されるDLTが活用された仮想通貨を購入したい方は、DMM Bitcoin公式サイトで詳細を確認してみて下さい。

\ もれなく2000円プレゼント中! /

目次
閉じる