リップル(XRP)の買い方/購入方法を初心者向けに解説|おすすめの取引所も紹介【買い時はいつ?】

仮想通貨の「リップル(XRP)」に興味を持ったけど、ビットコインに比べると知名度は低いし、買い方がわからない方も多いのではないでしょうか。

そんなリップルですが、ほとんどの仮想通貨取引所で購入できます

今回はリップルの購入方法、買い時、おすすめの取引所について解説します

この記事からわかること
  • リップルの買い時は「相場が上昇に転換したとき」「有識者が動いたとき」「利用頻度の上昇が予想されたとき」の3種類などが挙げられる
  • リップルは大手の取引所で購入可能
  • 仮想通貨初心者がリップルを購入するならCoincheckがおすすめ
  • Coincheckで口座を開設してリップルを購入する手順
  • リップルを購入するときに多い質問に回答

リップルの購入には取引手数料が無料で取り扱う通貨が多く、アプリも使いやすいCoincheckがおすすめです。

この記事を読めば初心者でもリップルを購入できます。

リップルを購入するためにぜひCoincheckで口座開設してみてください。

\ アプリダウンロード数No.1 /

LineBanner_btc

Media Argo公式LINEでは、投資家のみなさまにとって有益な情報を随時配信していきます。

まだ友だち追加がお済みでない方は、この機会にぜひ無料で登録しておきましょう。

\ 7/31まで!200円のBTCゲット/

目次

リップル(XRP)の買い方|買い時

リップルの買い時の例として挙げられるのは次の3つです。

買い時の例
  • リップルの相場が下落から上昇に転換したとき
  • 有識者が動いたとき
  • リップルの利用頻度が上がることが予想されるとき

ひとつづつ見ていきましょう。

リップルの相場が下落から上昇に転換したとき

リップルの相場が下落ら上昇に転換したときです。

引用:TradidngView

上の図は2021年のCoincheckの日ごとのチャートです。

リップルを含め仮想通貨の価格は常に変化しており、下落と上昇を繰り返しています。

価格が変化する中で、◯印を付けている場所のように、価格が下落から上昇に転じたときに買うのがおすすめです。

その理由は、価格が安いときに買うことで、損するリスクを低減できるからです。

ただし、結果として◯印を付けた部分からしばらく価格が上昇していますが、リアルタイムで見ているときは本当に価格が上昇するかわかりません。

一時的に上昇したものの、さらに下落することも考えられます。

まだ知識が少ない初心者は、ある程度価格が下がった時点で思い切って購入するしかありません。

ただし、世の中の仮想通貨に対する動向を見極めることで、価格の上昇を予測できる場合があります。

その方法が以下の2つです。

有識者の発言

リップルに詳しい有識者の予想から、買い時を決めます

例えば、リップル社のCEOのブラッド・ガーリングハウスです。

彼は、「リップルは2025年までに仮想通貨のアマゾンになる」と発言し、今後の急成長の可能性を示唆しています

2025年が目処なので、今からリップルを購入しおけば価格の上昇が十分期待できます。

またSBIの北尾社長も今後リップルの価値が上昇していくと予想しています。

リップルは金融市場での利用が期待されるので、SBIの社長の発言となれば期待度は高いと言えます。

リップルの利用頻度が上がることが予想されるとき

リップルの利用頻度が上がることが予想されるときです。

具体的には次の場合が考えられます。

利用頻度に影響するもの
  • 金融機関との提携の進展
  • インド市場の影響
  • 送金スピードの上昇とコストの削減

金融機関との提携の進展

リップルの特徴は送金の速さです。

そのスピードはビットコインの送金が10分に対して、リップルは1〜4秒です。

そのため、日本のメガバンクを始め、すでに世界の多くの金融機関がリップルと提携しています。

今後、金融機関との提携が増えれば、リップルの価値が高まり価格が上昇すると考えられます

インド市場の影響

インドは人口が多く、IT技術も発展している国です。

その一方で、偽札が多く、法定通貨に対する信頼は低い状況です。

そんなインドに対して、リップルは施策を行うことを発表しています。

インドでリップルが広がれば、人口が多いため価値への影響も大きく価格が上昇すると考えられます

送金スピードの上昇とコストの削減

先に述べたように、リップルの特徴は送金の速さです。

また仮想通貨であることから、日本円をドルに変えるような場合の手数料を低くできます。

これらの特徴をさらに強化し、送金スピードが上がり、コストを削減できれば、リップルに対する評価も上がり価格がも上昇すると考えられます

しかし、これらのタイミングを初心者が見極めるのは難しいでしょう。

今後リップルの価値が高まる可能性は十分あるので、今のうちから購入しておくのも1つの方法です。

リップル購入のためにぜひCoincheckで口座開設してみてください。

\ アプリダウンロード数No.1 /

リップルの買い方|取引所

リップルは様々な取引所で購入できます。

今回はリップルを購入するためのおすすめ仮想通貨取引所として、CoincheckDMM BitcoinbiFlyerGMOコインの4つを紹介します。

Coincheck(コインチェック)

コインチェック
現物取引(銘柄数)販売所形式:◯(17銘柄)
取引所形式:◯(5銘柄)
リップルは取引所形式に対応していません
レバレッジ取引(銘柄数)×
最小発注数量(リップルの場合)販売所形式:500円
取引所形式:-(リップルは非対応)
取引手数料(リップルの場合)販売所形式:無料
取引所形式:-(リップルは非対応)
取引ツールパソコン・ネットブラウザ:○
スマホアプリ:◯
その他のサービスCoincheckつみたて
貸仮想通貨
大口OTC取引
Coincheck NFT
Coincheck電気/ガス
公式サイトCoincheck公式サイト
関連記事Coincheckの評判

Coincheckの特徴は扱っている仮想通貨が豊富で少額から購入できることです。

初めて仮想通貨を購入する人におすすめです。

\ アプリダウンロード数No.1 /

Coincheckのメリット

扱っているコインが豊富

Coincheckでは、ビットコインやリップルを含めた17種類の仮想通貨を取引できます。

取り扱っている仮想通貨が多いことでトレードの機会が増えるので、ユーザー数が増加中です。

少額から投資できる

Coincheckでは、取り扱っている全ての仮想通貨を500円から購入できます

また販売所形式の手数料は無料です。

仮想通貨の投資経験が少ない人でも気軽に挑戦できます。

仮想通貨の積立投資などオリジナルサービスが豊富

Coincheckには仮想通貨の取引以外にも様々なオリジナルサービスがあります。

特に「Coincheckつみたて」は自動で仮想通貨を積み立ててくれる便利なサービスです

Coincheckの独自サービス

Coincheckつみたて

14種類の通過を月々1万円から自動で購入して積み立てることができます。

貸仮想通貨

保有している仮想通貨をCoincheckに貸し出し、賃借料を得ることができます。

大口OTC取引

数千万円以上の大口取引をおこなう場合に、通常よりも優遇されたレートでの売買が可能です。

Coincheck NFT(β版)

Coincheckのユーザー同士でデジタルアセット「 NFT」と仮想通貨の交換取引ができるマーケットプレイスです。

Coincheckでんき/ガス

電気とガスの支払いをビットコインでできたり、支払いに対して数%分のビットコインをもらうことができます。

Coincheckのデメリット

レバレッジ取引ができない

Coincheckではレバレッジ取引ができません。

Coincheckを運営するマネックスグループでは、レバレッジ取引に特化した「マネックスコイン」も運営しています。

レバレッジ取引お行い人はマネックスコインもおすすめです。

スマホアプリでテクニカル分析ができない

Coincheckのスマホアプリは非常にわかりやすいつくりになっているため、初心者でも使いやすいです。

その一方で、テクニカル分析などができません。

テクニカル分析をする場合はブラウザ版を利用するか、分析用のツールを別途ダウンロードする必要があります

仮想通貨にまだ慣れていない人などは、使いやすいCoincheckから始めてみてください。

\ アプリダウンロード数No.1 /

DMM Bitcoin(DMM ビットコイン)

dmmbitcoin
現物取引(銘柄数)販売所形式:◯(7銘柄)
取引所形式:×
レバレッジ取引(銘柄数)◯(21銘柄)
最小発注数量(リップルの場合)販売所形式:10XRP
取引手数料(リップルの場合)販売所形式:スプレッド
取引ツールパソコン・ネットブラウザ:○
スマホアプリ:◯
その他のサービスBitMatch注文
公式サイトDMM Bitcoin公式サイト
関連記事DMM Bitcoinの評判

DMM Bitcoinの特徴はレバレッジ取引ができ、取引可能な銘柄も19種類と豊富なことです。

レバレッジ取引を行いたい人におすすめできます

DMM Bitcoinのメリット

レバレッジ取引ができる

DMM Bitcoionでは倍率2倍までレバレッジ取引ができます

現物取引よりもハイリスク・ハイリターンですが、本格的に仮想通貨投資をする人にはおすすめです。

対象の仮想通貨も19種類あり豊富です。

BitMatch注文で取引コストを抑えられる

BitMatch注文はDMM Bitcoin独自のサービスで、ミッド(仲値)価格で取引が成立する注文方法です。

取引対象の銘柄、数量に対してユーザー同士の注文をマッチングします。

またBitMatch注文にはスプレッドがかかりません

取引ツールが使いやすい

DMM Bitcoinの取引ツールは非常に高機能で使いやすくなっています

その背景には、DMM Bitcoinを運営しているDMMホールディングスが仮想通貨事業以前からFX事業を展開しており、そこから得た知見やノウハウがあります。

DMM Bitcoinのデメリット

取引所形式の現物取引の扱いがない

DMM Bitcoinでは取引所形式の現物取引の扱いがありません。

その代わりにBitMatch注文により取引コストを抑えた取引が可能です。

スプレッドがやや広め

DMM Bitcoinは仮想通貨取引所の中では、現物取引とレバレッジ取引の両方で比較的スプレッドが広くなっています。

スプレッドは相場の急変動により市場の流動性が落ちたときに大きく広がるので、短期的な売買を繰り返す人には適していません

仮想通貨でレバレッジ取引をしたい人や取引ツールを使い人などはDMMBitcoinで口座開設してみてください。

\ もれなく2000円プレゼント中! /

bitFlyer(ビットフライヤー)

ビットフライヤー
現物取引(銘柄数)販売所形式:◯(15銘柄)
取引所形式:◯(6銘柄)
レバレッジ取引(銘柄数)△(ビットコインのみ対応)
最小発注数量(リップルの場合)販売所形式:0.000001XRP
取引所形式:0.000001XRP
取引手数料(リップルの場合)販売所形式:スプレッド
取引所形式:無料
取引ツールパソコン・ネットブラウザ:○
スマホアプリ:◯
その他のサービスステーキングワードサービス
ビットコインをもらう!
ビットコインをつかう
Tポイントとビットコインの交換サービス
公式サイトbitFlyer公式サイト
関連サイトbitFlyerの評判

bitFlyerの特徴はビットコインの取引量が国内の取引所の中で最も多いことがあります。

投資だけでなく、仮想通貨を生活の中で利用したい人におすすめです。

bitFlyerのメリット

ビットコインの取引量が国内トップ

bitFlyerはビットコインの取引量が国内の取引所の中でNo.1(※)です。
※ Bitcoin 日本語情報サイト調べ。国内暗号資産交換業者における 2021 年の年間出来高(差金決済/先物取引を含む)

取引所形式の現物取引で、ユーザー同士がビットコインを売買する際は比較的、取引が成立しやすいと言えます。

少額から取引できる

bitFlyerでは販売所形式の現物取引の場合、0.000001XRP(ビットコインの場合0.00000001BTC)から購入できます

仮想通貨投資の経験がない人も気軽に投資を始められます。

bitFlyerのデメリット

レバレッジ取引の取扱通貨が少ない

bitFlyerでレバレッジ取引ができるのはビットコインのみです。

リップルはレバレッジ取引ができないので注意しましょう。

ビットコインやリップルをメインで取引したい人はbitFlyerで口座開設してみてください。

コインチェックとの比較については「コインチェックとビットフライヤーを徹底比較」で詳しく解説しておりますので是非ご参照ください。

GMOコイン

gmoコイン
現物取引(銘柄数)販売所形式:◯(14銘柄)
取引所形式:◯(5銘柄)
レバレッジ取引(銘柄数)販売所形式:◯(10銘柄)
取引所形式:◯(5銘柄)
最小発注数量(イーサリアムの場合)販売所形式:1XRP
取引所形式:1XRP
取引手数料(イーサリアムの場合)販売所形式:スプレッド
取引所形式:-0.01%(Maker)、0.05%(Taker)
取引ツールパソコン・ネットブラウザ:○
スマホアプリ:◯
その他のサービス貸暗号資産
つみたて暗号資産
ステーキングサービス
公式サイトGMOコイン公式サイト
関連記事GMOコインの評判

GMOコインの特徴は様々な取引ができることです。

1つのアカウントで様々なスタイルの仮想通貨投資に挑戦したい人におすすめです。

GMOコインのメリット

取引所形式の現物取引やレバレッジ取引ができる

GMOコインでは取引所形式の現物取引やレバレッジ取引ができるので、この口座を持っておくだけで様々なスタイルの投資をすることができます。

仮想通貨の積立投資ができる

GMOコインの「つみたて暗号資産」というサービスを利用すると、1,000円から自動の積立ができます

手間をかけずに仮想通貨投資をしたい人におすすめです。

GMOコインのデメリット

取引規制をかけられることがある

GMOコインでは相場が急変動して流動性が下がった場合に、取引規制がかかることがあります

ユーザーを守るための措置ではありますが、すでに通貨やポジションを保有している時には、その間に損切りできないので注意が必要です。

販売所のスプレッドが広め

GMOコインの販売所は、スプレッドが他の取引所に比べて広めです。

様々な仮想通貨取引がしたい方はGMOコインで口座開設してみてください。

\ 顧客満足度No.1! /

リップルの買い方|取引手順

Coincheckでリップルを購入する手順を、口座開設からから解説します。

次の3ステップでリップルを購入します。

  1. Coincheckで口座を開設する
  2. 日本円を入金する
  3. リップル(XRP)を購入する

順番に解説します。

Coincheckで口座を開設する

リップルを購入するためには、暗号資産取引所で口座を開設する必要があります。

この記事ではCoincheckで口座を開設します。

まず公式サイトにアクセスします。

Coincheck口座開設方法

会員登録」をクリックします。

Coincheck口座開設方法

メールアドレス」と「パスワード」を入力して、「新規登録」をクリックします。

登録したメールアドレスに「登録メールアドレス確認のお願い」のメールが届くので、メールないのURLをクリックして、アカウント作成を完了させましょう。

次に各種重要事項の承諾を行います。

Coincheck口座開設方法

Coincheckにアクセスすれば、上記の画面が表示されます。

各種重要事項を確認する」をクリックします。

確認事項が表示されるので、目を通してチェックボタンにレ点を入れます

Coincheck口座開設方法

電話番号認証を求められるので、電話番号を入力して「SMSを送信する」をクリックすると認証番号が届きます。

認証番号を入力して認証を完了します。

その後、氏名や性別、生年月日などの個人情報を入力すると完了です。

次にスマホを使って本人確認を行います。

本人確認のために書類の郵送はなく、スマホで運転免許証などの本人確認書類を撮影するだけで完了します。

Coincheck口座開設方法

本人確認書類を提出する」をクリックします。

Coincheck口座開設方法

アプリのQRコードを表示」をクリックすると、 CoincheckアプリのQRコードが表示されます。

それをスマホで読み込んでダウンロードします。

アプリを開くと本人確認書類の提出を求められまするので、流れにそって進めましょう

登録可能な本人確認書類は次の通りです。

  • 運転免許証
  • パスポート
  • 在留カード
  • 特別永住者証明書
  • 運転経歴証明書
  • 住民基本台帳カード
  • 個人番号カード(マイナンバーカード)

本人確認書類の提出が完了すると、 Coincheckが審査を行います

審査が完了すると、登録したメールアドレスに「本人確認完了のお知らせ」のメールとが届き、後日、登録した住所にも登録完了のハガキが届きます

以上で口座開設が完了です。

日本円を入金する

日本円を使ってリップルを購入するので、Coincheckに日本円を入金します

入金方法は「銀行振込」「コンビニ振込」「クイック入金」の3種類です。

今回は最もスタンダードな銀行振込を紹介します。

Coincheck口座開設方法

左側のウォレットタブ内の「日本円の入金」をクリックします。

銀行振込」のタブを選択すると振込先の銀行口座が表示されるので、指定口座にお金を振り込むと入金完了です。

銀行は「GMOあおぞらネット銀行」または「住信SBIネット銀行」の2つです。

住信SBIネット銀行の場合、振込人名義に「ユーザーID」の入力が必要なので忘れないように注意しましょう。

リップル(XRP)を購入する

入金が完了したら、リップルを購入できます

Coincheckのホーム画面にアクセスします。

Coincheck口座開設方法

画面左側の「販売所(購入)」をクリックします。

購入可能な通貨の一覧が表示されるので「XRP」を選択します。

数量の部分にリップルの購入数を入力します。

必要な日本円が算出されるので、「購入する」をクリックすると購入できます。

以上の手順を参考にしてリップルを購入してみてください。

\ アプリダウンロード数No.1 /

リップルの買い方に関するよくある質問

リップルを買うときによくある質問として次の3つに回答します。

  • リップルの特徴は?ビットコインと何が違うの?
  • リップルの取引手数料はいくら?いくらから買えるの?
  • おすすめの取引所はどこ?

リップルの特徴は?ビットコインと何が違うの?

仮想通貨の国際送金

リップルの1番の特徴は送金の速さです。

リップルは、「リップル・トランザクション・プロトコル(RTXP)」と呼ばれる送金システムの中で使用するための仮想通貨として誕生しました。

RTXPを簡単に説明すると、より安く、より早くお金を送るためのシステムです。

従来の場合、日本円をドル宛てに国際送金する際、多くの時間や手数料が発生します。

しかし、RTXPであれば「日本円→リップル→ドル」の流れで送金可能です。

その結果、取引は数秒に短縮されるだけでなく、仮想通貨の取引にはほとんど手数料がかからないため、換金にかかるコストも低減できます。

また、ビットコインの場合、送金から決済が完了するまでに約10分かかりますが、リップルの場合1〜4秒で完了します。

これらのことから、多くの銀行がリップルと提携を進めています。

リップルの取引手数料はいくら?いくらから買えるの?

リップルの取引手数料は取引所によって異なります

その中でも手数料が無料の取引所があるので紹介します。

販売所形式で購入する場合は、Coincheckが手数料無料です。

ただし、取引所形式では取り扱いがないので注意しましょう。

取引所形式で購入する場合は、bitFlyerが手数料無料です。

また、リップルはCoincheckで、500円から購入できます。

仮想通貨の購入経験が少ない初心者の方にはCoincheckの利用をおすすめします。

おすすめの取引所はどこ?

おすすめの取引所は「Coincheck」です

その理由は手数料が比較的安いことと、仮想通貨を500円から購入できるからです。

また、取り扱っている仮想通貨の種類も豊富なので、リップル以外の仮想通貨を購入する場合にも利用できます。

さらに、積立投資もできるので投資経験がなく知識が少ない人でも手軽に仮想通貨投資を始められます

おすすめの取引所は「Coincheck」です

\ アプリダウンロード数No.1 /

リップルの買い方まとめ

今回はリップルの買い方を紹介しました。

手数料が安く、少額から購入できるのでCoincheckでの購入がおすすめです。

リップルと購入する際のポイント
  • 買い時は「価格が下落から上昇に転換したとき」「有識者が動いたとき」「リップルの利用頻度が上がることが予想されるとき」の3つ
  • 取引手数料が安く、少額から仮想通貨を購入できるCoincheckがおすすめ
  • リップルはCoincheckで口座を開設し、日本円を入金すると購入可能

Coincheckなら口座開設からリップルの購入までスマホだけで完了します。

無料ですのでぜひこの機会にCoincheckで口座開設してみてください。

\ アプリダウンロード数No.1 /

LineBanner_btc

Media Argo公式LINEでは、投資家のみなさまにとって有益な情報を随時配信していきます。

まだ友だち追加がお済みでない方は、この機会にぜひ無料で登録しておきましょう。

\ 7/31まで!200円のBTCゲット/

目次
閉じる