仮想通貨Akita Inu(秋田犬コイン)とは?将来性や今後の見通し/予想・買い方を徹底解説

2021年現在、発行されている仮想通貨の種類は6,000にものぼると言われています。

その中で、搭載されている機能を確認して好みの銘柄を選ぼうと思うと、とてつもない時間がかかってしまいますよね。

投資対象を選ぶのが大変なときは、「見た目」で銘柄を選んでみるのも良いかもしれませんね。

今回は、仮想通貨をデザインで決めたいと言う方におすすめの通貨「Akita Inu」の特徴についてくわしく紹介していきます。

今回のまとめ
  • Akita Inuは「ドージコイン」の弟分を名乗る犬系ミームコインの一種
  • Akita Inuは、イーサリアムブロックチェーン(ERC-20)で構築されている
  • Akita Inuの価格は、SHIBA INUなど他のミームコインの価格に連動して動くことが多い
  • Akita Inuは海外の取引所で購入することができるが、海外取引所での売買はリスクが高く危険

Akita Inuは、海外の仮想通貨取引所で取り扱いがありますが、詐欺やハッキングのリスクから当サイトでは海外取引所での仮想通貨の売買をあまりおすすめしていません。

仮想通貨投資に興味のある方は、まずは安全に取引することができる国内取引所で好みの銘柄を購入してみましょう。

おすすめの国内取引所は、17種類の仮想通貨を購入することが可能なCoincheckです。

Coincheckは、取引手数料が無料となっているので、どんどん投資にチャレンジしていきましょう。

\ アプリダウンロード数No.1 /

LineBanner_btc

Media Argo公式LINEでは、仮想通貨に関する最新情報を随時配信していきます。

まだ友だち追加がお済みでない方は、ぜひこの機会に無料で登録しておきましょう。

\ 7/31まで!200円のBTCゲット/

目次

Akita Inu(AKITA)とは?

秋田犬
通貨名Akita Inu
シンボルAKITA
価格(2021年11月現在)0.0000052ドル
時価総額(2021年11月現在)データなし
市場ランキング(2021年11月現在)2,725位
おもな国内取引所なし
公式サイトAkita Inuの公式サイト

Akita Inuは、日本の犬種「秋田犬」の姿をモデルにしたミームコインです。

ミームコインとは?

仮想通貨界における「ネタコイン」のこと。

もともとは冗談半分で発行された銘柄が多く、特別な特徴が備わっているものは少なかったのですが、現在は他の価値ある銘柄に負けず劣らずの機能を搭載したミームコインが数多く発行されており、そのデザインも相まって注目が集まっています。

2021年に複数の海外取引所に上場してからは、他のミームコインに連動して価格を上昇させており、今後のさらなる価格高騰に期待が多く寄せられています。

Akita Inuが運営しているエコシステムでは、取引所で購入できる仮想通貨「Akita Inu」とガバナンストークン「gAKITA」の2種類の通貨が発行されていますが、今回はAkita Inuに焦点を当てて解説を進めていきます。

Akita Inu(AKITA)の特徴

Akita Inuのおもな特徴は以下の3つです。

Akita Inu(AKITA)の特徴
  • 「ドージコイン」の弟を名乗る
  • イーサリアム規格「ERC-20」を利用してトークンを発行
  • 独特の「バーン」システムを採用

他のミームコインに似通っている特徴も多いのですが、それもあわせて説明していきます。

「ドージコイン」の弟を名乗る

Akita Inuは、犬系ミームコインの走りである「ドージコイン」の弟分を名乗っており、デザインや機能を似せて発行しているという特徴があります。

ドージコイン
仮想通貨名ドージコイン
シンボルDOGE
現在の価格(2021年10月時点)0.305192ドル
時価総額(2021年10月時点)40,358,676,455ドル
時価総額ランキング(2021年10月時点)10位

ドージコインは2013年と仮想通貨にしては比較的古いタイミングでローンチされたミームコインで、柴犬の「かぼすちゃん」がコインのモデルになっています。

そのかわいいデザインから仮想通貨としての価値はかなり高く、仮想通貨の時価総額ランキングでは2021年10月現在で10位につけている超大型銘柄です。

時価総額で比較するとまだまだですが、Akita Inuが「兄貴分」であるドージコインに追いつく日が来るかもしれませんね。

イーサリアム規格「ERC-20」を利用してトークンを発行

Akita Inuで発行されているトークンは、イーサリアムブロックチェーンの規格に準拠した「ERC-20 トークン」です。

イーサリアムブロックチェーンは、ブロックチェーン上で契約を自動実行する「スマートコントラクト」機能を搭載しており、その汎用性の高さからNFT(Non Fungible Token、非代替性トークン)やDEX(Decentralized Exchange、分散型取引所)などのサービスに大きく活用されています。

Akita Inuはこれらの機能をまだ搭載していませんが、今後の機能拡大に大きく注目が集まっています。

独特の「バーン」システムを採用

Akita Inuは、独特の「バーン」システムを採用していることも大きな特徴のひとつとして知られています。

仮想通貨のバーンとは?

銘柄の価値を向上させたり価格を安定させたりする目的で、仮想通貨の流通量を減らすこと。

2021年の5月に、イーサリアムの開発者であるヴィタリック・ブテリン氏が所有していたSHIBAコインを大量に「バーン」し、話題になりました。

仮想通貨のバーン

Akita Inuの場合、Akita Inuの総発行量の半分を大手DEX「Uniswap」に、もう半分をイーサリアムの開発者であるヴィタリック・ブテリン氏に送付することで「バーン」を実施しています。

このバーン方式はSHIBA INUなど他の犬系ミームコインでも多く採用されている方法です。

Akita Inu(AKITA)の価格動向

Akita Inuは、2021年に海外の仮想通貨取引所に上場を果たした比較的若い仮想通貨です。

2021年10月現在は価格が上昇していることから注目が集まっていますが、それまではどのような値動きをみせていたのでしょうか。

ここでは、Akita Inuの上場から現在までの価格動向をチャート図を用いながら解説していきます。

新規上場から現在までの価格変動

まずは、Akita InuがPoloniexに上場した4月17日から現在までのチャート図をご覧ください。

5月と10月の2度にわたって価格が大きく上昇していることがわかりますね。

5月に発生したAkita Inuの高騰は、Akita Inuと同様に犬をモデルにしたミームコイン「SHIBA INU」に連動したものと考えられています。

こちらはSHIBA INUの直近6ヶ月間にわたるチャート図です。

Akita Inuと同じように5月中旬に価格が高騰していることがわかりますね。

ちなみに、SHIBA INUの高騰は5月12日にBinanceに上場したことが原因ではないかと予想されています。

2021年10月から高騰しているAKITAトークン

続いて、先程のチャート図を直近3ヶ月のものに拡大してみました。

5月の高騰が落ち着いてから半年ほど、Akita Inuの価格は停滞していましたが、10月16日には5ヶ月振りに0.000006ドルを記録。

最高値の更新には至っていませんが、10月に入ってから再び再浮上の兆しをみせています。

なお、今回の価格上昇もSHIBA INUの高騰が原因とのことです。

こちらはSHIBA INUのチャート図ですが、Akita Inuと同じく10月に価格が上昇していますね。

Akita Inuなどのミームコインは、他の類似コインに連動した値動きをしやすいということは覚えておくと良いでしょう。


Media Argo公式LINEでは、投資家のみなさまにとって有益な情報を随時配信していきます。

まだ友だち追加がお済みでない方は、この機会にぜひ無料で登録しておきましょう。

\ 7/31まで!200円のBTCゲット/

Akita Inu(AKITA)の今後の見通し

Akita Inuの価格は現在急激な高騰をみせていますが、この流れはいったいいつまで続くのでしょうか。

ここでは、Akita Inuの仮想通貨としての今後の見通しについて解説します。

Akita Inu(AKITA)のこれからを占うポイント
  • ミームコインへの投資熱が加熱している
  • 犬をモデルにしたミームコインが急騰している事例がある
  • 「Dreamswap」というDEX(分散型取引所)を開設予定

ミームコインへの投資熱が加熱している

香港に本社を置く大手仮想通貨取引所「FTX」のOTCおよび機関投資家向けセールス責任者のジョナサン・チーズマン氏は、ミームコインについて「ミームには価値があり、2021年の投資可能なテーマだ」と述べています。

仮想通貨界のいわゆる「ネタコイン」と考えられてきたミームコインですが、最近ではその「価値」にも注目が集まっているようですね。

現在市場に出回っているミームコインは、実際に取引可能なものだけでも数十種類にのぼり、その市場は今後も拡大していく可能性が高いと考えられています。

Akita Inu以外にも取引されているミームコイン
  • ドージコイン
  • SafeMoon
  • Kishu Inu
  • CumRocket
  • Dogelon Mars など

暗号資産分析会社デルファイ・デジタルのアシュワス・バラクリシュナン氏は、ミームコインの相場について「マーケットがリスクオンになると、ミームコインが上昇する傾向がある」と語っており、コロナ不況から回復している現在は、ミームコインへの投資熱は続いていくとみられています。

犬をモデルにしたミームコインが急騰している事例がある

実は、2021年に入ってからある犬系ミームコインの価格が急騰していることをご存知ですか。

その名前は「SHIBA INU」。

しば犬
通貨名SHIBA INU
シンボルSHIB
価格(2021年10月現在)0.00007ドル
時価総額(2021年10月現在)35,509,899,294ドル
市場ランキング(2021年10月現在)9位
おもな国内取引所なし
公式サイトSHIB INUの公式サイト

SHIBA INUは、その名の通り「柴犬」をモデルにしたミームコイン

2021年に上場を果たした非常に若い銘柄ですが、10月に入ってから急成長を遂げ、現在は仮想通貨の時価総額ランキングで9位にランクインする超大型銘柄となっています。

引用元:Tradingview

こちらは、SHIBA INUの現在までのチャート図です。

ご覧の通り、10月に価格が大きく上昇していることがわかるでしょう。

Akita Inuも、SHIBA INUと同様に価格が一気に高騰する可能性も考えられますね。

「Dreamswap」というDEX(分散型取引所)を開設予定

Akita Inuの公式サイトによると、さまざまなミームコインを取り引きすることができる「DEX(分散型取引所)」を開発中とのことです。

DEX(分散型取引所)とは?

仮想通貨のブロックチェーン技術を活用し、ユーザー同士の取引を実現した取引所のこと。

既存の金融機関(CEX:中央集権型取引所)にくらべて、手数料が安い・誰でも利用できるなどのメリットがあり、仮想通貨取引の際のひとつの選択肢として現在注目を集めています。

Akita Inuは、開発が比較的な容易な「ERC-20 」規格で発行されているにもかかわらず、めぼしい機能が搭載されていません。

もし、DEXが完成するようなことがあれば、そのタイミングで価格が上昇する可能性は高いと考えられます。

秋田犬コインに投資するためには、国内の取引所から仮想通貨を送金する必要がありますので、是非この機会にコインチェックで口座開設しておきましょう。

\ アプリダウンロード数No.1 /

Akita Inu(AKITA)の買い方

ここまでは、Akita Inuの特徴について詳細な解説をしてきました。

Akita Inuに興味が湧いた方は、実際に購入をしてみましょう。

しかし、国内にある仮想通貨取引所ではAkita Inuの取り扱いはなく、今すぐAkita Inuを購入したい方は海外の仮想通貨取引所で取引をする必要があります。

Akita Inuの購入方法
  • 国内の仮想通貨取引所に口座を開設し、仮想通貨を購入
  • 購入した仮想通貨を海外の仮想通貨取引所に送金
  • 海外取引所でAkita Inuを購入

海外の仮想通貨取引所は法規制や詐欺などのリスクが高いため、どうしても取引をする場合は慎重におこなうようにしてください。

国内の仮想通貨取引所に口座を開設し、仮想通貨を購入

海外の仮想通貨取引所では、日本「円」でAkita Inuを購入することができません。

二度手間のような気もしますが、海外の仮想通貨取引所で使用可能な「通貨」として、まずは国内の仮想通貨取引所で口座開設をおこない、ビットコインやイーサリアムなどのメジャーな銘柄を購入しましょう。

おすすめの国内取引所は、国内ダウンロード数No.1のCoincheckです。

コインチェック
現物取引(銘柄数)販売所形式:○(16銘柄)
取引所形式:○(5銘柄)
レバレッジ取引(銘柄数)×
最小発注数量
(ビットコインの場合)
販売所形式:500円以上
取引所形式:0.005BTC以上、かつ500円以上
取引手数料
(ビットコインの場合)
販売所形式:0円(スプレッドあり)
取引所形式:0円
取引ツールパソコン・ネットブラウザ:○
スマホアプリ:○
その他のサービスCoincheckつみたて
貸仮想通貨
大口OTC取引
CoincheckNFT(β版)
Coincheckでんき/ガス
公式サイトCoincheck公式サイト
関連記事Coincheckの評判
Coincheckのおすすめポイント

少額から投資できる

Coincheckでは取り扱いのある17銘柄に対して、500円という少額から投資することが可能です。

そのため、投資初心者や資金が少ない方でも気軽に仮想通貨投資にトライできます。

貸仮想通貨でインカムゲインを得られる

仮想通貨には基本的に、株の配当やFXのスワップポイントのようなインカムゲインを得る仕組みがありません。

しかしCoincheckの貸仮想通貨なら、保有している仮想通貨をCoincheckに貸し出すことで賃借料を得ることが可能です。

また、その利回りは最大年率5%と非常に魅力的な数値になっているので、仮想通貨を長期保有するつもりならCoincheckの貸仮想通貨を使わない手はありません。

購入した仮想通貨を海外の仮想通貨取引所に送金

海外取引所への送金

国内取引所で仮想通貨を購入したら、Akita Inuを購入できる海外の仮想通貨取引所に送金をおこないましょう。

ここで、Akita Inuを取り扱っているおもな海外取引所をまとめてみました。

Akita Inuの取り扱いのある海外取引所
  • Poloniex
  • Gate.io
  • OKEx など

海外の仮想通貨取引所は、本人確認書類の提出が必要ないなど国内取引所にくらべて手続きが少なくなっています。

口座開設が簡単である反面、取引時のリスクも高いので、もし取引をするのであれば慎重におこなうようにしてください。

海外取引所でAkita Inuを購入

海外取引所に仮想通貨の送金をおこなったら、最後にAkita Inuを購入して取引は完了となります。

繰り返しになりますが、海外の仮想通貨取引所は詐欺などのリスクや法規制の問題があることから、当記事では口座開設や取引をおすすめしていません。

もし、海外取引所を利用するのであれば、必ず「自己責任」でおこなうようにしてください。

取引手順がわかった方は、ぜひコインチェックの口座開設から始めてみましょう。

\ アプリダウンロード数No.1 /

コインチェックについては別途「仮想通貨取引所おすすめランキング」の記事で詳しく解説していますので、合わせてみておくことがおすすめです。

Akita Inu(AKITA)に関するよくある質問

仮想通貨への投資を初めてする方は、不安が大きいのではないでしょうか。

この項ではそんな投資初心者の方向けに、Akita Inuや仮想通貨投資に関してよく尋ねられる質問とその回答を掲載しています。

Akita Inu(AKITA)に関するよくある質問
  • 犬をモデルにしたミームコインには、どんな銘柄があるの?
  • 海外取引所を利用するリスクは?
  • 仮想通貨で得た収益に税金は発生するの?

犬をモデルにしたミームコインには、どんな銘柄があるの?

2021年現在、犬をモデルにしたミームコインは複数発行されており、各銘柄が搭載している機能はかなり似通っています。

犬をモデルにしたミームコイン
  • SHIBA INU(SHIB)
  • ドージコイン(DOGE)
  • Kishu Inu(KISHU)
  • Dogelon Mars(ELON)
  • Hoge Finance(HOGE) など

犬系ミームコインの走りは、Akita Inuのモデルにもなった「ドージコイン」です。

ドージコインは2013年にローンチされてから徐々にその価格を上昇させており、かつては仮想通貨の時価総額ランキングで5位にランクインする超大型銘柄として知られていました。

しかし、2021年に上場を果たしたSHIBA INUの高騰が原因で、現在は犬系ミームコインの2番手に甘んじています。

機能が似通っていてもミームコイン内での順位変動は大いに有り得ることなので、銘柄選定は丁寧におこなうことをおすすめします。

海外取引所を利用するリスクは?

Akita Inuは2021年現在国内の主要な仮想通貨取引所での取り扱いはありません。

海外の取引所には複数上場しているため、国内取引所を通じてAkita Inuを保有することはできますが、当サイトでは以下の理由により海外取引所を介した仮想通貨の取引を推奨していません。

海外取引所で仮想通貨を売買する際のリスク
  • 日本の金融庁の許認可を受けていない
  • ハッキングなどの不正行為が発生するおそれがある
  • 「詐欺コイン」が出回っている

Akita Inuが今後国内の取引所に上場する可能性は充分考えられるので、リスクを考慮したうえで投資のタイミングを検討するようにしてください。

仮想通貨で得た収益に税金は発生するの?

仮想通貨の売却益は、「雑所得」として課税対象になります。

雑所得は合計で20万円を超えると税務署で確定申告をおこなう必要があるため、投資金額が高額の方は特に注意が必要です。

なお、仮想通貨のマイニングで得た報酬や仮想通貨同士を交換した場合でも雑所得は発生します。

Akita Inu(AKITA)のまとめ

今回は今後の成長が期待されるミームコイン「Akita Inu」について紹介しました。

今回のまとめ
  • Akita Inuは「ドージコイン」の弟分を名乗る犬系ミームコインの一種
  • Akita Inuは、イーサリアムブロックチェーン(ERC-20)で構築されている
  • Akita Inuの価格は、SHIBA INUなど他のミームコインの価格に連動して動くことが多い
  • Akita Inuは海外の取引所で購入することができるが、海外取引所での売買はリスクが高く危険

Akita Inuは、複数の海外取引所で取り扱いがありますが、詐欺やハッキングのリスクから当サイトでは海外の仮想通貨取引所での売買をあまり推奨していません。

仮想通貨投資に興味のある方は、まずは安全に取引することができる国内取引所で好みの銘柄を購入してください。

おすすめの国内の仮想通貨取引所は、17種類の仮想通貨を購入することが可能なCoincheckです。

Coincheckは、取引手数料が無料となっているので、どんどん投資にチャレンジしていきましょう。

\ アプリダウンロード数No.1 /

LineBanner_btc

Media Argo公式LINEでは、仮想通貨に関する最新情報を随時配信していきます。

まだ友だち追加がお済みでない方は、ぜひこの機会に無料で登録しておきましょう。

\ 7/31まで!200円のBTCゲット/

目次
閉じる