【最新】ドージコイン(DOGE)とは?特徴と今後の価格予想や見通し・将来性を解説!

ドージコインは2021年前半に大きく高騰しSNSやメディアで話題になったので、その名を知っている方は多いことでしょう。

しかし「どういった機能や役割を持っているのかまでは知らない」という方も、意外におられるのではないでしょうか。

そこで今回はドージコインについて、その特徴やこれまでの価格推移、今後の見通しなどをわかりやすく解説していきます。

この記事の要点
  • ドージコインは、ビットコインをベースにつくられたジョーク通貨
  • 2021年にSNS・掲示板での呼びかけやイーロン・マスク氏の発信をきっかけに急騰した
  • 性能面で特別優れたところがあるわけではない
  • 企業等からの注目度も高くなっており、今後ユースケースが増えていく可能性がある
  • ドージコインは多くの海外取引所に上場しているが、国内では取り扱いがない
  • 海外取引所の利用はリスクを伴うので、仮想通貨に投資するなら国内取引所のCoincheckがおすすめ

ドージコインは国内での取り扱いはなく、投資するためには海外取引所を利用するしかありません。

しかし、海外取引所の利用は複数のリスクが伴うのでおすすめしていません。

仮想通貨に投資を始めたい方は人気の国内取引所のCoincheckが大変おすすめです。

取扱銘柄が豊富で、取引ツールも使いやすいと評判ですので、この機会にCoincheck公式サイトから口座を開設しておきましょう。

\ アプリダウンロード数No.1 /

LineBanner_btc

なお、Media Argoの公式ラインでは仮想通貨に関する限定情報を随時配信中。

無料ですので、この機会に友達追加してみましょう。

\ 7/31まで!200円のBTCゲット/

目次

ドージコイン(DOGE)とは?

ドージコイン
仮想通貨名ドージコイン
シンボルDOGE
現在の価格(2021年10月時点)¥32.98
時価総額(2021年10月時点)¥4,348,436,883,002
時価総額ランキング(2021年10月時点)10位

ドージコインは2013年に人気になったインターネット・ミーム「Doge(ドージ)」をモチーフにした仮想通貨で、同じく2013年12月に公開されました。

開発者はIBMのエンジニアであるビリー・マーカス氏と、Adobeのエンジニアであるジャクソン・パーマー氏です。

また、ドージコインには次のような特徴があります。

ドージコイン
ドージコイン
ドージコインの主な特徴
  • ビットコインをベースにしてつくられたジョーク通貨
  • チップや寄付の手段として使われている
  • 性能主導ではなく心理主導で高騰した仮想通貨

詳しく説明していきます。

ビットコインをベースにしてつくられたジョーク通貨

ドージコインがつくられた2013年当時、まだ仮想通貨は黎明期で否定的な声も多くありました。

そこで開発者のジャクソン・パーマー氏は「仮想通貨を取り巻くネガティブな印象に逆らう、面白くてかわいいコインをつくろう」というアイデアのもと、ドージコインを開発しました。

なお、ドージコインはビットコインをベースにつくられており、基本的な性能はビットコインと似通っています。

PoW

例えばコンセンサスアルゴリズムはビットコインと同じくPoW(プルーフ・オブ・ワーク)で、マイニングによって増える仕組みになっています。

チップや寄付の手段として使われている

ドージコインは一部のコアなコミュニティやサイトによって、チップや寄付の手段として使われてきた仮想通貨です。

例えば次のような出来事でコミュニティや財団が呼びかけをおこない、募金・寄付活動がおこなわれていました。

時期概要
2014年1月資格があるにもかかわらず、ソチオリンピックに参加する資金が足りないジャマイカのボブスレーチームのために5万ドル(約550万円)の募金を実施
2014年3月ケニアのタナ川流域で井戸をつくるために3万ドル(約330万円)の募金を実施
2014年3月5万5000ドル(約600万円)を集めて、NASCARドライバーのジョシュ・ワイズ氏のスポンサーになった

ただ、募金・寄付の金額から見てもわかる通り、元々は比較的小規模なコミュニティが支える通貨でした。

性能主導ではなく心理主導で高騰した仮想通貨

ドージコインは、性能面ではそれほど優れた通貨ではありません。

確かに、ビットコインよりも処理速度が速かったり、「RenDOGE」によりイーサリアムのブロックチェーンで利用できたりするなど、優れた面もあります。

ビットコインの処理速度は遅い

しかし大して開発が進められているわけでもなく、高性能であることを売りにしている仮想通貨とは比べるべくもありません。

また先ほど示した通り、元々のコミュニティは比較的小規模なものです。

にもかかわらず2021年8月現在、多くの高性能な通貨を差し置いて時価総額ランキング7位に位置しています。

このような状況に至った要因は、主に次の3つです。

ドージコインに資金が集まった主な要因3つ
  • ショートビデオ投稿アプリ「TikTok」で、ドージコインの価格を1ドルにすることを目指して投資を促す動画がトレンドになった
  • アメリカの掲示板「Reddit」での「ドージコインを10ドルまで高めよう」という投稿に賛同者が集まった
  • アメリカの電気自動車メーカー「テスラ」のCEOイーロン・マスク氏が、ドージコインに対するポジティブな声を繰り返し発信した

このように性能面とは関係ないネット上の取り組みにより価格が高騰し、その価格高騰を聞きつけた投資家が参戦していくことで、気づけば多くの優れた通貨を追い越して時価総額ランキングトップ10内にランクインしていました。

そのため現在のドージコイン保有者の多くは、チップや寄付などの使用目的があるわけではなく、あくまで投資対象としてドージコインを保有しています

なお、仮想通貨を購入したい方は、17種類の仮想通貨を取り扱うCoincheckがおすすめです。

初心者の方は、まずはCoincheckで取り扱っている通貨から投資するのがおすすめです。

\ アプリダウンロード数No.1 /

ドージコイン(DOGE)のこれまでの価格推移

続いて、ドージコインのこれまでの価格推移をおさらいしておきましょう。

下の画像は、ドージコインがリリースされた2013年12月から2021年8月現在までのDOGE/USDチャートです。

ドージコイン チャート 2013年から
引用:Trading View

ドージコインは2017年末から2018年初めの「仮想通貨バブル」で一時高騰しますが、それ以外の期間はそれほど目ぼしい動きはありませんでした。

ところが2020年中頃から先ほども述べたように、SNSや掲示板から徐々に注目を集めるようになります。

特にイーロン・マスク氏の影響が絶大で、ちょうど仮想通貨市場全体が盛り上がってきているタイミングと相まって、イーロン・マスク氏の発信をきっかけに2021年1月下旬から急騰し始めます。

その結果、2021年1月の始値0.0047ドルに対して5月には一時、その約157倍の0.74ドルまで暴騰しました。

【2021年8月】ドージコイン(DOGE)の現在の価格動向

次に、2021年に絞ってドージコインの価格動向をチェックしていきましょう。

引用:Trading View

先ほど述べた通りドージコインは2021年1月下旬から高騰し始め、5月までは順調に推移していました。

しかし、5月中旬に次のようなネガティブなニュースが飛び込んできたことで、多くの仮想通貨がそうであったようにドージコインも暴落を起こします。

5月に報じられたネガティブなニュース
  • 仮想通貨に対して肯定的だったはずのイーロン・マスク氏が、一転して否定的な意見を発信
  • 中国が仮想通貨に対する規制強化を発表

暴落により、一時は5月最高値(0.74ドル)から約78%減の0.165ドルまで値を下げました。

なお現在は下は0.165ドル付近、上は0.29ドル付近で抑えられて、一時的に方向性が不明瞭になっています。

ここから0.29ドルを上抜けてくるようであれば、下降トレンドは終息したとみてよいでしょう。

なお、2021年10月現在、仮想通貨市場全体が盛り上がりを見せ、柴犬コインなど様々な銘柄の価格が上昇傾向にあります。

まだ高値ではない今が投資を始めるチャンスだと言えますので、この機会にCoincheckに口座を開設しておきましょう。

\ アプリダウンロード数No.1 /

ドージコイン(DOGE)の今後の予想

ドージコインはその今後を占うにあたり、次のようにポジティブな要素とネガティブな要素を持ち合わせています。

ドージコインの今後に関わる要素

【ポジティブな要素】

  • 知名度が上がったことでユースケースが増える可能性がある
  • 引き続きSNSや熱狂的なコミュニティの影響を受ける可能性がある

【ネガティブな要素】

  • 性能に期待されているわけではないので、一過性のブームの可能性もある

一つずつ見て行きましょう。

知名度が上がったことでユースケースが増える可能性がある

ドージコインは2013年に誕生した比較的古参の通貨ですが、2020年から2021年にかけてSNSや掲示板を起点に一気に知名度と投資対象としての需要が高まり、ついには時価総額ランキングトップ10内にまで上り詰めました。

また、保有者が増えたことをきっかけに2021年4月には、米バスケットボールリーグNBAのチーム「ダラス・マーベリックス」が、試合のチケットや関連商品を購入する際の決済手段の1つとしてドージコインを採用することになりました。

また5月にはイーロン・マスク氏が「Do you want Tesla to accept Doge?(テスラでの決済手段としてドージコインを使えるようにしてほしいか?)」というアンケートをツイッターで発信しています。

このようにドージコインは企業などからの関心も高くなっており、今後はただの投資対象に留まらず決済手段などで普及していく可能性があります。

引き続きSNSや熱狂的なコミュニティの影響を受ける可能性がある

ドージコインは今後もSNS上などで呼びかけなどがおこなわれれば、それが価格に対してポジティブにはたらく可能性は十分にあるでしょう。

一方でtwitterでのイーロン・マスク氏の発言に影響を強く受けたように、「特定の人物に影響力が集中していることは、本当に良いことなのか」という懸念もあります。

価格を簡単に高騰させる力を持つということは、逆に急落させる力を持つことにもなります。

実際に2021年1月の高騰のきっかけになったのもイーロン・マスク氏の発信、逆に5月中頃からの急落の一因となったたのも同じくイーロン・マスク氏のツイートでした。

今は保有者が非常に増えているので価値がゼロに近づくような事態はもはやないと思われますが、イーロン・マスク氏のネガティブな発言などがきっかけで再び暴落の憂き目に合うことも十分にあり得ます。

そのためドージコインに投資するなら、常に関連情報にアンテナを張っておくことが必要になるでしょう。

性能に期待されているわけではないので、一過性のブームの可能性もある

ドージコインは例えばイーサリアムリップルポルカドットエンジンコインのように、特定の分野に抜きん出ていたり、総合的に高い性能を有していたりするわけではありません。

また、ドージコインの公式サイトを見れば一目瞭然ですが、積極的に開発が進められているわけでもありません。

多くの通貨は高い性能や将来性があるからそれに対して需要が集まっていますが、ドージコインは今のところ、それらに関係なく投資対象として見られているだけです。

そのため、今の状況が一過性のブームで終わってしまう可能性もゼロではありません。

このようにドージコインは、その今後に関してポジティブな要素とネガティブな要素を併せ持っています。

そのためドージコインに投資するのであれば、市場のドージコインに対する印象の変化を敏感に察知することが重要になってくるでしょう。

LineBanner_btc

なお、Media Argoの公式ラインでは仮想通貨に関する限定情報を随時配信中。

無料ですので、この機会に友達追加してみましょう。

\ 7/31まで!200円のBTCゲット/

ドージコイン(DOGE)の将来の価格予想

続いて、各仮想通貨情報メディアによるドージコインの価格予想をチェックしていきましょう。

2021年末のドージコイン(DOGE)の価格予想

まず、2021年末の価格予想は次のようになっています。

2021年末のドージコインの価格予想

2021年1月始値:0.0047ドル、2021年最高値:0.74ドル、2021年8月現在の価格:0.24ドル

Coin Price Forecastでは8月現在の価格とほぼ変わらない数値が示されています。

また、Digital coinはやや持ち直すだろうと見ています。

どちらもさらに下げるというネガティブな予想はされていない一方で、「今年は、再び最高値を目指すような勢いも出ないだろう」という無難なところに落ち着いています。

2022年以降のドージコイン(DOGE)の価格予想

より長期的な予想については、次のような数値が示されています。

2022年以降のドージコインの価格予想
  • Digital coin:0.7057483728ドル【2025年の価格予想】
  • Coin Price Forecast:1.10ドル【2025年の価格予想】
  • Crypt coin society:0.0264ドル【2025年の価格予想】
  • Wallet Investor:1.252ドル【5年後の価格予想】

Crypt coin societyは現在の価格とほぼ変わらない予想を示していますが、他3社は非常に前向きで、特にCoin Price Forecastと Wallet Investorは長期的に見ると1ドルを超えてくるだろうと予想しています。

もちろんこれらはあくまで予想であり、未来を確約してくれるわけではありません。

これらの予想を元に考えるなら、今からドージコインへの投資を初めても決して遅くはないと言えるでしょう。

しかしながら、国内でドージコインを扱う取引所はありません。

海外取引所の利用にはリスクがありますので、国内取引所が取り扱う銘柄への投資をおすすめします。

おすすめの仮想通貨はおすすめアルトコインおすすめ草コインで紹介しています。

仮想通貨へ投資をする際には17種類の仮想通貨を購入することができるCoincheckを利用してみましょう。

\ アプリダウンロード数No.1 /

ドージコイン(DOGE)を購入できる取引所

ドージコインはBinance、Huobi Globalなどの最大手をはじめ、多くの海外取引所に上場しています。

ドージコインを購入できる主な海外取引所
  • Binance
  • Huobi Global
  • Coinbase
  • OKEx
  • FTX
  • Kraken 他

一方で2021年8月現在、残念ながら国内の取引所では取り扱いがまったくありません。

海外取引所への送金

ただ、海外取引所は利用すること自体に次のようなリスクがあることから、当サイトでは基本的に海外取引所の利用を推奨していません。

海外取引所利用に潜むリスク
  • 国内取引所のような消費者保護のための法整備が行き届いていないところが多い
  • 日本の法律の所管外なので、万が一のトラブルの際に守ってもらえない可能性がある
  • 日本語対応やカスタマーサポートが不十分なところが多い

もしドージコインを購入するために海外取引所を利用するなら、これらのリスクを伴うことを肝に銘じておきましょう。

仮想通貨投資をするならCoincheck(コインチェック)

海外取引所は潜在的なリスクを伴うことから、当サイトでは海外取引所よりも国内取引所のCoincheckを利用して仮想通貨に投資することをおすすめします。

コインチェック
現物取引(銘柄数)販売所形式:○(16銘柄)
取引所形式:○(5銘柄)
レバレッジ取引(銘柄数)×
最小発注数量
(ビットコインの場合)
販売所形式:500円以上
取引所形式:0.005BTC以上、かつ500円以上
取引手数料
(ビットコインの場合)
販売所形式:0円(スプレッドあり)
取引所形式:0円
取引ツールパソコン・ネットブラウザ:○
スマホアプリ:○
その他のサービスCoincheckつみたて
貸仮想通貨
大口OTC取引
CoincheckNFT(β版)
Coincheckでんき/ガス
公式サイトCoincheck公式サイト
関連記事Coincheckの評判
Coincheckのおすすめポイント

国内最多の17銘柄に投資できる

Coincheckはビットコインイーサリアムなどのメジャーな通貨はもちろんのこと、エンジンコインステラルーメンのように将来性の高い通貨を含む全17銘柄(販売所は内16銘柄、取引所は内5銘柄)に投資することができます。

また2021年7月には国内初のIEO(取引所主導の仮想通貨のプレセール)を経て「パレットトークン」が新規上場しており、今後も定期的に取扱銘柄が追加されていく可能性が高いでしょう。

仮想通貨のIEO

少額から仮想通貨投資を始められる

Coincheckでは取り扱っている全17銘柄に対して、ワンコイン(500円)から投資できます。

いきなり大きなお金をつぎ込まなくても大丈夫なので、投資初心者でも安心して仮想通貨投資を始められます。

金融大手のマネックスグループが運営しているので安心して使える

Coincheckは、金融大手のマネックスグループの傘下に入っています。

マネックスグループが長年培ってきたセキュリティ技術などを流用しているため、海外取引所よりも安心して利用できるようになっています。

上記のおすすめポイントに加え、取引ツールの便利さや取引所形式の取引手数料無料なども人気のポイントです。

まだ口座をお持ちでない方はこの機会にCoincheck公式サイトから無料で口座を開設しておきましょう。

\ アプリダウンロード数No.1 /

ドージコイン(DOGE)の見通しや予想まとめ

今回は、2021年に大きく価格が高騰した仮想通貨「ドージコイン」の特徴や今後の見通しなどについて解説しました。

この記事のまとめ
  • ドージコインは、ビットコインをベースにつくられたジョーク通貨
  • 2021年にSNS・掲示板での呼びかけやイーロン・マスク氏の発信をきっかけに急騰した
  • 性能面で特別優れたところがあるわけではない
  • 企業等からの注目度も高くなっており、今後ユースケースが増えていく可能性がある
  • ドージコインは多くの海外取引所に上場しているが、国内では取り扱いがない
  • 海外取引所の利用はリスクを伴うので、仮想通貨に投資するなら国内取引所のCoincheckがおすすめ

ドージコインは2013年に生まれた比較的古参の通貨で、大して優れた性能を持ち合わせているわけではありません。

しかし2021年に入って、SNSなどでの呼びかけやイーロン・マスク氏のツイートなどをきっかけに、多くの高性能な通貨を飛び越えて時価総額ランキングトップ10内にランクインしました。

現在は企業などからの注目度も高くなっており、その将来性に高い期待が寄せられています。

また、仮想通貨専門メディア各社の価格予想を見ても、長期的には価格が上昇していくだろうとの見方が大半です。

このように魅力あるドージコインですが、残念ながら2021年8月現在、国内の取引所では取り扱いがありません。

もし海外取引所を利用してドージコインに投資するのであれば、海外取引所の持つ潜在的なリスクをよく理解した上でトライしましょう。

なお国内取引所を利用して仮想通貨に投資するのであれば、取扱銘柄数が国内トップクラスのCoincheckがおすすめです。

\ アプリダウンロード数No.1 /

LineBanner_btc

なお、Media Argoの公式ラインでは仮想通貨に関する限定情報を随時配信中。

無料ですので、この機会に友達追加してみましょう。

\ 7/31まで!200円のBTCゲット/

目次
閉じる