仮想通貨スパーク(Spark/FLRトークン)とは?上場予定日・エアドロップ配布日を徹底解説

スパーク(FLR)とは、リップル社の出資を受けたプラットフォームであるFlare Networkの独自トークンです。

リップル保有者に対し、スパークをAirdropすると発表したことをきっかけに注目を集めました。

Airdropには、国内取引所でのスパーク(FLR)の上場が必須であり、滞りなくAirdropが実施されるかは2021年10月現在ではまだ不明ですが、今後の動向が多くの人の関心を集めています。

この記事からわかること
  • スパークはFlare Networkの独自トークン
  • 2023年6月以降の上場が期待されている
  • Flare NetworkのカナリアネットとしてSongbird(SGR)がある
  • スパークの扱いを考えているならコインチェックが使いやすい

今後、スパークの取扱を考えているならコインチェックが使いやすすいです。

全国内取引所の中でダウンロード数No1であり、仮想通貨運用をはじめたての人からベテランまで、多くの人に使われています。

取り扱い銘柄も国内最大級ですので、仮想通貨取引をするのであれば利用しておきたい取引所となっています。

\ アプリダウンロード数No.1 /

LineBanner_btc

Media Argo公式LINEでは、投資家のみなさまにとって有益な情報を随時配信していきます。

まだ友だち追加がお済みでない方は、この機会にぜひ無料で登録しておきましょう。

\ 5/31まで!200円のBTCゲット/

目次

スパーク(FLR)とは?

スパーク
仮想通貨名スパーク
ティッカーシンボルFLR
プラットフォームFlare Network
運営会社Ripple Labs
ローンチ2021年
公式サイトスパーク公式サイト
公式TwitterFlare Network公式Twitter

スパーク(FLR)とは、リップルの分散型台帳のXRPレジャーにスマートコントラクトを実装するためのプロジェクトであるFlare Networkの実現のために開発された仮想通貨です。

スパークの総発行枚数は1,000憶FLRで、開発者に250憶FLR、財団に250憶FLR、Airdropに500億FLRが割り当てられています。

リップル保有者を対象にスパークがAirdropされるという発表をきっかけに、多くの人々に注目されるようになりました。

また、ライトコインはスパークと統合されると発表され、こちらでもAirdropが実施されます。

スパーク(FLR)とは?
  • Flare Network
  • リップル保有者にAirdropを実施
  • 2023年6月以降に上場予定

Flare Network

Flare Networkとは、リップルの分散型台帳であるXRPレジャーに、スマートコントラクトを実装させるプロジェクトでありリップル社の投資部門であるXpringの出資を受けています。

スマートコントラクトとは

スマートコントラクトとは、ブロックチェーン上の取引や契約を自動的に行う仕組みを指し、これにより透明性が高く不正のない契約を可能にします。

そこで、XRPレジャーでスマートコントラクトを機能させるために必要になるのがスパークなのです。

リップル保有者にAirdropを実施

Flare Networkは、2020年8月にリップルを保有者に対し、スパークをAirdrop、すなわち無料で発行することを発表しています。

IOSTのエアドロップがおこなわれる

発行される枚数は2020年12月12日時点で保有しているリップルの枚数と同数とされていますが、2023年6月12日までに日本暗号資産取引業協会ことJVCEAと、金融庁が上場を承認した場合に限り、Airdropは実施されます。

例えばDMM Bitcoin公式サイトをご確認いただくとわかりますが、国内事業所12社はスパークの上場が承認された場合に、スパークを請求しリップル保有者に分配する旨を発表しています。

またJVCEAと、金融庁が上場を承認しなかった場合には、スパークの付与または相当額現金交付などの対応をしない場合があるとの内容も明記されています。

リップルを保有しているだけで、無料でトークンが貰えるというなんとも美味しい話ですが、それにはスパークの国内取引所の承認が必要不可欠なのです。

また、付与条件は2020年12月12日時点でリップルを保有していたことなので、今からリップルを入手したとしても、スパークは付与されないので注意しましょう。

もしスパークの上場が決定した場合、国内取引所を仲介してリップル保有者のもとにスパークが付与される流れになりますが、一度にすべてのスパークを貰えるわけではありません。

最初に付与される合計スパーク枚数の15%が与えられ、その後残りの85%分のスパークが25カ月~34カ月の期間に、少しづつ付与されていきます。

最初に付与されるスパークの枚数は合計の15%分なので、すべてを受け取るまでの数年間を気長に待ちましょう。

2023年6月以降に上場予定

スパークは2023年6月以降に国内取引所にて上場予定であり、2021年10月現在はスパークを扱う国内取引所はありません。

また2023年6月になれば必ず上場するわけではなく、先述のとおりJVCEAと、金融庁に上場認証される必要があります。

もし上場したとなると国内取引所で入手可能となりますので、まだ口座を開設していない方は今の内に登録されていかがでしょうか。

特に使いやすい国内取引所はコインチェックです。

コインチェックならばすぐに口座開設が可能で、仮想通貨取り引きもスムーズです。

また、国内取引所の中でダウンロード数No1ということもあり、多くの人にとって使いやすいと評価されています。

\ アプリダウンロード数No.1 /

スパーク(FLR)の特徴

スパーク(FLR)の特徴を3つお伝えいたします。

スパーク(FLR)の特徴
  • コンセンサスアルゴリズムにFBAを採用
  • ステーブルコインF-Asssets
  • 多くの企業との提携

コンセンサスアルゴリズムにFBAを採用

スパークのプラットフォームであるFlare NetworkはFBA(Federated Byzantine Agreement)というコンセンサスアルゴリズムを採用しています。

FBAを採用した理由は、PoS(Proof of Stake)のデメリットを改善するコンセンサスアルゴリズムであるからです。

POS とは

PoSの場合はステーキングにより、コンセンサスアルゴリズムを成立させていますが、それには「仮想通貨保有者が経済的なメリットのために動くことでネットワークが安全に保たれる」という前提があるため、安全性とステークされる仮想通貨の総量が比例関係にあるとされています。

すなわちネットワークの安全面を確保するには、仮想通貨の価値を上昇させる必要がありますが、それにより仮想通の時価総額は本来以上の資産を保護しなければならない事態に陥り、ハッキングのリスクを考えるとこれがデメリットになるのです。

またもう一つデメリットがあり、それはステーキングがされなくなる可能性があることです。

先述のとおりステーキングは、仮想通貨の保有者が経済的なメリットを考慮した結果選択する資産運用の方法であるため、もしステーキング以上に仮想通貨保有者にとって魅力的な資産運用方法が普及した場合、ステーキングされる資産は減少し、それに比例してネットワークの安全性も損なわれるのです。

これらのPoSのデメリットを改善したコンセンサスアルゴリズムがFBAです。

FBAは経済的仕組みに頼らずにスケーリングを可能にし、PoSの前提を根本から覆すことで問題を解決しました。

またAvalancheプロコトルを採用することで、高速な処理を可能にしています。

これらのことからFBAはすでに他のコンセンサスアルゴリズムが抱える多くの問題をクリアしているうえに、将来性も考慮した優秀な仕組みとして評価されています。

F-Asssets

Fアセッツ

F-Asssetsとは、Flare Networkにより発行されるステーブルコインです。

スパークによりF-Asssetsの価値は裏付けられており、プールの仮想通貨量に応じて担保される仮想通貨の量が決定されます。

2021年10月現在発行すると発表されているF-Asssetsはこちらです。

仮想通貨名F-Asssets仮想通貨名
XRPFXRP
DOGEFDOGE
LTCFLTC
STRFSTR

多くの企業との提携

企業との連携

スパークはリップル社をはじめとした多くの企業と提携しており、リップル社のXpringや、他のいくつかの仮想通貨関連会社から10憶円以上の出資を受けているとされています。

また、2021年の1月29日にはゲーム会社のGala Games社との提供が発表されています。

Gala Games社はブロックチェーンゲームの開発に定評がある企業でありFlare Network側の狙いはNFTの普及でしょう。

昨今NFTは注目を集めている業界であり、今後のますますの発展が期待されています。

NFT化されたゲーム内のアイテムは高額で取引される場合があり、大きな市場を築く可能性があるので、Gala Games社との提携は今後のスパークやFlare Networkの規模拡大に大きく貢献するのではないでしょうか。

\ アプリダウンロード数No.1 /

Songbirdトークン(SGB)とは?

SGB

Songbirdトークンとは、Flare NetworkのカナリアリリースのプラットフォームであるSongbirdで使われるトークンです。

Songbirdトークン(SGB)とは?
  • カナリアネットとしてのSongbird
  • 収益を兼ねたテスト
  • いくつかのプロジェクトと提携
  • 短期的な運用の可能性

カナリアネットとしてのSongbird

SongbirdトークンのプラットホームであるSongbirdは、Flare Networkをよりよいものにするためのテストののようなものです。

Flare Networkで使用されるシステムが本当に問題なく稼働するのかといった問題や、外部からの悪質な攻撃に対する防御面をSongbirdでテストするのです。

また、ただのテスト用のプラットフォームではなくSongbird自体は独立して存在しています。

そのため独自トークンであるSongbirdトークンがローンチされており、1つのプラット―フォームとして成立しています。

収益を兼ねたテスト

Songbirdは、Flare Networkのテストのためだけに作られたわけではなく、収益化も図られます。

また新規にFlare Networkに実装されるDappsは、テストのために先にSongbirdで立ち上げられると予想されています。

テスト用だからといってただ仕様を試すのではなく、独立したシステムとして稼働し、仮想通貨保有者は利用できるのです。

当然テストを兼ねたプラットフォームなので、大きく失敗するリスクもありますが、成功すると大きなメリットがあります。

そのためSongbirdのプロジェクトは、どれもハイリスクハイリターンなものになるのではないかと予想されます。

いくつかのプロジェクトと提携

Flare Networkは多くの企業、プロジェクトと提携を結んでいますが、そのうちのいくつかがSongbirdとも提携しています。

またFlare Networkに先駆けた動向が予想されるので、場合によっては巨大なプロジェクトに発展する可能性を秘めています。

Songbirdと提携したプロジェクトの1つExperimental Financeは、独自トークンをSongbirdトークン保有者に付与するAirdropを発表しており、Songbirdの盛り上がりが伺えます。

短期的な運用の可能性

テストでありながらも、本格的に運用されるSongbirdですが、Flare NetworkチームがFlare Networkと同様に力を入れていくかどうかは不明です。

おそらく、いつかはFlare Networkに専念していくかと思われるので、Songbirdは長期的には運用されないでしょう。

そのためあまりにSongbirdへ投資をしすぎると、大きく資産を減らしてしまう可能性があるので注意してください。

Songbirdはハイリスクハイリターンな投資先として魅力的ですが、長期的な視線で捉えるのが賢明に思われます。

\ アプリダウンロード数No.1 /

スパーク(FLR)の入手方法

スパーク(FLR)の入手方法をお伝えいたします。

Airdropとして受け取ることはもうできないので、国内取引所に上場された場合の入手方法になります。

いくつかの国内取引所での上場が考えられますが、ここではコインチェックでスパークを買う方法をお伝えします。

コインチェックならスパーク購入のために必要になる口座開設と日本円の入金をスムーズに行えるので、ここでお伝えする順序で口座登録、ダウンロードを進めましょう。

STEP
コインチェックの口座開設
STEP
コインチェックに日本円を入金
STEP
国内取引所の上場を待つ

コインチェックの口座開設

コインチェック

コインチェックの口座を登録するには、まずコインチェック公式サイトにアクセスしてください。

「会員登録」をクリックし、手続きを済ませましょう。

また、コインチェックは便利なスマートフォン用アプリもリリースしています。

スマホ1つで入金、出金、仮想通貨の購入など、あらゆるサービスを手軽に行えるので、あわせてダウンロードしておきましょう。

コインチェックに日本円を入金

コインチェックに日本円を入金するには、スマートフォン用アプリから行うとスムーズです。

アプリを起動し、「ウォレット」⇒「日本円」⇒「入金」の順に選択してください。

入金方法を選ぶ画面に切り替わるので、自分に合った入金方法を選択しましょう。

おすすめは「GMOあおぞらネット銀行」、もしくは「住信SBIネット銀行」の銀行入金です。

銀行入金が最も手数料が安いので、こだわりがなければ銀行入金を選択すべきですが、振込人名義を間違えてしまうと正しく入金が完了しない場合があるので、ご注意ください。

また「GMOあおぞらネット銀行」、「住信SBIネット銀行」の2種で手続き上の違いはないので、お好きな方を選んでください。

国内取引所の上場を待つ

最後にスパーク購入の手順ですが、2023年6月以降の上場が予想されているのでそれまで待ちましょう。

仮想通貨の購入方法は、どの仮想通貨でも統一されているのでご紹介します。

まずコインチェックのアプリを起動し、「販売所」を選んだあと、購入したい仮想通貨をタップしてください。

画面下の「購入」を押し、その仮想通貨に交換したい分の日本円の金額を入力、「購入」を選択すれば完了です。

少額からでも取引は可能なので、スパーク上場前に練習としてなんらかの仮想通貨を購入してみると勝手が掴めるので、ぜひ使ってみてください。

\ アプリダウンロード数No.1 /

スパーク(FLR)に関わるおすすめ取引所

スパーク(FLR)に関わるおすすめ取引所を5つご紹介します。

スパーク(FLR)に関わる取引所
  • コインチェック
  • DMMBTC
  • bitFlyer
  • ビットポイント
  • フォビ

コインチェック

コインチェック
名称Coincheck
現物取引(銘柄数)17銘柄
レバレッジ取引×
最小発注数量 (ビットコインの場合)500円分以上
取引手数料 (ビットコインの場合)0円
その他のサービスCoincheckつみたて
貸仮想通貨
大口OTC取引
CoincheckNFT(β版)
Coincheckでんき/ガス
公式サイトCoincheck公式サイト
関連記事Coincheckの評判

コインチェックは、ビットコインはもちろん、16種の仮想通貨を扱う国内取引所です。

仮想通貨をこつこつと増やしていく「Coincheckつみたて」は、堅実に仮想通貨で資産運用をしたい方にピッタリなサービスでしょう。

仮想通貨の価格変動により稼ぎを狙うとしても使いやすくおすすめな取引所ですが、「貸仮想通貨」では仮想通貨を売り出さずに、貸し付けるだけで利益を上げることもできます。

仮想通貨初心者から上級者まで、幅広い層に愛され続けているのがコインチェックです。

\ アプリダウンロード数No.1 /


DMMBitcoin

dmmbitcoin
名称DMM Bitcoin
現物取引(銘柄数)7銘柄
レバレッジ取引(銘柄数)21銘柄
最小発注数量
(ビットコインの場合)
0.0001BTC
 取引手数料
(ビットコインの場合)
無料
その他のサービスBitMatch注文
公式サイトDMM Bitcoin公式サイト
関連記事DMM Bitcoinの評判

DMM Bitcoinの特徴は、レバレッジ取引でしょう。

少ない資金でも多くの稼ぎを狙うことができ、また売りで売買を開始できるので、時期を選ばずに仮想通貨の取引に参加できます。

本格的に仮想通貨で資産運用をしたい方には、DMM Bitcoinが使いやすいです。

\ もれなく2000円プレゼント中! /

bitFlyer

ビットフライヤー
名称 bitFlyer(ビットフライヤー)
現物取引(銘柄数)15銘柄
レバレッジ取引(銘柄数)○(ビットコインのみ)
最小発注数量 (ビットコインの場合)0.00000001BTC
取引手数料 (ビットコインの場合)無料
その他のサービスステーキングリワードサービス
ビットコインをもらう!
ビットコインをつかう  
Tポイントとビットコインの交換サービス
公式サイトbitFlyer公式サイト
関連記事bitFlyerの評判
コインチェックとビットフライヤーの比較

bitFlyerも取り扱い銘柄数が多い取引所です

特に評価されているのは、仮想通貨初心者でも使いやすいUIで、ビットコイン取引量では国内でトップクラスとなっています。

ビットコインの取引に特に力を入れているので、今後ビットコインを重点的に運用したいと考える方におすすめします。

ビットポイント

bitpoint
名称BITPoint(ビットポイント)
現物取引(銘柄数)7銘柄
レバレッジ取引(銘柄数)4銘柄
最小発注数量 (ビットコインの場合)0.00000001BTC
取引手数料 (ビットコインの場合)無料
その他のサービス貸して増やす
公式サイトBITPoint公式サイト
関連記事BITPoint(ビットポイント)の評判・口コミ

7銘柄の仮想通貨を扱う取引所ですが、国内でトロンを取り扱うのはBITPointだけです。

仮想通貨の貸し出しサービスである「貸して増やす」を利用すれば、ローリスクに資産を運用可能。

レバレッジ取引にも対応していますので、まだ口座をお持ちでない方は是非この機会に口座開設を済ませておきましょう。

\ ディープコインがもらえる! /

フォビ

huobi japan
名称Huobi(フォビ)
現物取引(銘柄数)11銘柄
レバレッジ取引(銘柄数)○(ビットコインのみ)
最小発注数量 (ビットコインの場合)0.001BTC
取引手数料 (ビットコインの場合)無料
公式サイトHuobi Japan公式サイト
関連記事Huobi Japan(フォビジャパン)の評判

取引所としての側面に特に注力しており、わずか2円から取引をはじめられます。

そのため板取引をはじめてみたい方には、Huobi Japanが使いやすいです。

フォビトークンを取引できる唯一の取引所ですので、既に口座をお持ちの方も是非フォビでも口座を持っておきましょう。

スパーク(FLR)の今後の見通し

スパーク(FLR)の今後の見通しを3点お伝えいたします。

スパーク(FLR)の今後の見通し
  • 国内取引所に上場
  • 上場直後は激しく価格を変動させる
  • 長期的に見て大きく高騰の可能性

国内取引所に上場

仮想通貨取引所 増加

今後のスパークの見通しを語るなら、国内取引所に上場できるかが最初の関門なので、JVCEAと、金融庁が承認するかどうかに注目しましょう。

上場承認の期限は、もともと2022年6月12日でしたが、1年後の2023年6月12日まで延長されています。

期限が延期されたことから考えると、承認されるとしても期限のギリギリになるように思われるので、気長に待つ必要がありそうです。

上場直後は激しく価格を変動させる

価格変動

スパークは上場直後では、激しく価格が変動すると予想されます。

上場直後ではAirdropでスパークを受け取った人の一定数がすぐに販売することが予想され、そうなれば価格が激しく下落し、以降しばらくは激しい変動をすると思われます。

そのためもしスパークの購入を検討するなら、上場してしばらく時間が経ってからの方がローリスクでしょう。

しかしハイリスクハイリターンな投資をするならば、上場直後に購入するのも一つの手だとは思われます。

長期的に見て大きく高騰の可能性

長期的に見ると、今後大きく高騰する可能性をスパークは秘めています。

その根拠としてあげられるのが、コンセンサスアルゴリズムであるFBAです。

FBAはステーキングで動くPoSの欠点を改善しているので、今後ステーキングの市場が衰退していった場合、その地位を奪う可能性を持つのがスパークです。

PoSやステーキングに怪しい動きが見られた場合に、スパークを購入すると大きなリターンを得られるかもしれません。

\ アプリダウンロード数No.1 /

スパーク(FLR)に関するよくある質問

スパーク(FLR)に関するよくある質問とその回答を3つご紹介します。

スパーク(FLR)に関するよくある質問
  • Airdropされるスパークは誰でも受け取れるの?
  • スパークの上場が承認されなかったらどうなる?
  • スパークにDappsはあるの?

Airdropされるスパークは誰でも受け取れるの?

リップルを保有している人なら誰でもAirdropされるスパークを受け取る権利があります。

取引所でリップルを保有しているならば、対象の日にちになれば自動的にに受け取れますが、一方リップルを個人で保有している場合には自分で申請する必要があります。

アドレス設定をすることで申請は完了するので、個人で保有している方は忘れずに申請しておきましょう。

スパークの上場が承認されなかったらどうなる?

スパークの上場が承認されなかった場合、当然スパークがAirdropされることはありません。

国内取引所がどういった対応を取るかは不明ですが、なんらかの措置が取られる場合もあれば、なんの対応もしない場合もあり、スパークの付与を前提に行動すると痛い目に合う可能性があるので注しましょう。

また本来付与されるはずのスパークはバーンされることになるので、その場合の価格変動にも注目したいところです。

スパークにDappsはあるの?

スパークでもDappsは開発されています。

Dapps

例えばFlare Financeは、DeFiとしてスパークでは有名なDappsです。

言うまでもなく、DeFi系のサービスは注目を集めていますので、今後規模を拡大させればスパークの価格も高騰するでしょう。

スパーク(FLR)のまとめ

今回は、スパークに関しお伝えいたしました。

この記事の要点
  • Flare NetworkはFBAで動くプラットフォーム
  • リップル保有者にAirdrop予定
  • プロジェクトの成功確率を上げるためにSongbirdが開発されている
  • 国内取引所の上場は2023年6月以降

スパークはFlare Networkのトークンであり、2023年6月以降の国内取引所上場が期待されています。

Flare NetworkはFBAをコンセンサスアルゴリズムとして採用しているため、将来的にはPoSを取るブロックチェーンにとって代わる存在にもなりえます。

今のうちに国内取引所の口座を登録しておけば、いざスパークが上場したときに困らなくて済みます。

国内取引所の中で特に使いやすいのはコインチェックです。

口座開設から仮想通貨の運用までスムーズに実施できるので、これから仮想通貨に挑戦したい方にはピッタリな取引所でしょう。

\ アプリダウンロード数No.1 /

LineBanner_btc

Media Argo公式LINEでは、投資家のみなさまにとって有益な情報を随時配信していきます。

まだ友だち追加がお済みでない方は、この機会にぜひ無料で登録しておきましょう。

\ 5/31まで!200円のBTCゲット/

目次
閉じる