仮想通貨SOL(ソル)・Solana(ソラナ)とは?特徴や今後の見通し/価格予想・将来性を徹底解説

ビットコイン以外の主要仮想通貨をアルトコインといいます。

アルトコインではイーサリアムが不動の首位でしたが、その牙城を崩すと期待されているのがSOLです。

SOLはSolanaというブロックチェーンで扱われているトークンです。

公開から1年半ほどでその価値は700倍にまで高騰しています。

国内の認知度はまだそれほど高くないSOLの実態や今後について解説します。

この記事からわかること
  • Solanaは高い処理速度と、低い手数料が魅力のブロックチェーン
  • SOLの価格は1年間で約20倍以上に高騰している
  • SOLは国内取引所での扱いがない
  • 国内取引所で仮想通貨を購入し、海外取引所でSOLを買う
  • 国内取引所はコインチェックがおすすめ

SOLを購入するには一度国内の取引所での仮想通貨の購入が必要です。

オススメの国内取引所はコインチェックです。

コインチェックは取り扱い仮想通貨銘柄数で国内最多であり、使いやすいユーザーインターフェースが特徴。

今回の記事を参考にして、この機会にぜひ投資を検討してみてください。

\ アプリダウンロード数No.1 /

公式LINE

なお、当サイトMedia Argoの公式LINEで随時、仮想通貨の限定情報や最新情報を配信中。

SOLに関する限定情報も無料配信していますので、是非LINE登録してみてください。

\ 1/31まで!200円のBTCゲット/

目次

SOL(ソル)/ソラナ(Solana)とは?

ソラナ
通貨名Solana
シンボルSOL
価格(2022年1月時点)¥15,538.90
時価総額(2022年1月時点)¥4,881,572,538,921
時価総額ランキング(2022年1月時点)7位

Solanaとは高性能なブロックチェーンアプリケーションの開発を目的としたブロックチェーンプラットフォームです。

そのSolanaブロックチェーン上で扱われるトークンの名称がSOLです。

Solanaは2017年より開発がスタートし、2020年3月に正式に公開されました。

Solanaは機能面で過去にないほど優秀で、イーサリアムキラーと称されるほどです。

今までどのブロックチェーンをもってしても成し遂げられなかった、イーサリアム越えを果たすのではないかと注目されています。

2021年11月現在、SOLを扱う国内取引所は存在しません。

一度コインチェックなどの国内取引所で日本円を仮想通貨に換えて、海外取引所に送金してSOLを購入する必要があります。

\ アプリダウンロード数No.1 /

SOL(ソル)/ソラナ(Solana) の特徴

次世代を担うSOL/Solanaがなぜ高性能といわれているのでしょうか。

PoH(プルーフオブヒストリー)

PoHとは

Slanaのイーサリアム超えの根拠としてあげられるのがPoH(プルーフオブヒストリー)というコンセンサスアルゴリズムです。

ビットコインなどのPoW(プルーフオブワーク)ではノード間で証明しあう工程が必要ですが、PoH(プルーフオブヒストリー)は取り引きを即座にタイムスタンプで証明することが可能です。

そのため大幅な時間カットとコスト削減を実現します。

ステーキング

仮想通貨 ステーキング

ビットコインなどの多くの仮想通貨は売買での差額による利益で注目されてきました。

これをキャピタルゲインという利益創出の方法であるのに対し、Solanaではステーキングによるインカムゲインという利益を生み出すことが可能です。

ステーキングとは保有している仮想通貨を一時的にロックさせることで、株式配当金のように利益の一部を受け取る仕組みです。

一方ステーキングはSOLを持っているだけで利益の一部を受け取ることができるので、忙しい人や仮想通貨に精通していない人でも取り組みやすいです。

今後キャピタルゲインで利益を獲得したいと考える人が、ステーキングにより仮想通貨を学びながらインカムゲインを得る方法もおすすめです。

インターオペラビリティ

インターオペラビリティとは相互運用性のことで、Solanaのブロックチェーンと他のブロックチェーンと連携する仕組みです。

これまでの仮想通貨の多くのブロックチェーンはインターオペラビリティがありませんでしたが、Solanaはこれを可能にしています。

Solanaのブロックチェーンはスケーラビリティ問題に強く高性能で、他ブロックチェーンはSolanaのブロックチェーンに連携することでその恩恵を受けることができます。

そうなればSolanaはより規模を拡大し、連携するブロックチェーンは高性能なメリットをシステムに活用できます。

そして私たちの世界はより便利なサービスで満ちていき、まさに三方良しを実現できるのです。

現状ブロックチェーンで一番注目を集めているのはイーサリアムです。

そのためイーサリアムのみとインターオペラビリティを築く動きは多く見られます。

Solanaはイーサリアムのみの連携にこだわっておらず、幅広い可能性を残したままブロックチェーンを運用しているので、今後の期待も膨らみます

優秀なスマートコントラクト

Solanaのスマートコントラクトは優秀です。

スマートコントラクトとは契約をブロックチェーン上で自動で行う仕組みです。

スマートコントラクトとは

このスマートコントラクトがSolanaの素早い取り引きと低コストを支えています。

自動で行わる契約となると一見安全性に欠けるように思いますが、人が介入しないため人為的なミスが生まれず、意図的に不正を行うこともできません。

スマートコントラクトが優れているほど、契約の無駄な時間やコストはカットされます。

サービスに契約が付き物である以上、スマートコントラクトの発展はますます見込まれます

\ アプリダウンロード数No.1 /

SOL(ソル)/ソラナ(Solana) の魅力

SOL/Solanaの特徴がどのような具体的につながるのでしょうか。

魅力①処理能力が高い

現在、ETHやビットコインではガス代やスケーラビリティ問題などが課題として挙げられています。

スケーラビリティ問題

Solanaのトランザクション処理数はおよそ50,000/秒です。

他の仮想通貨と比較するとそのスピードは明白で、ビットコインならおよそ7/秒、イーサリアムなら15/秒です。

他のメインどころの仮想通貨は取り引き数の増加により、処理に長い時間がかかってしまうという欠点を抱えています。

Solanaならばそれら仮想通貨の、3000倍~7000倍ほどの速度での処理を実現可能です。

このスピードはVISAの速度に匹敵するほどです。

魅力②手数料が安い

仮想通貨 手数料

Solanaの処理速度の高さを支える技術は手数料の安さにもつながります。

Solanaの手数料はビットコインやイーサリアムの約3,0000分の1です。

そこで扱われるトークン・SOLを使用することは時間とお金の両面にアドバンテージがあるのです。

昨今では分散型金融ことDefiが注目を集めており、ユーザー数が激増しています。

従来のPoW(プルーフオブワーク)のブロックチェーンでは、この変化に対応しきれず、手数料の高騰や取引スピードの低下が問題視されています。

Solanaのトランザクション処理スピードならば、これらの変化によるユーザー数の増加にも対応可能で、今後予想される更なるユーザー数の上昇にも耐えきることが見込まれる設計となっています。

魅力③100以上のプロジェクトと連携している

主なSolanaと提携済みのプロジェクト
  • Audius(ブロックチェーンを用いた次世代音楽ストリーミング)
  • Serum(DEX)
  • LoanSnap(ブロックチェーンを用いたローンオプション提示アプリ)
  • USDT(ステーブルコイン)
  • USDC(ステーブルコイン)

社会的に価値が認められなければ資産としての価値は不安視されます。

その点、Solanaは2020年に公開されたばかりにも関わらず100以上のプロジェクトと連携しています。

Solanaのプラットホームとしての価値や可能性はすでに社会的評価を集めているのです。

\ アプリダウンロード数No.1 /

SOL(ソル)/ソラナ(Solana) の価格動向

SOLは2020年に公開され、2021年12月現在、仮想通貨全体の時価総額は5位です。

ここまでどのように価格変動してきたのでしょうか。

2021年以前と2021年以降に分けて解説いたします。

2021年以前

SOL チャート
引用:TradingView

2021年の9月に5.0USDに迫りましたが、下落を続け、11月には2.0USDを下回りました

12月31日の終値は1.507USDです。

2021年以前では大きな高騰はなく、むしろ下落傾向が続きました。

2021年以降

SOLチャート
引用:TradingView

2021年1月から高騰を続けています。

ステーキングサービスの開始もあり、2月末には20.0USDTに迫る勢いで高騰しました。

4月末にはさらに大きく伸長し、30.0USDTを突破しました。

年始に1.50USDTから始まった価格は4月の最高値では約48.0USDTまで伸びを見せ、32倍以上に高騰したことになります。

しかし、6月にかけてSOLは30.0USDTを割るまで下落しました。

これはSOLの評価が下がったというよりは、仮想通貨市場全体が下落した影響が考えられます。

7月末以降は高騰を続け、2021年8月20日は72.0USDTほどで推移しており、1年前と比較するとSOLの価値は約20倍以上に高騰しています。

全仮想通貨における時価総額ランキングでは5位(2021年12月現在)につけており、2021年8月21日時点での前日比は約110.90%、前週比は約184.45%と大幅に伸長しています。

SOLの高騰に目を付けたトレーダーはコインチェックなどでビットコインやイーサリアムを購入し、惜しみなくSOLへ交換しているのです。

\ アプリダウンロード数No.1 /

SOL(ソル)/ソラナ(Solana) の今後の見通し・予想

SOL/Solanaは高い処理能力と低い手数料を実現しており、プラットホームとしての価値を評価した多くのプロジェクトが参入しています。

今後Solanaは市場での立ち位置をますます確立させ、それにともないSOLの高騰も見込めるでしょう。

そこでSOL/Solanaの今後の見通し・予想がどのようなものであるかを3点ご説明します。

SushiswapとRaydiumの統合

sushiswap

Sushiswapは分散型取引所(DEX)の1つです。

イーサリアムを基盤にしているためスケーラビリティ問題に直面しており、処理速度や手数料に頭を抱えています。

そこでスケーラビリティ問題を解決する手段として基盤をイーサリアムでなく、Solana基盤のRaydiumに統合することを2021年2月に発表しました。

分散型取引所として最大手の1つであるSushiswapがSolanaと統合したならば、多くのSushiswapユーザーがそのままRayduimに移り込んでくることになります。

そうなれば基盤であるSolanaの価値は上がり、SOLの高騰が期待されます。

新規企業参入

2021年8月9日、AscendEXPort Financeを新規上場したと発表しました。

Port FinanceはSolanaエコシステムのプロジェクトです。

Port FinaceはSolanaブロックチェーンならではのハイスピードな処理速度を活かした金融系サービスの提供を計画しています。

「Solanaならできる」といった特異性に着目した多くの企業の参入が見込まれ、Port Finaceもその1つです。

10億人のユーザー獲得

2021年6月、Solana開発グループであるSolana labsはトークンセールにより約344億円の資金を調達したと発表しました。

Solanaのブロックチェーン上に構築されるシステム開発をより早めることに資金を集中させる構えです。

またエコシステムの事業拡大として韓国への進出を発表しており、約20億円以上の投資を予定しています。

Solana labsのCEOであるAnatoly Yakovenkoによると、10憶人のユーザー獲得を次の目標に設定したとのことです。

それだけ壮大な目標を掲げる根拠として、やはりスケーラビリティ問題を解決した高性能なブロックチェーンの存在をあげています。

10億のユーザーを集めるだけの利便性を要しているだけでなく、その莫大な利用に耐えきるだけの設計で作られているとのことです。

これらを踏まえて多くの仮想通貨トレーダーの評価を集めており、今後のSOL高騰が見込まれます。

SOL(ソル)/ソラナ(Solana) の今後の価格予想

これまでSolanaの機能面、社会的な評価をお伝えしました。それを受けてのSOLの価格予想を3点お伝えします。

直近では下落の可能性

2021年6月SOLは急激に高騰しており、今回の例のような急な高騰をした銘柄は大きく下落するケースが良く見られます。

うなぎのぼりのSOLのチャートを見ると、乗り遅れるわけには行かないと考える方もいらっしゃるかもしれませんが、既に乗り遅れていると考えるのも1つです。

しばらくは高騰が続く

Solana labsは8月9日にワームホールをローンチしています。

これは他の分散型金融のブリッジ的な役割を持ち、Solanaならではの高速で低コストなブロックチェーンの特徴を活かすシステムです。

このようなSolanaの更なる発展が期待される発表が多いことから、海外ではSOLの高騰をSolana Summerと呼ぶほどです。

現状solana以上に優れているブロックチェーンの登場がないとされていることから、多くのプロジェクトとの提携が見込まれ、SOL高騰につながるでしょう。

イーサリアム超えの可能性も

SOLは時価総額の順位をみるみる上げてきました。その根幹にあるのはブロックチェーンの技術です。

イーサリアムと比較すると、乗り換えるだけのスペックを持っています。

不動の2位であるイーサリアム。今まで数々の銘柄がその座を奪おうとし敗れてきました。

しかしSOLに関してはイーサリアム超えを果たすのではないかと期待できます。過去のアルトコインの中でもSOLが最も有力だと考えるトレーダーは非常に多いです。

仮想通貨取引をするならコインチェック

ではSOLを購入する手順をお伝えします。

大前提として2021年12月現在、SOLは国内取引所で上場していません。

SOLを購入するには、国内取引所で日本円を仮想通貨に換えて、それを海外取引所に送金してSOLを購入するという流れになります。

海外取引所は国内取引所とは違い、万が一の事態でも国は一切の責任を取ってくれませんので、利用する際は自己責任となります。

コインチェックの口座開設

コインチェック
運営コインチェック株式会社
設立2012年8月28日
取引手数料0円
取り扱い通貨数17通貨
レバレッジ取引なし
関連サービス仮想通貨販売所
Coincheckつみたて
Coincheck NFT(β番)
大口OTC取引
貸仮想通貨
公式サイトCoincheck公式サイト
関連記事Coincheckの評判

コインチェックは国内最多の仮想通貨を扱っており、使いやすさに優れた国内取引所です。

最小で500円からビットコインを購入できるので、仮想通貨取引に慣れていない方などには特にオススメです。

コインチェックの口座を開設したら、日本円を入金しましょう。

SOLを購入するための仮想通貨を日本円で購入する際は、ビットコインかイーサリアムをお選びください。

非常に定番の取引所ですので、是非この機会に口座開設しておきましょう。

\ アプリダウンロード数No.1 /

また、その他のおすすめの仮想通貨取引所仮想通貨取引所の手数料の比較記事もあわせてご覧ください。

SOL(ソル)/ソラナ(Solana)の今後の見通しまとめ

Solanaの特徴はなんといってもそのブロックチェーンの性能の高さ。

高いトランザクション処理速度により、「早くて安い」を実現しました。

ブロックチェーン上でのエコプロジェクトには数々の企業が惜しみなく注力しています。

この記事からわかること
  • Solanaは高い処理速度と、低い手数料が魅力のブロックチェーン
  • SOLの価格は1年間で約20倍以上に高騰している
  • SOLは国内取引所での扱いがない
  • 国内取引所で仮想通貨を購入し、海外取引所でSOLを買う
  • 国内取引所はコインチェックがおすすめ

トークンであるSOLは爆発的な高騰を続け、全仮想通貨の時価総額ランキングではトップ10にまで入ってきました。

SOLの更なる高騰への期待はもちろんのこと、ブロックチェーン上でのプログラムの発展にも目が離せません。

2021年10月現在の飛躍的な高騰がいつまで続くかはわかりませんが、長い目で見ればSOLの価値はまだまだ上昇すると予想できるのではないでしょうか。

仮想通貨投資をするなら、まずはコインチェックを使うのがおすすめ

是非この機会に口座開設しておきましょう。

\ アプリダウンロード数No.1 /

公式LINE

なお、当サイトMedia Argoの公式LINEで随時、仮想通貨の限定情報や最新情報を配信中。

SOLに関する限定情報も無料配信していますので、是非LINE登録してみてください。

\ 1/31まで!200円のBTCゲット/

目次
閉じる