【仮想通貨】Dogelon Mars(ELON)の今後の予想/見通し・将来性は?買い方や購入方法を徹底解説 [ドージロンマーズ]

みなさんは、アメリカ人の経営者イーロン・マスク氏をご存知ですか?

イーロン・マスク氏は、自動運転が可能な自動車を多数発売している「テスラ社」のCEOです。

一見仮想通貨と関わりの薄そうなマスク氏ですが、実は彼の一挙手一投足が、多くの銘柄の価格変動のきっかけになっているのです。

今回は、そんなイーロン・マスク氏がモチーフになっている犬系ミームコインのひとつ「Dogelon Mars」の特徴について紹介していきます。

この記事からわかること
  • Dogelon Marsは、2021年4月にドージコインからフォークして誕生したミームコイン
  • 米テスラ社CEOであるイーロン・マスク氏が通貨名の由来となっている
  • Dogelon Marsは、2021年10月に複数の海外取引所に上場しており、価格が高騰している
  • Dogelon Marsの機能には優れたものはなく、あくまで「ネタコイン」として人気が集まっている様子

この記事を読んでDogelon Marsに興味が湧いたら、実際に口座を開設して仮想通貨を購入してみましょう。

ただし、2021年11月現在Dogelon Marsを取り扱っている国内取引所はありません。

今すぐDogelon Marsを購入したい方は、OKexのような海外の仮想通貨取引所で取り引きをする必要があります。

海外取引所での仮想通貨のやり取りは法規制の問題や不正行為のリスクからあまりおすすめできませんが、Coincheckなどの国内取引所で仮想通貨を購入、送金して取り引きをするようにしてください。

\ アプリダウンロード数No.1 /

LineBanner_btc

Media Argo公式LINEでは、投資家のみなさまにとって有益な情報を随時配信していきます。

まだ友だち追加がお済みでない方は、この機会にぜひ無料で登録しておきましょう。

\ 7/31まで!200円のBTCゲット/

目次

Dogelon Mars(ELON)とは

https://dogelonmars.com/
通貨名Dogelon Mars(ドージロンマーズ)
シンボルELON
価格(2021年11月現在)0.0000015ドル
時価総額(2021年11月現在)848,112,825ドル
市場ランキング(2021年11月現在)147位
おもな国内取引所なし
公式サイトDogelon Marsの公式サイト

Dogelon Marsは、2021年4月に犬系ミームコインの走りである「ドージコイン」のフォークによって誕生した仮想通貨です。

ドージコインの「Doge」、米大手自動車メーカー「テスラ」のCEOイーロン・マスク氏の「Elon」、そしてイーロン・マスク氏が創業者である「スペースX」の目標である火星移住の「Mars」からちなんで名前がつけられています。

これといった目ぼしい機能は未搭載となっていますが、その愛らしいビジュアルと、2021年に入ってからの犬系ミームコインブームの影響で、ここ数ヶ月感の間に大きく価格を上昇させています。

Dogelon Marsは、誕生してからまだ間もないものの、惑星間で流通する通貨になることが目的となっているなんともロマンのある仮想通貨です。

Dogelon Mars(ELON)の特徴

Dogelon Marsの大きな特徴は次の3点です。

Dogelon Mars(ELON)の特徴
  • ドージコイン(DOGE)のフォークによって誕生
  • イーサリアム規格「ERC-20」を利用してトークンを発行
  • 独特の「バーン」システムを採用

それでは、ひとつずつ紹介していきます。

ドージコイン(DOGE)のフォークによって誕生

Dogelon Marsは、犬系ミームコインの走りである「ドージコイン」のフォーク(分裂)によって2021年4月に誕生した仮想通貨です。

仮想通貨名ドージコイン
シンボルDOGE
現在の価格(2021年11月時点)¥23.31
時価総額(2021年11月時点)¥3,083,137,321,916
時価総額ランキング(2021年11月時点)10位

ドージコインと比較すると目立つような機能は搭載されていませんが、人類が火星に移住したのち惑星間のお金のやり取りに使用する目的で発行されているそうです。

イーサリアム規格「ERC-20」を利用してトークンを発行

Dogelon Marsで発行されているトークンは、イーサリアムブロックチェーンの規格に準拠した「ERC-20 トークン」です。

イーサリアムブロックチェーンは、ブロックチェーン上で契約を自動実行する「スマートコントラクト」機能を搭載しており、その汎用性の高さからNFT(Non Fungible Token、非代替性トークン)やDEX(Decentralized Exchange、分散型取引所)などのサービスに大きく活用されています。

Dogelon Marsはこれらの機能をまだ搭載していませんが、これからの機能拡大に注目が集まっています。

独特の「バーン」システムを採用

Dogelon Marsは、独特の「バーン」システムを採用していることも大きな特徴のひとつとして知られています。仮想通貨のバーンとは?

銘柄の価値を向上させたり価格を安定させたりする目的で、仮想通貨の流通量を減らすこと。

2021年の5月に、イーサリアムの開発者であるヴィタリック・ブテリン氏が所有していたSHIBAコインを大量に「バーン」し、話題になりました。

仮想通貨のバーン

Dogelon Marsの場合、Dogelon Marsの総発行量の半分を大手DEX「Uniswap」に、もう半分をイーサリアムの開発者であるヴィタリック・ブテリン氏に送付することで「バーン」を実施しています。

このバーン方式はドージコインのような他の犬系ミームコインでも多く採用されている方法です。

\ アプリダウンロード数No.1 /

Dogelon Mars(ELON)のこれまでの価格推移

Dogelon Marsは、2021年4月に誕生した比較的若い銘柄です。

ここでは、Dogelon Marsの現在までのチャート図を参考に、Dogelon Marsの価格上昇の要因について検証していきたいと思います。

Tradingviewより引用

Dogelon Marsは、4月のフォーク後に2回その価格を高騰させています。

まず1度目は5月のこと。

イーロン・マスク氏が、自身が創業した米宇宙開発会社「スペースX」による月面探査を目的とした資金調達をドージコインで実施したことを発表すると価格は瞬く間に急騰。

6月に相場が落ち着くまで、0.0000002ドル~0.0000024ドルの価格帯を何度も乱高下しました。

2度めの急騰は2021年10月から11月にかけて。

これは、10月29日に海外取引所「OKEx」と「Crypto.com」に上場したことがきっかけではないかと考えられています。

現在は、最高値からは落ち着いてはきたものの、0.000015ドル付近をうろうろしている状況となっています。

\ アプリダウンロード数No.1 /

Dogelon Mars(ELON)の価格上昇の見通し・予想

Dogelon Marsの価格は現在急上昇していますが、この流れは一体いつまで続くのでしょうか。

ここでは、Dogelon Marsの仮想通貨としての今後の見通しについて解説していきます。

Dogelon Marsの今後の見通し
  • ミームコインへの投資熱の高まり
  • 大型取引所への新規上場
  • イーロン・マスク氏が携わっている宇宙事業の進捗状況に応じて価格が変動?

それでは、ひとつずつ紹介していきます。

ミームコインへの投資熱の高まり

香港に本社を置く大手仮想通貨取引所「FTX」のOTCおよび機関投資家向けセールス責任者のジョナサン・チーズマン氏は、ミームコインについて「ミームには価値があり、2021年の投資可能なテーマだ」と述べています。

仮想通貨界のいわゆる「ネタコイン」と考えられてきたミームコインですが、最近ではその「価値」にも注目が集まっているようですね。

現在発行されているミーム通貨は、実際に取引できるものだけでも数十種類にのぼり、その市場は今後も拡大していく傾向が強いと考えられています。

Dogelon Mars以外にも取引されているミームコイン

暗号資産分析会社デルファイ・デジタルのアシュワス・バラクリシュナン氏は、ミームコインの相場について「マーケットがリスクオンになると、ミームコインが上昇する傾向がある」と語っており、コロナ不況から回復しつつある現在は、ミームコインへの投資熱は継続していくと考えられています。

大型取引所への新規上場

価格の低いアルトコインは、大手仮想通貨取引所に上場したタイミングで価格が上昇することが多いです。

Dogelon Marsも例に漏れず、海外の大手仮想通貨取引所であるOKExやCrypto.comに上場した2021年の11月に入ってから大きくその価格を上げています。

実際に上場が決定すればさらに価格が高騰する可能性も考えられるので、Dogelon Marsを購入するのは今がチャンスかもしれません。

イーロン・マスク氏が携わっている宇宙事業の進捗状況に応じて価格が変動?

Dogelon Marsの名前の由来のひとつに、火星を表す「Mars」がありますが、こちらは宇宙開発会社「スペースX」を創業したイーロン・マスク氏が将来的な火星移住を計画していることが元ネタです。

イーロン・マスク氏は、犬系ミームコインが高騰する多くのきっかけを作っているということもあり、より関係の深いDogelon Marsは、彼の宇宙事業の進捗状況に大きく影響を受ける可能性があります。

実際に、2021年5月にイーロン・マスク氏がドージコインで宇宙事業の資金調達を実施した際には、フォーク通貨であるDogelon Marsも大きくその相場を高騰させています。

近い将来、もし人類が火星に移住するようなことがあれば、Dogelon Marsの価格は爆発的に高騰するかもしれませんね。

Dogelon Marsに興味がある方はまずは国内取引所のCoincheckで口座開設してみてください。

\ アプリダウンロード数No.1 /

Dogelon Mars(ELON)に投資をするリスクや注意点

Dogelon Marsは、大きく価格上昇していることから現在注目を集めていますが、この流れは永遠に続くわけではありません。

この項では、Dogelon Marsの価格上昇をストップさせかねない「リスク」の部分に着目して、解説をしていきます。

Dogelon Marsの注意点
  • 完全な「ネタ通貨」であるため、価格が安定する可能性は低い
  • 著名人の発言で価格が大きく変動してしまうおそれがある
  • 海外取引所を利用した投資自体にリスクがある

完全な「ネタ通貨」であるため、価格が安定する可能性は低い

これまで価格が上昇しているミームコインは、可愛らしい見た目に加えて、DeFiサービスなどの優れた機能が備わっている場合が多いです。

しかし、今回紹介しているDogelon Marsにはそのような優れた機能は現状「一切」備わっていません。

つまり、Dogelon Marsの価格が高騰している理由は「ネタ通貨である」ということに他ならないのです。

今後NFTやDEXなどのサービスが展開されれば話は変わってきますが、少なくとも現状では、Dogelon Marsの価格上昇は一過性のものであると考えたほうが良さそうでしょう。

著名人の発言で価格が大きく変動してしまうおそれがある

Dogelon Marsは、著名人の発言によって価格が大きく変動してしまうという特徴を持っています。

こちらは、2021年10月4日に米テスラ社CEOイーロン・マスク氏によって投稿された、飼い犬の柴犬の画像をツイートしたものです。

このツイートが投稿されると、柴犬をモチーフにしたミームコイン「SHIBA INU」の価格は高騰、1週間で300%以上の値上がりをみせました。

しかし、同氏が10月25日にSHIBA INUを保有していないことをツイートすると、SHIBの価格は反転急落。

ツイートから30分で10%以上の下落幅を記録しました。

仮想通貨が価格を変動させてしまう要因は色々ありますが、著名人の発言やTweetが価格に大きな影響を与えてしまうことからも、ミームコインは長期保有に向いていない銘柄だと言えるでしょう。

海外取引所を利用した投資自体にリスクがある

Dogelon Marsは2021年現在国内の主要仮想通貨取引所での取り扱いはありません。

海外の仮想通貨取引所には複数上場しており、国内取引所を通じてDogelon Marsを保有することはできますが、当サイトでは以下の理由により海外取引所を介した仮想通貨の売買をおすすめしていません。

海外取引所で仮想通貨を売買する際のリスク
  • 日本の金融庁の許認可を受けていない
  • ハッキングなどの不正行為が発生するおそれがある
  • 「詐欺コイン」が出回っている

Dogelon Marsは2021年の10月あたりから急激にその価格を上昇させており、犬系ミームコインの時価総額ランキングで3番目に入るほどの大型銘柄となっています。

この勢いが続けば、国内の仮想通貨取引所で取り扱われる可能性もじゅうぶん考えられるでしょう。

価格が上昇している「今」がDogelon Marsを購入するチャンスではありますが、もう少しタイミングを検討するのも良いかもしれません。

\ アプリダウンロード数No.1 /

Dogelon Mars(ELON)の買い時や購入時期

2021年に入り、犬系ミームコインの投資熱はどんどん熱くなっており、今回紹介しているDogelon Mars以外にも、さまざまな犬系ミームコインが価格の乱高下を起こしています。

ミームコインはそもそも見た目で購入するような「ネタ通貨」であることから、この流れが続いているうちは価格が突然落ち込むようなことは無さそうです。

Dogelon Marsも、ドージコインやSHIBA INUと同様にイーロン・マスク氏の発言で価格が左右される特徴を持っているので、これからDogelon Marsに投資を検討している方は、テスラ社やスペースXのニュースリリースも同時にチェックしておくことをおすすめします。

Dogelon Mars(ELON)に投資できるおすすめ取引所

海外の仮想通貨取引所では、日本円でDogelon Marsを購入することができません。

少々手間はかかってしまいますが、海外取引所で使用する「通貨」として、まずは国内の仮想通貨取引所で口座開設をおこない、ビットコインやイーサリアムのような主要な銘柄を購入しましょう。

おすすめの国内取引所は、仮想通貨アプリ国内ダウンロード数No.1のCoincheckです。

コインチェック
現物取引(銘柄数)販売所形式:○(16銘柄)
取引所形式:○(5銘柄)
レバレッジ取引(銘柄数)×
最小発注数量
(ビットコインの場合)
販売所形式:500円以上
取引所形式:0.005BTC以上、かつ500円以上
取引手数料
(ビットコインの場合)
販売所形式:0円(スプレッドあり)
取引所形式:0円
取引ツールパソコン・ネットブラウザ:○
スマホアプリ:○
その他のサービスCoincheckつみたて
貸仮想通貨
大口OTC取引
CoincheckNFT(β版)
Coincheckでんき/ガス
公式サイトCoincheck公式サイト
関連記事Coincheckの評判
Coincheckのおすすめポイント

少額から投資できる

Coincheckでは取り扱いのある16種類の仮想通貨に対して、500円という少額から投資することが可能です。

そのため、投資初心者や資金が少ない方でも気軽に仮想通貨投資にトライできます。

貸仮想通貨でインカムゲインを得られる

仮想通貨には基本的に、株の配当やFXのスワップポイントのようなインカムゲインを得る仕組みがありません。

しかしCoincheckの貸仮想通貨なら、自身が持っている仮想通貨をCoincheckに貸すことで賃借料を得ることが可能です。

また、その利回りは最大年率5%と非常に魅力的な数値になっているので、仮想通貨を長期保有するつもりならCoincheckの貸仮想通貨サービスを利用しない手はありません。

Coincheckは、仮想通貨の積立投資や貸仮想通貨サービスなど、リスクを抑えて挑戦できる投資サービスが豊富です。

投資をするうえでもっとも効率よく上達する方法は「実際にやってみること」です。

価格変動のリスクを理由に仮想通貨投資を敬遠している方も、まずはCoincheckで多くの銘柄と接点を持ってみてください。

\ アプリダウンロード数No.1 /

また、他の取引所についても詳しく知りたい方は下記の記事をぜひ読んでみてください。

Dogelon Mars(ELON)の今後の見通しまとめ

今回は、犬をモチーフにしたネタ通貨「Dogelon Mars」について紹介しました。

今回のまとめ
  • Dogelon Marsは、2021年4月にドージコインからフォークして誕生したミームコイン
  • 米テスラ社CEOであるイーロン・マスク氏が通貨名の由来となっている
  • Dogelon Marsは、2021年10月に複数の海外取引所に上場しており、価格が高騰している
  • Dogelon Marsの機能には優れたものはなく、あくまで「ネタコイン」として人気が集まっている様子

この記事を読んでDogelon Marsに興味が湧いたら、実際に口座を開設して仮想通貨を購入してみましょう。

ただし、2021年11月現在Dogelon Marsを取り扱っている国内取引所はありません。

今すぐDogelon Marsを購入したい方は、OKexのような海外の仮想通貨取引所で取り引きをする必要があります。

海外取引所での仮想通貨のやり取りは法規制の問題や不正行為のリスクからあまりおすすめできませんが、Coincheckなどの国内取引所で仮想通貨を購入、送金して取り引きをするようにしてください。

\ アプリダウンロード数No.1 /

LineBanner_btc

Media Argo公式LINEでは、投資家のみなさまにとって有益な情報を随時配信していきます。

まだ友だち追加がお済みでない方は、この機会にぜひ無料で登録しておきましょう。

\ 7/31まで!200円のBTCゲット/

仮想通貨投資を始める前に
目次
閉じる