FXのスプレッドとは?仕組みや計算方法・固定/変動制など初心者向けに解説!

FX取引をするのであれば、知っておくべき専門用語はいくつかあります。

「スプレッド」もその専門用語のひとつです。

ただ、取引手数料とスプレッドの違いが分からずFX取引を断念しようとしている方もいると思います。

そこでこの記事では、スプレッドについて詳しく解説します

スプレッド面でおすすめのFX会社もあわせて紹介するので、この記事を参考にしてください。

この記事からわかること
  • FXの「スプレッド」は実質的な取引手数料である
  • FXのスプレッドは通貨ペアごとに違いがある
  • FX会社を選ぶときはスプレッドの「狭さ」と「種類」が重要
  • スプレッドでFX会社を選ぶなら松井証券FXがおすすめ

スプレッドとは、買値と売値の差のことを指しており、FXでは実質的な取引手数料ともいわれています。

もちろん、手数料は低いほうがいいので、FX取引をするのであれば、スプレッドが狭いFX会社で口座開設しましょう。

スプレッドを最小限に抑えるには、松井証券FXでの取引がおすすめです。

業界最小水準のスプレッドに設定されているため、取引すればするほどお得になります

また、現在はキャンペーン中であるため、この機会にぜひ松井証券FXで口座開設を行いましょう。

\ 100円から取引できる! /

FX

Media Argo公式LINEでは、投資家のみなさまにとって有益な情報を随時配信していきます。

まだ友だち追加がお済みでない方は、この機会にぜひ無料で登録しておきましょう。

\ 7/31まで!200円のBTCゲット/

この記事の監修者

小林 将也(こばやし まさや)

目次

FXのスプレッドとは

FXのスプレッドとは、端的に言うと、買値(ASK)と売値(BID)の差を指しています。

例えばドル円の通貨ペアを取引する際に、買値(ASK)が110.10円、売値(BID)が109.90円と、買値と売値が別々に表示されます。

仮にここでドル円を買ったとして、値動きがないうちにそのまま売却した場合、0.2円が損失となります。

つまり、FXを行う際は、含み損を抱えた状態から取引を行うようになるのです。

含み損

この買値と売値の差である0.2円がスプレッドとなり、FX取引における実質的な手数料になります

最近では取引手数料無料と謳っているFX会社も多くありますが、スプレッドはどこのFX会社でもかかりますので、注意してください。

松井証券FXはスプレッドの狭さが業界トップクラスなので、この機会に口座開設することをおすすめします。

\ 100円から取引できる! /

スプレッドの単位

スプレッドの単位は、「銭」と「pips」の2種類に分かれます。

「銭」は、通貨ペアのうち、片方が日本円の時に用いられます

例えば米ドル/円(USD/JPY)やユーロ/円(EUR/JPY)、ランド/円(ZAR/JPY)などが挙げられます。

取引するペアが「外貨/日本円」なので、「銭」を使うとこで外貨同士の取引と区別しているのです。

一方で「pips」は、日本円を含まない通貨ペアの時に用いられます

例えばNZドル/米ドル(NZD/USD)や米ドル/スイスフラン(USD/CHF)などが挙げられます。

日本円を含まない取引には「pips」を用いて日本円を含む取引と区別しています。

ちなみに、「pips」はFX取引において使用される為替レートが動く際の最小単位です。

「1pips=1銭=0.01円」であることを覚えておきましょう。

FXのスプレッドの計算方法

スプレッドは実質的な取引手数料であることがわかったので、具体的にどれくらいかかるのか計算してみましょう。

円が通貨ペアに含まれる場合は「銭」を使います。

FXのスプレッドは「通貨数×スプレッド」により算出できます。

例えば、スプレッド「0.5銭」で「米ドル/円」を「1万通貨」取引する場合を想定します。

  • 計算方法(単位が銭の場合)

1銭=0.01円なので、「0.5銭=0.005円」

1万通貨×0.005円=50円

また、日本円を通貨ペアに含まない場合、「pips」を利用します。

スプレッドの計算方法は「通貨数×スプレッド」となります。

例えばスプレッド「0.5pips」で「米ドル/ユーロ」を「1万通貨」取引する場合を想定します。

  • 計算方法(単位がpipsの場合)

1pips=1銭=0.01円なので、「0.5pips=0.005円」

1万通貨×0.005円=50円

あらかじめpipsを円に換算しておくと計算しやすくなるので、おすすめです。

FXのスプレッドの計算方法が理解できた方は、 口座開設・維持費用、出金手数料が無料 な松井証券FXで口座を開設して取引に挑戦してみましょう。

\ 100円から取引できる! /

FXのスプレッドの変動要因

FXのスプレッドは変動することがあります。

以下で、その要因について解説します。

FXのスプレッドの変動要因
  • 突発的なイベントが発生する場合
  • 重要な経済指標を発表する場合
  • 市場の流動性が下がる場合

詳しく見ていきましょう。

突発的なイベントが発生する場合

突発的なイベントが発生すると、FXのスプレッドが変動してしまいます。

例えば「〇〇ショック」などと呼ばれる事態が起きたときに、為替市場で大幅な変動が生じてしまい、スプレッドが変動してしまうことがあります。

「リーマンショック」もそうですし、最近だと2020年の「コロナショック」の際にスプレッドが拡大しました。

また、北朝鮮によるミサイル発射やテロ行為、米国大統領等の要人によるサプライズ発言でも価格の急変によりスプレッドに影響を与える可能性もあります。

突発的なイベントが発生すると、注文が「買い」または「売り」のどちらかに偏ってしまい、一時的に流動性が失われることがあるので、注意が必要です。

重要な経済指標を発表する場合

重要な経済指標を発表すると、大きくスプレッドが変動する可能性があります。

重要な経済指標とは、例えばインフレ懸念を示すアメリカの「消費者物価指数」や「雇用統計」などです。

これらのように、世界中の投資家が注目している経済指標で、予想とは違う発表があると、価格の変動が大きくなり、スプレッドが変動してしまうのです。

また、発表前に投資家は取引をやめていることが多く、流動性が低下します。

そして、仮に予想通りの発表であったとしても、取引を再開する人が増えるため、注文が殺到し、価格が一方向に進み、流動性が失われ、スプレッドが変動する恐れもあります

市場の流動性が下がる場合

市場の流動性が下がるときに、スプレッドは拡大します。

市場の流動性が下がってしまうということは、取引する人が減り、通貨の価格が不安定になりやすくスプレッドは拡大するのです。

NY市場や欧州・ロンドン市場が開いている時間帯は、1日の中でも取引をしている人が多く、流動性が高い時間帯です。

日本時間で言うと、20時~翌朝6時頃にあたります

一方で、NY市場が閉まる時間帯(日本時間で朝6時~9時まで)は、市場の流動性が下がるため、スプレッドが広がりやすくなる時間帯です。

また、年末年始やクリスマスなどのイベントがあるときは、取引参加者が取引から離れる傾向が強く、流動性が低くなり、スプレッドが変動しやすくなるので、注意が必要です。

FXのスプレッドの変動要因に注意しつつ、興味のある方は、初心者から上級者まで使いやすい松井証券FXで口座開設をして取引を始めてみましょう。

\ 100円から取引できる! /

スプレッドでFX会社を選ぶ時のポイント

スプレッドでFX会社の口座を開設する際には、チェックしておくべきポイントがいくつかあります。

スプレッドでFX会社を選ぶ時のポイント
  • 流通額が多さ
  • スプレッドの狭さ
  • スプレッドの種類

以下で詳しく解説します。

流通額の多さ

FX会社を選ぶときには、自分が取引をしようとしている通貨ペアの流通額が多いのか、確認しましょう。

ここまで紹介したように、スプレッドは通貨ペアごとに異なり、流通額が大ければスプレッドは狭く、流通額が少なければスプレッドは広くなるためです。

メジャー通貨ペアと呼ばれる「米ドル/円」や「ユーロ/円」などは、流通額が多いため、スプレッドが狭く設定されているFX会社が多いです。

ただし、FX会社が取り扱っているのか、また市場参加者が多いのかどうかによってスプレッドは変動するため、流通額を確認しておくことは重要です。 

スプレッドの狭さ

スプレッドの狭さは、FX会社を選ぶときの重要なポイントとなります。

FX取引において、取引手数料はかからないところが多く、スプレッド自体が実質的な手数料となるためです。

つまり、スプレッドが狭いところで取引することで、我々投資家にとって有利な条件で取引できることになります。

FX会社を選ぶ時には、スプレッドの狭い会社を選ぶと良いでしょう。

スプレッドの種類

FXのスプレッドには「変動スプレッド」と「原則固定スプレッド」の2種類があります。

「変動スプレッド」で取引する場合、取引のたびにスプレッドを計算する必要があります。

しかし、最近では「原則固定スプレッド」を提供しているFX会社が多くなったため、毎回スプレッドを計算する必要はありません。

ただし、「原則」固定スプレッドなので、例外もあります。

先ほど紹介したようなイベントが発生し、相場の動きが急激に変動した場合、スプレッド固定が崩れることがあります。

FX取引をするのであれば、こういった事態にも備えられるよう、複数口座を比較しスプレッドが比較的狭い口座をいくつか作っておくと安心でしょう。

このように、「流通額の多さ」「スプレッドの狭さ」「スプレッドの種類」に留意して、自分に合うFX会社を選びましょう。

口座開設・維持費用、出金手数料が無料で初心者にも使いやすい 松井証券FXがおすすめなので、興味のある方は口座開設しておきましょう。

\ 100円から取引できる! /

FX会社のスプレッド比較一覧

先ほど、FX会社によってスプレッドに差が出ることを紹介しました。

そこで、ここからは5つのFX会社のスプレッドを比較します。

それでは早速みていきましょう。

松井証券FXGMOクリック証券LINE FXauカブコムFX外為オンライン
米ドル/円0.2銭0.2銭(原則固定)0.2銭0.9銭
ユーロ/円0.5銭0.5銭(原則固定)0.5銭0.5銭1.9銭
ポンド/円1.1銭1.0銭(原則固定)1.0銭1.0銭3.4銭
豪ドル/円0.7銭0.6銭(原則固定)0.7銭0.6銭3.2銭
公式サイト詳細へ詳細へ詳細へ詳細へ詳細へ
※2021年1月6日時点のデータ

5社紹介しましたが、外為オンラインは、スプレッドが広い(=取引手数料が高い)ことがわかります。

一方、そのほかのFX会社は多少の差はあっても、ほとんど変わりません。

費用を抑えて利益を出すためには、スプレッドが狭いところで取引することをおすすめします。

特に松井証券FXでは、業界最小水準のスプレッドとなっています。

また、口座開設・維持費用や出金手数料も無料で初めてFX取引をする方も本番に近い形でのデモ取引を行うことも可能ですので、ぜひお試しください。

\ 100円から取引できる! /

スプレッドで選ぶFX会社5選

FX取引をする際に、スプレッドを抑える観点でFX会社を選ぶのであれば、先ほども紹介した5社がおすすめです。

それぞれのおすすめFX会社の特徴について詳しく見ていきます。

松井証券FX

松井証券FX-top
スプレッド米ドル/円:0.2銭
ユーロ/円:0.5銭
ポンド/円:1.1銭
豪ドル/円:0.7銭
通貨ペア数20通貨ペア
最小取引単位1通貨
詳細松井証券FXの公式サイト
参考記事松井証券FXの評判

オンライン金融取引口座を運営する松井証券が提供しているFX口座なので、安心して取引を行うことができます。

1,000通貨から取引を始められるFX会社が多い中、松井証券FXでは1通貨から取引を始めることができます

また、業界最小水準のスプレッドやレバレッジ率を選べるなど、自分のスタイルに合わせた取引が可能です。

取引手数料は無料なので、スプレッドの他に別途負担するコストなどの心配もありません

さらに、7時〜23時までコールセンターが営業しているので、「仕事終わりに取引したいけどサポートしてもらえないのは不安…」という方も、安心して取引することができるでしょう。

\ 100円から取引できる! /

  • 専門家の方からのコメント

最小取引単位が1通貨なため100円程度でFX取引ができることから、まずは少額からFX取引を始めてみたい方におすすめです。

小林 将也

GMOクリック証券

GMOクリック証券
スプレッド米ドル/円:0.2銭
ユーロ/円:0.5銭
ポンド/円:1.0銭
豪ドル/円:0.6銭(全て原則固定)
通貨ペア数20通貨ペア
最小取引単位1万通貨単位
詳細GMOクリック証券の公式サイト
参考記事GMOクリック証券の評判

GMOクリック証券は、2020年に1年間のFX取引高で世界1位*を達成し、国内のFX取引高では9年連続1位となるなど、非常に人気のあるFX会社です。(*ファイナンス・マグネイト社調べ2020年1月~2021年12月)

業界最狭水準のスプレッドや高金利スワップといった特徴に加えて、高機能な取引ツールも魅力的です。

パソコンとスマホのそれぞれに対応した取引ツールは、すべて無料で使用でき、高性能なチャートの表示も可能です。

また、初めての口座開設+取引で最大30万円のキャッシュバック特典を実施しているので、これからFX取引を始めようとしている人は、GMOクリック証券で口座開設をしておきましょう。

\ 最大300,000円もらえる! /

  • 専門家の方からのコメント

東証一部上場企業の確かな技術力と2020年FX取引高で世界、国内ともに1位となる実績から安心した取引ができる証券会社を選びたい方におすすめです。

小林 将也

LINE FX

linefx
スプレッド米ドル/円:0.2銭
ユーロ/円:0.5銭
ポンド/円:1.0銭
豪ドル/円:0.7銭
通貨ペア数23通貨ペア
最小取引単位1000通貨単位
詳細LINE FXの公式サイト
参考記事LINE FXの評判

LINEと連動しているLINE FXでは、経済指標の急な変動などをLINEで教えてくれます

情報を受け取ったらすぐに公式アカウントにアクセスし、スムーズに取引することが可能です。

LINE FXは最低1000通貨単位から取引開始できるので、少額から取引を始めたい初心者の方には特におすすめとなっています。

スプレッドも他社と比較してかなり狭くなっているのが特徴です。

スマホから簡単に取引できるだけでなく、パソコンでの取引にも対応しているので、LINEと連動したスムーズな取引を行いたい方は、ぜひお試しください。

\ 最大55,000円もらえる! /

  • 専門家の方からのコメント

LINE証券へのアクセスがLINEアプリから直接でき、またLINEの通知で相場の変動を受け取れるので、準備が少なく取引を始めたい方におすすめです。

小林 将也

auカブコムFX

au-kabucom-fx-top
スプレッド米ドル/円:-
ユーロ/円:0.5銭
ポンド/円:1.0銭
豪ドル/円:0.6銭
通貨ペア数19通貨ペア
最小取引単位1000通貨単位
詳細auカブコムFXの公式サイト
参考記事auカブコムFXの評判

auカブコムFXは、日本最大規模の金融グループ「三菱UFJフィナンシャル・グループ(MUFG)」が運営しているFX会社であり、大切な資産を安心して預けることができるでしょう。

auカブコムFXは、通貨ペア数が19種類とそれほど多いわけではありませんが、各種手数料が無料であったり、取り扱いをしている通貨ペアのスプレッドが業界でもトップクラスの狭さとなっているのが特徴です。

特に主要6通貨のスプレッドは、業界最狭水準となっています。

また、auカブコムFXでは、現在保有している株式や投資信託をFXの証拠金に回せます。

そのため、すでにauカブコム証券で取引をしていれば、新たに追加資金を投入することなく、トレードを始められるのもおすすめする理由のひとつです。

外為オンライン

外為オンライン
スプレッド米ドル/円:0.9銭
ユーロ/円:1.9銭
ポンド/円:3.4銭
豪ドル/円:3.2銭
通貨ペア数24通貨ペア
最小取引単位1000通貨単位
詳細外為オンラインの公式サイト
参考記事外為オンラインの評判

外為オンラインはFXの初心者から上級者まで、幅広いトレーダーに選ばれるFX会社です。

中でも、最初に設定するだけで、自動で取引してくれる「iサイクル2取引」が人気を集めています

「iサイクル2取引」では、あらかじめ価格が上下する範囲を予測しておけば、自動で「買い」や「売り」を行ってくれます。

相場の上がり下がりを予測するのではなく、値動きの範囲を予測するだけなので、初心者や忙しくて時間が思うように取れない方でも簡単に取引を始められます

また、豊富な情報コンテンツや無料セミナーなどの用意もありますので、知識をつけながらFX取引で利益を上げていきたい方にもおすすめです。  

  • 専門家の方からのコメント
小林 将也

FXのスプレッドのよくある質問

ここまではFXのスプレッドやおすすめのFX会社について解説しました。

続いてはFXのスプレッドに関するよくある質問についてまとめましたので、ご紹介します。

FXのスプレッドと取引手数料は同じですか?

厳密にいうと、FXのスプレッドと取引手数料は別物です。

取引手数料は、Aという商品を買うときに別途支払う必要があるお金のことを指します。

一方、FX取引におけるスプレッドとは、Aという商品を売買するときの買値と売値の差です。

スプレッドは実質的な取引コストにあたるものであり、トレーダーにとっては手数料のようなものと考えてもよいでしょう。

スプレッドの狭いおすすめのFX会社はどこですか?

この記事では、松井証券FXをおすすめしています。

松井証券FXのおすすめポイント
  1. 1通貨単位から取引可能
  2. スプレッドが狭く、取引コストを抑えられる
  3. キャンペーンが豊富

今なら新規口座開設+取引で最大50万円のキャッシュバックするキャンペーンを開催しているので、この機会に松井証券FXでお得にFX取引を始めてみましょう。

\ 100円から取引できる! /

FXのスプレッドのまとめ

この記事では、FXのスプレッドについて解説しました。

一度読んで理解できない方もいると思いますので、何度も読み返して知識を定着させましょう。

スプレッドについて正しい知識を身につけることで、余計な費用を支払う必要がなくなります。

最後にこの記事のまとめを行います。

この記事のまとめ
  • FXの「スプレッド」は実質的な取引手数料である
  • FXのスプレッドは通貨ペアごとに違いがある
  • FX会社を選ぶときはスプレッドの「狭さ」と「種類」が重要
  • スプレッドでFX会社を選ぶなら松井証券FXがおすすめ

スプレッドで選ぶおすすめのFX会社は松井証券FXです。

業界最狭水準のスプレッドに加えて、現在最大50万円のキャッシュバックキャンペーンも開催中ですので、この機会にFX取引を始めてみてはいかがでしょうか?

\ 100円から取引できる! /

Media Argo公式LINEでは、投資家のみなさまにとって有益な情報を随時配信していきます。

まだ友だち追加がお済みでない方は、この機会にぜひ無料で登録しておきましょう。

\ 7/31まで!200円のBTCゲット/

この記事の監修者

小林 将也(こばやし まさや)

目次
閉じる