仮想通貨BATとは?今後の見通し・価格予想や将来性を徹底解説[ベーシックアテンショントークン]

BAT(ベーシックアテンショントークン)はwebブラウザを提供するbrave社が開発した仮想通貨で、Web上で利用することのできる通貨として注目を集めています。

しかし、BATについて、値上がりに期待は持てるのか、今後の将来性があるのか疑問に思う方もいるでしょう。

今回は、BATの価格の推移や将来性、取引にオススメの国内取引所について解説します。

今回の記事からわかること
  • BATはWebブラウザ「brave」で付与される仮想通貨
  • 「brave」はプライバシー保護や広告を排除できるという点で優れたブラウザで、注目が集まっている
  • braveのブラウザで、広告を見ることでBATを受け取ることができる
  • YouTubeやbrave上で「投げ銭」として利用できる
  • 2021年に入ってから価格が急騰した
  • 2021年5月以降、価格が落ち着き、現在は50円代で推移している
  • braveへの期待や提携サービスの増加などから、長期的に価格は上昇すると予想されている
  • BATの取引を行うなら、国内取引所のCoincheckがオススメ

BATの取引を行うならCoincheckがオススメです

国内最大17種類もの仮想通貨が500円から取引開始できるので、これから仮想通貨取引を始めようという方には最適であると言えます。

国内最大級の取引所でアプリダウンロード数がNo.1と、人気の高い取引所となっています。

\ アプリダウンロード数No.1 /

公式LINE

なお、MediaArgoの公式LINEでは仮想通貨の最新情報を無料配信中。

ベーシックアテンショントークンの限定情報もこちらで配信していますので、是非今のうちに登録してみてください。

\ 10/31まで!100円のBTCゲット/

目次

【2021年10月】BATの現在の価格動向

BATの直近3ヶ月間の価格動向について確認していきましょう。

5月に最高値である168円を記録して以降、7月にかけて下落を続けました。

5月以降の下落要因としては次のものが挙げられます。

①2021年から始まったBATの急登が徐々に落ち着いたこと
②中国の仮想通貨規制強化に伴い、仮想通貨市場全体が下落トレンドになったこと

マイニングとは

中国では、ビットコインのマイニングを禁止しており、今後さらに規制が強くなることを懸念して多くの仮想通貨が下落しました。

しかし8月に入り、BATの価格は急激な上昇を見せはじめ、10月現在も上昇トレンドが続いています

引用:TradingView

仮に5月の最高値まで到達するとしたら、BATの資産が2倍になる見込みです

これからBATに投資したいと考えている方は、好機を逃さないように今のうちにコインチェックで口座開設しておきましょう。

\ アプリダウンロード数No.1 /

ベーシックアテンショントークン(BAT)の特徴

Basic Attention Token

まずは、ベーシックアテンショントークン(BAT)の特徴について、確認していきましょう。

通貨名ベーシックアテンショントークン
シンボルBAT
取り扱い開始日2017年5月
価格(2021年10月時点)75.79円
時価総額(2021年10月時点)113,012,329,697円
発行機関Brave Software
提唱者Brendan Eich
発行上限枚数15億枚
特徴・Webブラウザ「brave」を利用すると通貨がもらえる
・「投げ銭」機能が利用できる
購入できる取引所Coincheck(コインチェック)
DMM Bitcoin
GMOコイン
関連記事おすすめの草コイン

ベーシックアテンショントークン(BAT)は2017年5月に取り扱いが開始した、比較的新しい仮想通貨です。

BATの主な特徴については次の通りです。

ベーシックアテンショントークンの特徴
  • Webブラウザ「brave」を利用することで通貨がもらえる
  • 投げ銭に利用できる

それぞれの特徴について詳しく見ていきましょう。

Webブラウザ「brave」を利用すると通貨がもらえる

ベーシックアテンショントークン(BAT)は「brave」というWebブラウザを利用することで通貨が付与されるという特殊な仮想通貨です。

Webブラウザ「brave」の特徴
  • 広告やトラッカーをブロックできる
  • 匿名性を重視しており、IPアドレスなどの情報、Cookieなどが提供されない
  • GoogleChromeをベースに作られている
  • ユーザーが直接広告を見ることでBATがもらえる

braveの匿名性・広告やトラッカーのブロックという機能はプライバシー保護の観点から多くのユーザーに支持を受けています。

また、braveが提供する広告を見ることにより「BAT」を入手することができます。

ただし、日本では規制がかけられているため、仮想通貨を直接受け取ることができず「BATポイント」が付与されます。

「BATポイント」は現状BATに交換することができないため、今後の機能拡張が注目されます。

BATは投げ銭に利用できる

BAT 投げ銭

braveのブラウザ上の広告を見て獲得したBATは、他のクリエイターのコンテンツに「投げ銭」を行うことができます。

クリエイターの活動や作品に対して応援したい場合や貢献したい際にBATの投げ銭機能を利用するというのが非常に効果的です。

また、BATはYouTubeと連携しており、動画コンテンツに対してBATを投げ銭するということも可能です。

braveで獲得したBATをYouTubeで利用できるという点やお金をかけずに投げ銭が行えるという点が特徴で、人気を集めている通貨になります。

このように、BATは今後に期待が寄せられている仮想通貨だと言えます

価格が高騰する前である今は買い時、という見方もできるかもしれません。

\ 最短5分で申込完了! /

BATのこれまでの価格推移

これまでのBATの価格推移について確認していきましょう。

BAT/USDchart
引用:TradingView

2017年に取り扱いを開始した仮想通貨ですが、2021年になって一度急騰しました

出来高が伸び始めるのは2020年の7月以降でこの時期に国内の取引所でBATの取り扱いが始まり、40円程度にまで上昇しました。

その後はBATの熱も落ち着いて20円代に戻り、2021年に入るまではほぼ横ばいでしたが、2021年からは急激に価格が上昇し8倍程度になりました。

BATのこれまでの動向
  • 2020年3月〜新型コロナウイルスによる仮想通貨市場全体が下げ相場に(BATの価格も下落)
  • 2020年7月:国内取引所でBATの取り扱いが開始、価格が上昇
  • 2021年3月:アメリカのグレイスケール社がBATを含めた投資信託を発表し価格が急騰
  • 2021年5月:中国での仮想通貨の規制により仮想通貨市場全体が急落、BATも同様に下落を続ける

2017年に取り扱いを開始した仮想通貨ですが、当初2017年の5月には「ICOを行なった際にわずか30秒で約35億円の資金調達に成功した」という実績があります。

しかし、上場当初は大きく価格は変動することはありませんでした。

BAT(ベーシックアテンショントークン)急騰したのは2018年と2021年です。

出来高が伸び始めるのは2020年の7月以降で、この時期に国内の取引所でBAT(ベーシックアテンショントークン)の取り扱いが始まり、40円程度にまで上昇しました。

その後はBAT(ベーシックアテンショントークン)の熱も落ち着いて20円代に戻り、2021年に入るまではほぼ横ばいでしたが、2021年からは急激に価格が上昇し8倍程度になりました

公式LINE

なお、MediaArgoの公式LINEでは仮想通貨の最新情報を無料配信中。

ベーシックアテンショントークンの限定情報もこちらで配信していますので、是非今のうちに登録してみてください。

\ 10/31まで!100円のBTCゲット/

【2021年】BATの今後の見通し・予想

BATの今後の見通しや予想はどうなるのでしょうか。

仮想通貨の価格が上昇するためには、通貨の需要が高くなる必要があります。BATは現状、投げ銭として利用できるので、BATを使った投げ銭の需要や利用できる機会が増えることで、価格が上がる可能性があります。

具体的には、価格が上昇する要因として次の3つが挙げられます。

BATの価格上昇の要因

①braveのユーザー数の増加
②他企業とBATの連携
③上場する取引所の増加

それぞれの価格上昇の要因について、詳しく見ていきましょう。

braveユーザー数の増加が価格上昇の要因になる可能性が高い

BATはbraveのブラウザ上の広告を見ることで付与されます。

今後、braveのユーザー数が増加することで、BATの需要が大きく増加し、価格が上がる可能性が高くなります。

braveというブラウザは、知名度の面では、safariやGoogle Chromeなどに劣りますが、広告、トラッカーのブロック機能やプライバシー保護の観点から支持するユーザーは多く、今後の利用者数が増加する可能性も十分考えられます。

また、広告を見るだけでBATがもらえるというシステムはブラウザとしては画期的で、今後braveのユーザー数が飛躍的に伸びることもあり得るでしょう。

他企業とBATの提携によって価格が上昇する可能性がある

企業との連携

BATは現在、投げ銭機能として利用でき、大手企業と連携しています。

代表的な例だと、YouTubeとの提携がなされており、お金の代わりにBATを投げ銭することも可能です。

今後、様々な企業とBATが連携することで、BATの投げ銭機能が広まり、仮想通貨としての需要が高くなることで価格上昇のきっかけとなる可能性があります。

YouTube以外にも、動画配信コンテンツやライブ配信サービスなどでは投げ銭を利用するケースが多く、今後様々な企業との提携が期待されます。

BATに投資するなら、コインチェックがおすすめです

国内最大のアプリダウンロード数を誇り、人気の取引ツールは使いやすいとの定評があります。

\ アプリダウンロード数No.1 /

上場する国内取引所の数が増えることで価格が動く可能性がある

仮想通貨取引所 増加

現在BATの取引を行うことのできる国内取引所は、次の通りです。

コインチェック
GMOコイン
DMM.Bitcoin
bitFlyer

上記の取引所口座を開設していない方は現状海外取引所でのみBATの売買を行うことができます

しかし、海外取引所は資金送金の手間がかかかるため、利用するのは面倒という人も多いでしょう。

今後、他の取引所でもBATが上場されることにより、BATの取引量が増えるため、価格が上昇する可能性も考えられます。

【2021年】BATの今後の価格予想

2021年の初めに、海外の仮想通貨交換プラットフォームでは、次のような価格予想を立てていました。

Crypto Coin Society0.237米ドル
CoinSwitch 短期的な価格予想は無し(長期的に価格が上昇すると見込んでいる

CoinSwitch については短期的な価格予想を公開していませんが、長期的には価格上昇すると見込んでいます。

Crypto Coin Societyについては、2021年中に一旦下落した後に、年末には元の価格に戻り+0.60%程度の上昇を予想しています。

2021年の価格上昇の根拠としては次の2点が挙げられます。

・DeFi(分散型金融)の分野に進出したことでBAT(ベーシックアテンショントークン)の使い道が増えていること
・braveのブラウザのユーザー数が2021年末までに5,000万人を突破すると発表されたこと

上記の理由から、2021年以降に徐々に値動きを見せるとの予想です。

実際には、予想以上の値動きとなっており、2021年2月頃から価格が急騰し現在では0.55米ドルとなっています

【2022年以降】BATの今後の価格予想

長期的な価格予想については次の通りです。

Crypto Coin Society2025年までに0.175米ドル
CoinSwitch2025年までに0.658米ドル(場合によっては1米ドル程度になる可能性も示唆)

両社で価格予想が大きく異なっています。理由としては、braveの今後の成長性についての見解が異なり、BATの価格に影響を与えると考えているようです。

両社のプラットフォームのBATの価格予想の要因は次の通りです。

BATの価格予想

Crypto Coin Society

・braveのサービスや機能についてはユーザーファーストであり、評価している
・一方、巨大な広告会社が同様の広告機能、サービスを提供した拡張機能を既存のブラウザに確信した場合、braveの独自性がなくなるというリスクも懸念している
・今後のBATやbraveの機能がインターネット広告市場を革新し続けられるかが価格動向の鍵となっていると推測

CoinSwitch

・braveの新しい広告システムは今までのインターネットの広告市場を席巻している
・仮想通貨業界の中でも評価が高く、著名人も注目している通貨である

両社ともbraveというブラウザの広告システムについて評価している点では同じですが、通貨の話題性として注目したCoinSwitchと、ブラウザそのものが抱えているリスクに注目したCrypto Coin Societyの大きく予想が変わっているのがポイントです。

したがって、BATの長期的な価格予想についてはポジティブにもネガティブにも考えられるという状況です。しかし、braveの成長性がBATの価格上昇の鍵を握っていることは間違いありません。

ポジティブな内容を見ると、現時点ではBAT(ベーシックアテンショントークン)は買い時と言えるかもしれません

買い時を逃さないよう、または見極めるためにも、お早めに口座開設しておきましょう

\ アプリダウンロード数No.1 /

BATのbraveでの入手方法

BRAVE

前述のように、braveを利用することで、BAT(ベーシックアテンショントークン)を受け取ることができます。

実際にbraveを利用してみて、使用感を述べていこうと思います。

braveでのBATの入手画面

braveは広告がブロックされているため、ブラウジングの速度が格段に上がっています。

検索の速度などが上がるので、ストレスなく利用できることができます

上の画像のように実際にBRAVEの機能がユーザーに与えたメリット(ブロック広告数・節約データ・節約時間)がトップページから確認できます。

使えば使うほど数値が上がっていくので、BRAVEの恩恵を実感することができます。

BAT たまる

利用を開始してわずか数秒の間にBATが溜まっていました

BRAVEは無料で始められるので、興味のある方はご自身でも使用してみましょう。

BATの貯め方・使い方

BAT 受け取り方

上の画像のように、広告は通知という形で表示されます

広告を見ることでBATをもらえるので、BATを集めたい方は積極的に広告を見ていきましょう。

広告の表示頻度は自分で調整することができるので、普段使いとして不便なことはありません。

BAT 使い方

BATはコンテンツの作成者に向かって投げ銭として利用できることができます。

YouTubeとも連携しているので動画コンテンツにも利用することができます。

現金(日本円)を利用せずにクリエイターを応援できることは大きなメリットだと感じるでしょう。

BAT 使い道

BATは、投げ銭として意外にも加盟店のデジタルコンテンツを購入することができます。

現在、日本ではBATポイントのみしか受け取れないので、米国のように現金として利用できるようになる等の機能追加に期待が高まります。

BATはbitFlyerで受け取れる

bitFlyer brave

braveでBATを集めたら、bitFlyerで実際に受け取ってみましょう。

bitFlyerとbraveを連携することでBATを受け取ることができます。

STEP
braveで広告を見る
STEP
braveとbitFlyerを連携する
STEP
bitFlyerでBATを受け取る

こちらの3ステップでBATが無料で入手できますので、まだbitFlyerで口座をお持ちでない方は口座開設をしておきましょう。

BAT投資におすすめの取引所

BAT投資を行うなら、国内の取引所で売買するのがオススメです。

BAT投資にオススメの国内取引所

おすすめ仮想通貨取引所の記事と合わせてご参考ください。

Coincheck(コインチェック)

コインチェック
会社名コインチェック株式会社
取引所通貨(現物取引)・BTC(ビットコイン)
・ETC(イーサリアムクラシック)
・FCT(ファクトム)
・MONA(モナコイン
販売所通貨・BTC(ビットコイン)
・ETH(イーサリアム)
・ETC(イーサリアムクラシック)
・LSK(リスク)
・FCT(ファクトム)
・XRP(リップル)
・XEM(ネム)
・LTC(ライトコイン)
・BCH(ビットコインキャッシュ)
・MONA(モナコイン)
・XLM(ステラルーメン)
・QTUM(クアンタム)
・BAT(ベーシックアテンショントークン)
・IOST(アイオーエストークン)
・ENJ(エンジンコイン)
・OMG(オーエムジー)
その他取り扱い商品・Coincheckつみたて
・貸し仮想通貨
・大口OTC取引
・Coincheckでんき
・Coincheckガス
取引手数料無料
公式サイトコインチェック公式サイト
関連記事コインチェックの評判
特徴
  • 国内最大級の取り扱い通貨(17種類)の実績を持つ!
  • 国内仮想通貨アプリダウンロード数No.1!
  • 取り扱い商品や利用できるサービスが豊富!

Coincheck(コインチェック)は国内最大級の取引所で、特にオススメです。

BAT以外の通貨も多く取り扱い、国内証券では最大の17種類の通貨を売買することができます。

また、仮想通貨のアプリダウンロード数が国内でNo.1と、非常に人気の高い取引所になります。

BATの他にも仮想通貨取引をしたいという方は、Coincheckの口座開設をぜひしましょう!

また、電気・ガスの支払いサービスである「Coincheckでんき」「Coincheckガス」が特徴的です。

電気料金やガス料金をビットコインで支払うことができるという画期的なサービスです。

投資を行いながらビットコインを支払いに利用することもできて非常に便利ですので、この機会に口座開設してみてはいかがでしょうか。

\ アプリダウンロード数No.1 /

DMM Bitcoin

dmmbitcoin
販売所通貨・BTC/JPY
・ETH/JPY
・XRP/JPY
・BCH/JPY
・XLM/JPY
・LTC/JPY
・ETH/ETC
販売所通貨(レバレッジ取引)・BTC/JPY
・ETH/JPY
・XRP/JPY
・OMG/JPY
・BAT/JPY
・QTUM/JPY
・XLM/JPY
・MONA/JPY
・XEM/JPY
・LTC/JPY
・ETC/JPY
・BCH/JPY
・ETH/BTC
・XRP/BTC
・XEM/BTC
・LTC/BTC
・ETC/BTC
・BCH/BTC
・ETC/ETH
その他取り扱い商品・BitMatch注文
取引手数料無料
※BitMatch注文の場合、別途手数料が発生
公式サイトDMMBitcoin公式サイト
関連記事DMMBitcoinの評判
特徴
  • BitMatch注文という独自のサービスでスプレッドを気にせず取引できる!
  • BATのレバレッジ取引ができる!

DMM.Bitcoinでは販売所のレバレッジ取引でのみ、BATの売買を行うことができます。

レバレッジを取引にはリスクもありますが、現物取引よりも高いリターンを狙うことが可能です。

また、DMM.Bitcoinの独自のサービスとして特徴的なのが、BitMatchという注文方法です。

Bitmatchとは?
  • 売り手と買い手の価格がミッド(仲値)価格でマッチングされて取引されるサービス
  • スプレッドがなく、売り手も買い手も同じ値段で取引される
  • 通貨によって取引手数料がかかる

BitMatchの最大のメリットは、スプレッドを気にせず取引を行えるという点です。

スプレッドは通貨の価格変動などによって変動するため、売買を行うタイミングでスプレッドが広くなり、値上がりしているのに損失となるケースもあります。

スプレッドがないということは、単純に価格が上がるだけで利益を得られますので取引を行いやすくなります。

BATはBitMatch注文に対応していますのでスプレッドを気にしたくないという方はDMM.Bitcoinの口座開設をするのがオススメです。

\ もれなく2000円プレゼント中! /

ビットフライヤー

ビットフライヤー
現物取引(販売所形式)【13銘柄】
・BTC(ビットコイン)
・ETH(イーサリアム)
・ETC(イーサリアムクラシック)
・LTC(ライトコイン)
・BCH(ビットコインキャッシュ)
・MONA(モナコイン)
・LSK(リスク)
・BAT(ベーシックアテンショントークン)
・XRP(リップル)
・XLM(ステラルーメン)
・XEM(ネム)
・XTZ(テゾス)
・DOT(ポルカドット)
現物取引(取引所形式)【円建て・5銘柄】
ビットコイン/円
イーサリアム/円
リップル/円
モナコイン/円
ステラルーメン/円

【ビットコイン建て・2銘柄】
イーサリアム/ビットコイン
ビットコインキャッシュ/ビットコイン
レバレッジ取引BTC(ビットコイン)
公式サイトbitFlyer公式サイト
関連記事bitFlyerの評判
コインチェックとビットフライヤーの比較
特徴
  • bitFlyerLightningでレバレッジをかけた取引ができる!
  • キャンペーンが充実!

bitFlyerは仮想通貨取引に慣れている上級者の方にオススメの取引所です。

bitFlyerLightning」では最大4倍のレバレッジ取引が行えるため、大きなリターンを得たい方にとって効率的な取引ができます。

また、口座開設キャンペーンや新通貨の取り扱い開始時に開催されるキャンペーンなどがあり、お得に取引を始めることができるのも魅力です。

GMOコイン

gmoコイン
会社名GMOコイン株式会社
取引所通貨(現物取引)・BTC(ビットコイン)
・ETH(イーサリアム)
・BCH(ビットコインキャッシュ)
・LTC(ライトコイン)
・XRP(リップル)
・XEM(ネム)
取引所通貨(レバレッジ取引)・BTC/JPY
・ETH/JPY
・BCH/JPY
・LTC/JPY
・XRP/JPY
販売所通貨・BTC(ビットコイン)
・ETH(イーサリアム)
・BCH(ビットコインキャッシュ)
・LTC(ライトコイン)
・XRP(リップル)
・XEM(ネム)
・XLM(ステラルーメン)
・BAT(ベーシックアテンショントークン)
・OMG(オーエムジー)
・XTZ(テゾス)
・QTUM(クアンタム)
・ENJ(エンジンコイン)
・DOT(ポルカドット)
・ATOM(コスモス)
暗号資産FX・BTC/JPY
・LTC/JPY
・ETH/JPY
・BCH/JPY
・OMG/JPY
・XTZ/JPY
・BAT/JPY
・XEM/JPY
・XRP/JPY
・XLM/JPY
その他取り扱い商品・貸し暗号資産
・つみたて暗号資産
・ステーキング
・API
取引手数料無料
※取引所現物取引のみ、以下の割合
・Maker:-0.01%
・Taker:0.05%
公式サイトGMOコイン公式サイト
関連記事GMOコインの評判
特徴
  • オリコン顧客満足度No.1の実績を持つ!
  • レバレッジ取引が可能!
  • 大手グループ会社のGMOグループが運営元で信頼の実績を誇る!

GMOコインは、GMOクリック証券やGMOあおぞらネット銀行などのGMOグループが運営する国内取引所です。

2016年に取引開始してから一度もハッキングされておらず、万全のセキュリティ体制を完備しているため安心して取引を行うことができます。

また2021年の「オリコン顧客満足度調査」において、暗号資産取引所 現物取引ランキング 総合No.1に選ばれています。

オリコン顧客満足度調査は利用者の実際のアンケートを元にランキング集計を行なっているため、No.1の実績を持つということは、GMOコインの利用者からの評価が高いということになります。

取り扱う仮想通貨の種類も14種類と着実に勢いを伸ばしている取引所で、BATはもちろん、他の通貨の取引も行うことができます。

セキュリティや運営元の信頼感で取引を取引所を選びたい方、利用者が満足できる取引所が良い方はGMOコインでBATの取引を行うのがオススメです。

\ 顧客満足度No.1! /

なお、仮想通貨取引所の手数料比較の記事もあわせて確認しておきましょう。

BATの今後の見通しまとめ

今回は、BATの価格動向や今後の見通しについて、解説しました。

今回の記事
  • BATはWebブラウザ「brave」で付与される仮想通貨
  • 「brave」はプライバシー保護や広告を排除できるという点で優れたブラウザで、注目が集まっている
  • braveのブラウザで、広告を見ることでBATを受け取ることができる
  • YouTubeやbrave上で「投げ銭」として利用できる
  • 2021年に入ってから価格が急騰した
  • 2021年5月以降、価格が落ち着き、現在は50円代で推移している
  • braveへの期待や提携サービスの増加などから、長期的に価格は上昇すると予想されている
  • BAT(ベーシックアテンショントークン)の取引を行うなら、国内取引所のCoincheckがオススメ!

BATの価格についてはbraveの今後の成長性が鍵を握ります。

BATの取引を行うのであれば、braveの利用者数や提携サービスなどに着目しながら、投資を行うのが良いでしょう。

また、国内取引所の口座を開設するなら、アプリダウンロード数がNo.1のCoincheckがオススメです。

BATを含む17種類の仮想通貨取引ができますので、幅広い取引を行うことができます。

是非この機会にCoincheckの口座開設をしてみてください。

\ アプリダウンロード数No.1 /

公式LINE

なお、MediaArgoの公式LINEでは仮想通貨の最新情報を無料配信中。

ベーシックアテンショントークンの限定情報もこちらで配信していますので、是非今のうちに登録してみてください。

\ 10/31まで!100円のBTCゲット/

目次
閉じる