【大儲けできる?】仮想通貨の給付金とは|受け取り方・貰い方や過去の事例について徹底解説

仮想通貨に興味を持つと、「給付金」という言葉を聞いたことがある方も多いのではないでしょうか。

仮想通貨の給付金は、国から発行されるものではなく、ブロックチェーン技術を使ったサービスを提供している企業がマーケティングを目的に配布している仮想通貨です。

給付金と言われるように、特定の条件を満たしている人は無料で受け取れます

給付金となる仮想通貨は、配布された時はほとんど価値がありませんが、給付金として話題を集めると注目が集まり一時的に価格が高騰する場合があります。

高騰したタイミングで売却すると、無料で得た仮想通貨で大きな利益を得られるため、非常にお得な仕組みです。

今回は仮想通貨の給付金について、仮想通貨の給付金とは何かというところから、過去の事例、給付金を受け取る方法、注意点まで、初心者にもわかるように解説します。

この記事でわかること
  • 仮想通貨の給付金は条件を満たすことで無料で仮想通貨をもらえる
  • 仮想通貨の給付金をエアドロップと呼ぶ場合もある
  • 可能性は低いが、仮想通貨の給付金で儲けることもできる
  • 仮想通貨の給付金を配布する目的は、通貨やサービスの認知度を上げるため
  • 仮想通貨の給付金は詐欺被害のリスクがあるため事前に調べてから手続きする
  • UniswapではUNIトークンが無料でもらえる

仮想通貨の給付金を受け取る条件は多岐にわたるため、一概には言えませんが、仮想通貨の購入や取引、サービス利用など、仮想通貨取引所の利用が必須の場合が多いです。

また、給付金を受け取り、日本円に換金して利益を得るためには、仮想通貨取引の口座が必要です。

これから仮想通貨取引を始めるなら、取扱銘柄が豊富で、国内でも多くの人が利用しているCoincheckがおすすめです。

無料で口座開設できるので、この機会にCoincheckの口座を開設して、給付金の受け取りに挑戦してみてください

\ アプリダウンロード数No.1 /

LineBanner_btc

Media Argo公式LINEでは、投資家のみなさまにとって有益な情報を随時配信していきます。

まだ友だち追加がお済みでない方は、この機会にぜひ無料で登録しておきましょう。

\ 7/31まで!200円のBTCゲット/

目次

仮想通貨の給付金とは?

仮想通貨の給付金とは、特定の条件を満たしたユーザーに対して、無料で配布される仮想通貨やトークンです。

仮想通貨の給付金を配布することを、「エアドロップ(Airdrop)」と呼ぶ場合もあります。

IOSTのエアドロップがおこなわれる

給付金を受け取る条件としては、「特定の仮想通貨を期間内に保有している」「特定のサービスを利用した経歴がある」などさまざまです。

給付金の配布を行う目的もさまざまですが、通貨やサービスの知名度向上やユーザー獲得を目的にしていることが多いです。

サービスの古参ユーザーに対して、知名度やユーザー数の少ない時期から利用しくれた感謝の意味を込めて配布される場合もあります。

また、2022年1月には新興のNFTマーケットプレスであるLooksRareが、ユーザー獲得のために、自信が発行するLOOKSトークンをOpenSeaのユーザーに対して配布しています。

給付金を配布する側もさまざまな取り組みを実施ているため、給付金を手に入れる機会は多い状況です。

配布された仮想通貨は、価値が低いものが多いですが、配布をきっかけに通貨やサービスに注目が集まり、価格が上昇して大きな売却益を得るチャンスもあります

仮想通貨取引を検討されてる方は、取引銘柄が豊富で、初心者でも扱いやすいCoincheckがおすすめなので、この機会に口座を開設しておきましょう。

\ アプリダウンロード数No.1 /

仮想通貨の給付金は儲かる?

仮想通貨の給付金は、儲かる可能性があります

給付金は、期間内に条件を満たしていた人に配布される場合が多いです。

つまり、給付金の内容が発表されてから、条件を満たすために行動しても、給付金をもえない場合があると言えます。

給付金をもらいたい方は、できるだけ多くの通貨やサービスを利用する必要があります

ただし、多くの通貨やサービスを利用するためには、相応の資金が必要であることにご注意ください。

また、配布された給付金の価格が必ず上がるとは言えないことにも注意が必要です。

価格が高騰すれば売却益を得られますが、価値がないままということもあります。

無料で手に入れた通貨なので、「値上がりしたら運がいい」という程度で、期待せず保管しておくことをおすすめします。

仮想通貨の給付金は副産物と捉えておくと良いでしょう。

仮想通貨の給付金に興味がある方は、海外の取引所へと送金するための国内口座が必要となりますので、大手の取引所Coincheckがおすすめなので、この機会に口座を開設しておきましょう。

\ アプリダウンロード数No.1 /

仮想通貨の給付金の事例

仮想通貨の給付金の事例を4つ紹介します。

給付金の事例
  • UNIトークン/Uniswap
  • SOSトークン/OpenDAO
  • BOBAトークン/Boba Network
  • ENSトークン/Ethereum Name Service

UNIトークン

UNISWAP
通貨名ユニスワップ
シンボルUNI
発行上限1,000,000,000枚
価格(2022年1月現在)約1,819円
時価総額(2022年1月現在)約1.1兆円
時価総額ランキング(2022年1月現在)22位
購入できる主な取引所Binanceなど(国内取引所はなし)
公式サイトUniswapの公式サイト
関連記事Uniswap(ユニスワップ)とは

UNIトークンは、DEX(分散型取引所)のUniswap(ユニスワップ)で、取引を行なった人に対して配布されるトークンです。

Uniswapは取引所に仮想通貨をプールし、取引を成立させます。

このとき、取引所を利用した対価としてUNIトークンが配布されます。

配布する目的は、Uniswapでの取引を活発にするためです。

Uniswapの利用を活発化するためには、流動性プールに多くの通貨を預けてもらう必要があります。

そのために、対価としてUNIトークンを配布しています。

ユーザーはトレードで稼げるだけなく、UNIトークンの売却でも稼げるため、一石二鳥です。

SOSトークン

The OpenDAO
通貨名OpenDAO
シンボルSOS
発行上限100,000,000,000,000枚
価格(2022年1月現在)約0.0003円
時価総額(2022年1月現在)約345億円
時価総額ランキング(2022年1月現在)257位
購入できる主な取引所Bybitなど(国内取引所はなし)
公式サイトOpenDAOの公式サイト
関連記事SOSトークン/OpenDAO

SOSトークンは、2021年12月24日にNFTマーケットプレイスであるOpenSeaの利用者に対して配布されたトークンです。

配布対象者は、OpenSeaでNFT売買をした経験があるすべての人で、過去に1度でも売買をしていればSOSを受け取れます。

SOSトークンはOpenSeaでの詐欺被害者への救済やNFTコミュニティの支援に使われます。

配布された目的は、OpenSea及びOpenSea利用者への敬意を表するためと説明されており、NFT事業を盛り上げる意思を感じられます。

配布対象者で、SOSをもらっていない方は、OpenDAOの公式サイトにアクセスして、NFTを売買したウォレットを接続すると取得可能です。

ただし、ガス代がかかり、取得枚数によっては損する場合もあるので、ご注意ください。

BOBAトークン

BOBA
通貨名Boba Network
シンボルBOBA
発行上限500,000,000枚
価格(2022年1月現在)約322円
時価総額(2022年1月現在)約510億円
時価総額ランキング(2022年1月現在)240位
購入できる主な取引所Bybitなど(国内取引所はなし)
公式サイトBOBAの公式サイト
関連記事BOBAトークン

BOBAトークンは、2021年11月11日までに仮想通貨のOMGを保有している人に対して配布されたトークンです。

OMGの保有者に対して、1対1の割合でBOBAトークンを配布しています。

BOBAトークンは、イーサリアムのレイヤー2として開発されたBOBAネットワークのガバナンスや、ステーキングに利用されます。

配布された目的は、仮想通貨のOMGを発行しているOMG Foundationが、新たに構築したBOBAネットワークの知名度を上げるためです。

OMGはCoincheck、GNOコイン、bitbank、DMM Bitcoinなどの国内の仮想通貨取引所での取り扱いがあり、各取引所でOMGで購入して保有していた場合、取引所経由でBOBAを受け取れます

BOBAの受け取りには、取引所のスナップショットが必要なので、対象者は確認してみてください。

ENSトークン

ENS
通貨名Ethereum Name Service(ENS)
シンボルENS
発行上限100,000,000枚
価格(2022年1月現在)約3008円
時価総額(2022年1月現在)約2995億円
時価総額ランキング(2022年1月現在)233位
購入できる主な取引所Binanceなど(国内取引所はなし)
公式サイトENSの公式サイト
関連記事ENS(イーサリアム・ネーム・サービス)

ENSトークンは、2021年11月1日以前にENS(Ethereum Name Service)のドメインを登録した人に対して配布されたガバナンストークンです。

1億枚の発行量のうち、25%を給付金として配布し、残りの25%をコミュニティの参加者、50%をDAOのために確保されています。

ENSはウォレットアドレスを簡略化するためのドメイン提供サービスで、DNS(Domain Name System)のイーサリアム版のようなものです。

ENSはガバナンストークンであるためENSのDAOへの参加権として利用されます。

ENSトークンが、配布する際、ENSのドメインを複数持っている人も、規定数以上の給付金をもらえないような仕組みを取りました。

この方法は、意図的に多くの給付金を得ることができない仕組みになっており、平等性を担保する画期的な取り組みとして注目されています。

このように給付金を配布する目的も、給付金を受ける条件もさまざまで、いつどこで給付金が配布されるのかわかりません。

OMGの事例のように、国内の仮想通貨取引所から給付金をもらえる場合もあるので、まずは口座を開設して取引に挑戦してみてください。

仮想通貨取引所は17種類と、国内で最も多くの銘柄を扱っているCoincheckがおすすめです。

無料で口座開設できるので、この機会にCoincheckの口座を開設しましょう。

\ アプリダウンロード数No.1 /

仮想通貨の給付金の受け取り方

Uniswapの給付金「UNIトークン」を例に、仮想通貨の給付金の受け取り方を解説します。

UNIトークンと受け取り方
  1. 国内仮想通貨取引所の口座開設
  2. ウォレットの登録
  3. 国内の取引所でイーサリアム(ETH)を購入
  4. イーサリアムをウォレットに送金
  5. ウォレットとUniswapを同期する
  6. Uniswapで通貨を交換
  7. 流動性プールに通貨を預ける

Uniswapを利用するためには、国内の取引所で仮想通貨を購入して、送金する必要があります。

国内の取引所は、取扱通貨が豊富で、利用者が多いCoincheckがおすすめです。

無料で口座開設できるので、この機会にCoincheckの口座を開設しておきましょう

国内仮想通貨取引所の口座開設

まず、国内の仮想通貨取引所の口座を開設します。

イーサリアムを扱っている国内の取引所であれば、どこでも問題ありませんが、サイトやアプリのデザインがシンプルで初心者にも追加やすいCoincheckがおすすめです。

Coincheckの公式サイトにアクセスします。

コインチェック

「会員登録」をクリックします。

Coincheck 会員登録

「メールアドレス」と「パスワード」を入力して「会員登録」をクリックします。

入力したメールアドレスに「登録メールアドレス確認のお願い」のメールが届くので、メール内のURLをクリックするとアカウント登録が完了します。

続いて、「個人情報の入力」「SMS認証」「本人確認」を行います

本人確認は、スマホで確認書類を撮影するでけなので、以下の本人確認書類から1つを準備し、指示に従って手続きを進めてください

登録可能な本人確認書類

  • 運転免許証
  • パスポート
  • 在留カード
  • 特別永住者証明書
  • 運転経歴証明書
  • 住民基本台帳カード
  • 個人番号カード(マイナンバーカード)

本人確認終了後、数時間待って「本人確認完了のお知らせ」のメールが届くと、口座開設が完了し、仮想通貨を取引できます

ウォレットの登録

次にウォレットに登録します。

Uniswapは分散型取引所(DEX)であるため、専用ウォレットがありません。

そのため、Uniswapに対応しているウォレットを別途登録する必要があります。

おすすめのウォレットは、世界的に利用者の多いMetaMask(メタマスク)です。

MetaMaskの公式サイトにアクセスして、ダウンロードしたのちに、登録を進めてください。

詳しい登録方法は、「MetaMaskの使い方」の記事を参考にしてください。

国内の取引所でイーサリアム(ETH)を購入

次にCoincheckでイーサリアム(ETH)を購入します。

Uniswapでは手数料やガス代にイーサリアムを使用するため、イーサリアムは必ず購入してくささい。

必要に応じて他の通貨も購入すると良いでしょう。

イーサリアムの購入手順は以下の通りです。

Coincheckのアカウントにログインします。

日本円の入金

画面左側の「日本円の入金」を選択します。

表示された銀行口座宛に日本円を振り込むと入金完了です。

ETHを購入する

次に、画面左側の「販売所(購入)」を選択します。

購入する通貨に「ETH」を選択し、数量を入力して、「購入する」をクリックします。

以上でイーサリアムの購入が完了です。

イーサリアムをウォレットに送金

次にイーサリアムをウォレット(MetaMask)に送金します。

MetaMaskを開き、上部のウォレットアドレスをコピーします。

上部のウォレットアドレスをコピー

次にCoincheckにアクセスします。

ETHを送る

画面左側の「暗号資産の送金」を選択します。

画面上部の「Ethereumを送る」を選択し、「新規連絡先」の欄に先ほどコピーしたMetaMaskのアドレスをペーストします。

送金する金額を入力して、「送金する」をクリックすると、送金完了です。

ウォレットアドレスを間違えて入力すると、送金できないだけでなく、通貨を失う危険性があるため、コピペして間違いがないことを確認しましょう。

ウォレットとUniswapを同期する

次に、ウォレット(MetaMask)とUniswapを同期します。

まず、Uniswapにアクセスします。

UNISWAP Launch App

右上の「Launch App」をクリックします。

ウォレットに接続

右上の「ウォレットに接続」をクリックします。

MetaMaskに接続

MetaMask」をクリックすると、MetaMaskのログイン画面が表示されるので、ログインすると接続が完了します。

Uniswapで通貨を交換

次に、Uniswapでトークンを交換します。

流動性プールに通貨を預ける次のステップでは通貨ペアが必要であるため、交換して2種類の通貨を保持した状態にします。

スワップタブを選択、トークン選択をクリック、交換する通貨を選択

Uniswapの画面で「スワップ」タブを選択し、「トークン選択」をクリックして、交換する通貨を選択します。

数量を入力して、「スワップ」をクリックすると、交換完了です。

流動性プールに通貨を預ける

最後に流動性プールに通貨を預けます。

流動性プールに通貨を預ける

「プール」のタブを選択し、「新しいポジション」をクリックします。

新しいポジションをクリック

ペア通貨を選択し、数量を入力します。

ウォレットに通貨が入っていると、右下の枠が「プレビュー」になるので、クリックして、次の画面で「追加」をクリックすると、プールが完了します。

通貨のペアはそれぞれの通貨の数量が1:1になるように預ける必要があるため、ご注意ください。

流動性プールに通貨を預けて、取引が成立すると、報酬としてUNIトークンが手に入ります

手順が理解できた方は、Coincheckの口座開設から挑戦してみてください。

Coincheckは無料で口座開設できて、取引サイトがシンプルなデザインで初心者にも使いやすいためおすすめです

\ アプリダウンロード数No.1 /

なお、「コインチェックの評判」「仮想通貨取引所の手数料比較」の記事もご参照しておくことがおすすめです。

仮想通貨の給付金に関する注意点

仮想通貨の給付金に関する注意点は次の3点です。

仮想通貨の給付金の注意点
  • 詐欺や悪用のリスクがある
  • 税金がかかる場合がある
  • 給付対象者は早めに応募する

詐欺や悪用のリスクがある

仮想通貨の給付金には詐欺にあったり、悪用されたりするリスクがあるため注意が必要です。

給付金をもらう際、メールアドレスの入力を求めらる場合があります。

伝えたメール宛に大量の広告を流したり、アドレスを使ってパスワードを試したりするなどの悪用される可能性があります。

メールアドレスを教えること自体は、給付金をもらうために必要な手順であるため、普段使っていないサブのアドレスなどで対策することをおすすめします。

また、メールやウォレットのパスワードを求めてくる場合もあります。

パスワードの要求は100%詐欺なので、絶対に教えてはいけません

税金がかかる場合がある

給付金に対して税金がかかる場合があります

仮想通貨の税金

仮想通貨の給付金は、配布された時点ではほとんど価値がないため、課税対象になりません。

しかし、配布された仮想通貨の価格が高騰し、売却したことで利益を得た場合、課税対象になるため注意が必要です。

不安な方や、給付金で得た金額が大きい場合は、税理士に相談するなどの対策をおすすめします。

給付対象者は早めに応募する

給付金の対象になった場合、早めに応募しましょう。

その理由は、自動で配布が行われる場合もあれば、応募フォームなどを使って申請する場合もあるからです。

前者であれば問題ありませんが、後者の場合、人数や期限を設けている場合があります

条件を満たしていると、お知らせが届くようなこともないため、ニュースサイトやTwitterなどを使って情報を得るよう、心がけておくことをおすすめします。

また、給付金を受け取る際にガス代がかかって、給付金をもらったのに損することもあるため、事前にリサーチした上で対応しましょう。

仮想通貨取引を始めてみたい方は、これらの注意点を参考にしつつ、無料で口座を開設でき、取引銘柄も豊富なCoincheckで口座開設することをおすすめします。

\ アプリダウンロード数No.1 /

仮想通貨の給付金のまとめ

今回は仮想通貨の給付金について解説しました。

この記事でわかること
  • 仮想通貨の給付金は条件を満たすことで無料で仮想通貨をもらえる
  • 仮想通貨の給付金をエアドロップと呼ぶ場合もある
  • 可能性は低いが、仮想通貨の給付金で儲けることもできる
  • 仮想通貨の給付金を配布する目的は、通貨やサービスの認知度を上げるため
  • 仮想通貨の給付金は詐欺被害のリスクがあるため事前に調べてから手続きする
  • UniswapではUNIトークンが無料でもらえる

仮想通貨に触れる機会が多い方の中には、給付金の配布をある程度予想できる人もいますが、経験が浅い方は基本的に運任せです。

「もらえたらラッキー」というスタンスで、情報収集することをおすすめします。

仮想通貨の給付金を受け取る条件は、仮想通貨の購入や取引、サービス利用など、仮想通貨取引所の利用が必須の場合が多いです。

また、仮想通貨の給付金を受け取り、日本円に換金して利益を得るためには仮想通貨取引の口座が必要です。

これから仮想通貨取引を始めるなら、取扱銘柄が豊富で、国内でも多くの人が利用しているCoincheckがおすすめです。

無料で口座開設できるので、この機会にCoincheckの口座を開設に挑戦してみてください

\ アプリダウンロード数No.1 /

LineBanner_btc

Media Argo公式LINEでは、投資家のみなさまにとって有益な情報を随時配信していきます。

まだ友だち追加がお済みでない方は、この機会にぜひ無料で登録しておきましょう。

\ 7/31まで!200円のBTCゲット/

目次
閉じる