【最新】仮想通貨取引所のスプレッドを徹底比較|お得な安い販売所は?

スプレッドが広い状態で取引をおこなうと、利益が出るまでとても時間がかかってしまいますよね。

今回はそんな仮想通貨のスプレッドが発生する理由を説明しながら、おすすめの取引所や取引のコツをわかりやすくお伝えしていきます。

この記事からわかること
  • スプレッドとは、購入価格と売却価格の差額
  • 仮想通貨の取引の際はスプレッドと取引手数料を考慮すべき
  • 取引所形式を利用することでコストを抑えて取引することができる
  • Coincheckは取引所の手数料が無料のため使いやすい

実は仮想通貨のスプレッドはFXなどの他の投資と比べると広く設定されているため、デイトレードにはあまり向いていません。

ただ、取引所や通貨・時間帯を丁寧に確認することで、仮想通貨でもコストを抑えた取引ができるようになります。

Coincheckは販売所形式と取引所形式の両方に対応しており、取引所形式での取引では手数料がかからないため初心者の方にも使いやすいです。

まだ口座をお持ちでない方はこの機会にCoincheck公式サイトから口座を開設しましょう。

\ アプリダウンロード数No.1 /

公式LINE

なお、Media Argo公式ラインでは仮想通貨に関する限定情報を配信中。

ぜひ友だち登録をしてみてください。

\ 5/31まで!200円のBTCゲット/

目次

仮想通貨のスプレッドとは?

仮想通貨取引におけるスプレッドとは、購入価格と売却価格との差額のことです。

仮想通貨のスプレッド

FXなど、金融商品を扱う際によく用いられるキーワードですので、覚えておきましょう。

仮想通貨FXについての記事も合わせてご覧ください。

上記の画像で説明すると、1ビットコインの購入価格が502万円・売却価格が500万円のときスプレッドは2万円ということになります。

スプレッドは通貨や仮想通貨取引所によって異なるうえ常に変動しているため、売買する際にはスプレッドを確認する必要があります。

また、スプレッドは仮想通貨を取引する際の手数料のひとつに含まれていますが、仮想通貨取引所によっては取引手数料と別で発生する可能性があるため、スプレッドとあわせて取引手数料の確認も怠らないようにしましょう。

【早見表】仮想通貨取引所/販売所のスプレッド比較・一覧

さっそく、仮想通貨取引にスプレッドがどれだけ影響するかを確認していきましょう。

下記の表は、国内の主要な販売所形式を導入している仮想通貨取引所のスプレッドについてまとめたものとなっています。

仮想通貨取引所取り扱い銘柄数スプレッド
(ビットコイン)
スプレッド
(イーサリアム)
スプレッド
(リップル)
取引手数料
Coincheck17種類255,400円17,810円6.461円取引所:無料
販売所:無料
DMM Bitcoin15種類104,735円7,938円2.575円販売所:無料
bitFlyer 15種類247,074円17,680円7.59円取引所:0.01~0.15%
販売所:無料
GMOコイン14種類121,816円9,850円2.788円Maker:-0.01%
Taker:0.05%
販売所:無料
bitbank10種類127,477円12,350円3.512円Maker:-0.02%
Taker:0.12%
販売所:無料
Zaif12種類281,845円15,244円Maker:0%
Taker:0.1%
販売所:無料
※2021年7月中の同時刻に計測

仮想通貨取引所によってスプレッドに大きな差があることがわかりますね。

スプレッドについて確認する際は、必ず右欄の取引手数料を含めた価格で判断するようにしましょう。

Coincheckはスプレッドがない取引所形式での取引手数料が無料ですので、コストを抑えることが可能です。

この機会にCoincheck公式サイトから口座を開設してみると良いでしょう。

\ アプリダウンロード数No.1 /

スプレッドが小さい/安いおすすめ仮想通貨取引所

ここでは取引所ごとのスプレッドや手数料を参考に、おすすめの仮想通貨取引所について紹介していきます。

仮想通貨取引でなるべくコストを抑えたい方は、紹介する仮想通貨取引所で口座を開設してみましょう。

Coincheck(コインチェック)

コインチェック
現物取引(銘柄数)販売所形式:○(通貨16銘柄、通貨ペア31銘柄)
取引所形式:○(5銘柄)
レバレッジ取引(銘柄数)×
最小発注数量
(ビットコインの場合)
販売所形式:500円以上
取引所形式:0.005BTC以上、かつ500円以上
取引手数料
(ビットコインの場合)
販売所形式:0円(スプレッドあり)
取引所形式:0円
取引ツールパソコン・ネットブラウザ:○
スマホアプリ:○
その他のサービスCoincheckつみたて
貸仮想通貨
大口OTC取引 (現在、一時的にサービス停止中)
CoincheckNFT(β版)
Coincheckでんき/ガス
公式サイトCoincheck公式サイト
関連記事Coincheckの評判

Coincheck取引所の取引手数料が無料となっており、ビットコインの他に4種類のアルトコインで板取引をすることができます。

販売所のスプレッドは広く設定されていますが、取引所で売買することで手数料をほとんどかけずに取引可能です。

さらに、取り扱い通貨数や使いやすさ、サービスの質などの点でユーザーへのメリットが非常に大きい取引所と言えるでしょう

定番の取引所ですので、是非この機会に口座開設し取引を始めてみてください。

\ アプリダウンロード数No.1 /

DMM Bitcoin

dmmbitcoin
現物取引(銘柄数)販売所形式:○(暗号資産11種類、12銘柄)
取引所形式:✕
レバレッジ取引(銘柄数)◯(暗号資産15種類、23銘柄)
最小発注数量
(ビットコインの場合)
販売所形式:0.0001BTC
取引手数料
(ビットコインの場合)
販売所形式:0円(スプレッドあり)
※BitMatchを除く
取引ツールパソコン・ネットブラウザ:○
スマホアプリ:○
その他のサービスなし
公式サイトDMM Bitcoin公式サイト
関連記事DMM Bitcoinの評判

DMM Bitcoinではユーザー同士の注文を仲値で取引できる「BitMatch注文」を採用しています。

仲値での取引になるので、ユーザーはスプレッドを気にせず取引手数料のみで仮想通貨を取引することができます。

アルトコインのレバレッジ取引も豊富な通貨ペアでおこなうことができるので、利益を出せるチャンスがとても多い仮想通貨取引所といえるでしょう。

Coincheckはレバレッジ取引に対応していないため、Coincheckと一緒に口座を開設するのがおすすめです。

\ もれなく2000円プレゼント中! /

bitFlyer(ビットフライヤー)

ビットフライヤー
現物取引(銘柄数)販売所形式:○(15銘柄)
取引所形式:○(6銘柄)
レバレッジ取引(銘柄数)○(1銘柄)
最小発注数量
(ビットコインの場合)
販売所形式:0.00000001BTC
取引所形式:0.001BTC
取引手数料
(ビットコインの場合)
販売所形式:0円(スプレッドあり)
取引所形式:約定数量の0.01~0.15%
取引ツールパソコン・ネットブラウザ:○
スマホアプリ:○
その他のサービスbitFlyer Lighitning(プロ向け仮想通貨取引サービス)
bitWire SHOP(ビットコイン決済サービス)
かんたん積立
公式サイトbitFlyer公式サイト
関連記事bitFlyerの評判

bitFlyerはビットコインの取引量が国内トップクラスに多い仮想通貨取引所です。

取引の際のスプレッドを避けようとすると取引所形式での売買が中心になりますが、取引量が少ない場合売買したい価格で注文が通らないおそれがあります。

ビットコインの取引量が多いbitFlyerでビットコインの取引をすれば、注文が通らないリスクを考えずに売買ができますね。

BITPoint(ビットポイント)

bitpoint
現物取引(銘柄数)販売所形式:○(7銘柄)
取引所形式:○(7銘柄)
レバレッジ取引(銘柄数)○(4銘柄)
最小発注数量
(ビットコインの場合)
販売所形式:買注文500円以上、売り注文0.00000001BTC
取引所形式:0.0001BTC
レバレッジ取引:0.0001BTC
取引手数料
(ビットコインの場合)
販売所形式:無料(スプレッドあり)
取引所形式:無料
レバレッジ取引:無料(建玉管理料あり)
取引ツールパソコン・ネットブラウザ:○
スマホアプリ:○
その他取扱いサービス貸して増やす(貸仮想通貨サービス)
公式サイトBITPoint公式サイト
関連記事BITPointの評判

BITPointは、国内で唯一TRX(トロン)の取り扱いがあり、TRX(トロン)の取引をしたい方におすすめの取引所です。

入出金手数料や送金手数料が無料で、総合的に見て利用しやすい取引所といえます。

また、口座開設キャンペーンや取引キャンペーンなども充実しているためこの機会に公式サイトを確認しておきましょう。

\ ディープコインがもらえる! /

bitbank(ビットバンク)

bitbank-top-1024x491
現物取引(銘柄数)販売所形式:○(9銘柄)
取引所形式:○(11銘柄、19通貨ペア)
レバレッジ取引(銘柄数)
最小発注数量
(ビットコインの場合)
販売所形式:0.00000001BTC
取引所形式:0.0001BTC
取引手数料
(ビットコインの場合)
販売所形式:0円(スプレッドあり)
取引所形式(メイカー):-0.02%
     (テイカー):0.12%
取引ツールパソコン・ネットブラウザ:○
スマホアプリ:○
その他のサービス貸暗号資産サービス
公式サイトbitbank公式サイト
関連記事bitbankの評判

bitbankは取引所形式で取引できる通貨数が非常に多い仮想通貨取引所です。

取引所形式の場合、取引板に新たな注文を出すMaker(メイカー)の手数料が-0.02%と報酬が得られる仕組みになっているので、Makerでの利用も検討してみましょう。

取引所形式を利用することでスプレッドを気にせず売買ができるため、さまざまなアルトコインをコストを抑えて取引したい方はぜひこの機会に口座を開設してみましょう。

\ セキュリティ日本一! /

GMOコイン

gmoコイン
現物取引(銘柄数)販売所形式:○(14銘柄)
取引所形式:○(6銘柄)
レバレッジ取引(銘柄数)◯(5銘柄)
最小発注数量
(ビットコインの場合)
販売所形式:0.00005BTC
取引所形式:0.0001BTC
取引手数料
(ビットコインの場合)
販売所形式:0円(スプレッドあり)
取引所形式(メイカー):-.0.01%
     (テイカー):0.05%
取引ツールパソコン・ネットブラウザ:○
スマホアプリ:○
その他のサービス貸暗号資産サービス
つみたて暗号資産
ステーキング
公式サイトGMOコイン公式サイト
関連記事GMOコインの評判

GMOコイン取引所におけるMakerの手数料が-0.01%と報酬が得られる仕組みになっています。

アルトコインのレバレッジ取引ができるため、少額から大きな利益を出したい方はぜひGMOコインで取引をしましょう。

貸暗号資産サービスやステーキングなど売買以外でも利益が得られるサービスが提供されている点も魅力のひとつです。

\ 顧客満足度No.1! /

Zaif(ザイフ)

zaif-top-1024x422
現物取引(銘柄数)販売所形式:○(8銘柄)
取引所形式:○(14銘柄、26通貨ペア)
レバレッジ取引(銘柄数)◯(2銘柄)
最小発注数量
(ビットコインの場合)
販売所形式:0.0001BTC
取引所形式:0.001BTC
取引手数料
(ビットコインの場合)
販売所形式:0円(スプレッドあり)
取引所形式(メイカー):0%
     (テイカー):0.1%
取引ツールパソコン・ネットブラウザ:○
スマホアプリ:○
その他のサービスコイン積立(現在停止中)
Zaica(暗号資産やトークンの発行支援サービス)
ソーシャルチップ(Twitterユーザーへ暗号資産を送金するサービス)
公式サイトZaif公式サイト
関連記事Zaifの評判

Zaifでは仮想通貨に加えて「トークン」と呼ばれる代替通貨の取引をすることができます。

取引所形式の場合は、Makerであれば手数料がかからないためコストを抑えた状態で取引ができます。

他の取引所では扱っていない通貨が多いので、興味のある方は実際に口座開設をして取引をしてみましょう。

マネックスビットコイン

現物取引(銘柄数)販売所形式:✕
取引所形式:✕
※差金決済取引(CFD)として4銘柄
レバレッジ取引(銘柄数)◯(通貨4銘柄、通貨ペア4銘柄)
最小発注数量
(ビットコインの場合)
差金決済取引(CFD):0.001BTC
取引手数料
(ビットコインの場合)
差金決済取引(CFD):0円(スプレッドあり)
取引ツールパソコン・ネットブラウザ:✕
スマホアプリ:○
その他のサービスなし
公式サイトマネックスビットコイン公式サイト

マネックスビットコインはCoincheckと同じマネックスグループが提供している仮想通貨取引所です。

国内では珍しい差金決済取引(CFD)サービスを展開しており、ユーザーは現物の受け渡しをおこなうことなく取引をする仕組みとなっています。

売り注文から入ることができるため、どのような相場でも仮想通貨の取引をすることができます。

また、Coincheckが対応していないレバレッジ取引に特化していますので、ぜひ口座を開設してみましょう。

スプレッドを抑えて仮想通貨を安く取引するには

スプレッドが広い状態で仮想通貨の取引をおこなうと、なかなか利益が出ませんよね。

ここでは、スプレッドや手数料を抑えて仮想通貨の取引をおこなうコツを3つご紹介します。

販売所ではなく取引所で売買する

仮想通貨 取引所

ユーザーと仮想通貨取引所の間で仮想通貨の取引をする販売所形式の場合、かんたんに取引ができる一方で手数料としてスプレッドがかかりコストが大きくなる傾向にあります。

コストを抑えるためには、ユーザー間で仮想通貨のやり取りができる取引所形式の利用をおすすめします。

販売所形式に比べると手続きが難しいイメージがありますが、慣れてしまえばそこまで気になりません。

複数の取引所を利用する

実は、同じ仮想通貨取引所の中でもスプレッドの広い通貨と狭い通貨が存在しています。

本格的に取引でのスプレッドを抑えたい場合は、通貨ごとに仮想通貨取引所を変更する必要があります。

まずは、各通貨の仮想通貨取引所でのスプレッドを比較するところから始めましょう。

トレードスタイルの観点からもCoincheckDMM Bitcoinの組み合わせはよいので、ぜひ一緒に開設してみてください。

また、仮想通貨取引所を複数口座開設するメリットについてはこちら詳しく解説しているので合わせてご覧ください。

\ アプリダウンロード数No.1 /

価格が急変したタイミングでは取引を控える

仮想通貨は他の投資に比べると相場が安定しておらず、価格が急変することもしばしばあります。

価格が急変すると多くのユーザーが取引をするため、仮想通貨取引所は相場変動が激しい時間帯でスプレッドを通常時より広げることが多いです。

スプレッドを抑えたい場合は、相場が急変しているタイミングではなるべく取引を控えるようにしましょう。

DMM BitcoinのBitMatch注文を利用する

BitMatch
引用元:https://bitcoin.dmm.com/about/bitmatch

販売所の利用でスプレッドを抑えたい場合には、DMM BitcoinのBitMatch注文の利用も検討してみてください。

BitMatch注文とは、買い手と売り手の注文価格においてDMM Bitcoinが提示する価格を参考にしたうえで決まる注文方式のことです。

例えば、DMM Bitcoinが1BTCを111万円の買値に設定していて、売値は110万9,200円の売値に設定していたとしましょう。

すると、買値「111万円」と売値「110万9,200円」800円がスプレッドになります。

しかし、BitMatch注文では事前に設定していた仲値によって取引が約定しますので、スプレッドが発生せずに取引の手数料のみが発生します。

2022年3月時点で公開されているBitMatch注文の手数料は0.001BTCあたり2円に設定されています。

つまり、1BTCの取引では実質2,000円程度の取引手数料を支払わなければいけません。

ただし、同時点でのBTCのスプレッドが7万円以上開いていることを踏まえると、いかにBitMatch注文の手数料が安いかがうかがえます。

そのため、販売所でスプレッドを抑えて取引したい人はDMM BitcoinのBitMatch注文の利用も検討してみるべきです。

公式LINE

なお、Media Argo公式ラインでは仮想通貨に関する限定情報を配信中。

ぜひこの機会に無料登録をしてみてください。

\ 5/31まで!200円のBTCゲット/

スプレッドが大きく変化しやすいタイミング

仮想通貨におけるスプレッドが大きく変化しやすいタイミングは以下の3つです。

スプレッドが大きく変化しやすいタイミングについて
  • 市場に急激な変化が現れた場合
  • 銘柄の流動性が低い場合
  • 経済指標や重要なニュースが発表された場合

市場に急激な変化が現れた場合

仮想通貨市場全体が急激な価格変動をしていると、スプレッドは大きくなりやすいです。

市場が価格高騰か急な下落をしているときは、どちらにせよ売却したいという心理が働きます。

例えば、価格が下落していれば損切りしたいと考えますし、高騰していれば高騰が収まる前に売却したいと考えるものです。

そのため、売却の注文ばかり出て売り手の注文価格がつりあがってしまい、スプレッドが大きくなってしまいます。

一方で、価格が安定していればスプレッドは安定するのが一般的です。

もし、スプレッドを抑えたいのであれば、市場が安定しているうちに取引するようにしてください。

銘柄の流動性が低い場合

市場における銘柄の流動性が低い場合はスプレッドが大きくなりやすいです。

市場の流動性とは取引量のことを意味していて、流動性が高ければ取引が活発であり、流動性が低ければ取引に活気がありません。

一般的に流動性が高いほど市場の注文量も多いため、スプレッドが安定して小さくなりやすいです。

例えば、時価総額の大きいビットコインイーサリアムなどは比較的スプレッドが安定する傾向にあります。

一方で、流動性が低い銘柄は注文量が少ないため、スプレッドが大きくなりがちです。

そのため、そもそも保持している人が少ない「草コイン」のスプレッドは大きくなりやすくなります。

経済指標や重要なニュースが発表された場合

注目度の高い経済指標や重要なニュースが発表されると、仮想通貨のスプレッドは大きくなりやすいです。

特にFOMCなどが発表する金利に関する報告は仮想通貨市場に与える影響は大きく、スプレッドにも例外なく影響します。

そのため、米国が発表する経済指標や、各国の仮想通貨に対する規制などに関するニュースは逐一確認するようにするのがおすすめです。

スプレッドが変化しやすいタイミングを抑えた上で、コインチェックで口座開設し、取引の準備を進めましょう。

\ アプリダウンロード数No.1 /

仮想通貨のスプレッドに関するQ&A

スプレッドを抑えるためには、仮想通貨取引所を選ぶ以外にもやるべきことがあるということがわかりました。

ここからは、仮想通貨のスプレッドに関するみなさんの疑問にお答えしていきます。

通貨によってスプレッドが異なる理由は?

仮想通貨は、通貨によってスプレッドに大きく差が出ます。

一般的に、ビットコインのように取引量が多く流動性が高い通貨はスプレッドが狭く、取引量が少なく流動性の低い通貨は価格が不安定になりやすいためスプレッドが広く設定されます。

はじめの内は、スプレッドが狭く価格が安定しているビットコインなどの通貨で取引をするのがよいでしょう。

ただし仮想通貨取引所では、相場急変時にスプレッドを拡大させる場合があるため注意が必要です。

取引所によってスプレッドが異なる理由は?

仮想通貨は仮想通貨取引所単位で売買を成立させています。

仮想通貨取引所によって需要と供給のバランスが異なるため、仮想通貨取引所ごとにスプレッドが変動します。

今スプレッドが狭い取引所でも、一年後にはスプレッドが広くなっている可能性も十分あるので、定期的に取引所の見直しは必要だといえますね。

スプレッドの違いによって損益にどのくらいの差が出る?

仮想通貨のスプレッドは取引所や通貨、取引方法によって大きく差が出ます。

では、スプレッドによって一体どのくらいもうけに差がつくのでしょうか。

さきほどのビットコインのスプレッドを参考にすると、表中でもっとも狭いDMM Bitcoinが104,735 円、もっとも広いZaifが281,845円となっています。

もし2つの取引所で1ビットコインを売買すると、それだけで約177,110万円の差額が発生してしまいます。

ただ売買するだけでもスプレッドは発生してしまうため、取引所の選択はかなり重要だということがわかりますね。

スプレッドが広めのCoincheckが人気の理由は?

Coincheckは、他の取引所に比べてスプレッドが広く設定されています。

しかしCoincheckは取引所における手数料が無料となっているため、販売所でなく取引所を利用することでスプレッドを無くし、取引全体にかかる費用を低く抑えることができます。

また、手数料以外に、国内仮想通貨アプリでダウンロード数No.1の取引ツールの使いやすさやと独自サービスの多さなどから高い人気を誇っています。

まだ口座をお持ちでない方はこの機会にCoincheck公式サイトから口座を開設してみましょう。

\ アプリダウンロード数No.1 /

仮想通貨のスプレッド比較のまとめ

今回は、仮想通貨の取引時に発生するスプレッドについて解説してきました。

この記事のまとめ
  • スプレッドとは、購入価格と売却価格の差額
  • 仮想通貨の取引の際はスプレッドと取引手数料を考慮すべき
  • 取引所形式を利用することでコストを抑えて取引することができる
  • Coincheckは取引所形式の取引手数料が無料のため使いやすい

国内の仮想通貨取引所でも、スプレッドに大きな差があることがわかりましたね。

これから仮想通貨の取引をする際は、スプレッドなどの手数料を確認してコストを抑えた売買を心がけていきましょう。

また、スプレッドのない取引所形式での取引をするのであれば、取引手数料が無料のCoincheckが使いやすいです

この機会にぜひ口座を開設して、仮想通貨への投資を始めてみてはいかがでしょうか。

公式LINE

なお、Media Argo公式ラインでは仮想通貨に関する限定情報を配信中。

ぜひ友だち登録をしてみてください。

\ 5/31まで!200円のBTCゲット/

目次
閉じる