仮想通貨取引所は複数持つべき?最適な組み合わせと税金/確定申告について解説

仮想通貨を運用していると複数口座を所有する必要があるのか、疑問に思う方もいるでしょう。

結論からいうと複数口座は開設しておいた方がいいです。

リスク分散や、取引の幅を広げることに繋がり、トレーダーの方へのメリットは多々あります

この記事の要点
  • 仮想通貨取引所は複数口座を持っておこう
  • 複数口座持つことで、取引銘柄を増やせるなどのメリットがある
  • 複数口座を利用するならコインチェックDMMBitcoinの組み合わせがおすすめ
  • 両者を使うことで、現物取引とレバレッジ取引の両方を行うことができる
  • どちらも定番の取引所なので、是非この機会に口座開設してみよう
コインチェック

複数口座開設する上で、最もおすすめな取引所はコインチェックです。

アプリダウンロード数No1であり、スマホでも簡単に取引できます。

まだ口座をお持ちでない方はぜひこの機会に口座開設を済ませておきましょう。

\ アプリダウンロード数No.1 /

目次

複数の仮想通貨取引所で口座を持つメリット

複数の仮想通貨取引所で運用することはメリットが大きいです。

今回紹介するメリットは運用者にとって自己防衛や利益に大きく関わってくる部分になります。

このことを知ることによって複数の口座で運用することがどれだけ重要が分かることでしょう。

複数口座を持つメリット
  • 仮想通貨取引所によって扱っている銘柄が違うので沢山の種類が買える
  • 仮想通貨取引所の閉鎖リスクを分散できる
  • 仮想通貨によって分けて管理ができる
  • システム障害による機会損失を避けられる

詳しく複数運用することで得られる恩恵について解説していきます。

購入できる銘柄数が増える

仮想通貨取引所の口座を複数持っていた方がいい理由はその取引所でしか購入できない銘柄があるからです。

特に日本では仮想通貨に規制があるので置いていい銘柄数が限定されています。

日本で一番種類の多いコインチェックでさえ置いていない通貨を他の取引所が所有しているということはよくあることです。

例えば、仮想通貨のポルカドット(DOT)は日本でbitFlerGMOコインでしか取引されていません。

このため、コインチェックだけで仮想通貨取引を行っている人はポルカドットに投資ができません。

このような場合に対応するため、複数の取引所で口座を開設しておくことが大切です。

特にコインチェックでは、17種類もの仮想通貨が取り扱われているので、他の取引所ですでに口座をお持ちの方でも口座開設しておくことをおすすめします。

\ アプリダウンロード数No.1 /

仮想通貨取引所の閉鎖リスクを分散できる

仮想通貨に対する日本の規制は厳しく、 取引所が参入するには一定の審査があります

最近では、海外仮想通貨取引所であるBinanceが日本市場への参入を制限されました

1つの取引所が封鎖されても他の取引所で取引を継続することができるよう、複数の口座をもつことが重要です。

\ アプリダウンロード数No.1 /

仮想通貨によって分けて管理ができる

仮想通貨取引所は個々にその取引所でしか購入できないアルトコインが存在します。

そのコイン専用の口座として開設して運用という自分のあった形で取引をすることができるのが複数口座を持つということです。

例えばポルカドット専用やOMG専用の口座など多岐にわたって自分の管理を簡易化させることができます。

自分に合った形で口座を管理したいという方にとって、複数口座を持つことは特におすすめです。

システム障害による機会損失を避けられる

仮想通貨取引所では、極まれにシステム障害が発生して取引不能になることがあります。

このようなタイミングで価格が変動しても取引を進めることができません。

このような事態に対応するためにも、複数の取引所に口座を持っておくことは大切です。

特に、コインチェックは、取り扱い銘柄の多さや取引ツールの使いやすさによって、初心者でも非常に使いやすい取引所です。

まだ口座をお持ちでない方は、ぜひこの機会で口座開設を済ませておきましょう

\ アプリダウンロード数No.1 /

複数の仮想通貨取引所で口座を持つデメリット

仮想通貨取引所を複数口座開設することには、どのようなデメリットがあるのでしょうか。

複数j口座を持つことのデメリット
  • 確定申告の手間が増える
  • 複数の口座があるので仮想通貨の管理が煩雑である

こちらの2つについて、詳しく解説していきます。

確定申告の手間が増える

仮想通貨取引所を複数口座開設することによって、利益が一定額を超えると確定申告をする必要が出てきます。

ただしこれは、株式やFXで利益を上げている場合でも同じことが言えるので、大きなデメリットとして捉える必要はないでしょう。

仮想通貨の管理が煩雑である

複数の取引所で仮想通貨に投資しておくと、その管理が複雑になる可能性があります。

しかし、この問題は通貨ごとに管理する口座をまとめることで解決可能です。

たとえば、ビットコインはコインチェック・イーサリアムはGMOコインで投資する、といったように取引所ごとに仮想通貨を管理することができます。

概して、複数の取引所で口座を持っておくことに大きなデメリットはないでしょう。

それどころか、複数の口座を所持しておくことで取引の幅が広がったりリスクのマネジメントにつながるなどメリットはかなり大きいので、単一の口座で取引をしている方はぜひ複数口座で口座開設しておきましょう。

\ アプリダウンロード数No.1 /

【初心者向け】仮想通貨取引所のおすすめ複数組み合わせ

仮想通貨取引所の複数開設の組み合わせで相性がいい2社の取引所を紹介していきます。

初心者におすすめの使い分け方
  • 現物取引用→Coincheck(コインチェック)
  • レバレッジ取引用→DMMBitcoin(DMMビットコイン)

色々なサービスも充実しているので、是非2社とも口座開設しておきましょう。

コインチェック

コインチェック
仮想通貨取扱数販売所:16銘柄
取引所:5銘柄
最低取引金額販売所:500円〜
取引所:500円以上かつ0.005BTC以上
レバレッジ取引の有無なし
取引ツールスマホ あり
PC・ブラウザ あり
取引手数料販売所:無料(スプレッドあり)
取引所:無料
提供サービス(仮想通貨関連)仮想通貨積み立て
貸仮想通貨
大口OTC取引
NFT(ベータ版)
ステーキング
Coincheck電気/ガス
公式サイトコインチェック公式サイト
関連記事コインチェックの評判
コインチェックを選ぶポイント

メリット

  • 仮想通貨の銘柄数は業界でナンバーワン

仮想通貨の取引できる銘柄数はコインチェックでは17銘柄と業界でトップの取扱数です。

取引できる仮想通貨は以下の通りになります。

コインチェックで取引できる銘柄
  • ビットコイン(BTC)
  • イーサリアム(ETH)
  • イーサリアムクラシック(ETC)
  • リスク(LSK)
  • ネム(XEM)
  • ベーシックアテンショントークン(BAT)
  • リップル(XRP)
  • ビットコインキャッシュ(BCH)
  • IOST(IOST)
  • OMG(OMG)
  • ファクトム(FCT)
  • ライトコイン(LTC)
  • モナコイン(MONA)
  • クアンタム(QTUM)
  • エンジンコイン(ENJ)
  • ステラルーメン(XLM)
  • パレットトークン(PLT)

このうち5種類の通貨で現物取引も可能です。

  • 取引手数料は無料

コインチェックでは取引所と販売所がありますが取引所の手数料は無料になっています。

他の取引所と同じで指値と成行注文と逆指値注文が可能です。

  • 取引はいつでもスマホから利用が可能

取引はいつでもスマホからできます。

スマホから簡単に操作してコインを購入することができます。

デメリット

  • レバレッジをかけることができない

コインチェックではレバレッジをかけた取引はできません。

短期トレード中心の方はレバレッジがかけられないのが物足りなくなるかもしれません。

  • テクニカル分析ツールがスマホでは利用できない

コインチェックではスマホでのテクニカル分析はできません。

分析ツールを利用したい場合はPCからアクセスすれば利用することができます。

「トレードビュー」という分析ツールを採用しており、水平チャネルやトレンドラインなども引ける優秀なツールなので、トレードする際はPCで取引するのがおすすめです。

  • コインチェック独自サービス
コインチェック独自サービス一覧
  • Coincheckつみたて

月々1万円から自動で引き落としで仮想通貨を購入することができます。対象銘柄数は14銘柄です。

  • 貸仮想通貨

サービス対象銘柄は取扱銘柄全てで仮想通貨を貸付を行うことで利息を受け取ることができます。

  • 大口OTC取引

1000万円を超える大口取引で優遇された取引を行うことが可能です。

  • CoincheckNFT

コインチェックユーザー同士でデジタルアセットと仮想通貨を交換することが可能になるサービスです。

  • Coincheckでんき/ガス

電気とガスの決済をビットコインができることやポイントとして料金の数%をビットコインでもらうことができるサービスです。

コインチェックは独自のオリジナルサービスで顧客からの満足度が高く選ばれ、アプリダウンロード数No.1の実績です。

貸仮想通貨の導入で仮想通貨でインカムゲインを狙うこともできるので、長期投資で考えている方は利用してみるのもいいでしょう。

王道の取引所ですので、是非口座開設してみてください。

\ アプリダウンロード数No.1 /

DMMビットコイン

dmmbitcoin
仮想通貨取扱数販売所:×
取引所:現物6銘柄
レバレッジ:12銘柄
最低取引金額販売所:100円〜
取引所:0.0001BTC〜
レバレッジ取引の有無レバレッジ取引可能 2倍まで
取引ツールスマホ:あり
PC・ブラウザー:あり
取引手数料販売所:無料
取引所:無料
レバレッジ手数料 0.04%(ロールオーバー時発生)
提供サービス(仮想通貨関連)BitMatch注文
公式サイトDMMBitcoin公式サイト
関連記事DMMBitcoinの評判
DMMビットコインのポイント

メリット

  • 手数料は無料

DMMビットコインでは取引所では手数料はかかりません。

販売所ではコイン購入分のスプレッドはかかりますが、手数料は無料で購入することはできます。

3銘柄を取引できるのでそのコインが無料で売買できるのはかなりのメリットです。

  • レバレッジは2倍まで対応

DMMビットコインの一番のメリットはレバレッジをかけられる点。

取引ツールも使いやすく、初心者でも無理なく取引を行うことが可能です。

  • レバレッジ対象銘柄は日本最多

レバレッジの対象コインは日本最多の12銘柄です。

国内取引所でアルトコインのレバレッジ取引をするなら、DMM Bitcoin一択と言っても良いのではないでしょうか。

DMMビットコインでレバレッジ取引できる銘柄
  • ビットコイン(BTC)
  • イーサリアム(ETH)
  • リップル(XRP)
  • ビットコインキャッシュ(BCC)
  • イーサリアムクラシック(ETC)
  • OMG(OMG)
  • ベーシックアテンショントークン(BAT)
  • クアンタム(QTUM)
  • ネム(XEM)
  • モナコイン(MONA)
  • ライトコイン(LTC)
  • ステラルーメン(XLM)

デメリット

  • 取引所での銘柄数が少ない

メジャーな3銘柄の取引はできますがその他の銘柄はレバレッジをかけた取引でしか利用できません。

現物取引できる銘柄はビットコイン、イーサリアム、リップルの3銘柄を取り扱っています。

DMMビットコインは12銘柄の仮想通貨を販売していて取引所でも3銘柄を取引することができます。

レバレッジ取引可能な銘柄数が多く、レバレッジ取引用の口座として非常におすすめです。

初心者に向いている仮想通貨取引所なので是非コインチェックと合わせて口座を開設しましょう。

\ もれなく2000円プレゼント中! /

【中・上級者向け】仮想通貨取引所のおすすめ複数組み合わせ

中・上級者向けのサービスが充実している取引所を厳選しました

レバレッジ取引やレンディングサービスを使いながら、さらに効率よく仮想通貨を運用したいという人は口座開設を検討しましょう

GMOコイン

gmoコイン
仮想通貨取扱数販売所:14銘柄
取引所:7銘柄
レバレッジ:5銘柄
仮想通貨FX:10銘柄
最低取引金額販売所:254円〜
取引所:0.0001BTC〜
レバレッジ:0.01BTC〜
レバレッジ取引の有無レバレッジ取引可能 2倍まで
取引ツールスマホ:あり
PC・ブラウザ:あり
取引手数料販売所:無料
取引所:Maker -0.01% Taker 0.05%
レバレッジ:無料
仮想通貨FX:無料
提供サービス(仮想通貨関連)貸仮想通貨
仮想通貨FX
仮想通貨CFD
つみたて暗号資産
APIを使った自動売買
公式サイトGMOコイン公式サイト
関連記事GMOコインの評判
GMOコインのポイント

メリット

  • 貸仮想通貨サービスでインカムゲインを狙うことができる

このサービスは仮想通貨をGMOコインに貸付をすることで利息を得ることができるというサービスです。

利息は最大年率は3%で10万円程度から貸付を行うことができます。

貸し出し期間は1ヶ月〜3ヶ月で設定することができるので拘束期間を少なくすることも可能です。

現時点では利息は1ヶ月は1%、3ヶ月は3%で貸出を行うことができます。

  • 仮想通貨のレバレッジ手数料は無料

GMOコインのレバレッジ取引では手数料はかかりません。

仮想通貨FXのサービスも行っていますがこれも無料です。

レバレッジをかけることができる2つのサービスが手数料がかからないので手数料負けの心配がなく気兼ねなく取引を行うことができます。

デメリット

  • 取引停止がかかることがある

仮想通貨の下落が一定以上の幅になると取引規制により取引が停止状態になってしまいます。

これは株式投資でいうストップ安と同じなので一切の取引を一定の時間することができません。

この状態になってしまうと損切りなどの逃げの手段が取れなくなってしまうので注意が必要です。

GMOコインでは貸仮想通貨のようなインカムゲインを狙うことができるサービスや、仮想通貨FX・仮想通貨CFDのようなレバレッジをかけて取引をするサービスが充実しています。

FXもCFDも売りから入ることができるのでヘッジ目的で使うにはかなりおすすめです。

レバレッジをかけてお金を増やしたい人やリスクヘッジで利用したいという人はぜひ口座開設しましょう

\ 顧客満足度No.1! /

bitFlyer

ビットフライヤー
仮想通貨取扱数販売所:13銘柄
取引所:5銘柄
最低取引金額販売所:100円〜
取引所:0.001BTC
レバレッジ:0.01BTC
レバレッジ取引有無レバレッジ取引可能 2倍まで
FXなのでスワップあり
取引ツールスマホ:あり
PC・ブラウザー:あり
取引手数料販売所 無料(スプレッドあり)
取引所 約定数量×0.01〜0.15
提供サービス仮想通貨FX
ビットコインを使う
ビットコインをもらう
Tポイントとビットコインの交換
公式サイトビットフライヤー公式サイト
関連記事ビットフライヤーの評判
ビットフライヤーのポイント

メリット

  • ビットコイン取引量はナンバーワン

ビットフライヤーはビットコインの取引量が国内No.1です。

ビットコインの取引は100円からすることができ、少額から投資することが可能です。

  • ビットコインの仮想通貨FXが可能

仮想通貨FXはビットフライヤーの目玉となっているサービスです。

仮想通貨FXの手数料は無料なので取引を気兼ねなく取引することができるのでおすすめです。

  • ビットコインをもらうサービスはネットショッピングや商品契約でビットコインがもらえる

ビットフライヤーが提携しているサービスに契約もしくは購入することでビットコインを受け取ることができます。

クレジットカードの案件や旅行関係の案件などがあります。

簡単にビットコインを受け取ることができるのでおすすめのサービスです。

デメリット

  • レバレッジ取引可能銘柄数が少ない

レバレッジ取引が可能な銘柄数はビットフライヤーではビットコインのみで、イーサリアムなどのメジャーなアルトコインは取引できません。

ビットコインのレバレッジ取引をメインの口座にしているなら問題ありませんがもっと他のレバレッジ取引もしたいと考えているならもの足りなくなってしまいます。

  • サーバー負荷がかかっていて処理が遅い

アクティブユーザー数が多いためサーバーが度々重くなるのがネックです。

開くのにも時間がかかる時間帯があるのでその面はストレスです。

  • 独自サービス
独自サービス一覧
  • ビットコインをもらう

ビットフライヤーと提携しているサービスを利用もしくは契約することでビットコインを受け取ることができるサービスです。

  • ビットコインを使う

オンラインショッピングの際にビットコインで決済ができるサービスです。

  • ステーキングリワード

仮想通貨のリスク(LSK)を一定量保有することで報酬としてリスクを受け取ることができるです。

  • Tポイントとビットコインを交換

Tポイントを100ポイントからビットコインと交換できるサービスです。

ビットフライヤーはビットコインの取引量は業界ナンバーワンです。

仮想通貨の取扱数も13銘柄と、上場している銘柄も多いのでポートフォリオに多様性を持たせることができます。

まだ口座をお持ちでない方は、ぜひこの機会に口座開設しておきましょう。

また、コインチェックとビットフライヤーの比較記事も確認しておくことがおすすめです。

仮想通貨取引所で複数口座開設する際のよくある質問

仮想通貨取引きにも確定申告が必要

複数の取引所に口座開設することに不安がある方は、以下のよくある質問を見て悩みを払拭しましょう。

どれも重要な質問なので、口座開設をお考えの方はぜひ読んでおきましょう。

税金面で注意すべきタイミングは?

複数口座での運用で一番注意が必要なのは年またぎの時期です。

仮想通貨の確定申告では損益通算はできないため、翌年に損を引き継ぐことができないのです。

海外取引所は口座開設するべき?

結論からいうと海外口座は開設すべきではありません。

金融庁の認定を受けていない為、トラブルは全て自己責任となります。

サポートが不十分であったり、日本語が非対応であったりするなど、有名な取引所でもトラブルの発生可能性は十分に考えられます。

金融庁認可の国内仮想通貨取引所はセキュリティの面でも優れている点が多いです。

安心して仮想通貨を運用したいという方は、国内取引所のコインチェックなどで口座開設しておきましょう。

\ アプリダウンロード数No.1 /

海外仮想通貨取引所がおすすめできない理由を解説した記事も、是非ご覧ください。

仮想通貨取引所の口座を複数持つ際の税金・確定申告

複数の口座を持つ上で、確定申告の失敗はよくあることです。

ここでは確定申告で重要となってくる部分を解説していきます

仮想通貨取引で税金が発生するタイミング

仮想通貨取引の税金が発生のタイミングは利益が確定された時です。

仮想通貨取引の利益の税金区分は雑所得となります。

確定申告のやり方

仮想通貨取引所を複数口座開設している場合はその取引所ごとに計算をすることはできません。

仮想通貨取引所の全てを合算して申告しましょう。

仮想通貨の税金については、こちらで詳しく解説しています。

【まとめ】仮想通貨取引所は複数口座を持とう

仮想通貨の口座は複数持っておくと便利です。

この記事の要点
  • 仮想通貨取引所は複数口座を持っておこう
  • 複数口座持つことで、取引銘柄を増やせるなどのメリットがある
  • 複数口座を利用するならコインチェックDMMBitcoinの組み合わせがおすすめ
  • 両者を使うことで、現物取引とレバレッジ取引の両方を行うことができる
  • どちらも定番の取引所なので、是非この機会に口座開設してみよう

仮想通貨取引所には、それぞれの特徴や取り扱い銘柄があるため、複数口座開設しておいて使い分けることが大切です。

初心者におすすめの組み合わせは、現物取引用にコインチェック、レバレッジ取引用にDMMBitcoinです。

定番の取引所ですので、是非この機会に口座開設しておきましょう。

\ アプリダウンロード数No.1 /

目次
閉じる