【徹底比較】銅(Cupper)CFD取引におすすめの証券会社と投資方法を解説

2020年に新型コロナウイルスが流行したことをきっかけに、投資に挑戦する方が増えています。

投資に興味を持つ理由は人それぞれですが、最近は将来の生活資金の確保を目的として「投資」を選ぶ方が多いようです。

もし、これから投資を始めるのであれば、リスクを抑えて安定した運用ができる「分散投資」をしましょう。

今回は、そんな分散投資のひとつの手段として、銅のCFD取引に関する特徴について紹介していきます。

今回のまとめ
  • 銅(Cupper/COPPER)は貴金属の一種で、先物やCFD取引などで銅の相場に対して投資をすることができる
  • 銅相場のサイクルは他の貴金属にくらべると短いため、長期保有にはあまり向いていない
  • 世界的な「脱炭素化」への動きから、銅の需要は拡大傾向にある
  • CFD取引は、レバレッジをかけることで大きなリターンを狙える可能性がある

貴金属のCFD取引は、IG証券がおすすめです。

本口座の開設に踏み切れない方は、IG証券のデモトレード口座を開設し、投資のシュミレーションをしてみましょう。

IG証券では、貴金属投資以外にもさまざまな銘柄の投資に挑戦することもできるので、興味のある方はぜひチャレンジしてみてください。

\ 5万円もらえるキャンペーン中! /

Media Argo公式LINEでは、投資家のみなさまにとって有益な情報を随時配信していきます。

まだ友だち追加がお済みでない方は、この機会にぜひ無料で登録しておきましょう。

\ 7/31まで!200円のBTCゲット/

目次

銅(CUPPER)のCFDとは?

銅のCFDとは、コモディティ(商品)相場に投資をおこなうCFD取引の一種です。

CFD取引とは?

CFD取引(Contract For Difference/差金決済取引)とは、世界中の市場に上場されている株式や指数を利用し、銘柄の購入(売却)時と売却(購入)時の差額のみを決済する投資方法。

CFD取引のメリットとして、少額でもレバレッジをかけて大きなリターンを狙える点、売りポジションからエントリーできる点などがあげられます。

なお、差額のみの取引のため、現物の売買はおこないません。

CFDとは

電気抵抗率が低いという特徴を活かして、銅は自動車や送電線の素材として欠かせないものとなっています。

金や銀などの貴金属にくらべてCFD取引に対応している証券会社はまだまだ少ないですが、近年の価格上昇に目をつけた投資家によって需要が高まっている銘柄となっています。

IG証券のCFD取引であれば銅のような商品銘柄にも簡単に少ない資金からでも投資をすることが可能です。

まだ口座をお持ちでない方はこれを機に開設してみましょう。

\ 5万円もらえるキャンペーン中! /

銅(CUPPER)CFDの特徴

銅CFDの主な特徴は以下のとおりです。

銅(CUPPER)CFDの特徴
  • 世界中の景気動向を反映する
  • 他の貴金属に比べてサイクルが短い
  • 「スーパーサイクル」の影響で長期相場になる場合も

銅は、金・銀・プラチナなどの他の貴金属に比べて安価であることから、金属を使う多くの製品の素材として重宝されており、それが原因で一般的な貴金属の価格変動とは異なる特徴を多く有しています。

それでは、ひとつずつ確認していきましょう。

世界中の景気動向を反映する

銅は電気伝導率が高く、電気を通しやすい性質を持っており、金や銀に比べて安価であることからコストパフォーマンスの良い素材のひとつです。

具体的には、鍋や抗菌スポンジなどの日用品から車両や船舶の部品まで、とても多くの製品に銅が使用されています。

そんな銅の生産状況は、銅製品を生産している工場の稼働率によって変動するため、景気を表しやすいという特徴を持っています。

原油市場で言う「OPEC」のように、市場全体の生産量を調整する団体が存在しない点も、銅相場が市場景気を反映しやすい理由のひとつと言えるでしょう。

他の貴金属に比べてサイクルが短い

銅は、他の貴金属と比較して相場が転換するサイクルが異なるという特徴を持っています。

銅チャート
参照: Trading View

こちらは、銅の先物価格と金の先物価格の推移を比較した表になります。

物価の上昇が原因で、大まかにみるとどちらも取引開始直後と比較すると価格は上昇していますが、相場変動のサイクルはそれぞれ異なっていることがわかりますね。

金の相場は1970年以降、「10年上昇→20年下落」のサイクルを繰り返しており、相場が転換するまでの期間が非常に長くなっています。

それに対し銅は、上昇期が1~3年、下落期が5~8年と比較的短いスパンで相場が転換するという特徴があります。

下落相場の期間が上昇相場の期間の約2倍長くなっている点は、金と同じ特徴ですね。

「スーパーサイクル」の影響で長期相場になる場合も

先程、銅の相場転換のサイクルは短いと説明をしましたが、数十年に一度あるコモディティ相場の「スーパーサイクル」が発生した場合は、10年近く上昇相場が続く可能性が高いです。

直近では、2000年頃から2011年頃まで、中国の経済成長が理由でコモディティ相場の「スーパーサイクル」が発生しています。

中国の経済成長は、新型コロナウイルスの感染拡大などが原因で以前より緩やかになっており、すぐに銅相場が長期トレンドをとることはおそらく無いでしょう。

SBI証券によると、今後「スーパーサイクル」が起こる可能性が高いのは、経済成長が期待される「インド」や「アフリカ」の特需であるとのことです。

価格の高騰が期待できる銅に投資する方法としてIG証のCFD取引がおすすめです。

IG証券のCFD取引であれば少ない資金でも効率よく投資をすることが可能ですのでまだ口座をお持ちでない方はこれを機に口座を解説しましょう。

\ 5万円もらえるキャンペーン中! /

銅(CUPPER)のメリット

銅CFDのメリットには、次のものがあげられます。

銅(CUPPER)のメリット
  • 世界的な銅需要は拡大傾向
  • 供給量は伸び悩み
  • 中国市場の景気に影響を受けやすく、トレンドを予測しやすい

ひとつずつ確認していくと、投資初心者でも挑戦しやすいメリットが多いことがわかります。

今後の価格上昇も大いに期待できる銘柄であるため、今のうちにしっかり確認しておきましょう。

世界的な銅需要は拡大傾向

近年、地球温暖化対策として「脱炭素化」の動きが顕著です。

脱炭素化とは、二酸化炭素などの温室効果ガスの排出を抑えるための取り組みで、世界各国で化石燃料に頼らないエネルギー源を求めた環境インフラの再構築が進められています。

先進国では、既存の送電網の代わりに、ITを用いた送電効率が良い「スマートグリッド」を設置する計画も同時進行中。

銅は電気伝導率が高いことから発電・送電設備に多く用いられており、今後数十年にわたって需要が拡大していくことが予想されています。

供給量は伸び悩み

銅の需要拡大が予想されている中、供給量は伸び悩んでいます。

銅の主要生産国である南米では、現在も新型コロナウイルスが猛威を奮っており、その影響で銅を産出している鉱山の多くが操業停止の危機に陥っているのです。

脱炭素化に向けた需要拡大と、新型コロナウイルスによる供給不足が重なることで、銅の相場は高騰が続いています。

新型コロナウイルスの収束の目処はたっていないことから、銅相場の上昇は今後も続く可能性があります。

中国市場の景気に影響を受けやすく、トレンドを予測しやすい

現在、中国は銅の消費量シェアの50%以上を占めており、2000年代に発生した銅相場の長期上昇も中国の経済成長の影響を受けたと考えられています。

金や銀の場合、需要が世界各国に分散しているため相場の予想が立てづらいですが、銅の場合は中国の影響を色濃く受けるため、簡単にではありますが初心者でもトレンドを予測することが可能です。


Media Argo公式LINEでは銅などの商品銘柄の動向をはじめとする投資に役立つ最新の金融情報を随時お届けしています。

まだ友だち登録がお済みでない方はこれを機に登録してみましょう。

\ 7/31まで!200円のBTCゲット/

銅(CUPPER)のデメリット

他の貴金属と異なった価格変動をする銅ですが、投資の際のデメリットもいくつか紹介しておきましょう。

銅(CUPPER)のデメリット
  • 長期間投資をしてもリターンが少ないことがある
  • 下落相場の期間が長い

今回は、2つのデメリットについて解説します。

これらのデメリットは、CFD取引を活用することで対策が可能な場合もあるので、最後までしっかり確認しておくことをおすすめします。

長期間投資をしてもリターンが少ないことがある

銅の相場は金と比べて相場転換のサイクルが短いという特徴があります。

そのため、年単位でポジションを保有する「ポジショントレード」をおこなっても、トレンドが転換してしまい、思ったような収益があげられないかもしれません。

もし、貴金属投資でポジションを長期間保有したいのであれば、金への投資がおすすめです。

下落相場の期間が長い

銅相場は、上昇トレンドより下落トレンドの期間のほうが長いため、「買い」ポジションからエントリーするタイミングが少ない銘柄となっています。

仮に現物取引をおこなう場合は、この点はデメリットと言えるでしょう。

しかし、CFD取引は「売り」ポジションからもエントリーが可能です。

発展途上国の経済成長の影響を受けたコモディティ相場の「スーパーサイクル」が発生したタイミングを狙うのも、銅への投資で勝率をあげるひとつの手でしょう。

下落相場の際は、CFD取引に対応している証券会社で売りからエントリーするようにしてください。

銅のような商品銘柄への投資をお考えの方はIG証券のCFD取引がおすすめです。

IG証券のCFD取引ではレバレッジを効かせて取引を行うため、少ない資金からでも効率よく投資をすることが可能です。

まだ口座をお持ちでない方はこれを機に口座を開設してみましょう。

\ 5万円もらえるキャンペーン中! /

銅(CUPPER)CFDができる証券会社

ここまで銅のCFD投資における特徴について解説してきましたが、いかかだったでしょうか。

もし銅への投資に興味が出たら、実際に取り引きに挑戦してみましょう。

この項では、貴金属投資におすすめの証券会社として、IG証券GMOクリック証券を紹介していきます。

IG証券

ig-top
証券会社の名称IG証券
購入できる金融商品外国為替/個別株/株価指数/債券/ETFなど
取引方法CFD(FX含む)/オプション/先物ノックアウトオプション
公式サイトIG証券公式サイト
関連記事IG証券の評判
IG証券のおすすめポイント

レバレッジ取引で、少ない資金でも効率よく利益を狙える

CFD取引(差金決済取引)とは、株式などの現物を所有することなく、資産の価格が上昇または下降するかを予測して利益を狙う取引のことです。

現物を購入するわけではなく、証拠金を担保にしてポジション(建玉)を立てるので、IG証券の場合は最大で10倍までレバレッジを掛けることが可能です。

そのためIG証券なら、資金量が少ない方でも効率よく利益を狙えます。

CFD取引のデモトレードができる

ネット証券はデモトレード機能が備わっていないところも多いですが、IG証券ならCFD取引のデモトレードができます。

そのため投資未経験者でも、無理なく投資の仕組みや技術をデモによる実戦から学んでいくことが可能です。

IG証券ではデモトレード機能を利用して投資の練習ができるだけではなく、投資初心者のためのトレードを学ぶためのIGアカデミーというサービスもあります。

まずはデモトレード用の口座を解説し、本番に近い環境で「投資力」を鍛えてから実際の取引に臨むとより効果的な投資が可能になリマスのでまだ口座をお持ちでない方はこれを機に開設してみましょう。。

\ 5万円もらえるキャンペーン中! /

GMOクリック証券

GMOクリック証券CFD
証券会社の名称GMOクリック証券
購入できる金融商品外国為替/個別株/投資信託/ETF・ETN・REIT/債券など
取引方法現物/信用/CFD(FX含む)/オプション/先物
公式サイトGMOクリック証券公式サイト
関連記事GMOリック証券の評判
GMOクリック証券のおすすめポイント

充実の取引ツール

GMOクリック証券の魅力は「豊富な取引ツール」にあります。

株式取引専用のツールだけでも、PC・スマホあわせて4種類の取引ツールが用意されており、ユーザーは自身のレベルや使い勝手に応じてそれぞれのツールを使い分けることができます。

サポートは24時間体制で夜間のトラブルでも安心

GMOクリック証券のFX/CFD取引は、ユーザーのトラブルに24時間体制で対応しています。

「投資のやり方がわからない…」と不安を抱いている方にとって、おすすめできるポイントです。

GMOクリック証券は初心者にとっても使いやすい取引ツールがあるのに加え、投資の際の判断基準となりうるような企業分析ツールや銘柄診断などのツールも使うことができます。

これから投資を始めようとお考えの方で取引ツールやカスタマーサポートの充実度を重視される方はGMOクリック証券に口座を開設してみましょう。

銅(CUPPER)CFDに関するよくある質問

金融商品への投資がはじめての方はわからないことも多く不安が大きいでしょう。

ここでは、投資初心者が気になりそうな、銅へのCFD投資に対する疑問とその回答を用意しました。

銅への投資に関するよくある質問
  • 銅相場の変動要因にはどんなものがあるの?
  • CFD投資をおこなう際に注意すべきリスクは?
  • 獲得した利益には税金は発生するの?

実際に取り引きを開始する前に確認して、ぜひ参考にしてください。

銅相場の変動要因にはどんなものがあるの?

銅相場は基本的に需要と供給のバランスによって決定します。

大まかな相場の動きを確認したい場合は、銅の需要量・供給量がそれぞれ多い国の情報をチェックしてくだいさい。

銅の需要(消費)量が多い国・地域(2020年)※Cochilcoより引用
  1. 中華人民共和国:54.1%
  2. 欧州:14.5%
  3. アメリカ合衆国:7.1%
  4. 日本:3.8%
  5. インド:1.9%

銅の消費量シェアを確認してみると、その半分以上が中国で消費されていることがわかります。

世界的な銅の需要について知りたい場合は中国の情報をまずチェックしておきましょう。

銅の供給量が多い国・地域(2020年)※Cochilcoより引用
  1. チリ:28.4%
  2. ペルー:10.3%
  3. 中華人民共和国:8.2%
  4. コンゴ民主共和国:8.0%
  5. アメリカ合衆国:6.1%

銅の産出量の多くは、南米大陸に偏っていますね。

金やプラチナなどの貴金属の産出国のほとんどはアフリカの国々なので、これは大きな特徴と言えるでしょう。

CFD投資をおこなう際に注意すべきリスクは?

CFD投資のリスクには、以下のものがあげられます。

CFD取引によるおもなリスク
  • レバレッジをかけた場合、リターンが大きい代わりに損失額も大きくなってしまう
  • 市場レートが急変動した場合、証拠金以上の損失が出てしまうおそれがある
  • 株式投資で出た損益との損益通算ができない

CFD取引では、少額の証拠金を取引口座に入金することで何倍もの金額の銘柄を取引できる「レバレッジ取引」をおこなうことができます。

レバレッジ取引は「ハイリスク・ハイリターン」な取引方法となるので、はじめのうちは挑戦しない方がよいでしょう。

獲得した利益には税金は発生するの?

金融商品を売却して出た利益は、すべて雑所得として課税対象となります。

雑所得が合計で20万円を超えた場合は、確定申告をおこなう必要が出てくるため注意が必要です。

ただし、雑所得は損益通算が可能であるため、他投資で出した損失額とあわせて計算してみてください。

銅のCFD取引に関しての疑問が解消された方でこれから投資をお考えの方は、CFD取引世界NO.1の実績があるIG証券に口座を開設しましょう。

\ 5万円もらえるキャンペーン中! /

銅(CUPPER)のまとめ

今回は、銅のCFD取引について紹介しました。

今回のまとめ
  • 銅は貴金属の一種で、先物やCFD取引などで銅の相場に対して投資をすることができる
  • 銅相場のサイクルは他の貴金属にくらべると短いため、長期保有にはあまり向いていない
  • 世界的な「脱炭素化」への動きから、銅の需要は拡大傾向にある
  • CFD取引は、レバレッジをかけることで大きなリターンを狙えるが、リスクも大きいため初心者は避けたほうがよい

銅は、近年地球温暖化対策として「脱炭素化」の動きが加速していることから、送電線や発電施設の素材としてとても重要視されている貴金属です。

今後の価格上昇にも非常に期待がもてるので、今のうちに情報収集を入念におこなっておきましょう。

貴金属のCFD取引は、IG証券がおすすめです。

ig-top

IG証券ではデモトレード口座を開設し、投資のシュミレーションも可能なので投資初心者の方でも非常に使いやすいサービスとなっています。

IG証券はCFD取引背下にNo.1の実績があり、貴金属投資以外にも70銘柄以上の投資が可能ですのでこれを機にIG証券に口座を開設しましょう。

\ 5万円もらえるキャンペーン中! /

Media Argo公式LINEでは、投資家のみなさまにとって有益な情報を随時配信していきます。

まだ友だち追加がお済みでない方は、この機会にぜひ無料で登録しておきましょう。

\ 7/31まで!200円のBTCゲット/

目次
閉じる