【必見】デイトレードとは?やり方・始め方とおすすめの証券会社を紹介

デイトレードは、短期間で利益を上げる手法として個人投資家に人気があります。

相場が大きく動かない局面であっても、小さな利益を積み重ねることで大きな利益を上げることが可能になります。

投資の初心者でも、何度も売買を繰り返すデイトレードを始めることによって、株式投資そのものに慣れることができます。

今回は、デイトレードの特徴や始め方、おすすめの証券会社について解説していきます。

この記事でわかること

・デイトレードとは、購入した株式をその日のうちに決済する取引方法
・デイトレードのポイントは「銘柄選び」と「損切り・利食いのタイミング」
・メリットは取引時間外の出来事の影響を受けにくい点
・デメリットは取引コストが大きくなりやすい点
・デイトレードは向いている人と向いていない人がはっきりと分かれる
・デイトレードをするならIG証券がおすすめ

デイトレードを始める証券会社はIG証券がおすすめです。

IG証券のCFD取引はレバレッジを効かせて取引をするため、少額の資金からでもデイトレードに挑戦できます。

まだ口座をお持ちでない方は、ぜひこの機会にIG証券の口座開設を進めてみましょう。

\ 5万円もらえるキャンペーン中! /

目次

デイトレードとは?

デイトレードとは、株式を買ったその日のうちに同じ銘柄を売却することや、売りから入った注文をその日のうちに買い戻すことをいいます。

取引を翌日に持ち越さないことがデイトレードの特徴です。

1回の取引で大きく利益を狙うというよりは、小さな利益をコツコツと積み重ねていく取引方法のため、相場の動きをよく見ながらスピーディーに売買を行う必要があります。

デイトレードの特徴

デイトレードの特徴について以下で確認していきましょう。

銘柄選びがポイント

デイトレードを目的に株式投資を行う場合は、銘柄選びがポイントになります。

中長期で保有すれば株価上昇が期待できる優良株であっても、1日の値動きが大きくなければデイトレードには適していません。

その日のうちに売り買いを行う必要があるので、ある程度値動きしやすい銘柄の方が望ましいです。

また、CFD取引を行うことによって、値動きの小さい銘柄にもレバレッジをかけて値幅を大きくとることもできます。

時価総額の大きい大型株よりは、それほど時価総額の大きくない小型株の方が何か材料が出た場合の値動きが大きくなります。

あまりにも時価総額が小さすぎると、1日の売買高が小さいために売りたい時に売れない、という事態も発生しかねないので、ある程度の流動性を持っていることも重要です。

損切り・利食いのタイミングが重要

デイトレードの場合は、損を覚悟で決済する「損切り」のタイミングと、利益を確定させる「利食い」のタイミングが非常に重要です。

特に個人投資家は、損切りがなかなかできずにどんどん含み損が大きくなっていってしまう傾向にあります。

含み損

「○%損が出たら決済をする」、「○円を下回ったら反対売買を行う」というように、事前に自分でルールを決めておくことが大事です。

また、保有している銘柄が値上がりしている場合も、売却して初めて利益が確定します。

「もうちょっと保有し続けたらもっと上がるかも…」となかなか利益を確定できないのも問題です。

損切りのタイミングと同じように、事前で利食いのポイントを定めておくと取引がスムーズに行えます。

デイトレードでは一つの銘柄で大きく利益を上げるよりも、何度も利益を積み重ねていくことが重要だということを理解しておきましょう。

他の投資手法との比較

デイトレードは1日で取引を完結させる超短期売買ですが、デイトレード以外の取引方法についても確認しておきましょう。

デイトレード以外には、以下のような投資手法があります。

スイングトレード
中長期投資

スイングトレード

スイングトレード

スイングトレードは、数日〜1週間程度で取引を終える短期売買のことです。

市場全体の動きを見るというよりは、個別の企業の株価の動きを分析する「テクニカル分析」という方法を用いて投資を行うことが多いです。

中長期投資

中長期投資は、一定期間保有し続けることで利益を上げようとする投資手法のことです。

短期的な株価の値上がり・値下がりよりも、株式そのものの業績等に注目することが重要です。

中長期投資の場合は、株式市場全体においてその企業の状況がどうかを判断する「ファンダメンタル分析」が有効でしょう。

テクニカル分析とファンダメンタル分析

デイトレードを始める上で、取引コストであるスプレッドは非常に重要となります。

IG証券のスプレッドは業界最狭水準であり、使いやすい取引ツールで誰でも簡単にデイトレードを始めることができます。

\ 5万円もらえるキャンペーン中! /

デイトレードのメリット・デメリット

デイトレードにはメリットとデメリットの両面があります。

よく確認した上で、自分に合った取引手法を選びましょう。

デイトレードのメリット

デイトレードのメリットは以下の3点です。

デイトレードのメリット

・業績発表や経済統計発表による株価変動のリスクを下げられる
・短期間で効率良く資金を運用できる
・運用方法やマーケット環境にとっては少額からでも始められる

業績発表や経済統計発表による株価変動のリスクを下げられる

株価変動によるリスク

企業の決算発表や政府の経済関連発表は、その日の取引が終了したあとの時間で行われることがほとんどです。

そのため、決算発表の良し悪しによっては翌日の株価が大きく変動するということもあります。

デイトレードの場合は、その日のうちに取引を終了させているので、取引時間外の企業の動きの影響を受けるリスクを下げることができます。

短期間で効率良く資金を運用できる

デイトレードを行う場合は、小さな利益で決済し、1日で何度も取引を繰り返します。

少しの利益であっても売買を繰り返すことによって、効果的に資金を運用できます。

相場の動きによっては数秒単位で決済を行うこともあり、スピード感が重要です。

このように短い時間でも利益を生み出すことができる可能性があるのがデイトレードの魅力です。

運用方法やマーケット環境にとっては少額からでも始められる

デイトレードは小さな利益を積み重ねて一定の利益を上げる手法です。

そのため、少額からコツコツと投資を行うことも可能です。

しかし、手元の資金が少ないと一回の損失で自己資金の大半を失うリスクがあることや、大きな利益を上げるまでに時間がかかる可能性がある点には注意が必要です。

IG証券のCFD取引ではレバレッジをかけて取引ができるため、少額からの取引におすすめです。

\ 5万円もらえるキャンペーン中! /

デイトレードのデメリット

デイトレードのデメリットは以下の2点です。

デイトレードのデメリット

・日中相場に張り付いている必要がある
・取引手数料の影響をもろに受ける

日中相場に張り付いている必要がある

デイトレードは、平日の日中に売買のタイミングを図って取引を行うため、会社で働いている人には難しい部分もあります。

証券会社のサービスや取引手法によっては、通常の取引時間外に売買注文を出せる場合もあるので、よく確認しましょう。

また、取引ツールを使えば自動注文でデイトレードを行うこともできます。

事前に買いや売りのタイミングを指示しておくことで、取引時間内に注文執行してくれるツールもあるので、ご自身の状況に合わせて使ってみましょう。

取引手数料の影響をもろに受ける

デイトレードは1日に何度も取引する必要があるため、取引ごとに手数料が発生する場合は注意が必要です。

1日あたりの取引手数料が定額で決まっている証券会社や、取引手数料が格安の証券会社を選ぶと良いでしょう。

取引手数料がかかってしまうと、一回あたりの取引の利益分を手数料でほとんど持っていかれてしまう、ということにもなりかねません。

IG証券は各種の手数料が無料となっており、スプレッドも業界最狭水準となっていますので手数料でお悩みの方はぜひ口座開設しておきましょう。

\ 5万円もらえるキャンペーン中! /

デイトレードが向いている人

デイトレードは特徴的な取引手法なので、向き不向きがはっきりと分かれます。

まず、デイトレードに向いている人の特徴を紹介します。

平日昼間に株の動きを注視できる人

国内株の取引は以下の通り、平日の日中です。

前場:9時〜11時30分
後場:12時30分〜15時

そのため、取引時間内は保有している株の動きをよく確認し、動きによっては売買注文を速やかに発注する必要があります。

シフトの融通がきく人や、仕事中であってもスマホ等で株価をすぐに確認できるような人が向いているでしょう。

株価の動きを楽しめる人

デイトレードで利益を上げるためには、毎日何時間もチャートを見続ける必要があります。

また、相場は毎日大きく変わるので常に知識のアップデートを行う必要もあります。

数字を見るのが苦痛、という人やマーケットに全く関心がないという方は、デイトレードで安定的に利益を上げるのは難しいでしょう。

特に、大きく相場が下落して手元の資産がマイナスとなったときに、必要以上に思い詰めてしまう人はデイトレードも苦痛に感じてしまうと思います。

損が出た場合も割り切って淡々とトレードできる人の方が、精神的に安定しながらデイトレードを続けられるでしょう。

判断力がある人

デイトレードは少しの値上がり・値下がりにもすぐに対応する必要があります。

事前に売り買いのタイミングを決めておくこと以外にも、予期せぬ株価の乱高下にも落ち着いて素早く判断できることが重要です。

他の人のトレードを参考にすることも大事ですが、自分自身で自信を持って判断できないと利益を上げ続けることは難しいでしょう。

普段から判断力のある人は、デイトレードにおいても成長しやすいです。

\ 5万円もらえるキャンペーン中! /

デイトレードが向いていない人

反対に、デイトレードに向いていない人は以下の通りです。

ルールを守るのが苦手な人

デイトレードには、自分で決めたルールを守って実行し続けることが重要です。

利益確定ラインを定めたとしても、「まだラインに達していないけど売ってしまおうか」や「利益確定ラインは超えたけどまだ上がりそうだから手放したくないな」などと考えてしまう人は、投資スタイルの確立がしづらくなってしまいます。

大きな勝ち負けではどうしても感情が動いてしまいがちですが、その一瞬の感情に惑わされてルールを破らないことが重要です。

配当や株主優待目的で投資を行いたい人

配当金

デイトレードはその日のうちに取引を終了させてキャピタルゲインを狙う取引手法です。

そのため、配当や株主優待といったインカムゲインを狙う取引とは相性が悪くなります。

自分の投資目的を整理した上で、最適な取引方法を選びましょう。

デイトレードにおすすめの証券会社

デイトレードにおすすめの証券会社を紹介します。

証券会社IG証券LINE証券SBI証券松井証券GMOクリック証券楽天証券
手数料(取引ごと)日本株CFD:110円〜
米国株CFD:16.50ドル〜
株価指数CFD:無料
55〜1,070円55〜1,070円50〜930円(現物)55〜1,070円
手数料(1日定額)― 1日の約定代金100万円まで:0円
200万円まで:1,238円
300万円まで:1,691円
以降100万円増加ごとに:+295円
1日の約定代金50万円まで:0円
100万円まで:1,100円
200万円まで:2,200円
300万円まで:3,300円
以降100万円増加ごとに:+1,100円
1日の約定代金100万円まで:0円
200万円まで:1,238円
300万円まで:1,691円
以降100万円増加ごとに:+295円
1日の約定代金100万円まで:0円
200万円まで:2,200円
300万円まで:3,300円
以降100万円増加ごとに:+1,100円
外国株××
CFD×××
特徴・24時間取引可能
・個別株CFD約12,000銘柄
・LINE Pay対応
・1株数百円から取引できる「いちかぶ
・LINEポイントが使える
・ネット証券口座数No.1
・業界屈指の格安手数料
 ・1日の約定代金合計50万円までは取引手数料無料
・25歳以下は株式取引手数料無料
・FX取引高世界第1位*
・CFD取引手数料が無料
・取引ツールが高性能
 ・ポイント投資が可能
・CFD取引手数料が無料
・初心者向けの投資情報が豊富
口座開設IG証券の公式サイトLINE証券の公式サイトSBI証券の公式サイト松井証券の公式サイトGMOクリック証券の公式サイト楽天証券の公式サイト 
*ファイナンス・マグネイト社調べ2020年1月~2021年12月

IG証券

ig-top
名称IG証券
取り扱い銘柄株式CFD、株価指数CFD、FX、商品CFD等
取引手数料日本株CFD:110円〜
米国株CFD:16.50ドル〜
株式指数CFD:無料
商品CFD:無料
債券先物CFD:無料
特徴・24時間取引可能
・個別株CFD約12,000銘柄
公式HPIG証券の公式サイト
関連記事IG証券の評判

IG証券は、投資の初心者の方から投資経験のある方まで幅広い方におすすめの証券会社です。

24時間取引可能で、約12,000銘柄の株式を取り扱っています。

一株数百円〜取引可能で、レバレッジをかけて取引をすることで少額からでも大きな利益を狙うことができます。

また、売り取引もできるので下落相場であっても効率的に資産を運用できます。

\ 5万円もらえるキャンペーン中! /

LINE証券

LINE証券-トップページ-1
名称LINE証券
取り扱い銘柄国内株、投資信託、ETF
取引手数料55円〜1,070円
特徴・LINE Pay対応
・1株数百円から取引できる「いちかぶ」
・LINEポイントが使える
公式HPLINE証券の公式サイト
関連記事LINE証券の評判

LINE証券はスマホで手軽に取引するのにぴったりの証券会社です。

現物取引の他、信用取引やいちかぶ(単元未満株)といった取引方法を行うことができます。

普段使っているLINEのサービスと連携しているからこそ、手間をかけずに口座開設から取引まで行える点も魅力的です。

\ 最大5,000円プレゼント! /

SBI証券

SBI証券-公式ページ画像
名称SBI証券
取り扱い銘柄国内株、外国株、投資信託、ETF、先物・オプション、FX、債券
取引手数料スタンダードプラン:1注文ごとに55円〜
アクティブプラン:1日の約定代金100万円までは無料
特徴・ネット証券口座数No.1
・業界屈指の格安手数料
公式HPSBI証券の公式サイト
関連記事SBI証券の評判

SBI証券は国内株式の個人取引シェアNo.1の証券会社です。

業界屈指の格安手数料も特徴で、取引コストを押さえながら投資をすることができます。

無料のオンラインセミナーや機能が充実した取引アプリも提供されており、初心者でも安心して投資を始めることができます。

\ 国内株式個人取引シェアNo.1 /

松井証券

松井証券
名称松井証券
取り扱い銘柄国内株、投資信託、ETF
取引手数料1日の約定代金50万円までは0円
特徴・1日の約定代金合計50万円までは取引手数料無料
・25歳以下は株式取引手数料無料
公式HP松井証券の公式サイト

松井証券では、25歳以下の株式取引手数料が金額にかかわらず無料となっています。

年齢の若い人は松井証券で口座を解説しておくと良いでしょう。

ロボアドバイザーによる資産運用サポートも特徴的ですが、取扱商品の種類が他社に比べて少ないことがネックとなります。

GMOクリック証券

GMOクリック証券CFD
名称GMOクリック証券
取り扱い銘柄株式CFD、株価指数CFD、FX、商品CFD等
取引手数料CFD取引手数料:0円
現物取引手数料:
(1約定ごとプラン)50〜930円
(1日定額プラン)0円〜
特徴・FX取引高世界第1位*
・取引手数料が無料
・取引ツールが高性能
公式HPGMOクリック証券の公式サイト
関連記事GMOクリック証券の評判
*ファイナンス・マグネイト社調べ2020年1月~2021年12月

GMOクリック証券は、FXの取引高が世界No.1の証券会社です*。

CFD取引手数料は無料となっているためコストを抑えて取引をすることができます。

また、取引ツールが充実しているため、投資情報をしっかりと確認した上で投資を行いたい人におすすめです。

楽天証券

楽天証券
名称楽天証券
取り扱い銘柄国内株、外国株、ETF、投資信託、CFD
取引手数料超割コース:55円〜1,070円
いちにち定額コース:0円〜
特徴・ポイント投資が可能
・CFD取引手数料が無料
・初心者向けの投資情報が豊富
公式HP楽天証券の公式サイト 
関連記事楽天証券の評判

楽天証券は金融商品のラインナップが豊富な点が魅力的です。

また、楽天ポイントを使って株式や投資信託を購入することができるため、すでに楽天グループのサービスを使っている方には利用しやすい証券会社でしょう。

デイトレードの始め方

デイトレードの始め方について、IG証券でのCFD取引の始め方を例に紹介します。

口座を開設する

まず、IG証券の公式サイトより口座を開設します。

IG証券
申し込み手順

申込フォームの入力
本人確認書類のアップロード
取引口座の案内

入金する

口座開設が完了したら、取引に必要な金額を入金しましょう。

入金の方法は2種類あります。クイック入金

・クイック入金
・ベストレシーバー入金

クイック入金は、対象金融機関から入金手続きを行うと即時に取引システムに反映される入金方法です。

ベストレシーバー入金は、ユーザー一人ずつに紐づけられている専用振込先口座に入金する入金方法のことです。

自身の状況に合わせて最適な入金方法を選択しましょう。

銘柄を検索する

トレード画面に移動し、希望の商品の取引画面に切り替え、検索窓で銘柄名や銘柄コードを入力します。

IG証券 取引

購入したい銘柄を選択すると、画面上にチャートが表示されます。

発注する

「注文」をクリックすると、画面右側に注文を入力する画面が出てくるので、以下の手順に沿って注文してみましょう。

IG証券 取引
注文手順

①「買い」もしくは「売り」を選択
②注文方法と価格を入力
③ロット数や注文レート等を選択
④「注文確定」をクリック

取引に当たっての留意事項

CFD取引では「買い」注文を出すか、「売り」注文を出すかを選択することができます。

今後価格が上昇すると予想される場合→「買い」のポジションを保有
今後価格が下落すると予想される場合→「売り」のポジションを保有

IG証券のCFD取引では簡単にデイトレードが行えます。

いきなり取引をするのが怖いという方は、IG証券のデモトレード機能を使って取引を練習することもできます。

IG証券は初心者の方にも大変使いやすい証券会社となっていますのでこれからCFD取引でデイトレードを始めてみようとお考えの方はこれを機に口座を開設してみましょう。

\ 5万円もらえるキャンペーン中! /

デイトレードに関するよくある質問

デイトレードに関するよくある質問を以下にまとめました。

現物取引とCFD取引どちらがいいの?

CFD取引と現物取引

それぞれにメリット・デメリットがあるので、自分に合った方法を検討しましょう。

なるべくリスクを抑えた投資を行いたいのであれば、現物取引がおすすめです。

少額でレバレッジをかけて取引を行いたいのであれば、CFDがおすすめです。

CFD取引で売りポジションを保有すれば、相場の下落もうまくキャピタルゲインを得るチャンスとして生かすことができます。

CFD取引はIG証券で始めるのがよいでしょう。

デイトレードはいくらから始められるの?

現物株の取引であれば、安い銘柄は数万円から購入することができます。

銘柄によっては最低取引単位が数百万円といったものもあります。

ただし、数万円単位の現物株の取引では利益も薄くなるため、一定程度の利益を確保するためには時間と労力が必要になります。

一方、CFD取引であれば、一株数百円〜数千円程度で取引を行うことができます。

多額の資金を用意しなくても、レバレッジをかけて少額から投資を始められます。

CFD取引は世界で23万人以上が利用しているIG証券で行うのがおすすめです。

デイトレードにかかる税金は?

投資を行なったときに生じる利益に対して税金がかかります。

株を売却したことによって得た譲渡益は、「上場株式等の譲渡所得等」として税率20.315%の申告分離課税となります。

特定口座を開設すると、納税に関わる負担を軽減することができます。

デイトレードのまとめ

今回は、デイトレードの特徴や始め方、おすすめの証券会社について紹介しました。

この記事のまとめ

・デイトレードとは、購入した株式をその日のうちに決済する取引方法
・デイトレードのポイントは「銘柄選び」と「損切り・利食いのタイミング」
・デイトレードのメリットは取引時間外の出来事の影響を受けにくい点
・デイトレードのデメリットは取引コストが大きくなりやすい点
・デイトレードは向いている人と向いていない人がはっきりと分かれる
・デイトレードを行う証券会社を選ぶ際は、「取引手数料の安さ」や「ツールの使いやすさ」、「金融商品の豊富さ」に注目

CFD取引であれば、売りポジションを持つことで相場の下落にも対応することができます。

IG証券に口座をお持ちでない方は、ぜひこの機会に口座開設しておきましょう。

\ 5万円もらえるキャンペーン中! /

目次
閉じる