【一覧】NFT関連銘柄のおすすめ比較ランキング|選び方・将来性の高い仮想通貨は?

仮想通貨の中でも最近注目を集めているのがNFT関連の銘柄です。

NFT関連の仮想通貨は2021年に軒並み高騰したため、興味を持っている方も多いのではないでしょうか。

しかし、NFT関連銘柄は上場したばかりのものや、国内で取り扱いのないものも多く、情報が少ないというデメリットもあります。

そこで今回は、おすすめのNFT関連銘柄などについて、初心者の方にもわかりやすく解説していきます。

今回の記事の要点
  • NFTとは「非代替性トークン」のこと
  • NFTを用いてデジタルデータに資産価値を付与することが可能になった
  • NFT関連銘柄は時価総額やサービス内容に注目して選ぶのがおすすめ
  • 2021年にNFT関連銘柄の価格は急騰しており、将来性にも期待できる
  • NFT関連銘柄でおすすめはENJ(エンジンコイン)
  • ENJ(エンジンコイン)はCoincheckで取引するのがおすすめ

NFT関連銘柄に投資を行いたい人はCoincheckで口座開設をするのがおすすめです。

CoincheckではENJ(エンジンコイン)やSAND(サンド)の取引を行うことができるほか、国内で取り扱う仮想通貨の種類が17種類と最も多い規模で、今後も多くの仮想通貨が上昇する可能性の高い取引所です。

定番の取引所ですので、是非この機会に口座開設しておきましょう。

\ アプリダウンロード数No.1 /

公式LINE

なお、MediaArgoの公式LINEでは仮想通貨の最新情報を無料配信中。

NFT関連銘柄に関する情報もこちらで配信していますので、是非今のうちに登録してみてください。

\ 5/31まで!200円のBTCゲット/

目次

NFT関連銘柄・仮想通貨とは?

NFT関連銘柄というのは、NFTの売買などで利用できる特別な仮想通貨のことです。

そもそもNFTとは、非代替性トークンと呼ばれる他に取り替えの効かないトークンのことをいいます。

NFTとは

これまでのデジタルデータは簡単にコピーができてしまうため、資産としての価値がありませんでした。

例えば、デジタルなゲームやアートは、性質上コピーや改ざんが容易にできてしまうので、違法コピーを配布・販売してしまう悪質な業者などに悩まされていました。

しかし、仮想通貨で利用されているブロックチェーン技術を用いることにより、データがコピー・改ざんされても、それが偽物だと分かるようになりました。

NFTを利用すれば、これまで簡単にコピーされてしまっていたアート作品や音楽作品、ゲーム、マンガなどのデジタルデータに価値を見出すことができます。

つまり、NFTはデジタルデータの取引市場を開拓したとも言えるのです。

なお、NFT関連銘柄であるエンジンコイン(ENJ)はコインチェックで投資することができます。

\ アプリダウンロード数No.1 /

NFT関連銘柄の選び方

NFT関連銘柄の選び方については次の3つを意識しましょう。

NFT関連銘柄の選び方
  • NFT関連銘柄の特徴・サービス内容を調べる
  • 時価総額に注目する
  • 海外の価格予想を参考にする

それぞれの選び方について、詳しく確認していきましょう。

NFT関連銘柄の特徴・サービス内容を調べる

NFT関連銘柄と言っても、様々な種類の通貨があります。

各通貨が提供しているブロックチェーンなどの特徴やサービス内容を調べて将来性が見込めるものに投資を行うのが望ましいです。

例えば、NFT関連銘柄の中でも、ブロックチェーン上で様々なアプリケーションやゲームを開発できるものもあれば、特定のゲーム内で利用できる仮想通貨など、様々なものがあります。

NFTゲームであれば、そのゲームの特徴やユーザーからの人気度・斬新性などがあると価格上昇に期待が持てるでしょう。

ビッコレTVではNFTに関連する仮想通貨銘柄を動画でわかりやすく解説しておりますので、サクッとNFT銘柄の情報を手に入れたい方は一度見ておく事がおすすめです。

時価総額を調べる

仮想通貨のトレンドを確認する上で、重要な項目の一つが「時価総額」です。

時価総額は通貨の価格×売買量で表され、時価総額が高いほど取引量が多く、人気の仮想通貨であることがわかります。

取引量が多い、つまり需要が多い通貨となるため、価格の安定性が高く値上がりもしやすい通貨といえます。

逆に時価総額が低い通貨は取引量が少なく、流動性が低いといえます。

NFT関連銘柄はすでに数多くありますが、以上の理由からその中でも時価総額の高いものに注目して投資しましょう。

海外メディアの価格予想に注目する

NFT関連銘柄は国内で上場しているものが少ないため、日本では情報を得にくくなっています。

日本で上場しているNFT関連銘柄取り扱う国内取引所
ENJ(エンジンコイン)Coincheck
GMOコイン
XTZ(テゾス)GMOコイン
bitFlyer

今後、取り扱う銘柄が増える可能性は高いですが、日本国内で得られる情報量はそれほど変わらない可能性が高いため、海外メディアからの情報を積極的に取り入れるとよいでしょう。

また、海外の仮想通貨メディアではアルゴリズムによる価格予想や専門家による予想を見ることもできます

ただし、価格予想は絶対に正しいというものではないため、参考程度にとどめておくのが望ましいでしょう。

\ アプリダウンロード数No.1 /

NFT関連銘柄のおすすめランキング

NFT関連銘柄の特徴や選び方について解説しましたが、実際どのような銘柄があって、どれがおすすめかわからないという方も多いでしょう。

そこで、ここからはおすすめのNFT関連銘柄についてランキング形式でご紹介します。

まずは、今回ご紹介するものを以下の表にまとめました。

仮想通貨名価格
(2022年6
月現在)
時価総額
(2022年6月現在)
時価総額
ランキング
購入できる取引所
(国内)
ENJ
(エンジンコイン)
¥55.76¥49,930,538,69577位Coincheck
GMOコイン
XTZ
(テゾス)
¥175.90¥158,058,111,04738位bitFlyer
GMOコイン
SAND
(サンドボックス)
¥108.04¥135,419,026,81644位Coincheck
CHZ
(チリーズ)
¥11.95¥71,685,569,76365位
AXS¥1,735.33¥109,580,409,02949位
MANA
(マナ)
¥106.90¥197,686,381,97132位
FLOW
(フロー)
¥173.25¥179,526,578,21034位

ここからは、それぞれの仮想通貨の特徴や今後の将来性について解説していきます。

エンジンコイン(ENJ)

エンジンコイン
仮想通貨名エンジンコイン
シンボルENJ
発行上限1,000,000,000枚
価格(2022年6月現在)¥55.76
時価総額(2022年6月現在)¥49,930,538,695
時価総額ランキング77位
購入できる主な取引所Coincheck
GMOコイン
公式サイトENJ(エンジンコイン)公式サイト
関連記事エンジンコイン(ENJ)の今後

特徴

ENJ(エンジンコイン)は「Enjin Network」というユーザーがウェブサイトを作成したり、チャットをしたり、ゲームを作成したり、仮想アイテムを販売することができるソーシャルゲームプラットフォームです。

「Enjin Network」で提供されるプラットフォームの販売や、ゲーム内のアイテムの売買などにENJ(エンジンコイン)が用いられています。

また、国内でも取り扱いがある数少ないNFT関連の仮想通貨であり、CoincheckGMOコインで取引することができます。

Coincheckではつみたてで暗号資産を購入できるため、価格変動が激しい時でもリスクを抑えながら仮想通貨を購入することができます。

ENJ(エンジンコイン)に興味のある方はCoincheckの口座開設をしておきましょう。

\ アプリダウンロード数No.1 /

今後の予想

引用:TradingView

ENJ(エンジンコイン)は2021年3月から4月にかけて価格が急騰し、最高値は年初来30倍以上の価格になりました。

しかし、2021年5月にビットコインをはじめとする主要仮想通貨の暴落を受け、多くの通貨の価格が下落し、ENJ(エンジンコイン)も他の仮想通貨と同様に暴落しました。

下落トレンドは、7月頃まで続き、8月に入ってからは少しずつ価格が少々し1.5ドルを超えるようになりました。

2022年に入ると下落傾向が続き、1月末には1.5ドルを下回りましたが、2月からは回復の兆しを見せ始め2.0ドルを超えています。

今後、価格が戻る可能性は十分に期待できる銘柄であり、新たなブロックチェーンゲームの開発などに注目したい銘柄です。

エンジンコインにはコインチェックで投資できますので、口座開設がお済みでない方はぜひこの機会に申し込んでおきましょう。

\ アプリダウンロード数No.1 /

テゾス(XTZ)

テゾス
仮想通貨名テゾス
シンボルXTZ
発行上限100億枚
価格(2022年6月現在)¥175.90
時価総額(2022年6月現在)¥158,058,111,047
時価総額ランキング38位
購入できる主な取引所bitFlyer
GMOコイン
公式サイトテゾス(XTZ)公式サイト
関連記事 テゾス(XTZ)の今後

特徴

XTZ(テゾス)はスマートコントラクトや分散型アプリケーションでの利用に適したブロックチェーンプラットフォームです。

ブロックチェーンの特徴としてはイーサリアムに似ていますが、XTZ(テゾス)の場合はハードフォーク(通貨の分岐を伴うアップデート)が起こりません。

また、XTZ(テゾス)はステーキングができる通貨のため、保有しているだけでも新規発行時の報酬をもらうことができます。

フランスの中央銀行では、XTZ(テゾス)を利用したブロックチェーンの実験が行われており、ヨーロッパ圏から注目を集めている通貨です。

また、GMOコインbitFlyerでXTZ(テゾス)を購入できるため、この機会に口座開設してみてはいかがでしょうか。

今後の予想

引用:TradingView

XTZ(テゾス)の価格が上昇し始めたのは2020年の12月頃からです。

同時期に、GMOコインbitFlyerでXTZ(テゾス)の取り扱いが開始され、国内でも注目を集めるようになりました。

また、2021年4月にフランスの大手銀行であるソシエテ・ジェネラルが、テゾス(XTZ)のブロックチェーン上で500万ユーロ相当(約6億円)のセキュリティートークンを発行したというニュースが話題になり、価格が急騰しました

しかし、5月後半には仮想通貨全体が下げ相場となり、XTZ(テゾス)の価格も暴落しています。

2022年では1月末には2.5米ドル付近まで下落を見せましたが、2月からは好調に高騰を続け4.5米ドルを超えています。

テゾスはbitFlyerで取り扱いをしていますので、まだ口座をお持ちでない方は是非口座開設してみてください。

サンドボックス(SAND)

仮想通貨名サンドボックス
シンボルSAND
発行上限3,000,000,000枚
価格(2022年6月現在)¥108.04
時価総額(2022年6月現在)¥135,419,026,816
時価総額ランキング44位
購入できる主な取引所なし
公式サイトSAND(サンドボックス)公式サイト
関連記事SANDとは?

特徴

SNAD(サンドボックス)は「The Sandbox」というゲームで利用できる仮想通貨です。

「The Sandbox」は、ゲームのプレイヤーがメタバースと呼ばれる仮想空間の中で、ボクセルアートのアバターや建物などのアイテムやゲームを作成して遊ぶゲームです

「Minecraft」などのゲームに近いのですが、ゲーム内でプレイヤーが所有・作成する土地や建物をSAND(サンドボックス)で売買することができます。

「The Sandbox」では、ゲーム内に新たなゲームを作成することもでき、他のプレイヤーに作成したゲームをプレイしてもらうことで仮想通貨を稼ぐことができるのが特徴です。

今後の予想

引用:TradingView

SAND(サンドボックス)は2021年に入り価格が大きく上昇した銘柄です。

2021年1月の価格が0.037米ドルであったのに対して、3月にはおよそ0.8米ドルまで上昇しており、20倍近く急騰しました。

価格急騰の要因は次のものが考えられます。

SAND(サンドボックス)価格急騰の要因
  • NFT関連仮想通貨の注目度が一気に高まった
  • The Sandboxというゲームへの期待による価格急騰
  • 仮想通貨全体の価格上昇

ゲームの自由度は高く、期待が集まる一方で、価格が急騰しているということは、どこかで下落のタイミングが来る可能性があります。

実際、2021年5月下旬のビットコイン暴落を受け、SAND(サンドボックス)も一時暴落しました。

2021年11月には8.5米ドルに到達しましたが、2022年1には2.5米ドルまで下落しています。

2月に入ると順調に回復を見せており、NFT銘柄の中でも特に注目すべきでしょう。

2022年5月からCoincheckで購入することができるようになったので、公式サイトを確認しておきましょう。

\ アプリダウンロード数No.1 /

チリーズ(CHZ)

チリーズ
仮想通貨名チリーズ
シンボルCHZ
発行上限8,888,888,888枚
価格(2022年6月現在)¥11.95
時価総額(2022年6月現在)¥71,685,569,763
時価総額ランキング65位
購入できる主な取引所国内取引所での取り扱いはなし
公式サイトCHZ(チリーズ)公式サイト
関連記事 CHZ(チリーズ)の今後

特徴

CHZ(チリーズ)は、様々なスポーツクラブと連携し、プラットフォーム内で「ファントークン」を発行することができるプラットフォームおよび仮想通貨です。

現在では主にサッカーのクラブを中心に提携されていますが、バスケットボールや格闘技などのクラブでも利用できます。

「ファントークン」はクラブ内での投票権などに利用することもできますが、仮想通貨取引所に上場することもあり、通貨の売買を行うことも可能です。

特に、提携するクラブの増加や、提携しているファントークンの取引所上場はCHZ(チリーズ)の価格を上昇させる要因となります。

今後の予想

引用:TradingView

CHZ(チリーズ)は2021年3月に価格が急騰し、0.72米ドルまで上昇しました。

上昇率は驚異の約18倍となっていますが、要因としてはNFT関連銘柄の注目度が高まったことや仮想通貨全体の価格上昇が挙げられるでしょう。

2022年に入ると、仮想通貨市場全体の影響を受け0.17米ドルあたりまで下落しました。

現在は0.24米ドル程度まで回復しており、今後提携するスポーツクラブが増えることや、上場するファントークンが増えることで、価格上昇の可能性がある銘柄です

NFT関連の仮想通貨の中でも通貨の利用用途が限定的ではありますが、スポーツクラブと提携した仮想通貨という独自性に期待が持てます。

NFT関連銘柄として、コインチェックなどの国内取引所への上場も期待されています。

\ アプリダウンロード数No.1 /

AXS

仮想通貨名AXS
シンボルAXS
発行上限270,000,000枚
価格(2022年6月現在)¥1,735.33
時価総額(2022年6月現在)¥109,580,409,029
時価総額ランキング49位
購入できる主な取引所国内取引所での取り扱いはなし
公式サイトAXS公式サイト
関連記事 AXSの今後

特徴

AXSはNFTゲームである「アクシーインフィニティ」内で利用することができる仮想通貨です。

アクシーインフィニティはキャラクターを育成・対戦させるゲームなのですが、対戦の報酬で仮想通貨のAXSがもらえたり、通貨を利用してキャラクターを売買することもできます。

稼いだAXSは仮想通貨取引所を利用することで日本円に替えることができるため、つまりは「アクシーインフィニティ」をプレイしてお金を稼ぐことが可能です。

今後の予想

引用:TradingView

AXSは2021年に価格が急騰した銘柄です。

ゲームをプレイして仮想通貨を稼ぐことができるという斬新性や今後の将来性に投資家たちの期待が集まり、一時は年初来290倍以上の価格上昇となりました

2021年末には、仮想通貨市場の下落傾向の影響を強く受てしまい、2022年1月には50ドルを下回るまで下落しました。

2月からは徐々に回復傾向を見せ始めており、今後は2021年のような高騰を見せるかもしれません。

マナ(MANA)

仮想通貨名マナ
シンボルMANA
発行上限
価格(2022年6月現在)¥106.90
時価総額(2022月6月現在)¥197,686,381,971
時価総額ランキング32位
購入できる主な取引所国内取引所での取り扱いはなし
公式サイトDecentraland(MANA)公式サイト
関連記事Decentraland(MANA)の今後

特徴

MANA(マナ)はDecentralandと呼ばれるVR上のプラットフォームで利用できる仮想通貨です

Decentralandでは、ブロックチェーンを使って3D仮想世界の構築を目指しており、現実の世界と同様に経済活動を行うことができます。

例えば、保有している土地を売買したり、仮想空間上で利用できるアイテムを売買することで、仮想通貨を得ることができます。

また、VRは世界的にも注目度の高い技術で、まだまだ発展途上ではありますが、今後の価格上昇に期待が持てる銘柄です。

今後の予想

引用:TradingView

MANA(マナ)は2021年に入るまでは、0.1米ドル以下の価格で推移していましたが、2021年に入り価格が上昇しました。

MANA(マナ)の価格が上昇した要因として大きいのがNFTが注目されるようになったということです。

ただ、その後2021年末から2022年1月末にかけては下落傾向が続き、2.0米ドルあたりまで価格を落としました。

2022年2月からは徐々に価格が急騰し、現在は3.0~3.5米ドルあたりの価格帯で推移しています

今後のDecentralandのアップデート内容やVR技術の発展次第では、高騰傾向は続いていく可能性があります。

フロー(FLOW)

FLOW 仮想通貨
仮想通貨名フロー
シンボルFLOW
発行上限1,344,157,523枚
価格(2022年6月現在)¥173.25
時価総額(2022年6月現在)¥179,526,578,210
時価総額ランキング34位
購入できる主な取引所国内取引所での取り扱いはなし
公式サイトFLOW(フロー)公式サイト
関連記事FLOW(フロウ)の今後

特徴

FLOW(フロー)は、高速・分散型の開発者向けブロックチェーンです

FLOWのブロックチェーンを利用してアプリケーションやゲーム、デジタルシステムを開発することができます。

従来のブロックチェーン上のアプリケーションはETH(イーサリアム)のブロックチェーンを介して開発されていましたが、より手数料(ガス代)を抑えて、高速処理ができるように作られたのがFLOW(フロー)になります。

今後の予想

引用:TradingView

FLOW(フロー)は2021年3月頃に価格が急騰し、一時40米ドル付近にまで近づきました。

2021年3月の急騰の要因については、NFT関連の仮想通貨全体の価格が上昇したことが挙げられます

一方で、ビットコインをはじめとする主要仮想通貨が2021年5月に暴落したことを受け、FLOW(フロー)の価格も急落しました。

2021年末から2022年にかけては他銘柄と同様に下落傾向を見せ、1月末には5.0米ドルを下回りました。

現在は着実な高騰傾向を見せており、価格は8.0米ドルあたりまで回復しています。

今後のNFT市場の盛り上がりによって価格が再度上昇するチャンスはあるでしょう。

公式LINE

なお、MediaArgoの公式LINEでは仮想通貨の最新情報を無料配信中。

NFT関連銘柄に関する情報もこちらで配信していますので、是非今のうちに登録してみてください。

\ 5/31まで!200円のBTCゲット/

NFT関連銘柄に投資できる取引所

ここでは、国内でNF関連銘柄に投資できるおすすめの取引所を紹介します。

併せて、おすすめ仮想通貨取引所の記事もご覧ください。

Coincheck

コインチェック
提供サービスCoincheck
現物取引(銘柄数)販売所形式:○(16銘柄)
取引所形式:○(5銘柄)
レバレッジ取引(銘柄数)×
最小発注数量
(ビットコインの場合)
販売所形式:500円以上
取引所形式:0.005BTC以上、かつ500円以上
取引手数料
(ビットコインの場合)
販売所形式:0円(スプレッドあり)
取引所形式:0円
取引ツールパソコン・ネットブラウザ:○
スマホアプリ:○
その他取扱いサービス・Coincheckつみたて
・貸し仮想通貨
・大口OTC取引
・Coincheckでんき
・Coincheckガス
公式サイトCoincheck公式サイト
特徴
  • 取引所取引の手数料が無料!
  • 17種類の仮想通貨に対応!
  • 貸し暗号資産や積立販売にも対応!

Coincheckは取り扱う通貨が17種類と、国内で最大規模であり、ほとんどの人が利用しやすい取引所です。

NFT関連銘柄であるエンジンコイン(ENJ)やSAND(サンド)に投資することができます。

取引所の取引手数料も無料のため、コストを抑えながら取引することもできます

仮想通貨の手数料の比較記事も、併せてご覧ください。

また、利用できるサービスも豊富であり、貸し暗号資産やつみたて暗号資産、電気、ガスなどのサービスが利用できます。

手数料、サービス、通貨の種類などが充実している取引所であり、多くの方にオススメです。

非常に定番の取引所ですので、是非この機会に口座開設してみてください。

\ アプリダウンロード数No.1 /

DMM Bitcoin

dmmbitcoin
提供サービスDMM Bitcoin
現物取引(銘柄数)販売所形式:○(12銘柄)
取引所形式:×
レバレッジ取引(銘柄数)○(23銘柄)
最小発注数量
(ビットコインの場合)
販売所形式:0.0001BTC
レバレッジ取引:0.01BTC
取引手数料
(ビットコインの場合)
 販売所形式:無料(スプレッドあり)
レバレッジ取引:無料(スプレッド、レバレッジ手数料あり)
※BitMatch注文を除く
取引ツールパソコン・ネットブラウザ:○
スマホアプリ:○
その他取扱いサービスBitMatch注文
公式サイトDMM Bitcoin公式サイト
特徴
  • アルトコインにレバレッジをかけて取引できる!
  • キャンペーンがお得!

DMM Bitcoinは、NFT関連銘柄であるテゾスとエンジンコインにレバレッジをかけて取引することができます。

レバレッジ手数料も1日あたり0.04%と低く抑えられているので、取引コストを低くしたいという方にもおすすめです。

さらにDMM Bitcoinでは、現在新規口座開設で2000円のキャッシュバック*が受け取れるキャンペーンが実施されていますので、まだ口座をお持ちでない方はぜひこの機会に無料で口座開設しておきましょう。

*2022年4月1日(金)7時00分~2022年8月1日(月)6時59分

\ もれなく2000円プレゼント中! /

bitFlyer

ビットフライヤー
提供サービスbitFlyer
現物取引(銘柄数)販売所形式:○(15銘柄)
取引所形式:○(6銘柄)
レバレッジ取引(銘柄数)
○(ビットコインのみ)
最小発注数量
(ビットコインの場合)
販売所形式:0.00000001BTC
取引所形式:0.001BTC
レバレッジ取引:0.01BTC
取引手数料
(ビットコインの場合)
販売所形式:無料(スプレッドあり)
取引所形式:約定数量×0.01~0.15%(前月の取引量に応じて変動)
レバレッジ取引:無料(スワップ手数料あり)
取引ツールパソコン・ネットブラウザ:○
スマホアプリ:○
その他取扱いサービスステーキングリワードサービス
ビットコインをもらう!
ビットコインをつかう
Tポイントとビットコインの交換サービス
公式サイトbitFlyer公式サイト
特徴
  • bitFlyerLightningでレバレッジをかけた取引ができる!
  • キャンペーンが充実!

bitFlyerはNFT銘柄であるテゾス(XTZ)に投資することができます。

bitFlyerLightning」では最大2倍のレバレッジ取引が行えるため、大きなリターンを得たい方にとって効率的な取引ができます。

また、口座開設キャンペーンや新通貨の取り扱い開始時に開催されるキャンペーンなどがあり、お得に取引を始めることができるのも魅力です。

NFT関連銘柄の将来性・今後の予想

NFT関連銘柄の将来性・今後の予想としては次の3つのポイントが挙げられます。

NFT関連銘柄の今後の価格上昇の要因
  • NFT分野の発展
  • 取り扱う取引所の増加
  • NFTの取引の活発化

それぞれのポイントについて、詳しく解説していきます。

NFT分野の発展

NFTという技術はまだまだ発展途上の最中で現在注目を集めている段階です。

現状では、サービスの斬新性から、今後の期待が高いということでNFT関連銘柄の価格が上昇しているだけなのです。

実際にNFTの取引が活発になった際に、問題点が発生する可能性も考えられます。

また、ブロックチェーンの技術自体もまだまだ発展途上であるため、現状のブロックチェーンを用いて取引されているNFTも、別のブロックチェーン技術が台頭した際に取って代わる可能性があります。

既存のNFT関連通貨についても、アップデートを続けており、アップデートの内容によって価格が上昇することは考えられるでしょう。

取り扱う取引所の増加

仮想通貨取引所 増加

NFT関連銘柄は、比較的新しい仮想通貨であるため、上場している取引所が少ない場合があります。

日本でもENJ(エンジンコイン)、XTZ(テゾス)、SAND(サンド)を取り扱ってはいますが、他のNFT銘柄はまだ上場されていないので取引できる仮想通貨が少ない状況です。

そのため、将来性が期待できる通貨であっても上場している取引所が少ないため、時価総額が低く、価格が上がっていないものもあります。

今後、取り扱う取引所が増えることでNFT関連銘柄の仮想通貨の価格が上がる可能性は高いでしょう。

NFTの取引が活発化

NFTは2021年に入ってから注目され始めたため、まだまだ価格が上昇する可能性があります。

NFT関連銘柄の仮想通貨の価格を支える基盤となるのが、元となるNFTの取引量です。

例えば、NFTゲームであれば、ユーザーが増えるほどNFTゲーム内の取引が増えるため、通貨の取引が活発化されます。

このように、NFT関連銘柄の仮想通貨で取引されるNFTが活発化されることで、価格にプラスの影響を与えます。

\ アプリダウンロード数No.1 /

NFT関連銘柄の注意点

NFT関連銘柄に投資を行う際には次の点に注意が必要です。

NFT関連銘柄の注意点
  • 価格が急騰している場合の購入タイミングに注意する
  • ガス代の高騰に注意する

価格が急騰している場合の購入タイミングに注意する

NFT関連銘柄は2021年に入り大きく注目を集めた銘柄が多数です。

2021年末から2022年1月頃にかけては急激な下落を見せ、2月から回復傾向で推移しています。

回復傾向はしばらく続く場合があり、2021年時点よりも高い価格まで高騰する銘柄もあるでしょう。

ただ、2021年末に見せたような急激な下落を繰り返す場合もあります。

高騰する可能性もありますが、大きなリスクも抱えており、ハイリスクハイリターンな投資先であることは理解しておきましょう。

ガス代に注意する

イーサリアムのガス代

NFTの取引が活発化されたことで、ガス代が高騰したというデメリットがあります。

ガス代とはイーサリアムブロックチェーン上で特定の操作を実行するために必要な演算量を測る単位のことをいいます。

イーサリアムブロックチェーン上の動きが活発になるにつれ、イーサリアムのガス代は高騰し、トランザクションのタイプに応じて、手数料は数ドルから数百ドル相当まで幅広く分布します。

多くのNFT銘柄はイーサリアムのブロックチェーンを用いているため、ガス代が膨らむことでコスト高となってしまいます。

現在、NFTマーケットプレイスのOpenSeaがガス代排除に向けて取り組みを進めていますが、現状のガス代は高い点に注意が必要です。

\ アプリダウンロード数No.1 /

NFT関連銘柄に関するよくある質問

NFT関連の仮想通貨に投資したいけど、わからないことが多いという方もいるのではないでしょうか。

ここでは、NFT関連銘柄に関するよくある質問についてまとめました。

NFT関連銘柄はどこで取引できる?

NFT関連銘柄は現状、海外の取引所を中心に取引することができます。

しかし、日本でもCoincheckGMOコインでいくつか取引を行うことが可能です。

日本で上場しているNFT関連銘柄取り扱う国内取引所
ENJ(エンジンコイン)Coincheck
GMOコイン
XTZ(テゾス)GMOコイン
bitFlyer
SAND(サンド)Coincheck

Coincheck取り扱う仮想通貨の種類が17種類と国内最大規模で、今後も様々な通貨が上場することが期待されます。

NFT関連銘柄や仮想通貨全体に投資を行いたい方はCoincheckの口座開設をしておきましょう。

\ アプリダウンロード数No.1 /

NFTに将来性はある?

NFT関連銘柄は2021年以降に大きく注目を集めており、今後にも高い期待がなされています。

また仮想通貨だけでなく、NFTそのものの市場も活発化している傾向にあり、多くの著名人がNFTの売買を行って話題を集めました。

著名人のNFT取引状況
  • Twitter創業者のジャック・ドーシー氏が出品した自身の初ツイートが約3億円で落札された
  • テスラのイーロン・マスク氏が出品した音楽作品が約1億円の価格となった

今後も様々な著名人がNFT市場に参入することが予想でき、取引が活発化するにつれてNFT関連銘柄の価格も上昇していくことでしょう。

NFT関連銘柄の魅力は?

NFT関連銘柄の魅力には次の2つがあります。

NFT関連銘柄の魅力
  • NFTが現在注目されており、今後取引が活発になることが予想される
  • 自分でNFTを販売して仮想通貨を稼ぐことができる
NFTの2次売買

上記のように、投資の側面から見てもメリットはありますが、自分でNFTを販売して仮想通貨を稼ぐことができるというメリットも大きいです。

NFTはデジタルアートや音楽などの芸術性のある作品だけでなく、ゲーム内のアイテムやコンテンツを販売することもできます。

そのため海外では、NFTゲームをプレイして稼いだお金で日々生活しているという方もおり、今後も発展する分野であることが予想されます。

NFT関連銘柄のおすすめまとめ

今回は、NFT関連銘柄について解説しました。

今回の記事のまとめ
  • NFTとは「非代替性トークン」のこと
  • NFTを用いてデジタルデータに資産価値を付与することが可能になった
  • NFT関連銘柄は時価総額やサービス内容に注目して選ぶのがおすすめ
  • 2021年にNFT関連銘柄の価格は急騰しており、2022年以降の値動きにも期待できる
  • NFT関連銘柄でおすすめはENJ(エンジンコイン)
  • ENJ(エンジンコイン)はCoincheckで取引するのがおすすめ

NFT関連銘柄は2021以降に一気に注目を集めており、将来性にも期待を寄せられています。

今後の価格上昇に向けてNFT関連銘柄を保有しておきたい方は、今のうちにそれらを購入しておきましょう。

また、CoincheckではNFT関連銘柄のENJ(エンジンコイン)やSAND(サンド)の取引を行うことができますので、この機会に口座開設してみてはいかがでしょうか

\ アプリダウンロード数No.1 /

公式LINE

なお、MediaArgoの公式LINEでは仮想通貨の最新情報を無料配信中。

NFT関連銘柄に関する情報もこちらで配信していますので、是非今のうちに登録してみてください。

\ 5/31まで!200円のBTCゲット/

あわせて読みたい
目次
閉じる