IOSTとは?今後の予想・見通しや買い時、将来性を徹底解説!【2021年10月】

最近はビットコインETFで仮想通貨市場全体が盛り上がっているように見受けられます。

IOSTはビットコイン、イーサリアムに次ぐ第3世代のブロックチェーンとして多くの投資家から期待を寄せられています。

また2020年9月にCoincheckに国内取引所では初めて上場した際は、日本でも大きな話題になりました。

今回は、IOSTの特徴や今後の見通しなどを解説していきます。

この記事の要点
  • IOSTはDappsなどのブロックチェーンを活用したサービスの普及を目指す仮想通貨
  • ビットコインやイーサリアムなどよりも、高い処理速度を実現している
  • 短期的にはまだ下げる可能性があるものの、長期的にはポジティブな予想がされている
  • IOSTを取引できる国内取引所はCoincheckOKCoinJapanだけ
  • コインチェックでは、500円からIOSTに投資できる

CoincheckはIOSTを販売所形式で取引できる唯一の国内取引所です

約500円から投資可能なので、少額からIOSTに投資を始めることができます。

この機会にCoincheck公式サイトから口座を開設しておきましょう。

\ アプリダウンロード数No.1 /

公式LINE

なお、当サイトMedia Argoの公式LINEで随時、仮想通貨の限定情報や最新情報を配信中。

IOSTに関する限定情報も無料配信していますので、是非LINE登録してみてください。

\ 10/31まで!100円のBTCゲット/

目次

【2021年10月】IOST現在の価格推移や相場動向

IOSTの2021年10月までの価格推移を見てみましょう。

下の画像は2021年1月から10月までのIOST/USDチャートです。

引用:Trading View

2021年10月現在のIOSTは9月ほどではないものの、高値を維持しています。

今後、9月の水準まで価格が戻ると考えるのであれば、少し落ち着いている今は買い時ということができるでしょう。

ちなみに、5月に価格が下落していますが、下落基調は以下のような情報が原因となっていました。

  • 米電気自動車メーカー「テスラ」のCEOイーロンマスク氏が、twitter上で仮想通貨に対する否定的な意見を発信
  • 中国が仮想通貨に対する法規制の強化を発表

その後、イーロンマスク氏が仮想通貨に対してポジティブな意見を発信したことなどをきっかけに、8月からは再び仮想通貨市場全体が盛り上がり始めました。

なお、IOSTを販売所形式で購入できる国内仮想通貨取引所はCoincheckのみですので、この機会にCoincheck公式サイトから口座を開設しておきましょう。

\ アプリダウンロード数No.1 /

  • IOSTを投資している人の口コミ

実際にIOSTへの投資を行なっている、人の口コミを見ていきましょう。

仮想通貨急落している中iost上昇中! ガンバレ

Twitter

8円、9円難なく越えてきましたね

さあ、10円も超えていこうか!!

Twitter

仮想通貨(暗号資産)のIOSTを買っておけばよかった

Twitter

まさにIOSTは過去最高値を越えようとしています。

IOSTはコインチェックで購入することができますので、ぜひこの機会を逃さないように口座開設しておきましょう。

\ アプリダウンロード数No.1 /

IOST(アイオーエスティー)とは?

IOST
通貨名IOST(アイオーエスティー)
※正式名称:Internet of service token
シンボルIOST
価格(2021年10月時点)5.94円
時価総額(2021年10月時点)107,434,986,716円
時価総額ランキング(2021年10月時点)92位
購入できる取引所CoincheckOKCoinJapan

\ アプリダウンロード数No.1 /

Dapps(分散型アプリケーション)の開発プラットフォーム

IOSTは2018年1月にシンガポールのIOST財団によってつくられた、ブロックチェーンを活用したサービスの普及を目的としている仮想通貨です。

IOSTはDapps(分散型アプリケーション)を開発できるブロックチェーンプラットフォームです。

また、IOSTは「第3世代のパブリックブロックチェーン」であるとも言われています。

第1世代はビットコイン、第2世代はイーサリアム、第3世代であるIOSTはビットコインやイーサリアムが抱えていたスケーラビリティ問題などを解決し、ブロックチェーン技術やDappsが広く使われるようになることを目指しています。

またIOSTは、Dappsを開発するためのプログラム言語にすでに広く利用されているメジャーな言語「JavaScript」を採用しており、多くのエンジニアが開発に参入できるようになっています。

PoB(Proof of Believability)を採用

PoB

IOSTではコンセンサスアルゴリズムに、独自の方式であるPoB(Proof of Believability)を採用しています。

ビットコインやイーサリアムは現在PoW(Proof of Work)を採用していますが、これは不正がされにくいというメリットがある一方で、複雑な演算を要するため処理を完了させるのに時間がかかってしまいます。

それに対してIOSTのPoBは分散型の処理によって不正がされにくく、なおかつ処理速度が速くなっており、これまでビットコインやイーサリアムが抱えていた弱点を克服することに成功しました。

ビットコインの処理速度は遅い

また、PoWは演算処理時に電力を大量消費するため環境に対する負荷も問題視されていますが、IOSTのPoBなら環境負荷も比較的軽くて済みます。

ブロックチェーン協会へ加盟している

10月4日より、IOSTブロックチェーンはJBA(日本ブロックチェーン協会)に加盟しました。

日本ブロックチェーン協会 (JBA) に加盟しました。 IOSTは、分散型ネットワークを支えてきたノードたち、そして、すばらしい日本のコミュニティとともに、ブロックチェーン技術の社会での認知と普及活動に挑みつづけます。

Twitter

今後はテクノロジー業界での人材教育などの面で、より一層の貢献をしていくというプレスリリースを行なっています。

なお、IOSTは国内取引所の中ではCoincheckでのみ販売所形式で購入することができます。

興味がある方はこの機会にCoincheck公式サイトから口座を開設しておくとよいでしょう。

\ アプリダウンロード数No.1 /

IOST(アイオーエスティー)のこれまでの価格推移

以下は2018年からこれまでのIOSTの価格の推移です。

IOSTこれまで
引用:Trading View

IOSTは2018年の公開直後に急騰して、一時14円台になりました。

その急騰の勢いが非常に強かったことと、DappsやDeFiの開発プラットフォームとしてイーサリアムを超える性能を有することから「IOSTは将来100円を超えるのではないか」と期待されました。

しかし急騰の勢いは続かず2018年の内に大きく下げて、2019~2020年にいたっては目ぼしい動きがほとんどありませんでした。

2021年に入って仮想通貨市場全体が強気ムードになったことにより再び高騰しましたが、多くの通貨が史上最高値を更新する中で、IOSTは2018年公開直後につけた高値を未だ更新できていません。

今後のIOSTの価格上昇の見通し・予想

現在は下降トレンドの最中にあるIOSTですが、今後を占うには次のポイントが重要になっていきます。

IOSTの価格上昇につながる見込みがある重要ポイント4つ
  • 様々なDeFiが実装される
  • IOSTのエアドロップがおこなわれる
  • 国内取引所への新規上場
  • ビットコインの価格が上昇する

それでは順番に説明していきます。

様々なDeFiが実装される

現在DeFi(分散型金融)の多くは、イーサリアムを基盤にしてつくられています。

DeFiとは

しかしイーサリアムがスケーラビリティ問題を抱えていることにより、それらのDeFiでも手数料の高騰などがおこっています。

それに対してIOSTでもDeFiを開発することができますが、処理速度が速いのでスケーラビリティ問題が起こりません。

また、JavaScriptで開発できるため、多くのエンジニアが参加して活発に開発が進められることを期待されています。

現状はまだまだUniswapなどイーサリアムのDeFiに知名度もユーザー数も劣りますが、今後より優れたDeFiがIOSTで開発されれば、価格にも良い影響を与えるでしょう。

IOSTのエアドロップがおこなわれる

エアドロップとは、仮想通貨の知名度アップや資金調達のために新しくつくられたトークンを無料配布するイベントのことです。

IOSTでは「IOSTを保有している投資家に対して、新しくつくられたトークンを配布する」というエアドロップが定期的におこなわれています。

エアドロップを受けるにはIOSTを持っていなければならないため、エアドロップの前には多くの投資家がIOSTを購入し、価格の高騰につながります。

IOST エアドロップ

そのため、エアドロップがおこなわれるタイミングは絶好の投資チャンスだと言えるでしょう。

前回のエアドロップは2021年の9月30日に行われました。

残念ながらコインチェックはこのイベントに不参加のため、CoincheckでIOSTを保有していてもエアドロップを受け取れませんでしたが、エアドロップが実行されれば価格高騰が見込まれます

\ アプリダウンロード数No.1 /

仮想通貨のエアドロップを徹底解説した記事も、是非ご覧ください。

国内取引所への新規上場

IOSTは2021年10月現在、国内ではCoincheckとOKCoinJapanでしか取り扱われていません。

仮想通貨が取引所に上場すると、新規ユーザーが増えるため価格高騰につながります。

また、そのことを既存のユーザーも理解しており同じタイミングで買い付けをおこなうため、より値上がりしやすくなります。

国内の取引所に限りませんが、新規上場する前後は投資する狙い目です。

ビットコインの価格が上昇する

下の画像は、2021年におけるIOSTとビットコインのチャートを重ね合わせたものです。

チャート ビットコインとの比較
引用:Trading View

このチャートからわかる通りビットコインとIOSTは、細かな波の形が異なるものの「2021年序盤は堅調だったが、5月頃から一転して下落基調に移っている」という点は共通しています。

このようにIOSTをはじめとした多くのアルトコインは、時価総額トップのビットコインと相関関係がある場合が多いです。

またチャートが示す通り、ビットコインの反応に対してアルトコインは一歩遅れて動き出す傾向があります。

そのため、現在はどちらも下落基調ですがビットコインが持ち直す動きを見せ始めれば、IOSTにも買い付けのチャンスが来る可能性は高いでしょう。

IOSTはCoincheckで購入することができます。

まだ口座をお持ちでない方はこの機会にCoincheckに口座を開設して、IOSTの価格動向をチェックしてみましょう。

\ アプリダウンロード数No.1 /

IOSTとHashpaletteの提携

2021年の9月28日に、HashpaletteとIOST財団が提携を結ぶことが発表されました。

パレットトークンは2021年7月29日に国内初IEOを果たした、注目の集まる仮想通貨です。

パレットトークン(PLT)については「PLTの将来性を徹底解説」の記事で詳しく解説していますので、あわせてご覧ください。

こちらの提携によって以下のことが、発表されました。

IOSTとパレットの提携での発表
  • パレットコンソーシアムの共同運営、及びIP分野での拡大
  • 別のブロックチェーンでの互換性を図るクロスチェーンの作成検討
クロスチェーン

パレットはNFTに最適化されたブロッックチェーンです。

IOSTブロッックチェーンとの共同開発が進むことで、さらなる価格上昇を期待する投資家も多いようです。

IOST、パレットトークン(PLT)はともにコインチェックで購入することができます。

コインチェックでは、国内最多である17銘柄もの仮想通貨を取り扱っていますので、まだ口座をお持ちでな方は是非この機会に口座開設しておきましょう。

\ アプリダウンロード数No.1 /

公式LINE

なお、当サイトMedia Argoの公式LINEで随時、仮想通貨の限定情報や最新情報を配信中。

無料ですので、是非LINE登録してみてください。

\ 10/31まで!100円のBTCゲット/

IOST(アイオーエスティー)の特徴

次に、IOSTの特徴について解説します。

特徴①:高速の処理速度を実現

IOSTの処理速度

例えばイーサリアムは多くの利用者がいる一方で、処理しなければならない取引が増え過ぎたためにスケーラビリティ問題(処理遅延や手数料の高騰)が起こっています。

しかしIOSTはPoBの採用などによって、処理速度が非常に速くなっています。

具体的にはイーサリアムの処理速度が1秒あたり15件なのに対し、IOSTは1秒で8,000件も取引を処理することが可能です。

そのため今後IOSTのユーザーが増えてきたとしても、ビットコインやイーサリアムのようなスケーラビリティ問題が起こることはないでしょう。

特徴②:国内でも研究・開発が行われている

IOSTに関する研究や開発は海外だけでなく、企業や自治体と協力して国内でも行われています。

これまでに大学発のヘルステックベンチャーとの医療データ共有のシステム開発や長野県富士見町の住民参加型の電力取引の実証実験などが実施されています。

また、大学と協業し、教育の一環として、ブロックチェーン技術を使ったプロダクト開発を体験するハッカソンを開催しました。

このように国内でも実用化に向けた動きがみられるIOSTは国内取引所の中ではCoincheckでのみ販売所形式で購入することができます。

興味がある方はこの機会にCoincheck公式サイトから口座を開設しておくとよいでしょう。

\ アプリダウンロード数No.1 /

IOSTに投資をするリスクや注意点

IOSTは優れた特徴を持っている魅力的な投資対象の一つです。

ただ、実際に投資する際は次の2点に注意しましょう。

IOSTに投資をする際の注意点2つ
  • 時価総額が低いため、他の国内上場通貨に比べて相場変動が激しい
  • 投資判断できる情報が頻繁に共有されているわけではない

それぞれ説明していきます。

時価総額が低いため、他の国内上場通貨に比べて相場変動が激しい

IOSTは2021年10月現在で時価総額ランキング92位で、1位のビットコインと比べると時価総額は約850分の1しかありません。

仮想通貨名時価総額ランキング時価総額
IOST92位107,394,142,609円
ビットコイン1位91,956,169,507,305円

時価総額が低いと流動性も低くなり、少し資金が流出入しただけで乱高下します。

実際に2021年ここまでの値動きをビットコインと比較すると、次のようになります。

比較項目IOSTビットコイン
2021年1月始値0.0058ドル28,800ドル
2021年最高値
(始値からの上昇率)
0.093ドル
+1500%
65,000ドル
(+125%)
2021年下落トレンド中の最安値
(最高値からの下落率)
0.014ドル
-84.9%
31,500ドル
(-51.5%)

IOSTの1月始値から最高値への上昇率はビットコインを大きく上回っていますが、下落の勢いも強く一時は2021年最高値の5分の1以下まで価格を下げています。

時価総額の低いIOSTはこのように値動きの激しいハイリスク・ハイリターンな投資対象と言えます。

そのためIOSTに投資する際は、ビットコインなど他の国内上場通貨よりもシビアなリスク管理が求められます。

なお、他の通貨については草コインの記事を合わせてご参考ください。

投資判断できる情報が頻繁に共有されているわけではない

仮想通貨や市場全体の情報は、主に次の媒体から集めることができます。

仮想通貨の情報を集められる主な媒体3つ
  • 仮想通貨専門の情報サイト
  • SNS(twitterやYouTubeなど)
  • Discordのコミュニティ

ただIOSTの場合はビットコインやイーサリアムなどと比べるとまだまだマイナーなため、特に情報サイトではなかなか話題に挙げてもらえません。

一方で、twitterでは日本人向けのオフィシャルアカウント「IOST JAPAN」が設けられ、Discordにもオフィシャルのコミュニティがあります。

情報サイトからは情報を得にくいので、IOSTに投資するならこれらのオフィシャルアカウントはしっかりフォローしておくことをおすすめします。

IOSTの今後の価格予想|100円に到達するか?

IOSTこれまで
引用:Trading View

2021年現在、2021年前半の上昇基調が一転し急落して、2円台で推移しています。

ここから100円を目指すとなると50倍に伸びなければならないため、近い将来100円になるということは考えにくいでしょう。

また有名な仮想通貨の格付けサイト「Wallet Investor」でも、5年後の価格で0.182ドル(約20円)になるだろうと予想されています。

約20円でも現在の価格の10倍であり、過去最高値(14円)も更新していて非常にポジティブな予想です。

こういった予想からも、100円まで短期間で到達するのは非現実的だと言えるでしょう。

ただ、20円になったとしても今の価格からは10倍なので、十分に大きな利益を目指せる可能性はある通貨と言えるでしょう。

比較的に低価格である今のうちに購入しておくのも、一つの策と言えるようです。

国内でIOSTに販売所形式で投資できる取引所がコインチェックのみなので、まだ口座をお持ちでない方はぜひこの機会に口座開設しておきましょう。

\ アプリダウンロード数No.1 /

IOSTの買い時や購入時期

続いてIOSTの買い時を考察してみましょう。

以下は2021年7月までのチャートです。

チャート レンジの説明
引用:Trading View

7月まではIOSTはボラティリティが低下しており、下は0.014ドル付近、上は0.026ドル付近で抑えられていました。

8月になると0.026ドルを上抜けて、下降トレンドが収束したようにも見えますが、まだそう言い切ることはできません。

今後はその価格帯が上昇をサポートするようであれば、下降トレンドは終了したと見て積極的な買い付けを検討してもよいでしょう。

引用:Trading View

また、IOST含め多くのアルトコインは、最も時価総額が大きいビットコインの値動きに強く影響を受けます。

そのため買い付けの際は、ビットコインも上昇基調に転換したことを確認できるとなお良いでしょう。

IOSTの購入を検討している方は、実際に口座を開設してIOSTやビットコインの値動きを確認して、買い時を見極めていきましょう。

\ アプリダウンロード数No.1 /

【購入方法】IOSTに投資できるおすすめ取引所

IOSTは国内外の取引所で取り扱われていますが、2021年10月現在、国内ではCoincheckとOKCoinJapanでしか取り扱いがありません。

また、海外取引所は日本の法律の所管外であり利用すること自体にリスクを伴うので、IOSTに投資するならCoincheckの利用がおすすめです。

コインチェック
現物取引(銘柄数)販売所形式:○(16銘柄)
取引所形式:○(5銘柄)
レバレッジ取引(銘柄数)×
最小発注数量
(ビットコインの場合)
販売所形式:500円以上
取引所形式:0.005BTC以上、かつ500円以上
取引手数料
(ビットコインの場合)
販売所形式:0円(スプレッドあり)
取引所形式:0円
取引ツールパソコン・ネットブラウザ:○
スマホアプリ:○
その他のサービスCoincheckつみたて
貸仮想通貨
大口OTC取引
CoincheckNFT(β版)
Coincheckでんき/ガス
公式サイトCoincheck公式サイト
関連記事Coincheckの評判
Coincheckのおすすめポイント

日本の法律の元に運営されているので安心

海外の取引所は法規制が行き届いていないところも多くあり、取扱銘柄が多いというメリットがある一方で、万が一トラブルがあった際に法で守ってもらえる保障はありません。

それに対してCoincheckのような国内取引所は、法整備が厳格におこなわれています。

海外取引所と比べると制限が多いというデメリットもありますが、それらはいずれも消費者を守るためであり安心して利用できるようになっています。

IOSTに少額から投資できる

CoincheckではIOSTを含め取り扱いの仮想通貨すべてに対して、500円から投資できます。

少額から投資できるので、初心者でも無理のない金額で仮想通貨投資を始められます。

貸仮想通貨サービスや自動積立を利用できる

Coincheckは単にIOSTを売買できるだけでなく、貸仮想通貨を用いて賃借料を得たり、自動積立を使って手間をかけずに投資したりすることができます。

特に自動積立は月々1万円から積立ができて、普段忙しいサラリーマンでも無理なくIOSTへの投資ができるのでおすすめです。

現在IOSTを販売所形式で購入できる国内の仮想通貨取引所はCoincheckのみです。

Coincheckはアプリの使いやすさや取扱銘柄の多さで人気の取引所です。

IOSTをはじめとした仮想通貨に投資を始めたい方は、この機会にCoincheck公式サイトから口座を開設しておくとよいでしょう。

\ アプリダウンロード数No.1 /

その他のおすすめ仮想通貨取引所仮想通貨取引所の手数料の比較記事も、読んでおくことがおすすめです。

IOSTの今後の見通しまとめ

今回は、IOSTの今後の見通しなどを解説しました。

この記事のまとめ
  • IOSTはDappsなどのブロックチェーンを活用したサービスの普及を目指す仮想通貨
  • ビットコインやイーサリアムなどよりも、高い処理速度を実現している
  • 短期的にはまだ下げる可能性があるものの、長期的にはポジティブな予想がされている
  • IOSTを販売所形式で取引できる国内取引所はCoincheckだけ

IOSTは他の多くの仮想通貨と同じく現在は下落基調となっていますが、将来性の高い通貨であるため長期的に見ると再び高騰してくるだろうと予想されています。

ポジティブな予想がされているからといって、もちろん一気に買い込むようなハイリスクな投資は厳禁ですが、無理のない範囲で長期目線で買っていくなら先行きが非常に面白い通貨の1つです。

この記事を読んでIOSTに興味を持った方は、ぜひCoincheckで口座をつくってIOSTへの投資にチャレンジしてみてください。

\ アプリダウンロード数No.1 /

公式LINE

なお、当サイトMedia Argoの公式LINEで随時、仮想通貨の限定情報や最新情報を配信中。

無料ですので、是非LINE登録してみてください。

\ 10/31まで!100円のBTCゲット/

目次
閉じる